2003-08-25 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第30号をお届けいたします。



§4.季節の便り
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 今週の週末は今までのうっぷんを晴らすかのような猛烈な暑さでした。
みなさんはいかがお過ごしでしたか?
下界では大変な暑さだったようですが、私は山梨県の東沢渓谷というところに
入っていたので、おかげで暑さをそれほど感じることなくすみました。

http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E138.43.10.31N35.52.25.31&ZM=5
 山梨県の三富村にある「西沢渓谷」(にしざわけいこく)は 渓谷美が美しい観光地として非常に有名ですが、 東沢渓谷(ひがしざわけいこく)というのは、文字通りその東側にあります。  山梨県と静岡県を流れ、太平洋に注ぐ富士川がありますが、その源流部、 山梨県と埼玉県と長野県にまたがる甲武信岳(こぶしだけ)に源を発する 笛吹川(ふえふきがわ)が谷を削って作り出した、それが東沢渓谷です。  前夜、西沢渓谷の駐車場に車を止めて、車中泊とし、早朝に出発して 東沢渓谷に入りました。  朝の光が谷間に入り込み、夏の旺盛な緑の木々たちを爽やかに 照らし出しています。
 ようやくその勢いを取り戻した夏の太陽が、渓谷を包み込む森の 緑の葉を、色濃く、輝かせていました。
 その昔、東沢渓谷は、甲武信岳に登るための、登山道の一部でした。 沢沿いの河原を進むことは、森に邪魔されずに、山頂に到達できる もっとも労力の少ないルートだったからです。  しかし、沢沿いの道は、たび重なる大雨による氾濫のため寸断され 今はその面影をわずかにとどめるだけです。もちろん一般の 登山者が入ることはできません。沢登りの遡行技術とクライミングの 技術を訓練した一部の登山者がわずかに入山するだけです。  しかし、それだけに、観光客の賑わいから離れた、手つかずの 自然を見ることができます。  そこを歩けば、聞こえるのは流れる水の音。谷間を渡る風の 音のみ。自然を自分の肌で感じることができるでしょう。  そこを流れる水は、長い年月をかけて山の岩石を砕き、その鉱物が 河床に沈殿し、流れる水の色は、ある時はエメラルドグリーンであったり、 ある時は、アクアマリンブルーのような見事な色を見せてくれます。 この日はよく晴れて、太陽の光が河床まで届き、透明感あふれる 見事な色彩を見せてくれました。
 河原を流れるせせらぎでは、水面の波を光が透過し、そのゆらめきが、 河床の石の表面に描き出されて、ゆらゆらと揺れていました。
 東沢渓谷には既に何度か入渓していますが、この日ほど水の色が 綺麗だったことはありません。自然は同じ場所に行ったとしても、 その時の季節や天候、時間によって、また違った表情を 見せてくれるものだと、あらためて感心させられました。  神秘的なブルーグリーンの水の色を覗かせる 「法螺貝のゴルジュ」(ほらがいのゴルジュ)。
ゴルジュとは、両側が岩壁に挟まれた、急流地帯のことです。 激しい流れが、長い年月をかけて、ぶ厚い岩盤を貫いて 異様な光景を作り出しているのです。  さらに進むと、渓谷は明るく開け、「東のナメ沢」が姿を現しました。
 私はここに来るのがとても好きです。 300mの高度差を誇る一枚岩のスラブ(表面が平らな岩壁のこと)。 さらさらとした水の流れが、東京タワーほどの高さのある、 このそそり立つ一枚岩を、気の遠くなるような年月をかけて 磨き上げたのです。  来るたびに、その姿を見て、圧倒され、そして感動します。  やはり一枚岩の岩盤が、水流によって磨かれた 「千畳の滑床」(せんじょうのなめとこ)
ゴルフコースの1ホールほどもある数百メートルの 長い一枚岩の上を、水が絶えることなく流れ続けています。  歩き疲れて水流の脇に身を横たえれば、木漏れ日を浴びながら、 もう気の早い赤い実が葉の上に顔をのぞかせていました。 今年は秋の訪れが早いのでしょうか。
 東沢はいくつもの支流を集めて、奥秩父山塊の一角を削り取り、 笛吹川の流れとなり、やがて富士川と合流して太平洋に注ぎます。 訪れるたびに新鮮な感動がありますが、その神秘的な水流の 色彩を作品として表現するには、まだまだ不足。 これからも何回も来なければならないと思いました。  そうこう言っているうちに、8月ももうあと一週間となってしまいました。 暑い日はいつまで続くのでしょうか。自然に逆らわず、涼しい季節になったら、 また秋らしい季節を探しに出かけることになるのでしょう。  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 ※上記の速報用写真は、OLYMPUSのデジカメ(CAMEDIA C-2)を使用しています。 http://ascii.jp/elem/000/000/327/327065/
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。  もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
_____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2003-08-25 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.