2004-10-11 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第89号をお届けいたします。



××××× お詫び ×××××

「オススメ撮影地検索」のコーナー

http://tory.com/j/others/index_location.html
において、検索プログラムに一部不備があり、撮影月日の範囲指定を正しくして も表示されないデータがあることが分かりました。 撮影好適日が、12月〜1月のように1月1日をまたぐデータです。 現在はその問題は修正されています。 どうもご迷惑をおかけしました。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §1.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img02016 "Kobe's night. #001" 『神戸の夜 #001』 Img02040 "The friendly Commelina communises." 『仲良しの露草』 Img02062 "The flight of Commelina communis." 『ツユクサ飛翔』 Img02064 "In the brightness." 『輝きの中で』 Img02305 "The valley of brocade colors." 『錦の谷間』 Img02310 "The whispering of Japanese pampas grasses." 『ススキの吐息』 Img02376 "Whispering." 『ささやき』 Img02435 "A shadow picture after sunset." 『宵闇の影絵』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週の追加機能 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 「オススメ撮影地検索」のコーナーに、50件ほどのデータが追加されました。 現在は122件のデータが登録されています。 順次、追加の予定です。 http://tory.com/j/others/index_location.html
 まだご覧になっていない方は、一度お試しになってみてください。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.今後のリニューアル予定 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ・作品人気投票ランキング集計画面 ・「お気に入り」システムの作成 ・フォト検索ページの作成 ・お勧め撮影スポット検索ページの作成 ・写真販売システムの作成 ・撮影機材紹介 ・特別展示室(タペストリー表示など) =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  先週末は、またも台風22号がやってきて関東を直撃し、その影響で予定して いた北アルプスの登山計画が縮小されてしまいました。  私が住む小田原にも台風がやってきて、ちょうど台風の中心付近が通過する時 は、猛烈な強風が吹いて、窓の外で看板が飛び散ったりしていました。自然のあ まりの猛威に恐怖を感じました。私事ですが、自宅の地下室にも水が進入して、 業者を呼んで見てもらったりして大変でした。  台風が過ぎ去った後は台風一過の晴天に恵まれるのかと思っていましたが、ま た西から低気圧がやってきて、どうもすっきりしない天候が続いているようです。 地球全体の気象に、今までの経験則が当てはまらなくなっているのかも知れませ ん。  さて、今回は天候の悪化する前に取材した写真をお届けしましょう。  山梨県にある富士五湖のひとつ、山中湖は、私が住む小田原から車で1時間ほ どの位置にあり、行き易いこともあり、良く行く場所のひとつです。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E138.51.51N35.24.26&ZM=5
 避暑地、観光地として有名ですが、しかし河口湖ほど俗化されてはおらず、湖 の北東側は静かなたたずまいで、特に波の静かな平野地区からは湖に映り込む富 士山の雄姿が、天候さえ良ければいつでも望めます。  この時期は最も富士山の雪が少なくなり、また天候も晴れる確率がそれほど多 くはない時期ではありますが、しかし運良く朝焼けが濃く染まると、富士山の赤 茶けた山肌がよりいっそう赤色に染まり、時折、見事な富士山の写真が撮れるこ とがあります。  この日もそれを期待して、昨夜のうちに自宅を出発して、暗いうちに湖畔に着 き、車で仮眠をして日の出に備えました。  日の出前の1時間くらいに起きだして、湖畔の富士山のよく見える位置まで移 動します。一日で一番冷え込む時間帯ですが、この時期はまだ寒いというほどで はありません。Tシャツにフリースを一枚はおっただけで十分です。  日の出の時間が近づくにつれて、暗い中から徐々に富士山の姿が確認できるよ うになりました。藍色の空と湖面から、やがて富士山のシルエットが徐々に浮か び上がってゆきます。それはたとえて言えば、暗い映画館のスクリーンに徐々に 光が当たって、主人公の顔が浮かび上がってゆくようなものです。しかし実際の 映画よりも、十数分というもっと長い時間をかけて、静かに、徐々に、音もなく 浮かび上がってゆくのです。しかし目の前に大きな富士山の山体が姿を見せると、 その存在感に圧倒され、良い映画を見たときのような満足感が湧いて来るのです。  しかし残念ながら、この時はすっきりとした天気というわけには行かなかった ようで、富士山の稜線には、湿った重いような雲がたちこめていました。
 富士山の上空には、ちぎれ雲がぽっかりと浮かんでいて、上空の風の流れによっ て様々に形を変えてゆきます。  運が良ければ、時々、鳥が羽根を広げたような見事な吊し雲(つるしぐも)に 発達することがあるのですが、この日は、この形がせいっぱいで、後はちぎれて 過ぎ去ってしまいました。  期待していた朝焼けも、東の空に別の雲があるのか、それほど染まらずに終わっ てしまいました。  残念ですが、自然相手ですのでしかたありません。また次のチャンスを待つこ とにしましょう。自然がこちらの希望を受け入れてくれるわけではありませんか ら、マメに足繁く通い、時たま訪れたチャンスを確実に捉えられるようにするし かないのだと思います。  富士山はそれほど染まりませんでしたが、しかし湖の周囲にぐるりと目を向け てみます。東にある三国山の上空では、おもしろい形のレンズ雲が3つ重なって、 まだ地平線の向こうにある太陽の光を受けて、ピンク色に染まっていました。
 上空には強い風が吹いているのでしょうか、雲は風に乗って様々に形を変えて ゆきます。生まれて、だんだんと大きくなって、ちぎれては、またくっついたり、 まるで綿菓子のように、あるいは生き物のように振る舞います。
 やがてピンク色の朝日は色味を落として、だんだんとクリーム色の光に変化し てゆきました。  撮影を一段落させて、車を湖面に沿って西に走らせます。すると、釣り人たち のボートがたくさん湖面に浮かび、透明な朝日の光を浴びて、湖上にシルエット となって点在していました。  湖面を渡ってくる風は爽やかで、すっかり秋の薫りに包まれています。
 しばらく休憩をとった後、車を走らせて、一気に精進湖までやってきました。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E138.37.5N35.29.3&ZM=5
天気が良いせいか、湖面に反射する太陽の光がとてもまぶしく感じられます。こ ちらの湖畔には、釣り人のためのボートが岸辺に整然と並べられていて、その船 底に太陽の光と湖面からの光が反射して、鈍く、しかし印象的に光っていました。
 道路脇のススキが風に揺れています。時計はもう午後の時間を差していました。 秋分の日も過ぎて、午後の太陽は徐々に低い光に変わりつつあります。ススキは その光を透過させつつ、穂先をゆらめかせてキラキラと輝いていました。
 不順な天候の多い今年の秋ですが、その合間に見せてくれた自然の光の美しさ でした。  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 ※今回の速報用写真は、  コニカミノルタのデジカメ DiMAGE-Xt を使用しています。 → http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0303/minolta1.htm
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §5.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 _____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2004-10-11 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.