2003-11-10 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第41号をお届けいたします。



§1.ギャラリー更新情報
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img01024 "The evening color of Yokohama-MM21." 『みなとみらい暮色』 Img01104 "The red color is splashing." 『湧きいでる赤』 Img01165 "He is in his dream." 『夢中』 Img01185 "The chorus of autumn leaves." 『もみじの大合唱』 Img01266 "She opens and whisper." 『開いてささやく』 Img01349 "The whispering of Pseudo-narcissus." 『ラッパスイセンのささやき』 Img01501 "The skin of spring hills." 『春山の山肌』 Img01529 "The ending of one day." 『一日の終わり』 Img01812 "The little corgy-dog." 『コーギーの子供』 Img01971 "The screen of green." 『緑映』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- §2.自然風景写真館の特別展示お知らせ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  自然風景写真館ブログ [No.20] でもお知らせしましたが、 私の住む神奈川県・松田町には、県立足柄上病院という大きな病院があります。 この病院に季節代わりで私の作品が寄贈されて展示されているのですが、 これらの作品展示が秋の紅葉の作品に入れ替わりました。  展示場所は、新館1Fの正面玄関の入って右手に A1サイズ2枚、A2サイズ2枚の大きなサイズの写真が展示されています。 また、本館3Fと旧館3Fをつなぐ渡り廊下には、四つ切りワイドの大きさの 作品が11枚、展示されています。  もしこのブログをお読みの方で、お近くにお住まいの方は、 ぜひ足柄上病院に立ち寄ってみてください。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.08.52.55N35.20.33.28&ZM=5
§3.今後のリニューアル予定 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ・自然風景写真館ブログ、バックナンバーページ ・デジカメベストショット壁紙ダウンロードコーナー ・作品人気投票ランキング集計画面 ・「お気に入り」システムの作成 ・フォト検索ページの作成 ・お勧め撮影スポット検索ページの作成 ・撮影日誌の作成 ・写真販売システムの作成 ・撮影機材紹介 ・特別展示室(タペストリー表示など) §4.季節の便り ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  このブログを書いている今、外は冷たい雨が降っています。 雨は嫌いですか?私は大好きです。大地に水がしみこみ、 土が潤ってゆく感覚が。そして雨の後、空気中のちりやほこりが 洗い流されて、冷たくてきれいな空気が風となって大陸から運ばれてくる。 その風をほほに受けるときの爽やかな気持ち、 だから雨がとても大切なものに思えてくるのです。  先日は、山梨県から長野県にかけて、八ヶ岳周辺の自然を 取材してきました。  山梨県・白州町(はくしゅうまち)の宿を早朝に出発し、八ヶ岳牧場へ。  東から低く差し込む朝の光にまだオレンジ色が少しだけ残っています。 緑の牧草は朝露に濡れているのでしょうか、逆光でよりいっそう輝いて 見えます。  その牧草をはむ馬やポニーたちがゆったりと朝の食事をしていました。
 この日は天気がとてもよく、空は抜けるような青空。 途中、道の脇でみつけた紅葉は、見事な紅色。 空色の青とのコントラストが非常に美しく、 朝の斜光で少しだけ透明に輝いて見えました。
 県境を越えて、長野県へ。野辺山村や小海町、望月町など、 八ヶ岳山麓をぐるりと回り込むように、北へと車を走らせます。 信州の紅葉や黄葉は、なぜこうも色が鮮やかなのでしょうか。 ふと通りかかった道ばたの神社にも、すばらしく立派な イチョウの木がありました。
 サクラの木も。神奈川で見ているかぎり、今年の色はくすんで あまり良くないと思っていましたが、こちら信州の桜の木は、 紅葉も素晴らしく、朱色に良く染まっていました。 朝、昼、晩の寒暖の差が激しいから、やはり綺麗に染まるのでしょうか。 春のサクラや、新緑の時期も楽しみです。  田舎の田んぼの畦道の中、周りの風景を楽しみながら、 車をゆっくりと走らせていますと、通りかかったお寺の門前に 6体のお地蔵様を見つけました。その背後にある立派な木は シダレザクラでしょうか。今は黄色の葉を散らせ始めていますが、 春にはきっと淡いピンク色の花をたくさん咲かせるのでしょう。 お地蔵様をつつみこむように優しく咲くのでしょうか。
 お地蔵様は赤い前掛けをかけ、やはり赤い帽子をかぶっていました。 これから冬が来れば、雪が降って、お地蔵様の上にも積もってゆくでしょう それでも寒くないようにと、地元の農家の人が作って差し上げたのでしょうか。 このような優しさに包まれたなら、またこのような優しさを差し上げられるなら、 きっと誰でも幸せになれることでしょう。  翌日の天気はあまり良くなかったのですが、やはり長野県の 北相木村、南相木村(きたあいきむら、みなみあいきむら)の方面に 足を伸ばしました。
 前々から気になっていたエリアではありましたが、カラマツが多く、 素朴な農村風景がたくさん残っていて、思っていたより良い風景に 出会うことが出来ました。  峠を越えるごとに、見事な黄葉のカラマツ林が広がっていて、息を呑みます。
今シーズンのカラマツの黄葉はあまり良くなく、茶色っぽい発色です、 また、この日は天候があまり良くなかったので、印象的な光ではありませんでした。 しかしまたチャンスがあれば狙ってみたいものです。  このような良い場所はチェックを入れておいて、また季節や時間帯を変えて 訪れてみるのです。  次に訪れるときには、いったいどんな表情を見せてくれるでしょうか。  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 ※上記の速報用写真は、OLYMPUSのデジカメ(CAMEDIA C-2zoom)を使用しています。  画質の未熟さはご容赦下さい。 http://ascii.jp/elem/000/000/329/329956/
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。  もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
_____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2003-11-10 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.