2005-07-25 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第130号をお届けいたします。






=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img02523 "The pampas grasses on the sunset." 『黄昏のススキたち』 Img02570 "The view of Mt.kitadake from Yasyajin-pass." 『夜叉神峠より北岳』 Img02587 "The stretching of Iide-mountains." 『飯豊山脈の連なり』 Img02641 "The rape blossoms at the village." 『里の菜の花』 Img02775 "Common Gull on the lake-side." 『湖沼のカモメ』 Img02793 "The pale white peony." 『白き淡き牡丹』 Img02942 "The irise at the mountain pass." 『峠のアヤメ』 Img02967 "The sunset flight." 『紅の空を飛ぶ』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース! =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  今週末の7月30日(土)より、鳥越章夫の個展『交響詩・光景』が、鳥越の 地元、小田原のフジカラーMJCギャラリーにて開催されます。  お近くの方はぜひご来館ください。 ● 写真展の詳細は下のURLをクリックしてください ● http://tory.com/j/exhibition/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  ここ最近、いくつかのコンパクトタイプのデジカメを試しています。 そもそも、通常の取材のメモ用としては、既にこのブログでお伝えしているよ うにコニカミノルタのデジカメ Dimage-Xt , Dimage-X50 を愛用してきました。  しかし最近、丹沢の深い渓谷での沢登りの時など、光量が少なくて苦労するこ とが多く、高感度で撮影できるコンパクトデジカメが欲しくなり、色々と試すこ とになったのです。  もちろん、現在市場に出ている全てのデジカメを試せるわけではありませんが、 いくつか比較してみると、それぞれ各社各様の特徴があることが分かりました。  困ったことには、A社の製品は、ここは良いけれどここが悪い。B社の製品は、 こちらが良いけれどあちらが悪い、と、長所はあるのですが、どこかしら短所も あり、完璧に使用者の要求を満たすデジカメはなかなか無いのです。  そのようなわけで、今週もデジカメ散歩の写真をお届けします。  まずは東京の街を散歩したときの様子を。  先週にご覧に入れた「民家の草むら」ですが、また日を改めて訪れてみると、 そこには「ツユクサ」の花が咲いていました。
 暑い時期に咲く花ですが、青い花びらが、涼しさを運んでくるようです。  こちらも夏の青い花の代表格、「あさがお」の花です。
 花弁に思い切り近づいてクローズアップしてみると、黄色いつぶつぶの鱗粉が 見えました。  こちらは、なんとも可愛らしい「フウセンカズラ」です。
 花なのか実なのか、良く分からないのですが、なんともユーモラスな形です。  こちらはあまり見かけない紅い花です。
 「ハイビスカス」がしおれたような・・・。おしべが下に垂れ下がって、花び らが開くと、このような形になるのでしょうか。 ちなみにまた2〜3日して訪れてみると、花は無くなっていました。 やはりこれはハイビスカスの散り際の姿なのでしょうか。  竹林の間を吹きぬける風が、竹の葉を揺らしています。
ゆらゆら揺れている感じをお伝えするのは難しいのですが、見た目に青々とした 葉が揺れていると、風を感じて、心なしか体感温度も下がるような気がします。  こちらは街角の民家の庭で見かけた猫ちゃん。
 よくよく見ると、「首輪」がしてあってひもに繋がれています。犬を繋ぐとい うのは良く見ますが、猫を繋いでいる家は初めてみました。そんなに凶暴な猫ちゃ んなのでしょうか。心なしか目つきが悪いような気もします。(笑)  夏の暑い日には、「草むら」が気になります。ただでさえ暑い中、よけい暑く なりそうですが、そこにはもう秋を感じさせる植物が生えてきています。 これはエノコログサの穂先。
 夏の盛りの今はまだ青々としていますが、秋にはきれいな黄金色(こがねいろ) になり、太陽の光を受けると、きらきらと輝くのでしょう。  違うデジカメを持って、先日と同じ竹林にやってきました。
 このデジカメはレンズが良いのか、逆光でもゴーストやフレアーで画像が乱れ ることもなく、竹の葉の透明感も良く出ているようです。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さて、そうして新しいデジカメの感触を確かめるため、というわけでもないの ですが、丹沢の沢のひとつ、「勘七ノ沢」(かんしちのさわ)に出かけてきまし た。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.9.38N35.25.47&ZM=5
 天候は小雨の降るどんよりとした曇り空でしたが、しかしそのため、光が柔ら かく拡散され、谷や森のすみずみまで光が回ります。  谷の緑と、水の流れの緑色が印象的な光景です。
 新しいデジカメは感度を上げても画像が荒れないのが特徴です。その点は満足 できますが、しかし、光はフラットなはずですが、仕上がった画像はコントラス トが高いのがとても気になりました。岩の陰の部分が暗く沈み、逆に水流の白い 部分が真っ白に「飛んで」しまっていて階調が残っていないのです。  なかなか全ての条件を満たすデジカメというのは無いものです。  意識して露出を抑えて撮影し、後ほど画像処理ソフトでシャドーを立ち上げて 修正するしかないのでしょうか。  それらのことは帰ってきてから画像をチェックして分かったことで、沢の遡行 中は無心にシャッターを切っています。  こちらは、一般に「ゴルジュ」と呼ばれる岩の回廊。
 左右から迫り来る岩盤の圧力に圧倒されるようです。大雨の時などは水量が増 えて、この狭い岩の回廊を膨大な量の水が怒濤のように流れ落ちるのでしょう。  小雨、あるいは谷に立ちこめる霧が岩を濡らすのでしょうか。もともと黒い岩 が水に濡れてつややかさを増して、独特の光沢感を放っています。このデジカメ のコントラスの高い画像は、更にそれを増幅しているように見えます。  沢を登っている途中に見られた幾つかの堰堤。その中の古いものは、緑色の苔 にびっしりと覆われていました。
 これはフィルムでもそうなのですが、曇天の時には緑の発色が本当に鮮やかに なります。  稜線に近くなると、傾斜も急になり、そこに生える木々たちも、谷の斜面にか ろうじてへばりついているような姿になってきます。
 丹沢は崩壊の激しい山岳地です。まして沢は水流によって常に地形が削られて いる場所。そこに生きる木々たちも生き残ろうと必死な様子が伝わってきます。  無事に沢の遡行を終了して、尾根の登山道を下ります。空は相変わらずの曇り 空、そしてあたりは小雨と霧に包まれています。
 しかしそのような中でも光は降り注ぎ私たちの目に届きます。霧が針葉樹の森 に立ちこめて、光を柔らかくにじませてくれます。このような天候だからこそ、 雲が光を拡散させ、霧は森に情緒をもたらし、小雨は草木にみずみずしさを与え てくれます。  これらのことを体感してしまうと、山や森に行くのに、天候が悪いからやめよ うとか、晴れていないと嫌だ、などと言うことはできなくなります。  これからも天候の悪い日を狙って、でかけることになるでしょう。(笑)  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 ◆今回の速報用写真で使用したデジカメ◆ photo{01-05} => リコー Caplio GX-8 photo{06-13} => フジフイルム FinePix E550 ※リコーのデジカメ Caplio GX-8 の詳細はこちらを → http://www.ricoh.co.jp/dc/caplio/gx8/
※フジフイルムのデジカメ FinePix E550 の詳細はこちらを → http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixe550/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.今後のリニューアル予定 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ・作品人気投票ランキング集計画面 ・「お気に入り」システムの作成 ・フォト検索ページの作成 ・写真販売システムの作成 ・撮影機材紹介 ・特別展示室(タペストリー表示など) =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §5.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 _____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2005-07-25 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.