2006-01-23 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第156号をお届けいたします。


★★★ このブログは下記のページにアクセスしてもご覧になれます ★★★







×××××××××××× お詫び ××××××××××××

 先週のブログの中で、「雪面から顔を出す植物」の写真をお届けしましたが、
下記のように"photo08.jpg"が重複していました。最初の photo08.jpg は 
photo07.jpg の誤りです。お詫びいたします。

------------------
 白い雪面に埋もれた植物が枝を出して、その光と影がとても印象的です。


 少し抑えめの露出で雪面の質感を強調してみます。もちろん、肉眼ではサング ラス無しでは直視できないようなまぶしさです。
------------------ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §1.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img03077 "夜の時間が終わり" 『夜明けの高原の向こうに』 Img03084 "Mt.Fuji overspread with the maple leaves." 『富士を覆う紅葉』 Img03123 "Hatsushima island on the horizon." 『水平線上の初島』 Img03302 "The pasture in the summer." 『牧場の夏』 Img03450 "The drizzling maple leaves." 『もみじしぐれ』 Img03466 "The willow preparing for comming winter." 『冬支度の柳』 Img03685 "A white hydrangea." 『白アジサイ』 Img03980 "The white summit on Hodaka Mountains." 『穂高の白き峰々』 ■ギャラリーから削除された作品リスト img00303 "Fireworks of my hometown. #001" 『故郷の花火 #001』 img00429 "Into the Light." 『光の中へ』 img00580 "The dawning of purple." 『茜色の夜明け』 img00598 "Starlight Merry-go-round." 『星空のメリーゴランド』 img00789 "Another world in a drop." 『もうひとつの世界』 img00796 "A statue of light." 『光の彫刻』 img00899 "Vivid summer of Odawara city." 『小田原の盛夏』 img01012 "A sunrize at the plain." 『草原の日の出』 img01021 "The evening time of Yokohama-Bay-Bridge." 『ベイブリッジ夕時間』 img01023 "The view of Mt FUJI from portside." 『ポートサイドより富士を望む』 img01230 "Before dawning on the pass." 『夜明け前の峠』 img01693 "Moon and larch trees." 『カラマツと月』 img02005 "The burning clunds." 『雲燃ゆる』 img02009 "The sunset at mouth of river." 『河口の落日』 img02016 "Kobe's night. #001" 『神戸の夜 #001』 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  ご存じのように、年末年始にかけて日本列島は寒波に見舞われて、日本海側を 中心に記録的な大雪となりました。  しかし大雪の中心はあくまで日本海側の地方で、太平洋側の地方の降雪量は実 は例年に比べて少なかったのです。  ですので寒い寒いと世間で騒いでいる割には、富士山には雪が少なく、写真に はなりませんでした。  寒いからといって雪が降るわけではなく、それには理に適った仕組みというも のがあるのですが、それは気象に詳しい者なら良く分かることですが一般の方に はピンと来ないようです。  難しい話しはさておき、ようやく最近になって南岸低気圧が頻繁に日本列島を 訪れるようになり、その時に北から寒気が入ってくると、太平洋側の地方にも降 雪がもたらされるようになりました。  そうなると富士山には雪が積もって、いよいよ被写体としての魅力を増すこと でしょう。  先日の大雪の日、横浜に用事があったので、電車から降りて街を歩いてみると、 なんともう街角にはチューリップの花が咲いていました。
ご存じの方も多いかと思いますが、横浜公園のチューリップ畑は実に見事で、そ れは4月に見頃を迎えます。 (参照:自然風景写真館ブログの第117号) http://tory.com/j/others/mm_backnumber/2005-04-25.html
 この時期に咲いているとは、観光用に品種改良をしたものでしょうか。ともあ れ、思わぬ大雪に見舞われて、チューリップの花もさぞかし寒い思いをしている ことでしょう。その証拠に、晴れていれば花びらをいっぱいに広げるはずですが、 今は固く閉じてしまっています。  しかし雪のかけらと、それが溶けたしずくが花びらについて、冷たい中にも 清澄なみずみずしさを感じました。
 さて、関東が大雪に見舞われた翌日、取材ではないのですが、神奈川の山岳連 盟の登山救助隊訓練というものがあり、それに参加するために群馬県のみなかみ 町を訪れました。  群馬県でも北部に位置するみなかみ町は、どちらかというと日本海側の気候の 影響を受けます。そのため、例年をはるかに越える積雪に覆われていました。  今週はその様子をお届けしましょう。  訓練の朝、谷川岳ロープウェイの「どあいぐち駅」に車を乗り付けました。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E138.57.52N36.49.56&ZM=5
未明から荒れ模様の天候で、日本海からやってくる寒気の影響を受け、谷川岳一 帯は吹雪になっていました。
 訓練のミーティングを済ませて、メンバーは雪の舞い散る中、めいめいに雪山 に入ってゆきます。
 さて、私はというと、今回は捜索本部のスタッフとなったので、体力的にはと てもラクチンでした。(笑)  自動車の中でノートパソコンを広げて、各訓練チームに配備されたハンディ GPSレシーバーからの緯度経度情報を取得して、地図ソフトで位置を確認して 記録をするのが役目です。 (※GPSとは、車のカーナビでも使用されている、衛星からの電波を受信して 現在位置を特定するシステムです)
 目印の少ない雪山で現在位置を特定するのに非常に役に立ち、興味深い訓練で した。  さて、本部スタッフは狭い車の中でじっとしていなければならず、身体を動か すことがないので、楽かと思っていたのですが、これはこれでけっこう辛くなっ てきました。人間とは贅沢な生き物です。  定時交信の合間に、運動不足解消と気晴らしを兼ねて土合(どあい)の周辺を 散策してみることにしました。  「土合山の家」の軒先に出来た見事な「つらら」です。
 うっかりこの下に入って、つららが折れて上から降ってきたりしたら大変です。  こちらはJR上越線の土合駅(どあいえき)の様子です。この写真だけを見る と分からないかも知れませんが、例年に比べてかなりの積雪があります。
 山の家の周辺には除雪された雪が積まれて小山のようになっていました。その 上に乗ってみると、ちょうど東から太陽の光が差し込んで印象深い光景になりま した。
 わきたつ雪雲の上から降り注ぐ冬の太陽。その光が雪の小山を照らし出して、 微妙な起伏を浮かび上がらせていました。この部分だけを切り取ってみると、ど こかの雪山の稜線の一部のようです。  さて、朝は吹雪だったのですが、昼ちかくになるとみるみるうちに空が晴れ渡っ てきました。寒気の吹き出しが弱まったのでしょう。本当に谷川岳の周辺は天気 が変わりやすいです。
 訓練チームが入山している白毛門(しらがもん)の山頂がくっきりと青空に浮 かび上がっています。清々しい光景です。
 ほんのわずかに稜線付近に雪煙が舞っているのが見えます。晴れてはいますが、 上空はかなり風が強そうです。  逆方向を見上げると、谷川岳の主峰がわずかに見えます。やはりこちらも稜線 部には雪煙が舞い上がっていました。完全な天候回復とは言えないのでしょう。
 高い雪の壁に挟まれた、上越線のレールです。雪の壁の高さは例年の2倍ちか くあるでしょうか。
 土合駅の駐車場の周辺は本当はもっと広いのですが、除雪車の幅しか道が無く なっていました。
 駅の施設の屋根の上には、たっぷりと雪が乗って、まるでマッシュルームのよ うに盛り上がっています。
 まるで「お菓子の家」のようにも見えますが、しかしそうのんきなことも言っ ていられません。これがもっと大きくなると、家を押しつぶしたり、落ちてきた 雪の固まりの直撃を受けて死亡する方もいるのですから、雪国の自然は厳しいも のです。  しかしその一方で、やはり雪というのは美しいものです。こんもりとした雪に 覆われた湯桧曽川(ゆびそがわ)の河原です。
 河原の石の上を覆う雪の、微妙な白い曲面がなんともいえません。  川の水は夏の時に比べて、とても清冽に感じました。やはり水温が低いと、そ れだけ不純物が減るからでしょうか。
 さて、訓練チームが山から帰ってきました。天候が回復して良かったです。
 再び全員が集まって反省会を行い、救助訓練は無事に終了してメンバーは解散 しました。  その後、夕暮れ近くになると谷川岳周辺は再び雪雲に覆われて、ちらちらと小 雪が舞い始めました。やはり天候回復は一時的なものでした。  再び土合駅に行ってみると、そこにはスキー客が面白半分に作っていったのか、 かわいらしい雪だるまが置かれていました。
 このまま雪の日が続けば、1週間くらいはここに居続けるかも知れません。  またたく間に、土合駅周辺は再び雪景色へと変貌しました。川端康成の小説 「雪国」を思い起こさせる光景です。
 谷川連峰の谷間を流れる湯桧曽川の流れも、今は深い雪に閉ざされようとして いました。
 はるか上越国境の清水峠までこの流れは続いているはずですが、その途中で流 れは雪の下に埋もれているのでしょう。  先ほどははっきりと見えていた白毛門の山の姿は、今はすっかり薄青い雪のヴェー ルの中に隠れてしまっています。
 夕暮れの時間を迎えて、あたりの光は徐々に弱まってきました。もうすぐ夜が やってくるのです。  舞い散る小雪の下、木々たちは寒さと雪に埋もれそうになりながらも、賢明に 命を長らえようとしています。
 中には雪の重みに耐えられずに枝や幹を折られてしまう者も居ます。冬の森に 入ってゆくとそれらの厳しい自然の現実を目の当たりにしますが、しかしそれを 越えて春まで生き延びた木々たちはより生命力を身につけて大樹へと成長してゆ くのでしょう。  雪はしんしんと降り、大地を少しづつ少しづつ白いもので覆い尽くしてゆきま す。汚れなきもので覆われて、動物も植物も、次の春まで長い眠りにつくようで す。
 夕闇の空から次々と舞い降りる無数の雪のかけらたち。 周囲は静寂に包まれていますが、しかし音のない音が聞こえてきます。 それは大地とそこに棲む生き物たちを優しく包む、子守歌のように心にささやき かけるのです。  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 ◆今回の速報用写真で使用したデジカメ◆ photo{01-02} => コニカミノルタ DiMAGE-X50 photo{03-23} => カシオ EXILIM-ZOOM EX-Z750 ※コニカミノルタのデジカメ DiMAGE-X50 の詳細はこちらを http://www.konicaminolta.jp/about/release/2004/0707_02_01.html
※カシオのデジカメ EXILIM ZOOM EX-Z750 の詳細はこちらを → http://dc.casio.jp/product/exilim/ex_z750/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.今週のギャラリー新機能 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  今週の新機能はありません。 次回にご期待下さい。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.今後のリニューアル予定 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ・「お気に入り」システムの作成 ・フォト検索ページの作成 ・写真販売システムの作成 ・撮影機材紹介 ・特別展示室(タペストリー表示など) =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §5.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 _____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2006-01-23 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.