2007-08-28 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

自然風景写真館ブログの第239号をお届けいたします。



★★★ このブログは下記のページにアクセスしてもご覧になれます ★★★










=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img04641 "The temple in the deep mountains." 『深山の寺』 Img04660 "The excursion for viewing scarlet maple leaves." 『紅葉狩り』 Img04667 "With the light being able to be given." 『光を与えられて』 Img04676 "The profile of the blue peafowl." 『青クジャクの横顔』 Img04679 "The red tree is brilliant" 『紅樹華やかに』 Img04729 "Fuji of the clear weather after snowfall." 『雪晴れの富士』 Img04770 "The marina which lingers at the end of the day." 『暮れなずむマリーナ』 Img04773 "The light which comes into the marina." 『マリーナに差し込む光』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  天気予報によると今週は雲の多くなる天気となり、猛暑も一段落つくとのこと です。横浜ではトリコシの個展が開催されていましたが、少なくとももう1週間 遅く開催時期を延ばせればと残念に思っております。  そのような暑い中でも会場にいらしていただいたお客様には本当に感謝の念で いっぱいです。どうもありがとうございます。  開催期間は本日(8月28日火曜日)の15:00までですが、あと少し、頑張ろうと 思います。 (※最終日は入館15:00までとなっておりますのでご注意下さい)  今週の「季節の便り」は、トリコシが常時会場に在館していたため、遠方の取 材のネタは残念ながらありません。代わりに横浜にある山手234番館の周辺の様 子と個展の様子をご紹介いたします。どうかご了承下さい。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  今回の個展の出展枚数は50枚。  新聞や雑誌などの紹介欄に掲載文を送るときに、枚数が多い方が景気づけにな るので「約50枚」と記載ました。といっても本当に50枚飾る気は当初は無く、 「約」と書かれてているので、まあ40枚くらいでもいいか、くらいの軽い気持ち でしたが、会場の山手234番館は思ったよりも広く、レイアウトシートでシミュ レーションしてみると、思いがけず50枚展示できてしまいました。  どうせなら50枚やってみようと思ってはみたものの、やはりそれだけの量のプ リントを用意するのはかなり大変な作業でした。やってみてから反省しているの は愚者の典型的なパターンですが、トリコシはいつもそのパターンにはまってし まうのです。(苦笑)  その一方で、上手に手を抜くこともできない不器用なトリコシは、ひいひい言 いながらも50枚のプリントを仕上げて、展示していたのでした。  そのような事情で、毎年トリコシの個展では「会場までの道のり」を写真でご 紹介しているのですが、今回はそこまでの余裕がありませんでした。「会場の場 所が分かりづらかった」というお客様にはお詫び申し上げます。  今更ですが、横浜山手234番館の様子をお届けいたします。  東急みなとみらい線の「横浜中華街駅」を下車し、エレベータで地上に上がる と、「谷戸坂」(やとざか)と呼ばれる急な坂道が待ち受けています
( SONY CyberShot DSC-R1 )  この坂道が誤算でした。開催を決めた春には気持ちの良い坂道でしたが、この 猛暑の中ではみなさん大汗をかきながら登ってきたことでしょう。。改めてお詫 び申し上げます。  朝から暑い空気がたちこめています。人間たちは「暑い暑い」と不平をもらし ていますが、そのような中でもムクゲの花が涼やかに咲いているのを見ると、心 が安らぎます。
( FUJIFILM FinePix-S6000fd )  坂を登り切ると、「港の見える丘公園」があり、そこを右に曲がってしばらく 進むと「外人墓地」があります。
( SONY CyberShot DSC-R1 )  山手周辺の建物はどれも西洋風でとてもオシャレです。どこを切り取っても絵 になってしまいそうです。
( FUJIFILM FinePix-S6000fd ) (できれば電線を地中に埋めてもらえたら完璧なのですが)
( SONY CyberShot DSC-R1 )  山手234番館に最も近いのは「元町公園前」のバス停です。
( SONY CyberShot DSC-R1 )  ただし、バスは「桜木町駅」から出発しています。これは面倒です。 おそらく横浜駅に交通が集中してしまうのを避けるためだと思いますが、 やはり横浜駅を経由した方が乗り換えが少なくなって良いと思うのですが。。  雰囲気はとても良い場所なのですが、必ずしも交通の便がよいとは言えないの が難点だと思いました。  元町公園の向かい側に山手234番館があります。横浜市の認定歴史的建造物に も指定されている由緒ある建物です。
( SONY CyberShot DSC-R1 ) ここもまた正面にデンとある電柱が気になります。(苦笑)  建物の中に入ると、西洋風の部屋がいくつかあります。純粋に木材で作られた 床やテーブルや椅子が時の流れに磨かれて、落ち着いた光沢を放っています。
( SONY CyberShot DSC-R1 ) 「モダン」というのは「現代的」という意味がありますが、21世紀となった今で は「昔はそう言われていたが、今では古さを感じさせるもの」というニュアンス がします。この西洋館はまさに「モダンな建物」と言えるでしょう。  テーブルになにげなく置いてある小物がとても素敵で、館長の趣向が伺えます。 入館は無料ですので、見学に来て、これらの静物をスナップしてもとても楽しい でしょう。
( SONY CyberShot DSC-R1 )  ギャラリーは2階にあります、古びてはいますが、綺麗に磨かれた階段と壁が、 ほの暗い電灯の明かりに照らされていて重厚感を感じさせます。
( SONY CyberShot DSC-R1 )  知人が訪れたときに「なんだか緊張しました」と言ったのもうなずけます。  入り口はプレッシャーを感じますが、2階のギャラリーはとても広くて明るく て開放的な場所です。
( FUJIFILM FinePix-S6000fd )  絵画の展示会や教室なども頻繁に行われているため、「イーゼル」が倉庫に置 かれていたので、それを拝借して写真を置かせてもらいました。
( SONY CyberShot DSC-R1 )  そのおかげで展示室が立体的になり、なおかつ限られたスペースも有効に使え て50枚もの展示が可能となったのです。
( SONY CyberShot DSC-R1 )  今回は前回の会場「レストラン・荷風」で実験してみた「液晶モニタによるス ライドショー展示」が効果的だったので、さっそくこの会場にも設置しました。
( SONY CyberShot DSC-R1 )  フェードイン/アウトで切り替わる写真は、液晶パネルそれ自体が発光してい るため、写真がとても美しく見えます。  なおかつ、会場のスペースにかかわらず、PCの容量が許せば何枚でも写真を ご覧入れられるのが魅力です。  今回は過去の個展からランキング順に抜粋した15枚の写真×6回分=90枚 の写真をスライドショーで展示しました。
( FUJIFILM FinePix-S6000fd )  将来的にはカーテンでしきった部屋に「液晶プロジェクタ」を設置して、椅子 を並べて、「写真上映室(スライドショー・ルーム)」のようなものを作ってみ たいと思います。大画面に映し出される写真の数々は、まるで映画館のようなも のになるかも知れません。楽しみです。  なによりこの方式は「展示の手間が不要」ということで、トリコシにとっても とても嬉しいのです。(笑)  毎回のことですが、トリコシの写真展では「作品人気投票」を行っています、 鑑賞者の方にお気に入りの作品にチェックを入れてもらうのですが、 ここでの集計結果はもちろんウェブで公表されますし、後日ポストカードやスラ イドショーを作成するときの作品選定の目安になるので、非常に重要です。
( FUJIFILM FinePix-S6000fd )  それにしても、中にはほとんどの作品をチェックしてくれる方もいらして、真っ 赤になったシートを見ると嬉しくなります。  2年前の個展で一番人気だった作品を名刺の下絵に使ったのは去年のことでし たが、今年はちょっとフライングしてトリコシのお気に入りの絵柄をさっそく名 刺にしてみました。(上の名刺)
( SONY CyberShot DSC-R1 ) 初夏らしい若葉の爽やかな名刺で、トリコシの直筆サインも入っています。もち ろん会場にいらしていただいた方には無料でお配りしています。  この個展の作品(およびその候補作品)の中から抜粋したポストカードセット も作成いたしました。
( SONY CyberShot DSC-R1 )  14枚のカードがセットになってクリアケースに入っています。もちろんトリ コシが PhotoshopCS3などを使って全てデザインしたオリジナル・アイテムです。
( SONY CyberShot DSC-R1 )  しかし残念ながら、山手234番館は横浜市所有の公共の建物なので、この中で の営利目的の物品販売はできません。  会場にいらしていただいた方からも希望があったのですが、「芳名帳にご記帳 いただいた方に一枚プレゼント」ということで対応させていただきました。  もちろん、この個展が終了しましたらこのポストカードセットをお求めできる 販売ページを作成いたしますので、どうぞ楽しみにお待ち下さい。  個展は残すところあと1日。頑張ります。 (※最終日は入館15:00までとなっておりますのでご注意下さい)  これからも自然風景写真館にどうぞご期待下さい ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-S6000fd → http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixs6000fd/
SONY CyberShot DSC-R1 → http://www.sony.jp/products/Consumer/DSC/DSC-R1/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3. 鳥越のテクニカル・ノート =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  恐れ入りますが、今週は個展開催のため、テクニカル・ノートはお休みさせて いただきます。どうかご了承下さい。  どうぞ来週にご期待下さい。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.今後のリニューアル予定 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ・特設展示「さくら」コーナー ・「お気に入り」システムの作成 ・フォト検索ページの作成 ・写真販売システムの作成 ・撮影機材紹介 ・特別展示室(タペストリー表示など) =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §5.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 _____ _ |Nikon| _ ======= Nature Photographer Akio Torikoshi ====== +"--,/ \ --+ | *E-mail: akio@tory.com | |## j\_/o | | *Nature Photo Gallery : http://www.tory.com/
| +==----------+ | *Virtual Photo Library: http://www.vpl.net/
|
 
 
2007-08-28 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.