2003-09-01 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第31号をお届けいたします。


§4.季節の便り
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 いよいよ8月も終わり、9月を迎えました。残暑はまだ厳しいようですが、
河原の草むらにはススキが顔を出しはじめていました。朝夕の風に
そよそよと揺られている姿を見ると、秋がもうすぐやってくることを
実感します。

 金曜日でしたか、私の住む近くに酒匂川(さかわがわ)という川があって
その河川敷を自転車で走りました。きれいに雑草が刈り払われた
河川敷の土手でしたが、その中から、ツルボの花がたくさん咲いていました。


この花を見ると、夏ももう終わって、もうすぐ秋なんだと実感します。 やがて、これに代わってヒガンバナが咲き始めることでしょう。  先日は、東京都の奥多摩にある大雲取谷(おおくもとりだに)というところに 行ってきました。  東京都の最高峰である雲取山(くもとりやま)は、つとに有名ですが。 そこに源流を発する沢です。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E138.58.49.49N35.50.55.31&ZM=5
 先週に行きました奥秩父の東沢に比べると、開放的な明るさには欠けますが 豊富な水が音を立てて谷を削り、見上げるような崖に挟まれた渓谷は、 鬱蒼とした樹林に囲まれて、まるで山の体内に入り込んだような迫力があります。

 しかし、期待していたほどには滝が少なく、ほとんど河原歩きに終始した 沢でした。写真を撮影する場所としてはそれほど良くないかも知れません。  その代わり、釣り人が多く入渓していました。話しかけてみると、 イワナやヤマメが釣れるそうです。  私は釣りはできないのですが、たき火を囲んで、そのような山の幸を いただくのも、自然の中の楽しみのひとつでしょう。  この谷は非常に険しいので、谷を覆う樹木達は、崖にへばりつくように かろうじてて立っています。「よくぞこんなところに」と思わせるような 大岩や崖の斜面に、力強く根を張っています。  そんな姿を見ると、とても勇気づけられるのですが、それでも、 やがて力つきたのでしょうか。沢のあちこちで苔むした倒木、流木の 姿が見られました。  幹の太さが3〜4mもある大樹が、谷の底に沈んで、水流に洗われています。 いったい何十年、この谷に生きてきたのでしょうか。 しかしたとえ力つきてたとしても、その身は谷の水の中にとけ込んで、 沢の養分となって、他の生き物を生かすための別の力となってゆくでしょう。  私はまだ死ぬには若すぎますが、私が谷や森をさまよって、 このような姿を見続けていると、 「自分もいつかはやがて死ぬときが来るけれども、この大樹達のように、  穏やかに、大地にとけ込んで、自然と一体となってゆくような」 そんな死に方をしたいと、考えるようになりました。
 たとえ辛いことや悲しいことがあっても、全て清流に溶けて、 流れ去ってゆくような。誰もが、そんな人生を送れたらいいと 最近、そう思うようになりました。  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 ※上記の速報用写真は、OLYMPUSのデジカメ(CAMEDIA C-2)を使用しています。 http://ascii.jp/elem/000/000/327/327065/
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。  もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
_____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2003-09-01 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.