2009-11-17 Back to HomePage
 

こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第355号をお届けいたします。



★☆★ このブログは下記のページにアクセスすると快適に覧になれます ★☆★






=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img07102 "The time of autumn breeze." 『秋風の吹くころ』 Img07133 "A forebode for storm." 『嵐の予感』 Img07182 "A cold-blooded wintersweet." 『寒がりのロウバイ』 Img07707 "The relaxation." 『リラックス』 Img07806 "A temptation of rose." 『バラの誘い』 Img07854 "The color for delight." 『喜びの色』 Img07959 "Spring end melancholy feeling." 『春を惜しむ』 Img07986 "The sunset from the hill." 『丘の上の落日』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.トリコシアキオ写真展2009『〜 光画風景 I 〜』秦野会場の様子 --------------------------------------------------------------------------
『鳥越章夫・写真展2009 〜 光画風景 I 〜 』 − デジタルプリントで描く心象風景の世界 − 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ★お詫び:秦野会場、開催期間の間違いがありました★  つい先日までお知らせしていた秦野会場の開催期間に誤りがありました。 ×誤:11月15日(日)〜23日(水) ↓ ↓ ↓ ↓ ○正:11月15日(日)〜23日(月)  慎んでお詫び申し上げます。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  鳥越の個展、11月15日から秦野市の会場「ぎゃらりー・ぜん」でスタート しました。  初日の15日には14時から美しい音楽と語りを背景にしたスライドショーの イベントなど行われたので、その様子をご紹介しましょう。  まずはその前に前日の展示の様子をこっそり紹介してしまいましょう。どんな 立派な写真展も飾られる前のギャラリーというのは殺風景なものです。
( photo39 : FUJIFILM FinePix-S6000fd )  生徒さんにもお手伝いしてもらいながら、徐々に展示の形を成して行きます。
( photo40 : FUJIFILM FinePix-S6000fd )  多くの方々のご助力もあり、おかげさまで美しい展示ができました。 今回は壁面36枚の作品はすべてフジカラーのギャラリーパネルで統一。マット の色もグレーから自分自身でマットホワイトに塗り替えて、おかげでかなりイメー ジに近い展示になりました。
( photo41 : PENTAX K200D )  毎回ご好評いただいてるOHPシートにインクジェットプリンタで出力して透 明なアクリルパネルに挟み込んだ展示も12枚飾りました。
( photo42 : PENTAX K200D )  手前味噌ですが、とても美しい展示ですので、県西方面の方々はぜひお越し下 さい。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さて、初日の午後からはオープニングイベントとして語りと音楽のユニット 「花音」のメンバーとのコラボレーションによるフォト・スライドショーが行わ れました。
( photo43 : PENTAX K200D )  今回はスライドショーの前に撮影場所の紹介などをしてから本編のスライドショー に入りました。40名ほどの入場者数があり、初めてご覧になる方々もいらっしゃっ て、ご満足いただたのではないでしょうか。
( photo44 : PENTAX K200D )  スライドショーが終了してから、質疑応答の時間。鳥越の活動の様子や作品作 りにかける想いなどが披露されました。
( photo45 : PENTAX K200D )  この会場ではスライドショーを封入したDVDをプレゼントしています。 次年度のカレンダーやポストカードセットなども販売中。  22日、23日には鳥越が在廊しておりますので、県西方面の方々はぜひ会場 にお越し下さい。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ・第1期:11月15日(日)〜23日(水)10:00〜18:00(※最終日17:00) (会場:秦野市ぎゃらりーぜん)http://homepage3.nifty.com/gallery-zen/
 ※11月15日〜14:00 音楽+朗読+スライドショーのイベントあり ・第2期:12月2日(水)〜7日(月)10:00〜19:00(※最終日18:00) (会場:東神奈川駅前かなっくホール)http://kanack-hall.jp/index.html
●-------- 写真展・ご案内ページ --------● http://tory.com/j/exhibition/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ この取材の様子を地図ソフトでご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2009/2009-11-17.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2009/11-17/2009-11-17.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  先週は7月頭に訪れた滋賀方面の取材の様子をお届けしました。  今週はつい先日訪れた、京都府北部にある美山町(みやまちょう)の様子をお 届けしましょう。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E135.42.56N35.18.18&ZM=5
 美山町という美しい名前の町は、今では南丹市(なんたんし)に合併されてし まいましたが、しかしそれでも素朴で美しい日本人にとっての原風景が残されて いる場所として今でもその知名度にかげりはありません。  京都といえば市中のきらびやかな文化に目を奪われますが、日本海へと連なる 山地の中には今でも多数の素朴な風景が残されており、それは風景写真の素材と して大変魅力的といえるでしょう。  さて、例によって夕方に神奈川県を出発して東名高速道路および名神高速道路 を西に向かってひた走ります。
( photo02 : PENTAX Optio-A30 )  今回の宿泊場所は名神高速道路の多賀サービスエリア内にあるハイウェイホテ ルです。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  きちんとした個室の部屋と、雑魚寝ではありますが大きな銭湯に入ることがで きて料金が735円と安い仮眠室の2つが選べます。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  朝が早い風景写真の現場では、ただ寝るだけのためにホテルを利用するのはな んだかもったない。そのような時このように気軽に泊まれる宿泊場所は大変重宝 します。  慣れないと他人のいびきが気になってゆっくり寝られないかも知れませんが(笑)  さて、初日はロングドライブの疲労が多少残っているので、少し余裕を見ての 出発です。
( photo05 : PENTAX Optio-A30 )  長いトンネルを抜けると・・・
( photo06 : PENTAX Optio-A30 )  そこはあこがれの京都の町でした!
( photo07 : PENTAX Optio-A30 )  しかしながら京都市中の渋滞は思いのほかひどく、カーナビは単純に道路の最 短距離を示すので市中突破を試みようとするのですが、しかしこのひどい渋滞で はいったい何時に美山町につくのか分かりません。  そこで、いったん滋賀県の琵琶湖畔に抜けて比叡山を回り込むようにして京都 北部に入ることとしました。  当然、道路はご覧のように山中を行くことになります。時間的にはたいして変 わらないのかも知れませんが、しかし町中の渋滞と、山中のドライブでは、必然、 後者のほうが精神的には気分が良くなります。
( photo08 : PENTAX Optio-A30 )  京都府南丹市と京都市左京区をへだてる佐々里峠に到着しました。 気温は13℃です。寒い、、しかしこのひんやりとした空気が緊張感を高めます。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  そして何より空気が清らかで美しい。いわゆる「空気がおいしい」と表現する ところですが、風景写真をしている人間にとっては「空気が美しい」と、そう表 現したくなるような場所なのです。  京都北部と言えば、美しい杉林も見所のひとつ。杉林は手入れをしないとすぐ 荒廃してしまうのですが、まだまだしっかりと手入れがされているようでした。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  そして峠を越えていよいよ美山町に入りました。 するとその途端、ご覧のように素朴な風景があちこちに見られるようになりまし た。「日本昔話」の世界へと入って行きます。
( photo11 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )
( photo12 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )
( photo13 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  京都北部といえば「北山杉」の山地として有名です。ご覧のようにピンと張っ た杉林の切っ先と色づいた紅葉の取り合わせがとても美しい。
( photo14 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AFDC-Nikkor105mmF2D )  道路を行き交うトラックには杉の巨木が積まれています。林業は外国産のもの に押されて苦しいと聞いていますが、北山杉のブランドが今でも産業として成り 立たせてくれているのでしょう。
( photo15 : PENTAX Optio-A30 )  道の途中で、はっとするような風景に出会います。
( photo16 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  小さな神社の傍らにあったイチョウの大樹。なんという立派さでしょうか。
( photo17 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  イチョウの葉の降り積もった屋根や鳥居、そして道端のバス停など。昭和を感 じさせる風景が今でも残されているのです。
( photo18 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  車を停めて写真を撮っている時は「現地の人に怒られないだろうか」といつも ビクビクしながら撮っているのですが、この美山町の人たちはきさくに声をかけ てきて、にこやかに話しかけてくれるので、逆にこちらが面食らってしまいます。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  そしてとれたての野菜を気前よくプレゼントしてくれました。 このせちがらい世にあって、今でも人情がとても豊かな場所なのです。
( photo20 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  走っている途中のあちこちで見かける素朴で美しい風景。なんでもない竹林や ススキ野原や杉林がとても美しく見えます。
( photo21 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )
( photo22 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  そして素朴さで人気の高い茅葺きのある風景。秋色に色づいた今の季節には、 ますますその素朴さが引き立ちます。
( photo23 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  そろそろお腹が空いてきたので昼食にしましょう。好物のそばを注文すると、 じゃこおろし、しそ梅、とろろの3点セットの豪華盛り合わせそばが出てきまし た。麺は細めで京風の上品な味わいです。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  おまけにアイスクリームを注文。500円は若干高いかな、美山のブランド料 が入っているのか、と思いましたが、しかし茅葺きの形をした最中アイスがなん とも可愛らしい。可愛らしさに負けてつい注文してしまいました。
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  さて、ただでさえ素朴な風景の多い美山町ですが、この「かやぶきの里」では 計画的に茅葺き屋根の民家が整備されています。
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  整然とならんだ茅葺きの里。世界遺産に指定されている某所の茅葺きに比べる と小ぶりですが、しかしそれだけ生活に密着した素朴さが感じられます。
( photo27 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AFDC-Nikkor105mmF2D )  整備されているということは観光客の人もたくさん来られるということです。 平日にもかかわらずご覧のような人出でした。これが土日だとどうなってしまう のでしょうか。
( photo28 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AFDC-Nikkor105mmF2D )  茅葺き屋根だけに目を奪われがちですが、しかしちょっと脇道に入ってみても レトロな風景に出逢えます。本当に心休まる場所です。
( photo29 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AFDC-Nikkor105mmF2D )  さて、美山町の紅葉を求めて車を走らせましょう。  実は今回の取材、ハイエース・フォトバード号で出動しています。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  取材に写真教室の生徒さんが同行して見学するという企画。 小さな車のように小回りはききませんが、しかし生徒さんにとっては良い風景に 出逢えて一緒に撮影するチャンスがあり、鳥越にとっては、取材の交通費をワリ カンにして安く済ませられるというメリットがあります。  目の覚めるような紅色に染まった見事なもみじです。 山中にあって冷え込みの強くなるこの場所は美しいもみじの木がそこかしこに見 られます。
( photo31 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA24-70mmF2.8EXDG )  夕暮れが近くなってきました。あいにくと空はどんよりと曇っていて夕日は見 られそうもありませんが、しかし夕暮れ時のブルーに染まる時間帯が狙い目です。
( photo32 : PENTAX Optio-A30 )  川に沿って橋がかけられている箇所は川の流れを俯瞰することができるので、 良い撮影ポイントになります。  小雨も降ってきて天候は悪いのですが、しかしだからこそ霧が川にたちこめ、 情緒ある風景となりました。悪天候が悪条件とは限りません。被写体はどんな条 件でも見つけることができるでしょう。
( photo33 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  プランが明確に決まっている撮影会と違って取材の時は、現地の天候や状況な どによって宿がどこに決まるか分かりません。もちろん車で寝てしまうことも多 いのですが、一般の生徒さんが同行しているため、そういうわけにもいきません。  美山町の風景が素晴らしかったので、町に出てビジネスホテルなどに泊まるよ りは、結局この日は美山町の民宿に泊まろうということになりました。
( photo34 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  さて、生徒さんはそのままお風呂に入って休息をとればOKですが、鳥越の仕 事はまだ終わりません。日中にたまったメールのチェックをします。
( photo35 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  以前はauのデータ通信カードを利用していましたが、最近発売されたDoCoMo の上限金額設定6000円ほどのデータ通信カードにリニューアルしました。 通信エリアが広いのがなんといっても魅力で、この美山の里でも無事に接続する ことが可能でした。私のような移動人間には大変助かります。
( photo36 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  そしてデジタルカメラのローパスのゴミチェックと清掃作業。 もちろん出発前にも行うのですが、レンズ交換などをしていると知らぬうちに大 きなゴミが混入する危険があるので、毎日行うのが理想的なのです。
( photo37 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )
( photo38 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  京都北部の取材初日は素朴な風景に出逢えた懐かしさでいっぱいでした。  次回も京都北部の取材の続きをお届けいたします。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ Panasonic LUMIX DMC-FX35 → http://panasonic.jp/dc/fx35/
SONY α300 → http://www.sony.jp/products/Consumer/AMC/body/DSLR-A300/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixs5pro/
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/compact/optio-a30/
※ 速報用写真は AdobeCameraRaw5.5 にて RAW現像されています。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4. トリコシのテクニカル・ノート =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  雑誌原稿執筆、写真教室、撮影会準備、スケジュール過密のため、恐れ入りま すが今週のテクニカル・ノートはお休みとさせてください。  どうかご理解ご了承お願いいたします。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §5.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@mail.tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@mail.tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2009-11-17 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.