2007-07-11 Back to HomePage
 

こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第232号をお届けいたします。



★★★ このブログは下記のページにアクセスしてもご覧になれます ★★★








=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img04292 "The ardor lily of doing red being." 『情熱の紅いユリ』 Img04510 "The autumn times on the white birch forest." 『白樺林の秋』 Img04550 "The night view which has a Ferris wheel." 『観覧車のある夜景』 Img04551 "The night view of Minatomirai-21." 『みなとみらい夜景』 Img04569 "non-title." 『秋の小径』 Img04571 "The dream at the floor in the autumn." 『秋の床の夢』 Img04582 "The temples and shrines on the deep mountains" 『深山の寺社』 Img04584 "The flower of the scattering sasanqua." 『散りしゆくサザンカ』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ★☆★ トリコシの写真1点が富士フォトサロンに展示されます ★☆★ ●湘南フジクロームクラブ結成10周年記念写真展「希望」● ●7月13日(金)〜7月19日(木) ●FUJIFILM SQUARE(東京ミッドタウン)  富士フイルムフォトサロン/スペース3》にて ●会場情報など http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/tokyo.html
http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/0707tmtps.html#sfc
 トリコシがお世話になっている湘南フジクロームクラブの結成10周年の記念 写真展。テーマは「希望」。トリコシは今年4月、長野県・高遠で撮影されたお 気に入りの桜の写真1点を寄稿させていただきました。誉れ高きことにトップバッ ターでの展示です。どのような作品が展示されているかはご覧になってのお楽し み。お近くの方はぜひご覧になって下さい。 (※トリコシが会場に現れる日程・時間は不定です。どうかご容赦下さい) ★☆★ トリコシの写真が地元の自然食レストランにて展示されます ★☆★
 東京や横浜といった大都会から車で1時間ほどといった立地条件に恵まれなが ら、そのいっぽうで豊かな自然に恵まれた土地、神奈川県西部に位置する松田町。 この寄(やどりき)という集落に自然食のレストラン『荷風』(かふう)はあり ます。 *荷風・ホームページ http://www.0-0net.net/kafu/
*地図 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.8.23N35.24.6&ZM=5

 この場所に、07/13(金)より08/14(火)の1ヶ月間、店長のはからいにより、ト リコシの写真18点を展示させていただく運びとなりました。  個展ほど立派なものではありませんが、新調したプリンタ(Canon PIXUS Pro9000)を駆使し、現時点での考えられる最高のプリントをお届けした いと考えております。お近くの方はぜひ足をお運びになってご覧になって下さる と幸いです。 ★★★  07/18(水) からは本写真展の作品よりピックアップしたポストカードの販売も 行われます。どうぞご期待下さい。 (※トリコシが会場に現れる日程・時間は不定です。どうかご容赦下さい) =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  梅雨前線が猛威をふるって西日本方面では大雨に見舞われているようです。災 害の発生が心配です。  一方で北日本方面はその影響が比較的少ないようです。梅雨の合間を縫っての 北陸地方取材の様子をお届けしましょう。今回はその「前編」です。  北陸地方の取材のために取れた時間は2日間だけでした。本当なら能登半島の 海岸線を全て見て回ってみたかったのですが、ご覧のように、取材ルートを地図 ソフトに重ね合わせてみると、能登半島は想像していたよりも広く、1/4程度 のエリアしか回れなかったことになります。
 走ってみて実感します。能登半島は本当に広い。(こう言っては怒られるかも 知れませんが)もう石川県とは別の独立した一つの県のようです。(笑)  しかしだからこそ奥深い文化が今もなお残されているのかも知れません。  後編はまた来週お届けするとして、今回はその前編をお楽しみ下さい。  神奈川県から富山県に向かうには、中央高速道路で長野県の松本まで行き、そ こから新しく開通した安房トンネルを抜けるのが最も安く早く着くことができま す。
( RICOH Caplio-R4 )  トンネルを抜けた岐阜県は梅雨前線の影響か、かなりの雨でした。
( RICOH Caplio-R4 )  明るいうちに富山市に到着する都合があったので、途中の様子は省略、もうい きなり富山の市街地に突入です。例によって城下町では一方通行の嵐。ホテルに たどりつく前に、またしてもその周囲をぐるぐる回ってしまったのでした。(笑)
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  富山の名物、市電を横目に見ながら今日宿泊する目的のホテルを捜します。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  ようやくビルの谷間にあるビジネスホテルを見つけました。これで一安心です。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  ふだんほとんど愛車と行動をともにしているトリコシがホテルに泊まる理由は もちろん、快適なインターネット回線が欲しいからです。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  カバンひとつ持ち込んでそれを広げれば、モバイル・オフィスのできあがり。 光回線の導入された昨今では、通信速度でまったく不満を感じることはありませ ん。ほとんど自宅兼事務所と変わらぬパフォーマンスでリモート・ワークが可能 です。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  今回富山を訪れた別の目的は「全国山岳遭難対策協議会」というイベントに参 加するためでした。それにしても富山県は『生活指数No.1の県」です。施設 がとても広い。
( Canon PowerShot-A570IS )  会場はとても立派な多目的施設のビルです。
( Canon PowerShot-A570IS )  このイベントは文部科学省が主催しており、消防や警察など行政関係の方々の 参加が多く見られます。私どものような山岳団体の代表者はどちらかというと少 数派で肩身が狭いのです。
( Canon PowerShot-A570IS )  会議の内容はブログとは関係が無いので全て省略です。それよりも楽しみは なんといっても懇親会に出された地元の銘酒です。
( Canon PowerShot-A570IS )  氷をいっぱいに敷き詰めたトレイに並べられた一升瓶の数々は圧巻です。良く 冷えていておいしい。やはり良いお酒は冷やで飲むのが一番ですね。
( Canon PowerShot-A570IS )  地酒は銘柄のラベルも見ていて楽しめます。『成正』とは、言うまでもなく、 越中・富山では今でも人気の戦国武将「佐々成正」(さっさ・なりまさ)からつ けられています。豊臣秀吉に最後まで抵抗した骨太な性格をイメージしてか、力 強い書体です。  その横にある「黄金晴れ」という銘柄のラベルは、書の美しさにとても惹かれ ました。優雅で繊細な筆遣い、さぞかし名のある書家に頼んで画いてもらったも のと見受けられます。本当に美しい。このラベルだけを見ていても飽きません。  いくつかの銘柄のお酒を比べながら飲んだので、ずいぶんとほろ酔い気分になっ てしまいました。酔い覚ましに建物の外にでてみれば、運河をモチーフにした 美しい公園があり、タイルの上には水が満たされ、それが宵闇の中でうっすらと 光り、その上を渡る夜風がとても涼しくて、ほてった頬を心地よくくすぐるので した。
( Canon PowerShot-A570IS )  こうしてみるとお酒を楽しむためだけにこの会議に参加したみたいですが、山 岳連盟にはきちんと報告書を提出したので、どうぞご安心を。(笑) 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さて会議も無事に済んで、北陸方面の取材を開始です。途中、国道の脇で見か けたレトロなバスがとても印象的で、ついついその後ろに愛車をつけて記念撮影 をしてしまいました。「限りなくバスを愛す」のコピーが、とても純粋でもあり、 その一方でちょっとユーモラスにも感じてしまいます。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  富山市のとなりにある高岡市にやってきました。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  高岡市出身の有名人といえば、なんといっても国民的人気マンガ「ドラえもん」 や「オバケのQ太郎」の作者である「藤子不二雄」でしょう。  高岡市立中央図書館では『ドラえもん』の全話が閲覧できるそうです。さすが です。今回は時間が無くて立ち寄れなかったのですが、もし日本が大地震で壊滅 して、仕事が無くなり、することがなくなったら、ここにやってきて「ドラえも ん全話読破」をするのも悪くないかも知れません。  冗談はさておいて、高岡市は文化を大切にする土地柄らしく、古城公園には豊 かな水と森があります。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  これは桜でしょうか。花は咲いていませんが、その枝振りの見事さは遠くから でも私の目を引き、奪って離しません。春の開花の時の見事な様子が頭の中に浮 かぶようです。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  花はあまり多くありませんが、うつむき加減に咲くスジギボウシの花が多く見 られました。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  高岡の町を開いたのは、前田利家の長男である前田利長(まえだ・としなが) です。公園には立派な銅像がありました。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  それにしても兜が長すぎて頭が重くないのかな?といらぬ心配をしてしまいま す。戦国武将は見栄を張らねばならず、それもまた大変なことと思いました。  文化を大切にする土地柄らしく、公園のあちこちに銅像が見られました。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  地方都市の公園はやはりひろびろとしています。『県別生活指数ランキング』 の基準はいくつかあると思いますが、土地の広さもその中のひとつであることは 間違いありません。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  それにしても公園で遊ぶ子供たちの元気なこと! いつでも大笑い、全力疾走 です。東京や神奈川の大人しい子供たちから見たら、5倍くらいパワーがあふれ ているように感じました。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  古城跡だけあって植えられている樹木も立派なものばかりです。このケヤキは おそらく明治時代に植えられたものではないでしょうか。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  お堀の水辺では白鳥が戯れています。平和な公園です。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  そう思ったら、こちらは珍しい、黒い白鳥(黒いのだから黒鳥?)さんです。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  決して画像処理してイタズラしたのではありません。念のため。  公園内にはちょっとした動物園があり、近所の家族連れがたくさん遊びに来て いました。(ここでもやはりアンパンマンの銅像が・・・)
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  フラミンゴの羽の色が見事です。オレンジ色と朱色の中間といった色でしょう か。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  こちらはおなじみのオウムですが、高岡の子供たちは元気なものですから、イ タズラ心もいっぱい、「アホー!アホー!」などと声をかけていたら、親から 「こら!そんなこと言うたらアカン!」とたしなめられていました。北陸の言葉 は京都弁に近いようです。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  Canon PwerShot-S3IS は疑似一眼タイプの典型で明るい超望遠ズームを備えて いますので、こういう動物のアップ写真はとても得意です。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  こちらはなんとも可愛らしいペンギンさんたちです。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  毛繕いをしてあげているのは夫婦のペンギンでしょうか。仲の良いのがうらや ましいです。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  こちらのペンギンは恐る恐る水辺に近づいてきていますが、なかなか飛び込み ません。躊躇しているようにも見えます。まさかペンギンのくせに水が嫌いなの では!?
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  どうにか水に飛び込んだ後は嬉しそうに羽をパタパタさせて泳ぎ回っていまし た。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  見物人に媚びを売るのも忘れていません。しかもその様子がとても可愛らしい ので、女の子たちからは「かわいい〜」という黄色い声が連発されています。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  動物園の賑やかな喧噪を背にして周囲を散策していると、その片隅で動物たち のための慰霊碑を見つけました。この何気ないコピーに高岡の方々の真面目な気 質が伺えます。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  高岡市の雰囲気はとても気に入ったのでもうしばらく散策をしてゆくことにし ました。信号機が縦位置なのは冬の豪雪のために横位置だとその上に積もった雪 で折れてしまうからだと言います。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  町のイメージを配慮して信号機の色に目立たないペンキを使っているのには好 感が持てます。  ちょっと裏路地に入れば、まだこんなレトロな郵便ポストが現役で頑張ってい るのが見られます。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  こちらは本丸会館と呼ばれる商業会館です。大正時代を感じさせるレトロな建 物です。こういうものを取り壊さずに大切にしているところに好感が持てます。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  こちらは救急医療センタービルの前です。やはりここにも銅像が。こういうと ころに高岡らしさがとても出ていて好きです。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  富山市の市電はレトロさを残したデザインでしたが、ここ高岡市にも市電(路 面電車)がありましたがこちらはとてもハイカラなデザインです。しかしそれで も路上電車には一種独特の存在感があります。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  効率化を考えたら道路事情を悪化させる路面電車は日本の道路から一掃されて しかるべきですが、しかしそれはとてももったいない。こういう風情のあるもの、 土地の個性をあらわすものはいつまでも残っていて欲しいと願うのです。  こちらはまたずいぶんレトロな感じのラーメン屋さんです。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  個性的なお店。もちろんさっそく中に入って堂々と偵察開始です。円形のちゃ ぶだいの上に置かれたヤカンが郷愁をそそります。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  お店の入り口に積まれた駄菓子の数々。昔懐かしい「スーパーボール」や「ラ ムネ」などもあります。もちろん商売としておいてあるわけではなく、お店の雰 囲気を盛り上げるための小道具でしょう。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  このラジオはどこから持ってきたのでしょうか。そしてその上にちょこんと乗 せられている「キューピー」さんのお人形。泣かせてくれます。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  昭和中期のブラウン管テレビ、「スプライト」の小瓶、「サッポロビール」の レトロなポスター。いったいどこから入手してくるのでしょうか。こういう小物 にもいっさい手を抜かず、お店のイメージ統一を徹底しています。ご主人の気質 が感じられて圧倒されます。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  冷たい水を満々とたたえたアルマイトのヤカンが、湿度の高い暑いカウンター に置かれれば、当然のごとくたくさんの水滴がそのまわりに付きます。熱いラー メンをすすりながら、この冷たい水をぐいっと飲み干す。その幸せ。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  昔懐かしいラーメンにお腹ばかりでなく心も満たされて、高岡市を後にしまし た。  郊外に出れば、そこは広い広い水田地帯です。
( RICOH Caplio-R4 )  水田地帯はやがて山間部となり、そこでは緑豊かな北陸の森を見ることができ ます。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  道路脇で土手の刈り取りをしている地元の農婦たち。腰をかがめた「もんぺ姿」 に思わず「ご苦労様」と手を合わせたくなります。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  今回、能登半島を後回しにして砺波市(となみし)や南砺市(なんとし)周辺 の取材をしたのは、有名な「散居村の展望」を捜していたためでした。広々とし た水田地帯に沈む夕日は実に見事なものだと聞いています。  この場所は展望が良く、なかなかです。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  この場所もいい感じ、平野から急に山が立ち上がっている場所で、なおかつ樹 木の無い展望の良い場所を探すのがポイントです。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  望遠レンズを水田地帯に向ければこの通り。この日は偵察ですし、なにより時 期が遅い。本当のベストシーズンは水田に水が張ったばかりの春先の時期です。 来年のそのときのためにしっかり偵察しておきましょう。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  取材の途中で「トリコシの宿」なるものを発見しました。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  その昔、立山連峰を超える渡り鳥たちがこの場所で休んだことにちなんでつけ られた名前だそうです。  これも何かの縁、せっかくだから今晩の宿にどうかな?と思って見たら、けっ こう高そうな旅館です。これは無理そうですね。(笑)
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  散居村の展望台は下に高圧電線などがあってイマイチでした。地形を良く観察 すると、もっと良い展望場所がありそうなものですが。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  そう思って再度山に登って偵察を続けていると「三条山」なる場所を見つけま した。車道から離れて10分ほど山道を歩かなければなりませんが、この場所か らの眺望がまた素晴らしい。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  この場所はとても気に入りました。また来年来てみたいものです。それに山道 を歩かなければならないので、その分、人も少なそうです。なにしろ散居村の展 望台はすっかり有名な撮影ポイントですので、シーズンにはおそらく大量のカメ ラマンが殺到してゆっくり撮影できないと思われるのです。  砺波平野(となみへいや)の周囲は高い山に囲まれています。それだけに平野 を望むスポットにはことかきません。こちらは閑乗寺スキー場の上にある展望台 です。とても立派です。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  ここからの眺望は何も遮るものもなく素晴らしい。本日はガスがかかってしまっ ていますが、天気の良い日は、富山湾、能登半島まで見渡せることでしょう。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  展望台の上には林道が延びています。その上に地図で見ると八乙女山(やおと めやま)という場所があり、とても気になったので、そのまま突き進むことにし ました。
( RICOH Caplio-R4 )  山間部に入れば、まるで居並ぶ衛兵のように力強く林立する杉の姿が見事です。 そこに霧がただよえば、ますますムードが高まります。
( Canon PowerShot-S3 IS , 仕上がり設定:ポジフィルム )  林道はやがて舗装道路では無くなってしまいました。しかし乗りかかった船。 偵察・探検が3度の飯より好き(笑)なトリコシはこのままどんどん進みます。
( RICOH Caplio-R4 )  とうとう林道は廃道みたいになってしまいました。これは歩いて撮影している わけではありません。愛車のダッシュボードに取り付けられたデジカメが自動撮 影しているのです。
( RICOH Caplio-R4 )  よくもまあこんな場所を走るものだと愛車の機動力に関心し、一方、ここまで 強情に突き進む自分の性格にあきれてしまいます。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  このままなんとか反対側の林道に抜けられればと思っていましたが、大きな倒 木が道のど真ん中をふさいでいて、とうとうそれ以上進むことができなくなって しまいました。仕方ない、引き返すこととしましょう。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  GPSで取得したデータを地図上にマッピングしてみると、ほとんど稜線の上 を走っているのが分かります。
 もちろん4WDにシフトしていましたが、それでも脱輪しないように細心の注 意を払いました。なにしろこんなところで立ち往生してしまったら、JAFの車 さえたどり着くのは不可能でしょう。(笑)  林道偵察をそこそこに引き上げて、大きな河川ぞいの道まで下ってきました。 霧に煙る杉林も素敵でしたが、こうした山間の湖の霧に煙る様子も素敵です。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  再び砺波平野まで戻ってきました。なにげなく見つけた「旅川」という看板。 ちょっと古びていますが、素敵な名前の川です。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  夕暮れ時が近くなってきました。「インターネットがつながる」という条件で 温泉を捜したところ、南砺市(なんとし)にあるこの川合田温泉が検索にかかり ました。それにしても400円は安い!
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  暖かいお風呂で汗を流して満足です。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  お風呂上がりのほてった身体には冷たいソフトクリームが一番です。 しかも抹茶ソフト。(笑)
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  休憩所の脇にドンと置かれていた「オバQ」の乗り物。10円を入れれば今で も動くのでしょうか。こういうものが何気なく置かれているところは、さすが、 藤子不二雄の地元です。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  こんなひなびた温泉(といっては失礼ですが)でインターネットが使えるのか? と心配していましたが、バッチリ無線LANが使えるのには驚きました。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  快適インターネットのおかげで地図ソフトを開いて翌日のプランをじっくり練 ることができました。レトロな温泉旅館で最新のインターネット環境を楽しむ。 時代は進歩したものです。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  そのまま温泉で休めばいいものを、次の撮影地、能登半島に少しでも近づいて おきたいという気持ちから、ノートPCをたたんで出発です。  途中、再び高岡市の横を通ります。そのときカーナビの地図に表示された「二 上山展望台」というマークに引かれました。  もう夜も更けているというのに、そういう性分なんでしょうね、やはりまた偵 察してみたくなったのです。  行ってみたらこれが想像以上に素晴らしい。高岡市、富山市方面の素晴らしい 夜景が見られました。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  日付は土曜日。当然のごとく、富山、高岡周辺のカップルがこの夜の展望台に ひしめいていました。素晴らしいシチュエーションに、カップルのムードも高ま ります。そのムードを壊してしまうのではないかと、ちょっと写真を撮るのがは ばかられるのです。(といいつつこんなシーンをちゃっかり撮っていますが)
( Nikon D50 + AF-Nikkor85mmF1.8D , PhotoshopCS2よりRAW現像 )  高岡市を後にして、能登半島の根本の町、氷見市(ひみし)までやってきまし た。ようやく休めそうです。  といいつつ、遠く輝く漁り火の光が上空を流れる雲を照らし出し、その光景が とても神秘的だったので、また少し撮影をしてしまいました。
( FUJIFILM FinePix-F31fd )  夜の撮影は昼間にはない意外性や神秘性に満ちた写真が撮れるので好きです。 本当は24時間働きたいのですが、といいつつ睡眠もとらなければならす、そこ がいつも悩ましいのです。  来週はいよいよ能登半島に突入、北陸取材の後編をお届けします。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待下さい。 ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ Nikon D50 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d50/
Canon PowerShot-S3 IS → http://cweb.canon.jp/camera/powershot/s3is/
Canon PowerShot-A570IS → http://cweb.canon.jp/camera/powershot/a570is/
RICOH Caplio-R4 → http://www.ricoh.co.jp/dc/caplio/r4/
FUJIFILM FinePix-F31fd → http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixf31fd/
★ トリコシの取材ルートをGoogleEarth&カシミール3Dで再現できます! ★  既にご存じのようにトリコシの最近の取材では、GPSレシーバーを携帯して 位置情報を刻々と記録するようにしています。持ち帰った位置情報データはPC に転送されて地図ソフトなどでそのルートを再現できるようになっています。  そこで、このブログをご覧になっている方にもその情報を公開しようと考え、 今なにかと話題の「GoogleEarth」(グーグル・アース)および「カシミール3 D」といったフリーの地図ソフトにてトリコシの取材ルートをご覧になれるよう にしました。下記のURLをクリックして圧縮ファイルをダウンロードして解凍 してください。 http://tory.com/j/others/mm/2007/07-11/2007-07-07.zip
 下の例のように、ZIPファイルをダウンロードすると"KML"という拡張子のファ イルが入っていますので(ZIPを解凍するソフトによって表示は多少異なります)、 それをダブルクリックすると、GoogleEarthの画面が開き、トリコシの取材ルー トが水色の線で表示されます。  その後、地図を拡大表示させることが可能です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 また、"GPX" という拡張子のファイルを、フリーソフト「カシミール3D」に ドラッグ&ドロップしても、そのルートを表示させることができます。
 将来はルート上に取材で撮影した写真が掲載されるようなサービスを提供する 予定でおります。現在は GoogleMapAPI などの技術資料を猛勉強中。  みなさんどうぞご期待下さい! ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ Google Earth は、衛星航空写真、地図、地形や 3D モデルなどを組み合わせて、 世界中の地理空間情報を取得してパソコンの画面に表示するソフトウェアです。 ◆ダウンロードはこちらから→ http://earth.google.co.jp/
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 『カシミール(Kashmir)3D』は、山岳展望の解析、リアルな3D風景・景観CG の作成、リアルタイムフライトシミュレーション、ハイパーマップの作成などが 可能な多機能なフリーソフトです。 ◆ダウンロードはこちらから→ http://www.kashmir3d.com/
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ ★★★ お知らせ:ブログ画像の撮影位置情報公開について ★★★  自然風景写真館では、ブログで公開した撮影画像にGPS座標データを含めた まま公開いたします。 (将来的にはギャラリーを含む全ての画像に位置情報を埋め込む方針です)  ブログ画像をいったんお使いのパソコンに保存していただいて、それを下記 に紹介したような地図ソフトに画像をドラッグ&ドロップすると、撮影された場 所に自動的にジャンプして撮影位置が特定できるようになりました。 (1) カシミール3D(※フリーソフトですが地図データは別途必要です)
(2) スーパーマップル・デジタル(※市販ソフト)
(3) プロアトラス(※動作未確認) (4) Adobe Photoshop Lightroom1.0 (※ 画像を取り込んで、メタデータのGPS欄の右矢印をクリックすると、   GoogleMapへのジャンプが可能です) (5) デジカメ解析ツール ExifReader3.50(※フリーソフト) (※1:画像を開いて、ウェブマップ・マピオンへのジャンプが可能です) (※2:画像を開いて、地図ソフトMapfan.netへのジャンプが可能です) ※※※ 撮影位置情報公開にともなう注意点 ※※※ (1) 撮影場所は個人の私有地の場合もありえます(民家の庭先など)   もしその場所に行かれて撮影される場合は、所有者へのご挨拶など   基本的なマナーを守って撮影してください。 (2) 希少植物の棲息域の保護にご協力下さい。   公開された写真に希少な植物が含まれていた場合は、   その場所の保護をお願いいたします。   高山植物の持ち帰りなどは絶対におやめください。 (3) 万が一、撮影位置公開によるトラブルが発生してしまった場合、   自然風景写真館では一切の責任を負えませんのでご了承下さい。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4. 鳥越のテクニカル・ノート =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  レーザー治療の成果があったためか、おかげさまでトリコシの腱鞘炎はだいぶ 良くなりましたが、大事を取って、今回も恐れ入りますが今週のテクニカル・ノー トはお休みさせてください。何度も休んでしまって恐縮ですが、どうかご理解の ほどをお願いいたします。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §5.今後のリニューアル予定 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ・特設展示「さくら」コーナー ・「お気に入り」システムの作成 ・フォト検索ページの作成 ・写真販売システムの作成 ・撮影機材紹介 ・特別展示室(タペストリー表示など) =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §6.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 _____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2007-07-11 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.