2004-04-26 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第65号をお届けいたします。



§1.ギャラリー更新情報
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img02011 "Dyeing on Michinoku-land." 『みちのくを染めて』 Img02021 "The night at tent field." 『テント場の夜』 Img02114 "A temple gate at spring." 『春の山門』 Img02190 "The knife ridge of Ari-no-towatari." 『蟻の戸渡り』 Img02237 "Mt.Fuji with light road in the morning." 『暁のライトロードと富士』 Img02373 "The autumn flash-light." 『秋のフラッシュライト』 Img02400 "A eucetonia pilifera in the azalea flower." 『ツツジの中のハナムグリ』 Img02450 "The drizzling weeping cherry tree." 『シダレザクラしぐれて』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- §2.今週の新機能 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  今週の新機能はありません。 §3.今後のリニューアル予定 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ・自然風景写真館ブログ、バックナンバーページ ・デジカメベストショット壁紙ダウンロードコーナー ・作品人気投票ランキング集計画面 ・「お気に入り」システムの作成 ・フォト検索ページの作成 ・お勧め撮影スポット検索ページの作成 ・撮影日誌の作成 ・写真販売システムの作成 ・撮影機材紹介 ・特別展示室(タペストリー表示など) §4.季節の便り ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  「サクラ」というと、まずみなさんが思い浮かべるのは、4月上旬に咲く 「ソメイヨシノ」という品種でしょう。これほど日本国民に親しみを 持たれている花も珍しいのではないでしょうか。  しかしサクラの種類には実に様々なものがあって、噂によると200種類 ちかくあるとか。  今回紹介する、東京都八王子市にある「多摩森林科学園」には、各地の 有名ななサクラの遺伝子を保存するために、サクラの実験保存林があり、 数十種類のサクラ、約1700本が植えられており、様々な品種の収集や 分類の見直し、保存方法などの研究が進められています。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.16.45.47N35.38.39.84&ZM=5
 その保存林が一般に公開されています。種類が豊富なので、花の開期も 2月から4月下旬にかけてと幅広く、ソメイヨシノとは違った花の風情を 長い期間楽しむことができます。  森林科学園の開門は午前9時なので、まずは朝早く、周辺の自然を 散策しました。中央高速・八王子I.C.を降りて、カーナビの地図と 周囲の野山を見回しながら、気になる場所に分け入ってゆきます。  そのような中で、都立滝山自然公園の周辺の農道に分け入ってみました。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.20.4.3N35.41.50.1&ZM=5
 ちょうど昨日は雨が降り、そのしずくが、あたりの野草にびっしりと ついて、朝日を浴びてきらきらと光っていました。ぺんぺん草(ナズナ)や おなじみのナノハナなど、水滴をいっぱいに身にまとい、遠目から見ると まるで以前、冬に見た樹氷のように、白い輝きに包まれていました。

 コンパクトデジカメではマクロ撮影が得意ではありませんが、 一眼レフのフィルムカメラにマクロレンズを装着して、覗いてみると、 朝露の輝きがよりいっそう強調されて、それはそれは素晴らしい世界を かいま見ることができました。 (速報写真では残念ながらお伝えできません。いつかギャラリーにアップ  されるまで、どうかお待ち下さい)  地面にはいつくばるようにして、息を殺しながら夢中になって野草の 撮影を済ませると、今度は周囲の新緑に目を奪われました。 ここは昔、武蔵野の雑木林が広がっていたところ、それが部分的に 保存されている場所のようです。
 見上げれば、今がまさに芽吹きの時期。淡いうす緑色の葉が枝から生まれて 太陽の光をいっぱいに浴びていました。若々しい力を感じさせる季節です。  柔らかな春の日差しを受けながら、森が輝いています。その中に伸びる 一本の小道。
 空気は爽やかで、あたりには小鳥のさえずりの声が満ちています。 あまりに気持ちが良いので、車のエンジンの音を止めて、カメラ機材を リュックに詰め込んで歩き出しました。  空気を浄化してくれているように見える、半透明の小さな薄い葉が 森の頭上いっぱいに広がっています。思わず歩みを止めて深呼吸を したくなってくることでしょう
 雑木林は、コナラやクヌギなどの落葉広葉樹を中心とした林の総称です。 昔、人々はこれらの森から得られる薪や炭を燃料として使用していました。 そのため、人の手によって維持管理されてきた、自然と人間が共存した空間 だったのですが、近年では燃料としての需要が石油に取って代わられたために だんだんと維持管理されなくなってきたのだそうです。  時代の流れというのには抗しがたい面もありますが、こういう美しい林や 森は、いつの時代でも残っていって欲しいと思います。  さて、時間が9時を過ぎたので、八王子市・廿里町(とどりちょう)に移動し、 待ちに待った、サクラ保存林へ足を踏み入れました。  実は、2年前の秋に一度訪れているのですが、その時は、もちろんサクラは 咲いておらず、これほどのサクラの名所とは知りませんでした。  ソメイヨシノの時期は過ぎていますが、その後はボタンザクラ系の花が 満開を迎えています。
 時期としては、4月の中旬が最も咲く花の種類が豊富で、8ヘクタールの 広さの山林は新緑の淡い緑色とサクラのピンク色で一気に染め上げられ 見事な景観となります。
 歴史ある保存林だけあって、年数を経た見事な枝振りの立派なサクラも ときおり見かけます。思わず立ち止まって見ほれることでしょう。
 4月とはいえ、良く晴れ、空は青く晴れ渡り、汗ばむほどの陽気です。 しかしときおり吹く風が爽やかで、かいた汗を心地よく蒸発させてくれます。
 さまざまな種類のサクラがあるとはいえ、名前を当てられるほど 私は詳しくはありません。しかし、サクラの木の脇の立て札を見ると、 天の川、雨宿(アマヤドリ)、衣通姫(ソトオリヒメ)、思川(オモイガワ)、 手鞠(テマリ)、糸括(イトククリ)、朱雀(スザク)、楊貴妃(ヨウキヒ) といった絢爛たる名前の数々を見て、花の容姿と見比べてみるのも また楽しいものです。
 やがて午後になって日が傾き始めました。谷間に根を張る立派なサクラ (ごめんなさい、種類は分かりません)が西日を浴びて輝いています。
 歩き疲れて、木陰で休憩すると、ざわざわと風で揺れる木々の枝が気になり、 ふと目を上げると、その大樹の立派さに心を打たれました。
 イチイガシでしょうか、樫の木の仲間のようですが、なんという生命力。 四方八方に枝を繰り出し、光と風をいっぱいに受けて、もう何十年も、 そしてこれから何十年も、その枝と同じように大地の地中に根を広げて、 力強く、立ち続けることでしょう。  多摩森林科学園のサクラたちと、そして昔日の武蔵野を忍ばせる大樹や 雑木林に恵まれた一日でした。これからも折に触れて訪れてみたいと思います。  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 ※上の速報用写真は、コニカミノルタのデジカメ DiMAGE-Xt を使用しています。 → http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0303/minolta1.htm
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。  もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
_____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2004-04-26 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.