2003-07-21 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第25号をお届けいたします。


§4.季節の便り
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 梅雨末期の時期は、太平洋高気圧が優勢になって、南から暖かい湿った空気を
次々と送り込んで、梅雨前線の活動が活発になり、各地で集中豪雨が発生します。
災害が最小限で済むことを祈るばかりですが、いっぽう、もうすぐ梅雨明けが
近いことを示してもいます。きっとそうなると猛暑が襲ってくるのですね、
暑さの苦手な私としては、一夏、長野県の高原にでも非難したい気持ちです。(笑)

 さて先週の火曜日には、多摩川の源流、山梨県は塩山市(えんざんし)にある
竜喰谷(りゅうばみだに)というところに行ってきました。
 みなさんご存じの東京都と神奈川県の県境を悠々と流れる多摩川。
この流れを遡ってゆくと、東京都青梅市を経て、奥多摩湖に至り、そして
やがて山梨県・丹波山村(たばやまむら)へと入り、さらに西に向かって
塩山市へと入り、その流れの発祥の地、大菩薩〜雲取山の峰々へと至ります。
川の流れは、なんとも遙かな旅をして海へそそぐものだと、いつも感心しますが、
その源流部をたどる旅もまた、感慨深いものがあります。
その多摩川の源流部に位置する谷のひとつが竜喰谷です。

 前夜、JR青梅駅でパートナーと合流し、自動車で国道411号線を西進。
塩山市の一ノ瀬高原というところへ入ってテント泊としました。
 天候が心配されましたが、翌朝は晴れ間も少し見えて、薄日の差す
絶好の天気。良い沢登り日和となりました。

 (自分にとっての)未知の谷に入ることは、いつも緊張します。
不安や期待が入り交じって、なんとも言えない気持ちです。
特にこの日は、前夜まで降り続いた雨で、一ノ瀬川の本流の水量が
だいぶ増して、かなりの急流となっていました。
 竜喰谷の入り口の出合(川の分岐点)では轟音とともに水がぶつかり合い、
急流とともに大釜の滝に落ち込んでいて、ほんの1.5mほどの流れを
ジャンプするのに、かなりの恐怖を感じました。
 間違えて足を滑らせて、その激流に押し流されたら
一体どうなってしまうのか? つるつるに磨かれた岩盤は手がかりさえ無く、
そのまま滝壺まで滑落して、ぐるぐると渦巻く水流の釜に巻き込まれ、
はるか深く引きずり込まれて浮き上がってこられないのではないか?
自分の身体はもちろん、まるで精神までも引きずり込まれてしまいそうな
大自然から受ける圧倒的なプレッシャーをひしひしと感じていました。

 なんとか出合の激流をクリアして、竜喰谷に入渓することができました。
奥多摩の沢は、もともと水量が豊富なことで知られていますが、
いきなり現れた幅10mほどもある大滝の轟音には圧倒されました。
視覚的にはもちろん、聴覚的も、そこに居る者を威圧します。


 しかししばらく遡行を進めると、だいぶリズムが出てきました。 心身が谷の空気になじんでゆくというのでしょうか、 恐怖心ばかり感じていた心が、谷に包まれるような優しさを感じるようになり 足取りも軽くなって、体も良く動くようになってゆきます。  それにしても次々と現れる大滝の数々。有名な名前がついていても おかしくないほどの滝が、一般の人の目に触れることが少ないという理由で すべて無名の滝なのですから、不思議なものです。

 3時間ほど緊張感のある遡行を終えて、いよいよ源頭部が近くなってきました。 今回は、途中で沢を横切っている登山道を遡行終了点としたので、 残念ながら「大河の一滴」を見ることが出来ませんでした。  しかし源頭部に近づくにつれて、轟音を立てていた流れが、次第に 初夏のそよ風のような、さらさらとした音に変わってゆくのを聞くのは 楽しく(途中が緊張の連続だったせいもあって)とても安らぎを感じます。
 多摩川源流部の一帯は、東京〜神奈川の生活用水の水源地帯でもあり、 そのためか、東京都の水道局によって、非常に手入れの行き届いた 登山道や作業道があります。  もとからあった原生林の美しさに加えて、人の手が入って整えられた 人工林とのバランスが良いのでしょうか。 多摩川の源流部の沢は、前からぜひ行ってみたいと思っていましたが、 期待通り、素晴らしく安らかで綺麗な森が広がっていました。

 今回は谷を遡行をすることに精一杯で、満足のゆく作品を撮ることが できませんでした。  また機会を作って、この地域の谷を遡ってみたいと思っています。  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 (★上記の速報用写真は、OLYMPUSのデジカメ(CAMEDIA C-2)で撮影しました) http://ascii.jp/elem/000/000/327/327065/
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。  もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
_____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2003-07-21 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.