2004-06-14 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第72号をお届けいたします。



§1.ギャラリー更新情報
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img02037 "Lillium leichtlinii under the summer sky." 『夏空にコオニユリ』 Img02201 "The spot light on deep valley." 『谷間の照葉』 Img02252 "The rape blossoms's hill." 『菜の花の丘』 Img02287 "The falling tiny snows." 『降り注ぐ小雪』 Img02317 "The yellow tree in the mountain." 『山の中の黄色』 Img02365 "The season of fresh green. #002" 『新緑の季節 #002』 Img02390 "The silhouette of zelkova trees." 『ケヤキのシルエット』 Img02473 "The pale color of cherry blossom. #002" 『淡き桜 #002』 ■ギャラリーから削除された作品リスト img00377 "Young man & woman on the beach." 『波打ちぎわのふたり』 img00751 "On the dike in spring." 『春の土手で』 img00918 "The color of fresh life." 『新しい生命の色』 img00950 "Operisk beyond autumn carpet." 『錦繍のオペリスク』 img01091 "The playing Lycaena phlaeas." 『遊ぶベニシジミチョウ』 img01098 "A Celastrina argiolus in morning." 『朝のルリシジミ』 img01132 "A silhouette of tree in the mist." 『霧の中の樹影』 img01139 "The shining vermilion." 『輝きの赤』 img01178 "A Brassica juncea besides of the river." 『川辺の菜の花』 img01316 "The power of the fall." 『滝の力』 img01318 "It's YUJO-fall." 『遊女の滝』 img01413 "The brightness of huge tree." 『大樹の輝き』 img01414 "He was waiting for a long time." 『朝を待ちわびて』 img01423 "A emblem of life." 『生命の紋章』 img01534 "The vivid colors of autumn." 『秋色鮮烈』 img01598 "The castle of Sengoku era." 『戦国の夢の城』 img01684 "The blue color of bottom of valley." 『谷底のブルー』 img01944 "Meeting eyes." 『出逢い』 img02320 "The canvas of autumn colors." 『秋色のキャンバス』 §2.今週のスペシャル・ニュース! ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  来る2004年7月〜8月にかけて、鳥越章夫の第4回目の個展『森の交響詩II』 が、鳥越の地元、小田原のフジカラーMJCギャラリーにて開催されます。 ●個展情報の詳細は、下記URLにアクセスしてご覧下さい。↓ http://tory.com/j/exhibition/index.html
 今回の個展のテーマは第一回目の個展と同じく、『森』、としました。  今回の個展も、前回とはまた違ったテーマでと考えていたのですが、色々と作 品をセレクトしていくと、自然と森や樹木の作品が多くなってしまったので、や はり自分には森の作品が向いているのだと納得し、テーマをそのように設定させ ていただきました。  見上げていると、まるでこちらが呑み込まれてしまうのではと錯覚するような、 生命力にあふれた鳥海山のブナ林。紅や黄色、オレンジ色などの鮮やかな原色の 紅葉につつまれた長野県〜新潟県にまたがる雨飾山の森。柔らかい雪に包まれて、 全てのものが白くシンプルになってゆく群馬県、武尊山の森。私自身がそんな美 しい森の中を歩くのが大好きで、そこで感じる風や光、四季の移ろい、葉の色彩、 雪の森の空気の冷たさなど、それらのものを写真を通して表現できたらと考えて います。  使用したサイズはA1サイズ(約900×600mm)というラージサイズを4枚、A 2サイズ(約600×400mm)を9枚、4PWサイズ(約360×2500mm)を13枚、合 計26枚の作品をご用意しました。  ウェブを中心にして活動をしている私にとって、プリント写真の展示という作 業は非常に手間のかかることですし、なにより展示場所が神奈川西部地域に限定 されてしまっているので、遠方にお住まいの方には作品をご覧いただくことが難 しいというのは心苦しいかぎりです。  とはいえ、大判サイズの写真プリントは、パソコンの画面で見るのとはまた違っ た迫力ある映像を楽しむことができますし、広角レンズで撮影された作品のそれ は、現場での臨場感を余すところ無く伝えることができます。(逆に、広角レン ズで撮影した広い風景を、小さなフォーマットでお見せすることは、本来の迫力 が激減してしまうのです)  開催場所である神奈川県小田原市のお近くにお住まいの方は、ぜひご来場いた だいて、第一回目よりさらにクオリティを増した『森の交響詩』の作品たちをご 覧になっていただけたらと願っています。  どうぞご期待下さい。 ※入場は無料です※ ★ご注意★ 会場に鳥越が居られる日があらかじめ決まっております。もし鳥越とのディスカッ ションを希望して会場に来られる方はどうぞご注意ください。 ●個展情報の詳細は、下記URLにアクセスしてご覧下さい。↓ http://tory.com/j/exhibition/index.html
§3.今後のリニューアル予定 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ・作品人気投票ランキング集計画面 ・「お気に入り」システムの作成 ・フォト検索ページの作成 ・お勧め撮影スポット検索ページの作成 ・撮影日誌の作成 ・写真販売システムの作成 ・撮影機材紹介 ・特別展示室(タペストリー表示など) §4.季節の便り ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  今週は台風の本土接近が心配されましたが、どうやら本州の直撃はまぬがれた ようで、一安心といったところです。  関東地方は梅雨入りが宣言されましたが、幸い今のところ、それほど蒸し暑い とは感じずに、むしろ土曜日は、台風一過のような晴天なども見られて、思いが けず爽やかな陽気を楽しむことができました。暑さ嫌いの私にとっては嬉しいこ とです。  さて、先週は、神奈川県鎌倉市にある『大船植物園』を訪れてきました。この ブログでも今年の2月にご紹介しましたが、様々な品種の植物が植えられてい て、四季折々に花を咲かせます。  そろそろ『睡蓮』が花を咲かせ始めたとニュースで報じていたので、訪れてみ たというわけです。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.31.25N35.20.40&ZM=5
 2月に訪れた時には、梅などのほかは目立った花が無かったので、それほど良 い印象がなかったのですが。6月を迎えた今では、夏の花の代表であるユリやショ ウブを始めとして、バラやスイレン、キンギョソウなど、様々な種類の花が咲き 乱れていて、それは見事なものでした。  まず入園して最初に目を奪われるのが、一面に咲くユリの花です。黄色やピン クやオレンジ色などさまざまな色の品種が植えられていて、何千本あるかわかり ません。
 園内の池には、咲き始めた睡蓮の花が、あちこちに見られました。スイレンの 花は開期が長いので、9月くらいまで楽しめるそうです。
 園の中央を横切る掘には、これまた様々な種類の菖蒲の花が咲き始めていまし た。
 ひとくちにショウブと言っても、本当にたくさんの種類があるのですね。以前、 東京八王子市にある「多摩森林科学園」で数十種類のサクラの品種を見たときに はその名前の付け方に感心したものでしたが、ここでも、色とりどりのショウブ には、 「春の雪」「雪嵐」「紅の糸」「新紫式部」「五月雨(さみだれ)」 「紫雲(しうん)」「愛知の輝(あいちのかがやき)」 などなど、、洒落た名前が付けられていました。  たかが花、と言えども、その品種改良に情熱を注いだ方々の愛着の深さが伺え ます。  中央のバラ園には、これも様々な種類のバラが鮮やかに咲き誇っていました。
 中には、皇室に寄贈された品種などもあり「ミチコ」とか「マサコ」「アイコ」 などといった名前のバラがあって、驚きました。  園内のすみの方を歩いて、一休みしようとすると、日本古来の夏の花である、 キキョウがもう咲き始めていました。アジサイにしろショウブにしろ、このキキョ ウにしろ、この淡くて控えめな紫色を見ると、ほんとうに「日本の花なんだなあ」 と思います。
 この時期はユリが幅を利かせているようで、園内の道のあちこちに、盛大に花 を開かせていました。品種改良された花は、どうしても色が派手で鮮やかなもの になってゆくようで。このユリも、どんどん大きく、色も派手になっていったの でしょう。
 園内をひととおり回って、さてそろそろ帰ろうかという時に、ベンチの裏手に 咲いていたアジサイの花を見つけました。花の形が星形の、なんとも可愛らしい 花です。ガクアジサイの品種改良されたものでしょうか。
 本当は植物園を出た後に、鎌倉のお寺を巡る予定だったのですが、思ったより も花が豊富にあり、じっくり撮影をしているうちに、時間が無くなってしまいま した。鎌倉のお寺の花の撮影は、また来週に持ち越しとしましょう。  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 ※今回の速報用写真には  コニカミノルタのデジカメ DiMAGE-Xt を使用しています。 → http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0303/minolta1.htm
§5.その他のお知らせ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 _____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2004-06-14 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.