2004-07-12 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第76号をお届けいたします。



=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img02029 "Portulaca with light steps." 『軽やかにポーチュラカ』 Img02182 "The distant view of Mt.Asayomine." 『アサヨ峰の遠望』 Img02203 "The pressure of huge trees." 『圧倒する木々たち』 Img02272 "Mt.Norikuradake in the summer." 『乗鞍岳の夏』 Img02281 "The diamond of ice pieces." 『氷のダイヤモンド』 Img02301 "The shining white frosted trees." 『輝きの霧氷たち』 Img02336 "The prelude of today." 『一日の序曲』 Img02429 "Kodu town after the evening." 『夕暮れの国府津』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のスペシャル・ニュース! =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  鳥越の個展 "Symphonic Forest II"『森の交響詩II』が、7月1日から開催さ れています。予定よりも1枚増えて27枚の森の作品が展示されました。 小田原近辺にお住まいの方は、ぜひいらしてみて、美しい森の風景の数々をどう ぞお楽しみ下さい。特に、A1ノビサイズ(90cm×60cm)の大判プリントは圧巻 ですよ!  会場場所などの情報はこちらのページをご覧下さい。 ↓ http://tory.com/j/exhibition/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.今後のリニューアル予定 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ・作品人気投票ランキング集計画面 ・「お気に入り」システムの作成 ・フォト検索ページの作成 ・お勧め撮影スポット検索ページの作成 ・撮影日誌の作成 ・写真販売システムの作成 ・撮影機材紹介 ・特別展示室(タペストリー表示など) =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  今年の梅雨は本当におかしくて、関東では、雨がほとんど降らない毎日が続い ています。これだけ降らないと、都心部では水不足が心配になりますね。  また、木々たちは梅雨の季節にたっぷり水を吸って、夏はたっぷりと陽光を浴 びないと、秋の紅葉の色が良くないと聞いています。そういう意味でも少し心配 しています。  さて、暑い季節を迎えて、そろそろ蓮の花のシーズンになってきましたね。先 週は神奈川県の蓮の名所をいくつか訪ねました。  楽しみにしていた鎌倉の鶴岡八幡宮の蓮池は、どうも池が大きすぎるようで、 花は咲いているものの、撮影するためには超望遠レンズが必要になってしまいま す。遠目から鑑賞する分にはよいのですが、写真は非常に取りづらいところで、 残念ながら撮影をあきらめました。  一方、二宮町に「せせらぎ公園」というところがあります。こちらの公園は、 鎌倉の華やかさに比べると、非常にこじんまりとしてひっそりとした目立たない 公園なのですが、しかし池のサイズが小さく、蓮の花が手の届きそうなすぐ近く に咲くので、写真撮影をするには非常に好都合な場所でした。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.14.34N35.18.48&ZM=5
 蓮は朝、太陽の光が当たると同時に花が開き始めます。ですので、花が開きき るまでの時間帯が勝負です。なんといってもこの時期は朝日が早いですから、早 起きをしないといけません。5時には起床して、5時半には公園に着いて撮影を 開始しました。  眠い目をこすって駆けつけただけあって、池には見事な淡い白色でほんのり桃 色がかかった大きな蓮の花が開き始めていました。
 朝早くだというのに、もうミツバチたちが蜜を求めて花に群がっています。ちょ うど朝ごはんを食べているところなのでしょうか。
 少し離れた場所から、花とつぼみ、そして葉を少し入れて周りの環境も写しこ んでみます。これらのつぼみもやがて次々と咲くのでしょうか、とても楽しみで す。
 池の周囲に植え込みがあり、その木漏れ日や葉の反射が朝日に光ってきらきら していました。それをバックにあしらって、別の蓮の花を撮ってみます。
 寝ぼけまなこをこすりながら到着しましたが、蓮の花の見事さにすっかり目を 覚まされました。  早朝なので、訪れるのは私くらいかと思っていたのですが、別のカメラマンの 方が一名、写真を撮っていました。近隣に住むアマチュアの方だそうです。  彼と色々と話をしてみると、かなり通って撮り慣れているらしく、「もっとも 良いのは、大雨の日ですね」と言います。私が「なぜですか?」と問うてみると。 「雨の時は花や葉にしずくがたくさんたまって、それがいっぱいになると、ぴょ こんと雨水をはじくように反り返るから、そこの動感を写すのが面白いんです」 と、こんなことをおっしゃっていました。とても参考になる話です。  土砂降りとはいいませんが、雨の降っているときの蓮の花も撮ってみたいと、 あれから毎日待ちかまえているのですが、あいにくのカラ梅雨模様で、その日以 来、雨はいっこうに降る気配がありません。。  まあ蓮の花は、開期が長いですから、気長に待つこととしましょう。  次の雨の日を待ち遠しく思っている今日この頃です。  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 ※今回の速報用写真には  Nikonの一眼レフデジカメ D100 を使用しています。 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d100/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §5.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 _____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2004-07-12 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.