2005-03-07 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第110号をお届けいたします。





=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img02592 "The dignity face of Mt.Harinokidake." 『針ノ木岳の威容』 Img02605 "The night view of One-Night-Castle." 『一夜城の夜』 Img02645 "The hill of rape blossoms." 『ナノハナの丘』 Img02928 "The silver Mt.Kaikomagatake." 『白銀の甲斐駒ヶ岳』 Img02930 "The big tree behind Yatsugatake mountains." 『大樹と八ヶ岳』 Img02972 "The sunset glow of sea side." 『夕焼けの海岸』 Img02981 "Umihotaru island on the dawn." 『夜明けの海ほたる』 Img02996 "The dawn of Yamanaka-lake." 『湖の夜明け』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週の新機能 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  今週の新機能はありません。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.今後のリニューアル予定 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ・作品人気投票ランキング集計画面 ・「お気に入り」システムの作成 ・フォト検索ページの作成 ・写真販売システムの作成 ・撮影機材紹介 ・特別展示室(タペストリー表示など) =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  先週の金曜日には低気圧が日本の南海上を発達しながら通過して、関東地方に 思わぬ大雪をもたらしました。  その時、私は東京に居ましたが、天から降り落ちてきた牡丹雪が、強い風に流 されて斜めに降りしきり、いつもはアスファルト色に鈍く光っている都会の町が、 どんどん白一色の世界に染められてゆくのを、見つめていました。
 今まで自分が見慣れているはずの世界が、こうして一夜にして別の光景に生ま れ変わるのを見ると、不思議にワクワクしてくるのです、心の中のどこかに、い つまでも子供のような部分を持つ自分を、少し恥ずかしくも思うこともあるし、 しかし少しは誇らしく思うこともあるのです。  思わずカメラを手に携えて、降りしきる雪の町を歩いてみます。先日は暖かい 太陽の光に照らされていた初春の花たちが、今は白い衣をまとって、寒さに耐え ています。

 また再び暖かい春の日差しに照らされて白い雪が融けて無くなる前に、しばし 美しいその紅白の姿を見せていてください。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さて、その雪の日からは少し遡りますが、真鶴の「松本農園」というところに 子犬の撮影にでかけてきました。久しぶりに動物の取材の様子をお届けしましょ う。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.08.35N35.10.07&ZM=5
 真鶴海岸道路を車で走っていると、道の脇に立てられている『子犬生まれまし た』という看板が目に飛び込んできました。以前から気になっていましたが、今 回はじめて訪れてみたところ、実に多くのワンちゃん達を飼育していて、その種 類の多さに驚きました。  私は犬種はそれほど詳しくないのですが、柴犬をはじめとして様々な種類のワ ンちゃんを育てていて、そのため、常にひっきりなしに子犬が生まれているとい うのです。まずは、農園の周りに繋がれている成犬(大人の犬)を何匹か撮らせ てもらいました。  観光客に可愛がられているのでしょうか、もうすっかり人慣れしていて、カメ ラを構えていると、向こうの方から近寄ってくるくらいです。最初は中望遠レン ズでそれほど遠くない場所から撮影しようとするのですが、こちらに気が付くと 近寄ってきて、私の顔をぺろぺろとなめ始めます。これでは撮影になりません。  そこで望遠レンズに切り替えて、気付かれないように草むらの後ろに隠れなが ら、遠くからこっそりと撮影するようにしました。(笑)



 ひととおり成犬の撮影を終了させて、今度は子犬の撮影に移ります。子犬は抵 抗力が弱いので、まだ家の外に出すことができないそうです。そこで農園の家に お邪魔させてもらい、室内で撮影を行いました。  こちらの子犬は毛にカールがかかっていて、まるでお人形さんのようですね。

 こちらの犬種は「パピヨン」ですね
 子犬はさかんにはしゃぎ回るので、とても撮影が難しいものです。しかし, しばらく遊ばせておくと、だんだんと疲れてきて、眠り始める子がいます。そう するとようやく撮影のチャンスです。それまではじっと待っているのが得策です。  こちらは生まれたばかりの「ヨークシャーテリア」だと思います。このくらい 小さい赤ちゃんだと、まだ外界に身体が慣れていないので、寒いためか、赤ちゃ ん同士で、寄り集まって、お互いに身体を温め合おうとします。  パピヨンは生後1ヶ月くらいだったので、やんちゃ坊主で動き回ってとても苦 労したのですが、しかしこの子たちは、頼みもしないのに、むにゅむにゅと寄り 集まって、とても可愛らしい仕草を見せてくれました。

 今回は日本犬の代名詞「柴犬」の赤ちゃんが撮影できずに残念でした。しかし 柴犬の出産の予定もあるそうです。私は日本人だから、というわけではないので すが、やはり犬の中では「柴犬」が一番好きです。  早く赤ちゃんが生まれないかと心待ちにしている毎日です。  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 ※取材協力:神奈川県・真鶴町『松本農園』 → http://homepage3.nifty.com/agri/
※今回の速報用写真の photo11-13.jpg は  コニカミノルタのデジカメ DiMAGE-X50 を使用して撮影しました → http://www.konicaminolta.jp/about/release/2004/0707_02_01.html
 それ以外の写真は  Nikonの一眼レフデジカメ D100 を使用して撮影しました → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d100/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §5.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 _____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2005-03-07 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.