2004-05-31 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第70号をお届けいたします。



§1.ギャラリー更新情報
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img02087 "The storm of beams." 『光線の嵐』 Img02137 "A kitty in the basket." 『かごの中の子猫』 Img02143 "Be close to me." 『そばにいて』 Img02149 "A grandmother farmer." 『農婦』 Img02166 "Leontopodium japonicum." 『ウスユキソウ』 Img02220 "Magnification of Mt.Kaikomagatake view." 『肉迫・甲斐駒ヶ岳』 Img02273 "A grass plain with white clouds. #001" 『草原と雲 #001』 Img02357 "The seaside rock at the evening." 『岩礁の夕暮れ』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- §2.今週の新機能(★ What's NEW ! ★) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  デジカメフォト検索のコーナーに2001〜2002年撮影分からセレクトした 壁紙フォト25枚を追加いたしました! 検索パネルの『撮影日付』の条件に "2001/01/01"〜"2002/12/31" と  入力して検索することにより新作写真を抽出できます。 どうぞお試し下さい。 §3.今後のリニューアル予定 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ・作品人気投票ランキング集計画面 ・「お気に入り」システムの作成 ・フォト検索ページの作成 ・お勧め撮影スポット検索ページの作成 ・撮影日誌の作成 ・写真販売システムの作成 ・撮影機材紹介 ・特別展示室(タペストリー表示など) §4.季節の便り ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  九州や四国地方は梅雨入り宣言がされたそうです。関東地方では梅雨入りを前 にしての最後の晴天でしょうか。暑い週末でした。  さて、先週は、前々から撮影してみたいと思っていた、山梨県は芦川村 (あしがわむら)の『すずらんの里』を紹介します。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E138.44.21.2N35.33.15.7&ZM=5
 芦川村は甲府盆地と富士五湖の間、御坂山地に隔てられた山里です。駿河湾か ら富士川を遡ってゆくと甲府盆地の南西で笛吹川と釜無川に分かれます。その笛 吹川がさらに南に分かれて、芦川という支流になりますが、それが甲府盆地の南 から富士五湖方面にさらに遡ることによって大きな川は次第に小さな清流になっ てゆきます。その清流の源流部にすずらんの里はあります。  林道が通じていますが、自動車を使っても非常に遠い道のりです。しかし 苦労した道のりの分だけ山深く、自然の息吹をより身近に感じることができます。  観光スポットとしては最近かなり有名になってきたらしく、昨年偵察に訪れた 時には、かなりの人出がありました。あまり混んでいると撮影をしていると他の 観光客の方の邪魔になるので、早朝7時には現地に入って取材を開始しました。  昨年訪れた時には、開花には早すぎたのですが、しかし整然と植えられた白樺 の森が印象的な場所でした。今年もやはり美しい森は健在で、朝の光が森いっぱ いに降り注いで、小鳥の鳴き声とあいまって、とても爽やかな空気を満喫するこ とができました。
 さて、すずらんを探し始めたのですが、昨年に比べて、今度は時期が少し遅かっ たようです。見頃は先週の土日くらいだったのでしょうか。すずらんの数は少な くなっていて、有ったとしても、黄ばんで花の痛みがかなり目立っていました。  しかしそれでも丹念に探してゆくと、まだ花の状態の良いものが見つかります。 それらの花を見つけて撮影してゆきます。すずらん畑には保護のためにロープが 張ってあるので、その外から300mmほどの超望遠レンズを使ってクローズアップ で撮影しました。
 お目当てのすずらんの他にも、春の野山を彩るかわいらしい花たちが多く咲い ていました。まずは里でおなじみのスミレの花が見られました。観光客の靴に種 がくっついて、ここにこぼれ落ちて咲いたのでしょうか。
 あるいは八ヶ岳などの標高の高いところで見られるはずの、ベニバナイチヤク ソウが見られたのには少々驚きました。もしかしたら私のようなカメラマンの靴 に種がくっついて、ここまで運ばれたのかも知れません。(笑)
 また、状態の良いものが無かったので写真は未掲載ですが、イカリソウなどの 姿も見られました。  時間をかけて丹念に撮影していると、次第に太陽は高くなり、光の向きも変わっ てきます。今度はカメラを地面に押しつけるようにして、小さなすずらんを見上 げるようなアングルにして、逆光で花を撮影します。森に差し込む光がすずらん の葉と花びらを透かして、かわいらしいすずらんが、さらに可憐な雰囲気になり ました。
 すずらん畑からちょっと寄り道をして山道の方面も歩いてみます。すずらんほ ど目立ちはしないものの、道の脇に咲く野草たちも、かわいらしく咲いていまし た。
 時刻は9時を回ると、一般の観光客の方々も見え始めました。みなさんめいめ いにすずらんの花の可憐さを楽しんでいったようです。
 10時ごろにはひととおりの撮影を終えて、車の脇でごろりと横になって昼寝 をし、夜通し車を走らせた疲れを取りました。見上げれば青々とした森の上には 青空と白い雲が広がっています。
 高原の森の梢を揺らす風のさざなみ、まわりにはひらひらと舞い飛ぶ蝶のカッ プルがいて、あたりはすっかり初夏の陽気に包まれていました。  1時間ほど仮眠をしたでしょうか。目を覚まして車に積んである水タンクで顔 を洗い。再び車に乗り込み、清流・芦川の流れに沿って帰路につきました。  梅雨を直前にして、春と夏の境目の季節を楽しめた一日でした。  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 ※今回の速報用写真には  Nikonの一眼レフデジカメ D100 を使用しています。 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d100/
§5.その他のお知らせ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 _____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2004-05-31 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.