2005-06-13 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第124号をお届けいたします。






=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img02515 "The statue of autumn entitlies." 『秋の彫像』 Img02596 "Mt.Harinokidake in the summer." 『針木岳の夏』 Img02616 "Mt.Yokodake under the moon light." 『月光の横岳』 Img02662 "An azalea in the calm." 『静けさのツツジ』 Img02678 "A farm under the summer sky." 『夏の畑』 Img02798 "The cheerful azalea." 『ツツジ元気』 Img02815 "The lights flows into the valley." 『光そそいで』 Img02935 "Mt.Kaikomagatake with the sunrise-red." 『旭の甲斐駒ヶ岳』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  九州から東海地方にかけて梅雨入りが宣言されました。関東の梅雨入りはまだ のようですが、それも時間の問題でしょう。台風の影響もあるのか、関東でもこ の週末はとても蒸し暑くて、いよいよ梅雨の季節も本番かと思わせる陽気になっ てきました。  さて、梅雨入りとくれば、梅雨の似合う花を探しにでかけるのがいいでしょう。 先週は梅雨の似合う花を求めて、久しぶりに房総半島に行って来ました。  神奈川県から千葉県へ向かうルートはいくつかありますが、今回は高速道路の 東京湾アクアラインを使って向かいました。途中、東京湾に浮かぶ人工島である 「海ほたるパーキングエリア」に寄って休憩をしました。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.52.39N35.27.40&ZM=5
 冬は空気が澄んで遠くのものがよく見えるのですが、この日は台風のもたらす 鉛色の雨雲が東京湾の上空を覆っていました。
 しかしその鉛色の雲が東京湾の海面に映り込んで、鈍い光沢を放ち、遙か海岸 線には木更津市の工業地帯がかすかに見えて、その荒涼とした近未来的な風景が、 妙に印象的に感じました。  緑豊かな潤いのある自然風景とは違いますが、このような光景もまた写真的に おもしろいと感じました。  さて、海ほたるを後にして、東京湾上にかかる橋を走り続けます。木更津市の 金田海岸の上を通過すると、そこは潮干狩りで有名な遠浅の砂浜が広がっていま した。
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.55.6N35.26.3&ZM=5
 この日は鉛色の雲に覆われた冴えない色彩の風景でしたが、しかしこの位置か ら海岸は東に向かっています。ですので、早朝の時間帯になれば、海岸の水は朝 焼けの空の色を映しこんで、素晴らしい風景となることでしょう。この場所はチェッ クしておくべきだと思いました。  房総半島に渡り、高速道路を降りて、一般道をひた走り、千葉県のほぼ中央に 位置する茂原市(もばらし)までやってきました。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E140.17.28N35.25.30&ZM=5
 このあたりまで来ると、素朴な水田風景が広がっています。
 茂原市では、この時期、菖蒲とアジサイが有名ですが、まずは菖蒲の咲いてい るという「ひめはるの里」を訪れました。
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E140.17.51N35.23.52&ZM=5
 園内にはいると、まず斜面に咲きはじめのアジサイの花が群生しているのが目 にとまりました。なかなかの迫力です。
 園内には木道が敷かれ、一面に菖蒲の花が咲いていました。
 この頃になると天気が晴れてしまい、雨の中の菖蒲を見ることができませんで したが、しかしそれでもこうして可憐に咲いている姿には情緒を感じさせてくれ ます。


 園内には、雰囲気を盛り上げるためか、菅笠をかぶった田舎の装束を着た娘さ んがいました。
 もっとも、これはマネキン人形でしたが。(笑)  この「ひめはるの里」には、菖蒲だけでなく、小さいながらも温室があり、サ ボテンやハイビスカスなど南国の花、そしてフラミンゴなどが飼われていました。

 ミニ牧場やミニ動物園などもあり、ミーアキャットなどの小動物の姿が見られ ました。

 ちょっと唇の端が持ち上がっているところが、不適な笑みを思わせます。  しかし、この「ひめはるの里」の入園料は800円と、ちょっと高いように思 いました。もっともそれは菖蒲を見るためだけでなく、温室やミニ牧場、ミニ動 物園、人工池のボートなど全てを含めた総合レジャー施設としての料金なのでしょ う。  ただし菖蒲園としての規模は、先週お届けした「横須賀市立しょうぶ園」に比 べると、かなり劣るようで、温室や牧場、動物園なども、専門の施設に比べると、 どれも中途半端のような気がしました。  さて、ひめはるの里を後にして、すぐ近くにあるアジサイの名所、「服部農園」 を訪れました。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E140.18.27N35.23.4&ZM=5
 一般の農家の庭の斜面にアジサイの群生地があるというので、ずいぶんな名所 のようです。なるほど、入園料を払って入ってみると、中はごく普通の農家の庭 先といった雰囲気の場所です。
しかしその庭先に飾られている色とりどりの花は見事なものです。
 そしてアジサイの散策道に入りました。しかし残念ながら今年は開花が遅れて いるらしく、アジサイの花はどれも小振りなものでした。しかし斜面を埋め尽く すこれらのアジサイの花が満開を迎えたら、どれほど素晴らしいことでしょう。
 中には早めに咲いているアジサイもいましたので、道の脇から撮らせてもらい ます。
 道ばたに咲くマツバギクの花たち。光沢のある紫色の花弁が目を引きます。人 気のある花らしく、農家の庭先ではよく見かけますね。
 服部農園のアジサイは少し時期が早く、残念でしたが、また翌週、チャンスが あれば、来てみることにしましょう。  服部農園から帰る途中、国道を通るのはやめて、脇道の細い県道を使って帰る ことにしました。国道では車が多すぎて、良い風景を見かけたときに、車をすぐ に停めることができないからです。  そうして細い道をのんびりと走っていると、千葉県中部の素朴な農村風景に出 会えます。  こちらは睡蓮の咲く池でしょうか。今はまだ花は無いですが、たくさんの葉っ ぱが池に浮かんでいて、西日を受けて水面が光っています。なかなか面白いモチー フです。
 こちらは、蓮池が幾重にも連なっている素晴らしい風景です。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E140.16.50N35.23.45&ZM=5


 特にこちらは、池が西側に向かっていて、夕日の時間帯には水の色が空の色に 染まって印象深い風景になることが期待されます。また機会があったら、その時 間帯に訪れてみたいものです。  また、夏の時期はハスの花がたくさん花を咲かせることでしょう。それらも楽 しみです。  細い道を抜けて、再び太い県道に合流しました。その途中、休耕田にびっしり と生えた白い植物が目に飛び込んできました。「チガヤ」と呼ばれるイネ科の植 物です。
 白い花穂が風に揺れて、それが夕暮れの光を受けて逆光に輝いて、たいへん美 しい光景です。
 すかさず、車を反転させて停車させて、しばらくその場所にとどまって、撮影 を続けていました。  風にそよそよと揺れる白い花穂の揺らぎをじっと見つめていると、とても気持 ちが良くなってきます。それらの最も美しい形の部分と瞬間を写しとめる、それ が自然写真の醍醐味でしょう。  千葉の素朴な農村風景と豊かな自然は素晴らしく、こうして車を少し走らせる と、美しい自然風景に出会えます。もちろん、これらを見るのに入園料は必要あ りません。(笑)  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 ◆今回の速報用写真で使用したデジカメ◆ photo{07-10,13-14} → Nikon D100 photo{01-06,11-12,15-25} → コニカミノルタ Dimage-X50 ※Nikonの一眼レフデジカメ D100 の詳細はこちらを → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d100/
※コニカミノルタのデジカメ DiMAGE-X50 の詳細はこちらを → http://www.konicaminolta.jp/about/release/2004/0707_02_01.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.今週の新機能 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  今週の新機能はありません。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.今後のリニューアル予定 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ・作品人気投票ランキング集計画面 ・「お気に入り」システムの作成 ・フォト検索ページの作成 ・写真販売システムの作成 ・撮影機材紹介 ・特別展示室(タペストリー表示など) =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §5.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 _____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2005-06-13 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.