2003-09-15 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第33号をお届けいたします。



§1.ギャラリー更新情報
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img01041 "A cherry blossom tree in country side of JAPAN." 『山里のさくら』 Img01051 "An Oxalis corniculata at edge of rice field." 『水田のカタバミ』 Img01176 "A many many pieces of spring." 『春がいっぱい』 Img01255 "Tulips are talking with each other." 『チューリップの語り合い』 Img01367 "A white Erythronium." 『白きカタクリ』 Img01534 "The vivid colors of autumn." 『秋色鮮烈』 Img01656 "A stained glass in the forest." 『森のステンドグラス』 Img01856 "The wrapper of lights & winds." 『光と風に包まれて』 Img01859 "A big willow in the blue sky." 『青空に大柳』 Img01995 "Larch trees with dawning. #002" 『カラマツと夜明け #002』 ■ギャラリーから削除された作品リスト img00165 "A cheerful friends of azalea." 『にぎやかなツツジたち』 img00224 "A fairy tale at garden somewhere." 『庭先のメルヘン』 img00273 "Sunset in winter" 『冬の夕暮れ』 img00505 "Say hello to the cherry blossoms." 『こんにちは桜さん』 img00508 "A white Chinese milk vetch." 『シロバナのレンゲソウ』 img00549 "A lively Veronica persicas." 『元気いっぱいイヌフグリ』 img00568 "The unpainted face of Corylopsis spicata." 『トサミズキの素顔』 img00578 "Hydrangea macrophylla after rain." 『雨上がりのアジサイ』 img00604 "The baby of Lamium purpureum." 『ヒメオドリコソウの赤ちゃん』 img00608 "A daphne with white snow." 『沈丁花に雪』 img00614 "The tree of splash light." 『爽光の木』 img00634 "Shasui-no-taki the refreshing fall." 『爽瀑・洒水の滝』 img00643 "A cherry blossom is blooming." 『桜ほころぶ』 img00654 "A lady with shame." 『恥じらいの乙女』 img00655 "Some boats of Emerald." 『瑠璃色の浮き船』 img00661 "Stellaria neglecta." 『ミドリハコベ』 img00663 "Au unpainted face of Tulip." 『チューリップの素顔』 img00665 "Close to me." 『そばにいて』 img00676 "The rape blossom in the snow land." 『雪の日の菜の花』 img00683 "Hydrangea macrophyllas are talking each other." 『アジサイの語らい』 img00744 "A symphony of forest." 『森のシンフォニー』 img00775 "The born frames of forest." 『森の骨格』 img00778 "A old tree is shining." 『老樹かがやく』 img00803 "A shining of Papaver rhoeas." 『ひなげしの輝き』 img00806 "A whispering of Leucojum aestivum." 『スノーフレークのささやき』 img00813 "An unpainted face of Muscari." 『ムスカリの素顔』 img00829 "Merodies made by Spiranthes sinensis." 『ネジバナのつむぎ出すメロディ』 img00836 "Iris brothers." 『菖蒲の兄弟たち』 img00838 "The face of Iris after washing." 『洗顔をした菖蒲』 img00839 "Lilium stands after rain." 『雨後のユリ』 img00842 "The merodies of Agapanthus." 『アガパンサスのメロディ』 img00858 "Briza maxima is waking up." 『コバンソウの目覚め』 img00944 "The silhouette of Setaria viridis." 『エノコログサのシルエット』 img01019 "The urban twilight." 『アーバン・トワイライト』 §2.自然風景写真館の新機能 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ・トップページの上下に貼り付けてあるミニ画像のリストを新しくしました。  ページをリロードするごとに新しい画像に次々と切り替わります。  どうぞお試し下さい! §3.今後のリニューアル予定 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ・自然風景写真館ブログ、バックナンバーページ ・デジカメベストショット壁紙ダウンロードコーナー ・作品人気投票ランキング集計画面 ・「お気に入り」システムの作成 ・フォト検索ページの作成 ・お勧め撮影スポット検索ページの作成 ・撮影日誌の作成 ・写真販売システムの作成 ・撮影機材紹介 ・特別展示室(タペストリー表示など) §4.季節の便り ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  ぎらぎらとしたまぶしい日差し。外に出てほんの少し歩いただけで じっとりと汗が額ににじんできます。  冷夏冷夏と騒いでいたのたですが、最近の残暑の厳しさはどうしたことでしょう 9月ももう後半に入ろうというのに、こう天候不順だと心配になります、 この「季節の便り」も何を書いていいのか分からなくなりますね。(笑)  さて、世間は連休。みなさんはどこかへ行楽に出かけられましたか? 私はここ2〜3日は自宅でおとなしく撮影済みのフィルムを整理していました。 おとなしく、といってもまるきり机に座りっぱなしというわけにはいきません。 体が鈍ってしまうのがいやなので、自転車に乗って出かけることにしました。  暑い日差しには本当に参りますが、しかし自転車で颯爽と走り出せば、 汗ばんだシャツに風があたり、水分が蒸発して体を冷やしてくれます。 その気持ちよさは、冷房に負けず劣らず、とても爽快で、 むしろ自然冷却効果は体に良いのではないかと思います。  橋にさしかかって、川の上を渡ります。流れの方向に眼を移せば、 連休中のためか、多くの釣り人が釣り竿を川の流れに垂れています。 神奈川県西部を流れる酒匂川(さかわがわ)は鮎の名所。 大物が釣れたでしょうか。川辺を渡る風はきっと涼しげなのでしょう。
 それにしても、自転車でカメラザックと三脚を担いで走るのは、 なかなか大変です。腰が痛くなってきました。(笑)  しかし自転車には車には無い良いところもあります。 それは車が停められないような所でも、すぐに止まって撮影に 入れることです。  先ほどの写真を撮影した橋は狭く、とても車を停められるような 場所ではありません。いったん車を橋のたもとに置いて走って戻ってくると 先ほど感じたイメージとは変わってしまっていることがよくあります。 写真は感じたときに撮るのが一番の旬なのですから。  また、車が入れないような狭いあぜ道でも入って行けます。 暑い暑いといいつつも、道ばたには秋の菊の花が咲き乱れていました。  花たちは、どうして季節を知るのでしょうか。気温の変動で知るのだ、 という学者もいますが、この不純な天候でも、きちんと自分の咲く時期を 間違えることなく咲くことができます。花が咲くのは当たり前のことのように 思いますが、よく考えてみると不思議なことでもあります。 自然の中にはまだまだたくさんの不思議があります。  その花から蜜を吸おうと、イチモンジセセリチョウがたくさん舞っていました。 これだけ花がたくさんあれば、喧嘩をすることもなく、なかよく 蜜を分け合うことができるでしょう。
 その場所を離れてしばらく走っていると、農家の庭先に鮮やかな花が 目にとまりました。まるで視野の中から浮き出して、自分の網膜に 飛び込んでくるような強烈な紅色です。  これはバーベナという花でしょうか、図鑑で調べてみたら「花手鞠」 という品種だそうです。なるほど、幼い女の子が喜んで遊ぶような 手鞠のような鮮やかな色です。ポーチュラカのたくさん咲いている中でも ひときわ目立っていました。
 しかし、そのすぐそばに、大きな蜘蛛が潜んでいました。 黒と黄色の縞模様の、ちょっと毒々しい色をしています。 ちょっと恐ろしげで、美しい中にも自然の掟の厳しさを かいま見る思いがしました。
 とはいえ、蜘蛛も生き延びるために、必死なだけなのかも知れません。 花が美しいのは、虫を呼び寄せて花粉を運んでもらい、種を保存するため と聞いたことがあります。  そう考えると、その美しさは優しさのためだけではなく、強さゆえに 美しいのかも知れません。  そんなことを考えているうちに、気が付くとあたりは 薄暗くなって、空からぽつりぽつりと大粒の水滴が落ちてきました。 夕立です。少し農家の軒下に隠れて雨宿りさせてもらいましょう。  しばらく雨が降り続いた後、西の空が少し明るくなってきました。 この雨が過ぎ去る頃、少しは涼しくなっているでしょうか。 秋の冷涼な風が待ち遠しいこの頃です。  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 (※ 上記の写真は Nikonの一眼レフデジカメ D100 で撮影しました) → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d100/
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。  もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
_____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2003-09-15 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.