2005-01-10 Back to HomePage
 
    

こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第102号をお届けいたします。



××××××××× お詫び ×××××××××

先週のギャラリー新作写真のコメントの中に誤りがありました。
当日、すぐに下記の通り修正させていただきましたが、
どうもお見苦しいところをお見せしてしまいました。お詫び申し上げます。

img02247    青空と桜
A cherry blossoms with blue sky.
このフィルムの長方形の中には
ただ青い空と桜の淡いピンク色だけがあります
誰かに好き絵や詩を描き加えて欲しいと思って
↓
誰かに好きな絵や詩を描き加えて欲しいと思って

img02483    黄色の妖精
The fairy of yellow color.
漆黒の闇の中に浮かぶ黄色い光
優しく輝くその花の色は
見る者をを元気づけてくれるサンライト・イエロー
↓
見る者を元気づけてくれるサンライト・イエロー






=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img02015 "Twilight of Kobe." 『トワイライト神戸』 Img02256 "Mt.Kaikomagatake with white plum trees." 『甲斐駒ヶ岳とスモモ』 Img02293 "The trees makeuped white." 『化粧をした樹木』 Img02308 "The autumn air on the highland." 『山上の秋』 Img02314 "A mountain stream of Okutone." 『奥利根の渓流』 Img02383 "Stand up to the autumn sky." 『晩秋の屹立』 Img02472 "The pale color of cherry blossom. #001" 『淡き桜 #001』 Img02488 "The white cosmos flower." 『ホワイトコスモス』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週の新機能 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  今週の新機能はありません。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.今後のリニューアル予定 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ・作品人気投票ランキング集計画面 ・「お気に入り」システムの作成 ・フォト検索ページの作成 ・お勧め撮影スポット検索ページの作成 ・写真販売システムの作成 ・撮影機材紹介 ・特別展示室(タペストリー表示など) =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  大陸から寒気が入ってきて冬型の気圧配置の日が多くなりました。新潟などの 日本海側の地方では、大雪が続いているようですね。  一方、太平洋側の地方では乾燥した晴天の日が続いていますが、年末に雪が降っ てから後は降雪がまったく無かったので、富士山の斜面にはまた黒い地面が顔を 覗かせるようになってしまいました。  富士山の純白の姿を撮影するのはもっと雪の積もる春先に回すとして、今の乾 燥した晴天の時期は夜景を多く撮影することにしています。  まずは、普通の方でも行けるような撮影場所を紹介しましょう。  東京都・中央区にある『聖路加ガーデンビル』の展望台へ。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.46.54N35.39.50&ZM=5
 このビルは東京・銀座の東側に位置している地上47階の高層オフィスビルで す。46階にある展望台が一般の人に開放されていて、そこからは首都東京の街 を一望の下に見渡すことができ、特に夕暮れ時は東京タワーの向こう側に富士山 のシルエットが見られる素晴らしい場所です。 ただし、東京タワーなどの広い 展望台と違って、とてもスペースが狭いので、すぐに窓際は人で満杯になってし まうのが残念なところです。(私も初めて訪れて、思いのほか狭いのでびっくり しました。日没時に訪れたら、平日だったにもかかわらず窓際はもう先着のカメ ラマンでいっぱいでした)
 この日は冬型の気圧配置が強く、朝から冷たい季節風が吹いていたので、夜景 を撮影するチャンスと思い、電車でかけつけました。  地下鉄の駅から地上に出ると、夕暮れ時を迎えて寒風はますます強くなり、防 風のジャケットを通しても寒さが身にしみてきます。  しかし聖路加ガーデンのビルに入ると、そこは別天地でした。冷暖房完備のオ フィスビルの中は外で吹きすさぶ寒風の気配さえ感じられず、静かで快適な空間 になっていたのです。  さて、それはともかく展望台に到着すると、既にご紹介したとおり狭い部屋に 観光客がひしめいていました。  折りしも地平線の向こう、富士山のシルエットの左側に夕日がちょうど沈む頃 で、窓際では、多くのカメラマン、そして観光客が片手に携帯電話のカメラを持っ て、さかんにシャッターを切っていました。
 今回は人が多くて、なかなか撮影に集中できなかったのですが、さてフィルム カメラで撮影したものは上手く撮れているでしょうか。とりあえず今回は、デジ カメで撮影したものをお届けしましょう。
 立ち並ぶ東京のビル群の中にそびえ立つ東京タワー。そしてその横のはるか彼 方には富士山のシルエットが見られます。地上200mのこの展望台からは、大 都会・東京が、まるで箱庭のように小さく感じられました。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さて、日は変わって、今度は神奈川県・中井町にやってきました。 東名高速道路を使って東京方面から自宅に戻る途中、秦野中井I.C.を過ぎるころ、 眼前に突如として富士山が姿を現す場所があります。その光景がとても印象的だっ たので、いつか、富士山のシルエットと、東名高速道路を走る車のライトの光を 合わせて撮ってみたいと思っていました。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.13.42N35.20.49&ZM=5
 高速道路の所々には、高速道路をまたぐように一般道路の陸橋が架けられてい ます。この上にカメラをセットして、10〜20秒ほどの長時間露光を行うと、 高速道路を走る車のライトの光の軌跡が流れるように画面に写ります。それを夕 暮れの富士山のシルエットのアクセントとして画面を構成するのです。
 こうした現実の視覚を越えた表現を楽しめるところが、写真の面白いところで もあります。  その後、秦野共栄牧場というところに移動しました。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.13.21N35.21.16&ZM=5
 日はすっかり暮れていましたが、しかし流れる雲は街の光を反射して薄く光り、 空には星がまたたき始めていました。  ほんの少しでも光あるかぎり、写真を写すことは可能です。今回は実験がてら、 口径の大きな明るいレンズを用いて、30秒ほどの露出時間で空を撮影してみまし た。すると白く輝く雲が流れる様子と、夜空にちりばめられた星のまたたく様子 を写し取ることができましたのです。 (小さい画像だと少し分かりづらいですが、白い粒々は夜空の星です。)
 月、星、そして街の光。 冬は日が暮れてからこそが、本当に楽しい写真の世界なのです。 想像力を膨らませることによって、現実には見えない新しい世界を表現すること ができるでしょう。それを追求する魅力はなにものにも代え難いものです。  冬はこれからが本番。そして今夜の月は新月で、今週からは再び西の空の下弦 の月を始まりとして、月末に向けて徐々に満ちてゆくことでしょう。  頭の中にイメージをしっかりと形作って、明日もまた朝夕夜と、撮影に出かけ ようと思っています。  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 ※今回の速報用写真、photo{00-02}は、  コニカミノルタのデジカメ DiMAGE-X50 を使用しています。 → http://www2.konicaminolta.jp/products/consumer/digital_camera/dimage-x50/
 photo{03-04}は、  Nikonの一眼レフデジカメ D100 を使用しています。 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d100/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §5.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 _____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2005-01-10 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.