2007-04-02 Back to HomePage
 

 $Name

 いつも自然風景写真館をご覧いただきありがとうございます。

 自然風景写真館ブログの号外をお届けいたします。



★★★ このブログは下記のページにアクセスしてもご覧になれます ★★★






★★★ EXIFデータ画像のダウンロードサービスは終了しました。 ★★★

 いままで、みなさんが快適にご覧になれるようにと画像ファイルを少しでも小
さくするために、デジカメ画像に含まれるEXIF情報(付加情報)を削除してアッ
プしており、そしてEXIFを含んだ画像ファイルは、別途ダウンロードできるよう
に分けていましたが。
 今後のサービス向上のことを考慮して、自然風景写真館で提供する画像には全
てEXIF情報も含んだ状態でアップするようにいたしました。

 そのため今まで行っていた「EXIFデータを含んだ画像のダウンロード」のサー
ビスは終了しました。

 その代わり、ブログでご覧になっている画像そのものにEXIFデータが含まれ
ていますので、ブラウザに表示された画像上でマウスの右ボタンを押して(Ma
cの方は「Ctrl+マウスボタン」)「画像の保存」メニューを使って、いっ
たんお使いのパソコンに保存した上で、"ExifReader" やお手持ちの画像ビュワー
ソフトを使ってファイルを開くと、その画像に付与されたEXIFデータを閲覧する
ことが可能です。(ビュワーによって、全てのEXIFデータをご覧になれない場合
がありますがご了承ください)


 今後はフィルムスキャンした作品画像を含めて、自然風景写真館から提供する 全てのJPEG画像ファイルにEXIF情報を付与した形でご提供する予定です。 どうぞご期待下さい。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  先週のブログ号外で、「今年のサクラは思ったより開花が遅れているようで すね」のようなことをお伝えしましたが、しかしここ数日の温暖な気候のためか、 数日ボーっとしていたら、ぶわっと一気にサクラが開花してしてしまったので、 びっくりしました。  ブログ配信の〆切は1日延びたものの、こうしてはじっとしてはいられませ ん。  金曜〜土曜と山梨方面に取材に出ていて、日曜日はのんびり持ち帰った画像デー タの整理&チューニングでもしようかと思っていたのですが、道すばら素晴らし い満開の桜を見ると、結局のところ撮影してしまいました。  データを持ち帰って徹夜でRAW現像、、、トリコシに平穏な日々が訪れるのは 一体いつになるのでしょうか。(笑)  明日配信のブログも執筆しなければいけませんし、今回は文章は控えめにし て、写真のみお届けさせていただきます。  ここで紹介した足柄の里のサクラだけでなく、もう全国のあちこちでサクラの 開花は一気に進むでしょう。  サクラは江戸時代より日本人に愛されてきた木です。そのためこの300年間、 日本の各地に多くのサクラが植えられてきました。  きっと現在の日本の人口である1億2千万よりも多くのサクラの木が、この日 本各地に植わっているに違いありません。  その全てがこれから一気に開花の時を迎えようというのです。ワクワクすると 同時に、その全てを写真に納めることができたらと、はかない望みが心にわき上 がってきて、それがかなわぬことに一抹の寂しさと切なさを覚えるのです。  ああ、本当にこの身が100体あって、日本各地に取材に出かけられたらと願 うのです。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  まずは私が良く訪れる、神奈川県・大井町の相互台(そうごだい)です。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.9.47N35.19.56&ZM=5
 数日前はまだつぼみだったので、今日は「どんな具合だろう」というくらいの 軽い気持ちで訪れてみたのですが、なんと、ごらんのように数日のうちに一気に 花が開いてしまいました。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  この花に誘われて足柄の里のあちこちから花見客がやってきます。田舎なので スペースにゆとりがありますね。(笑)
 春休みなので親子連れが目立ちます。お父さんはデジカメで熱心にサクラの撮 影。息子さんは夢中になっているお父さんを傍目で見て何を思っているのでしょ うか。まだ写真に興味がわく年ではないでしょうから「早く遊んで欲しいのに〜」 と思っているかも知れません。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  開きかけの花びらが清楚で美しいサクラの花です。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 ) サクラの花びらは実は純白。つぼみがピンク色なので「サクラの花はピンク」と いう印象があります。しかしそれが人々の持つ「桜の花」という共通イメージな のです。  ナノハナは花の開期が長いので、まだ咲いています。なのでサクラとの取り合 わせが楽しめます。いっぽうサクラはあっという間に散ってしまいますから撮影 は急がないといけません。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  ナノハナを前ボケに使ってサクラの一枝を狙ってみました。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  サクラの房の密集しているところにレンズを近づけて、さらにその奥にあるサ クラを狙ってみましょう。花の周囲のごちゃごちゃしたものは前ボケに隠されて、 すっきりとしたシンプルな作品になります。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  露出はプラス側に大きく補正して、サクラの純白さが引き立つようにしましょ う。しかし背後の木漏れ日の白い部分が白飛びするのはまだ許せますが、花びら が白飛びするのはNGです。露出は慎重に決めないといけません。  ナノハナのひとつをクローズアップで狙ってみました。その下にある緑のボケ はまだ咲いていないツツジの葉です。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  画面が単調にならないように様々な要素を取り込みましょう。なおかつ画面をすっ きりシンプルにするにはボケを有効にバランス良く配置することが大切です。  相互台は歴史の長い場所なので、貫禄あるサクラがいます。その背後にあるの は竹林です。こういう重厚感のある風景は今度は露出をマイナス補正することが 大切です。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  相互台は庭園として公開されているわけではないのですが、見所、撮り所がた くさんあります。  同じサクラの木を、こちらを差し招くように枝葉が広げられた部分をクローズ アップして広角で撮影してみました。たまにはこういう撮り方も面白いのではな いでしょうか。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 ) 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  そんなつもりは無かったのですが、相互台でしばらく撮影に夢中になってしま いました。行きつけの写真ショップに山梨取材で撮影したフィルムの現像を出し にゆかないといけないのですが。。  しかしその途中、今度は、小田原市・富士見橋のたもと、日本新薬の工場と浄 蓮寺の間にある桜並木の見事なサクラ並木に目が奪われてしまいました。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.9.47N35.17.44&ZM=5

( SONY CyberShot DSC-T7 )
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  春休みなので、花つみをしている少女たちがいます。平和な風景ですねえ。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  桜並木を走り去る少女の姿が絵になります。SIGMA18-125mmの高倍率ズームレ ンズはこういうとっさのスナップに威力を発揮します。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  まさに今が満開の桜。しかし思ったよりも人出は少なく、みなさんこの急な開 花にふいをつかれたのでしょうか。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  それでも近所から家族連れがちらほらやってきています。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  脇の田んぼではレンゲ草が花を咲かせていました。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  レンゲ草は実は農家の方が、しろかきの時期に肥料にするために植えた花なの です。ちょっと可哀想な気もしますが、レンゲ草はどう思っているのでしょうか。  桜並木だけでも十分なのですが、ここには小さな小川が流れていることがさら にポイントを高めています。
( SONY CyberShot DSC-T7 )  小川の脇に群生している水草に桜の花びらが舞い散ります。日本画の題材にな りそうな小風景です。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  さらさらとした水に乗って花びらが流れてゆきます。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  咲くも花、散るも花。そしてやがては大地の養分となってゆくでしょう。そう考えると あのレンゲ草の運命も受け入れられるのかも知れません。  並木の周囲を散策していたら、ハナニラの姿が目にとまりました。普通は花の 視点までカメラを下げて撮影するのですが。ナノハナ畑に埋まっているように密 集して咲いているその姿が印象深く。あえて人間の目の高さから見下ろして撮っ てみました。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  わらボッチと菜の花、そして錆びたリヤカーの取り合わせがいい感じです。な にげないスナップはそこに生活する人のリアリティを浮かび上がらせます。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  枝先の花だけでなく、こうして幹の途中からぽっと咲き出でた花も魅力的です。 これもまた桜の生命力の象徴のような気がします。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  西側の日本新薬側では提灯(ちょうちん)は目立たなかったのですが、東側の お寺側の並木には提灯がぶらさがっています。しかしこのくらいなら品良く、風 景とバランスが取れていて好ましい感じです。ごちゃごちゃとした電線が無いの が良いのですね。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  あまり夢中になって撮影していたので1GBのメモリカードがいっぱいになっ てしまいました。いったん車に戻ってノートPCにデータをコピーしている間は 休憩です。すると柴犬を連れた近所のご主人がお散歩していました。
( SONY CyberShot DSC-T7 )  柴犬のしっぽはクルンと巻かれていて本当に可愛らしいです。最近はこうした なにげない光景も、どんどん撮影してゆきたい気持ちになっています。  並木から少し離れた入口の場所に「はのはなとるな〜」という立て札がありま した。種をまいた近所の農家の方が書いたのでしょうか。その投げやりな筆跡が なんだかとてもユーモラスでした。
( SONY CyberShot DSC-T7 )  さて、データコピーも済んで、再度撮影開始です。花だけではなく、これから 咲き始めるつぼみも撮影してあげましょう。清楚な可愛らしさ、これから咲く予 感、希望、などがキーワードです。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  もちろん咲き誇っている花も魅力的です。本当に文字通り「誇らしげに」咲い ているようです。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  菜の花の群生しているところでは望遠レンズの使い所です。ちょっと離れた場 所から、中間点にある花にフォーカスを合わせて、前後の花をぼかしてそれをバ ランス良く配置しましょう。背後のサクラの幹のボケも無視できません。それと 花との位置関係のバランスが大切なのです。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  うねるようなサクラの幹と枝。その途中に一輪だけ咲いているサクラの花がと ても印象的でした。「仲間からはぐれて、寂しくはないですか」と、そんな物語 が生まれてきます。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  上向きに誇らしげに咲く花も良いですが、こうしてうつむき加減にひそやかに 咲く花も魅力的で、いやむしろ私はそういう花の方に惹かれてしまうのです。こ れはやはり性分でしょうか。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  いったい何時間撮影していたのでしょうか、なかなか最初の目的地である写真 ショップにたどりつけません。車に戻って「ふー」と一息つきます。  ふとウィンドの外を見れば、どこからかまぎれこんだ柴犬がぽつんとたたずん でいました。飼い主のご主人はどこでしょうか。
( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.5-5.6DC , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  柴犬は純日本的な犬です。つい近づいていってその頭をなでてやりたくなりま す。その後ろ姿をとても愛おしいと感じました。  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ PENTAX K100D → http://www.digital.pentax.co.jp/ja/35mm/k100d/
SONY CyberShot DSC-T7 → http://www.ecat.sony.co.jp/camera/dsc/products/index.cfm?PD=20736&KM=DSC-T7
$SIGNATURE{japanese}
 
 
2007-04-02 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.