2003-12-29 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第48号をお届けいたします。



§1.ギャラリー更新情報
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img00670 "A commotion of Tulips." 『チューリップ畑のざわめき』 Img01120 "A solo-music of young leaf." 『若草のソロ・ミュージック』 Img01306 "A squirrel in the shade of tree." 『木陰のリス2』 Img01448 "A chat of Althoea rosea & Hydrangea macrophylla." 『タチアオイとアジサイの語らい』 Img01483 "A Lillium leichtlinii stands firmly." 『毅然としたコオニユリ』 Img01518 "The light of transparent morning." 『透明な朝の光』 Img01632 "A tortoiseshell cat in the neighbering house." 『おとなりの三毛猫』 Img01854 "The burning of little leaf." 『燃える小さな命』 Img01857 "The flowing leaves." 『流れる葉たち』 Img01907 "A kitty twists her head." 『小首をかしげて #002』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- §2.今年もお世話になりました ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  今年もいよいよ残すところあと3日となりました。この一年、 ご声援いただき、本当にありがとうございました。 来年の1月1日の元旦には、自然風景写真館のトップページにて 新しいプレゼントのご用意があります。 ぜひアクセスしてみてください。 §3.今後のリニューアル予定 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ・自然風景写真館ブログ、バックナンバーページ ・デジカメベストショット壁紙ダウンロードコーナー ・作品人気投票ランキング集計画面 ・「お気に入り」システムの作成 ・フォト検索ページの作成 ・お勧め撮影スポット検索ページの作成 ・撮影日誌の作成 ・写真販売システムの作成 ・撮影機材紹介 ・特別展示室(タペストリー表示など) §4.季節の便り ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  土曜日の早朝、低気圧と寒冷前線が日本列島を通過しました。 朝起きて窓を開けると、晴れ渡った青空の下、裏山にうっすらと 雪が積もっていてびっくりしました。とても嬉しい空からの プレゼントです。  前線が通過した後は寒気が入ってきました。 日中、とても風の強く、富士山を見ると、雪煙に覆われています。 ちょうど先週、富士山に訓練に行ったときと同じ状況です。  しかしこのような時は風で空気中の汚れが払われて、夜景を撮影する 絶好のチャンスです。思い立ったが吉日。そそくさと機材をまとめて 夕方自宅を出発しました。  目指す先は静岡県裾野市にある越前岳(えちぜんだけ)です。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E138.47.49.15N35.14.06.41&ZM=5
 この山は富士山の南に位置し、山頂の眺めが良く、晴れた日には 富士山の南面の雄姿や、なにより伊豆半島から駿河湾にかけての 展望が得られます。ここから見る富士市〜清水市〜静岡市などの 夜景がとても素晴らしいのです。もっとも、2時間ほど歩いて登らなければ ならないので、カップルが夜景を楽しむには、ちょっと辛いですが。(笑)  出発が遅れたましたが、東名高速道路を使えば1時間弱で到着するはず。 はやる気持ちを抑えつつ、車を飛ばして高速道路に入りました。  ところが、、なんということでしょうか、もう正月休みに入ったためか、 帰省ラッシュの渋滞が御殿場インターチェンジの手前で始まっていたのです。 車は長蛇の列でノロノロとしか進みません。まったく迂闊でした。 普段は20分で行けるところが、倍の40分以上もかかりました。  御殿場インターからは一般道路を使って越前岳登山口のある十里木高原に 向かうのですが、なんとここでは、昨夜に降った路面の雪が凍結して、 そこに足をとられてスリップした車があちこちで立ち往生し、道をふさいで いたのです。そのためここでもノロノロ運転。 私の車はもちろんスタッドレスをはいていたので、これで準備は万端と 思っていたのですが、思いがけない障害に当たってしまいました。  結局、予定より1時間以上も遅れて登山口に到着。日は既に西に 沈みかけていました。おそらく今から登っても夜景の絶好の時間帯 (以前にお話しした、日没後1時間)には間に合いそうもありません。 残念ではありますが、しかしせっかくここまで来たのですから、 なにもせずに帰るよりは、登れるところまで登り、夕暮れの寒い 空気の中で体を動かして、気持ちの良い汗をかこうと思いました。  私にとっての登山は、山頂を踏むのが目的ではなく、写真の撮影が 目的ですから。ピークハントにこだわる必要はまったくありません。 気の向くままに登って、途中で引き返してもいいのです。そして 最近では、写真撮影が最終的な目的であっても、その途中の風景、 空気や風や光や土や草木など、その世界に身を投じて、周りのものを 見たり感じたりすること、そのこと自体を大切にしたいと 思うようになってきました。  さて、登山道に入ると昨夜に降った雪がうっすらと積もっています。 日が沈んで空気がひんやりと冷たくなってきました。昼間に強かった 風は、夕暮れになると大気の流れが落ち着いてくるのか、今は 微風となっています。そのほんのわずかな風の流れが、ほてった頬を 冷やしてくれてとても気持ちが良いです。  あたりはだんだんと薄紫色の闇が降りてきます。その静寂の中、 薄い雪を踏みしめる音がさくさくと辺りに響きます。振り返れば 富士山の山肌に、ほんの少しの夕照の紅色が残っていて。 薄い化粧をしたようです。
 南側から見る富士山は、宝永火口が巨大なひとつの穴となって 富士山の優美な姿にアクセントを添えています。朝夕には オレンジ色、あるいはうす紅色の斜光が山肌に立体的な陰影をもたらし その形状がますます強調されます。
 山頂からの夜景撮影はあきらめたものの、夕闇の中の登山道を 歩くのもまた良いものです。空の色は徐々に深まり、寒い冬に よく見られる、私の好きな紫紺色に染まってゆきます。 その薄墨を流したような美しい夕空に、三日月がぽっかりと浮かび 森の中から見上げる夕闇の空を一条の宝石のように飾っていました。
 ある程度の高さまで登ると、尾根の西面が開けました。 眼下には、富士市の夜景が星よりも一足早くまたたき始めました。 地平線の彼方は、夕日の残照でオレンジ色に輝き、藍色の 天空との境界は薄紅色に染まっています。いつ見ても飽きない 美しい空の色です。
 本当なら山頂で、もっと大きく広がる夜景を眼下に見ながら この光景を撮影していたはずなのですが、、残念ですが 過ぎたことを悔やんでも仕方がありませんね。  越前岳の山の端はなだらかなスロープを描き、カメラを縦に 構えれば、眼下の夜景から天上の月までを一枚の絵に納めることが できます。空の色はオレンジ色から薄いブルーを経て濃紺色に 変化しています。天空を見上げているはずなのに、 まるで深い深海の底を除いているような気持ちになります。
 じっとしていると体が冷えてきますから、綿入りのジャケットを 取り出して着込み、2〜30分ほどでしょうか、その場所で 休憩しながら空の色の変化を見続けていました。  次回にチャレンジする時には、ぬかりなく撮影したいと思います。  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 ※↓下記の作品は2001年12月に越前岳の山頂から撮影されたものです。
※上記の速報用写真は、Nikonの一眼レフデジカメ D100 を使用しています。 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d100/
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。  もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
_____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2003-12-29 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.