2003-07-14 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第24号をお届けいたします。


§4.季節の便り
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 梅雨はいまだ明けず、毎日ぐずついたお天気が続いていますね。
湿度の高い日が続いていて、ジョギングなどして運動をした時は
もちろん、家の中で掃除や、登山の準備をしたりするだけでも、
あまりの蒸し暑さに、汗が噴き出してきます。

 気象庁の長期予報によると、大陸の高気圧が依然として優勢で、
今年の梅雨明けは例年より遅れるそうです。梅雨が苦手な方は、
輝く夏の太陽と、青空に湧き上がる白い入道雲を待ちこがれる
日々を送っていることでしょう。

 そんな毎日ですが、それでも郊外に出かけてみると、いつも顔なじみの
夏の花が、すでに顔を出して来ています。
芙蓉の花、山百合(ヤマユリ)、桔梗(キキョウ)、百日草(ヒャクニチソウ)
などなど、

 ヤマユリは花びらが大柄で、自分自身の花の重さに耐えきれずに、
茎が曲がって、みんな下を向いています。うつむいた様子だと
さみしそうに見えるので、斜面の下に潜り込んで、見上げるようにして
撮ってあげます。けっこう腰が痛くなります。(笑)


 キキョウの花は外来種ではなく、日本に古くからある花です。 爽やかな紫色が、いかにも日本の夏の花の風情をただよわせていて、 好きな花のひとつです。浴衣の絵柄に似合いそうな花ですね。
 ヒャクニチソウは、100日咲くという名前のからすると、 とても生命力が強そうに感じます。このように花が長くもつ植物というのは、 やはり外来種なのでしょうか。詳しくは図鑑に譲ることにしましょう。 それはともかく、蜜をもとめて、モンシロチョウが仲間といっしょに 花の上をさかんに飛び回っていて、とても楽しそうでした。 (少しピントが甘くなったのはご容赦下さい)

 梅雨が明けると、今度はどんな花が顔を出してくるのでしょうか。 それもまた楽しみです。  これからも自然風景写真館に、どうぞご期待下さい。 (※ 上記の写真は Nikonの一眼レフデジカメ D100 で撮影しました) → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d100/
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。  もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
_____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2003-07-14 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.