2007-03-28 Back to HomePage
 

 

 いつも自然風景写真館をご覧いただきありがとうございます。

 自然風景写真館ブログの号外をお届けいたします。



★★★ このブログは下記のページにアクセスしてもご覧になれます ★★★




〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜


 先日のブログで足柄の里の春の様子をお届けしたばかりですが、その写真は
実は先週に撮られたものです。季節は足早にやってきては過ぎ去ってしまいます。
一週間違えば、花たちの様子ももうすっかり違ってしまうでしょう。

 自然風景写真館でもなるべくタイムリーに花たちの様子をお届けしたいと思い、
昨日の今日で恐縮ですが、号外を出させていただくこととしました。


 私の住む町の隣町、神奈川県の大井町はにある相互台(そうごだい)は、第一
生命相互保険会社が高台の土地を購入して庭園風に整備してある土地です。季節
の花が咲いてとても風情のある場所です。(前回のブログでも、サンシュユ、
サクラ、シデコブシの花などをご紹介しました)

http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.9.47N35.19.56&ZM=5
 さて、上越・仙ノ倉山から帰ってきたばかりで、ブログの〆切も1日延びた ことだし(笑)、ゆっくり休んでから写真の整理と執筆をしようと思っていたら、 雨上がりの翌朝の光がとても綺麗で、思わず撮影に出たくてうずうずしてしまっ たのです。  ちょうどこのツクシの赤ん坊のように。
( SONY α100 + AFマクロ100mmF2.8(D) , PhotoshopCS2にてRAW現像 )  朝露をまとった山野草はとても美しくて、最高の被写体です。こちらはまだ若 いヒメオドリコソウです。知人から、姪がこの前バレエの発表会があったと、そ の自慢話を聞かされましたが、この花もキラキラとした朝露のバックライトを浴 びて、ステージでまるでくるくると踊っている少女のバレリーナのようです。
( SONY α100 + AFマクロ100mmF2.8(D) , PhotoshopCS2にてRAW現像 )  朝露は太陽の光を受けるとあっという間に蒸発して消えてしまいます。はかな いもののように見えるかも知れませんが、きっと私たちの住む場所とは違う世界 へ行ってしまっただけなのかも知れません。  その代わりに、太陽の光を受けると今度は瑠璃色をしたオオイヌノフグリが起 き出してきます。ツクシとオオイヌノフグリのデュエットです。
( SONY α100 + AFマクロ100mmF2.8(D) , PhotoshopCS2にてRAW現像 )  小指の先ほどの大きさもないこの花たちは、健気にもその小さな花びらを広げ て、太陽の光を受け取ろうとしていました。
( SONY α100 + AFマクロ50mmF2.8(D) , PhotoshopCS2にてRAW現像 ) 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  そういえばもうすぐ写好会の方々との春の撮影会が控えています。桜の開花の 様子を偵察するために、静岡県は小山町の方面に向けて車を走らせます。その途 中、これもまた私の町の隣町なのですが、山北町(やまきたまち)では、ここで ももう春がいっぱいにあふれていました。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 , PhotoshopCS2にてRAW現像 ) http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.06.04N35.21.51&ZM=5
 両岸はコンクリートになってしまっていますが、しかしそれさえも時の流れの 中で渋みを増して季節の中に溶け込んでいます。唱歌の中に出てきそうなこのよ うな素朴な風景がまだここには残っているのです。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 , PhotoshopCS2にてRAW現像 )  写真を始めたての頃に撮った風景とほとんど変わっていません。そしてこの後 も、いつまでも残されていて欲しい風景です。  こちらはピンク色をした桃の花が開きかけていました。ぽかぽかとした陽気だ から、もう今にも音をたてて弾けてしまいそうです。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 , PhotoshopCS2にてRAW現像 )  実は山北町には東名高速道路が走っていて、このような近代的な橋桁の下に今 ご紹介した風景はあったのです。ちょっと視線を変えただけで全く違った風景に なってしまうところが写真の面白いところです。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 ) 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  山北町の春の風景が素敵だったので、ついつい道草を食ってしまいました。本 来の目的地である、富士霊園に向かいましょう。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E138.54.34N35.22.08&ZM=5
 富士霊園は静岡県小山町(おやままち)にあり、広大な富士の裾野の一部に作 られた広大な面積を持つ霊園です。主に首都圏に住まう多くの檀家さんが管理金 を支払うことによって綺麗に整備されており、ちょっとした観光名所になってい ます。  春になれば沿道に植えられたサクラやレンギョウやツツジなどが見事です。  管理金が有効に活用されているのでしょうか。お金が余った分はこのような茅 葺き風の建物が新しく建てられて、より良い雰囲気が楽しめるようになっていま す。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  富士の裾にあり標高が高いためでしょうか、里ではもうすっかり散ってしまっ た梅の花がまだ咲いていました。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 , PhotoshopCS2にてRAW現像 )  雲間から時折差し込む陽光を受けて光る紅い花びらにはとても透明感がありま す。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 , PhotoshopCS2にてRAW現像 )  こちらは檀家さんのために建てられた休憩所です、霊園が統一的に管理されて いるためでしょう、建物と周囲の雰囲気がとても良くマッチしています。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  余談ですが、とても個性的なスペックが気に入って購入した Panasonic のコ ンパクトデジカメ、DMC-LX2 は、縦横比率(アスペクト比)16:9の横長のハ イビジョンサイズの撮影が楽しめます。このような横に延びている被写体には有 効な画面ですね。アスペクト比の切替はカメラ本体のスライドスイッチを切り替 えるだけで、4:3、3:2、16:9と自在に切り替えられるのでとても便利 です。  ただしこれはCCDの一部を切り取る形で実現しています。そのため必然的に、 16:9では1000万画素ですが、3:2では850万画素、4:3では750万画素に なります。  あともう一つ、このデジカメの気に入った点は、コンパクトタイプでありなが ら、RAW撮影ができるということです。重い一眼レフデジカメを持ちあるかな くても高画質の期待できるRAWで撮れるというのはデジカメ上級者にとっては とても魅力的でしょう。  ただし、専門的な話になりますが、同じRAWファイルでも非圧縮のファイル なので、メモリカードに保存される画像のサイズが1枚あたり20MBもありま す。(一眼デジカメのRAWは圧縮が可能で1000万画素1枚あたり10MB程度 に小さくなります) ですので、1GBのメモリカードだと40枚ほどしか撮れません。これはかなり 辛いのです。大容量のカードを用意するか、別途ストレージを用意してマメに転 送するしかないでしょう。使いこなしには工夫が必要です。  さて話がだいぶそれましたが、 長屋の中には畳と座布団があり、これもまた純日本風な趣で統一されています。 障子戸から差し込んだ柔らかい光が淡く部屋の中を照らし出していました。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 , PhotoshopCS2にてRAW現像 )  いくばくかのお金を支払えば、一般の方の予約も可能と聞いています。こうい うところで蕎麦とお茶を味わいながら、お昼を楽しむのも良いでしょう。 こちらは子供連れの人のために作られたミニ公園でしょうか。カバやパンダさ んの乗り物は可愛らしくはありますが、この霊園にはちょっと似つかわしくない ようです。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 , PhotoshopCS2にてRAW現像 )  しかしこのミニ公園の脇に植えられていた桜の木の枝の広がりが見事で、青空 を見上げながら1枚撮らせてもらいました。こういう広がりのある被写体は16 :9のアスペクト比が有効です。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 , PhotoshopCS2にてRAW現像 )  今の時期にもう咲いているとは、当然ソメイヨシノではありません。大きさも 小振りですが、しかし16:9のワイドサイズの構図のために桜の元気さがより 強調されて伝わってきます。  まだ少し朝の眠気が残っていたので、ミニ公園のベンチで寝転がってみました。 そうしてみると公園の周囲に植えられた木々が覆い被さってくるようで包まれる ような安心感を覚えます。寝転がったまま空に向けてカメラのシャッターを切っ てみました。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 , PhotoshopCS2にてRAW現像 )  美しい枝振りを見せるケヤキの大樹。街路樹として多く日本の各所に植えられ ています。新緑や黄葉の時期はもちろんですが、いつの季節に見ても美しいと感 じさせてくれる木です。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  ソメイヨシノはまだだけれど、公園の所々では別の品種のサクラが花を咲かせ ていました。ちょうど背後に針葉樹の暗い森があったので、逆光に光る花の輝き がより強くなったのです。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 , PhotoshopCS2にてRAW現像 )  富士霊園でのサクラの偵察を終えてみたところ、やはり今年は暖冬でありなが らサクラの開花は遅れているなという印象を受けました。残念ながらこの場所で の撮影会はあきらめて、もっと暖かい場所に切り替える必要がありそうです。  さて偵察を終えたものの、駿河小山はとても自然が豊かな良い町です。また少 し道草を食べながら帰ることとしましょう。  こちらは民家の庭先に植えられていたトサミズキの花です。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  たくさんの房状の花を枝先につけます。強い黄色のクリーム色で、そのため遠 くからでもすぐに目に飛び込んできます。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  レンギョウの透明感のある黄色と違って、こちらはクリームを混ぜたような少 しだけ淡い黄色なのです。  丘の上の高台から小山町の市街へ向かう途中、貯水池が見えたので気になって 寄ってみました。 ◆静岡県    小山町・阿多野貯水池 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E138.58.8N35.20.56&ZM=7
 とても広々として明るい貯水池です、安全のためフェンスに囲まれていますが そこからレンズを通して撮影してみました。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  カモがぷかぷかと泳いでいてとてものどかな場所です。水の上を通ってきた風 はとても涼しく、暖かい春の陽気でほてった頬を心地良く冷やしてくれます。  貯水池の周りには残念ながら高圧電線があり、空に向けた撮影は難しそうです が、カモや水辺の草木などを撮影すると面白いかも知れません。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  この貯水池は近くの住民たちの憩いの場所になっているのでしょう。柴犬を連 れた紳士が散歩を楽しんでいました。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  小山町を抜けて神奈川県に戻り、再び足柄の里に戻ってきました。これもまた 私の隣町の開成町(かいせいまち)では、田んぼの中にイチョウの巨樹があり、 そのたもとでは子供たちが楽しそうに遊んでいました。
( Panasonic LUMIX DMC-LX2 ) http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.7.23N35.20.14&ZM=5
 暖かい春を過ごして、暑い太陽の照りつける夏をやり過ごし、秋になったらこ のイチョウの大樹はどのような黄色に染まるのでしょうか。子供たちの成長を 見守るようなまなざしで、これからもこの大樹のそばに時々やってこようと思う のです。  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ SONY α100 → http://www.sony.jp/products/Consumer/AMC/body/DSLR-A100/
Panasonic LUMIX DMC-LX2 → http://panasonic.jp/dc/lx2/index.html
★★★ 「ブログ」の速報用デジカメ画像の生データをDLできます ★★★  今週のブログに掲載された画像データについて、「Exifデータを含んだデジ カメ画像のオリジナルデータ」を別途ダウンロードできます。  Exifデータとはデジカメで撮影した画像データにカメラの状態や各種の設定 (カメラ名、絞り値、シャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランス、など) の情報を付随させたデータのことで、デジカメ画像の分析には欠かせないもので す。  熱心なカメラマンの方々の参考になればと思います。 ご興味のある方は下記のURLをクリックしてダウンロードしてください。 http://tory.com/j/others/mm/2007/02-21/ExifImages.zip
※Exifデータをご覧になるには "ExifReader","DPEx" などの  優れたビュワーソフトをお薦めいたします。 http://www.rysys.co.jp/
_____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2007-03-28 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.