2009-12-01 Back to HomePage
 

こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第357号をお届けいたします。



★☆★ このブログは下記のページにアクセスすると快適に覧になれます ★☆★






=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img07419 "Mt.Shigekura in snow fog." 『雲煙る茂倉岳』 Img07496 "A manly puppy." 『凛々しい子犬』 Img07575 "A glitter on clear stream." 『清流のきらめき』 Img07616 "Icicle in early spring." 『春先のつらら』 Img07721 "A devoted red rose." 『捧げられた赤いバラ』 Img07805 "The side face of the gypsophila." 『カスミソウの横顔』 Img07921 "A spring of Persian speedwell." 『オオイヌノフグリの春』 Img07938 "Flowers of Parabenzoin praecox." 『アブラチャンの花』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.鳥越章夫・写真展2009『〜 光画風景 I 〜』横浜会場で始まります --------------------------------------------------------------------------
『鳥越章夫・写真展2009 〜 光画風景 I 〜 』 − デジタルプリントで描く心象風景の世界 − 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  鳥越の個展、11月15日〜23日の期間は地元に近い秦野市で行われました。 多くの方のご参加ありがとうございました。  引き続き、横浜会場(神奈川区民文化センター・かなっくホール・ギャラリーB) にて同写真展が開催されます。  会場はリニューアルして立派な駅ビルとなったJR東神奈川駅南口のすぐ目の 前。
( photo02 : Canon EOS-Kiss-Digital-N )  駅前を出てすぐ右手にやはり立派なビルがそびえています。
( photo03 : Canon EOS-Kiss-Digital-N )  そこが会場の「かなっく・ホール」です。
( photo04 : Canon EOS-Kiss-Digital-N )  会場内の様子は以前下見に行ったときの写真をこのブログでもご紹介しまし た。  秦野会場よりも若干広めなため、何枚かの写真をA2やA1サイズに大きく引 き延ばして展示いたします。  神奈川東部や東京近郊の方々にぜひご覧になっていただきたいと思います! 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ・第2期:12月2日(水)〜7日(月)10:00〜19:00(※最終日18:00) (会場:東神奈川駅前かなっくホール)http://kanack-hall.jp/index.html
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ●-------- 写真展・ご案内ページ --------● http://tory.com/j/exhibition/index.html
-------------------------------------------------------------------------- ■2.トリコシ・デジタルフォトスクール横浜校・デジタル初級講座 --------------------------------------------------------------------------  トリコシが主宰する写真教室の横浜校が 去る11月24日に横浜市の「かながわ労働プラザ」にて開催されました。  今回のテーマは「デジタルプリントに挑戦!」です。
 今回の初級クラスではモニタとプリンタの色調を一致させる「カラーマネージ メント」の話しは難しいのでスキップして、プリンタの種類と特徴(顔料/染料)、 用紙の種類と特徴、パソコンから出力するときの注意点、などの話題を扱いまし た。  実際に会場に3台ものプリンタを持ち込んでパソコンからのプリント作業の実 習を行います。
 生徒さんにも自分で撮影した画像をプリントしてもらいました。
 デジタルプリントは簡単なようでいて、プリンタの種類や出力するソフトも様 々で慣れるまで苦労します。  それでも気軽に家庭でプリントが楽しめるようになったのがデジタル時代の嬉 しいところ、気に入った写真を上手に打ち出して額装して飾って楽しみましょう。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  午後になってから場所を横浜市磯子区の三渓園に写してミニ撮影会です。
( photo40 : FUJIFILM FinePix-S5Pro )  秋を迎えて園内のイチョウは見事に色づいていました。
( photo41 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA18-125mmF3.8-5.6DC/OS/HSM )  古い家屋がノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。それに紅葉の赤い色 がアクセントを添えてくれます。
( photo42 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA18-125mmF3.8-5.6DC/OS/HSM )  三渓園といえば園内の大きな池が名物で、そこに多くの水鳥が住んでいます。 カメラを水面ぎりぎりのセットしてローアングル撮影を試みてみました。 まるで自分が水鳥になったような気分になります。
( photo46 : FUJIFILM FinePix-S5Pro )  曇り気味で寒い日でした。茶屋では暖かい甘酒の暖簾(のれん)に目が行って しまいます。
( photo45 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA18-125mmF3.8-5.6DC/OS/HSM )  暖かいものもいいですが、私の場合は好物のアイスクリームにも惹かれてしま います。季節は秋なのですが、なぜかさくらソフトの暖簾が。。
( photo44 : FUJIFILM FinePix-S5Pro )  秋の日はつるべ落とし、まだ16時半ですがもう空が夕闇に包まれ始めました。 塔の上には半月がうかび、飛び交う鳥はカラスでしょうか。晩秋の寂しさを演出 してくれていました。
( photo47 : FUJIFILM FinePix-S5Pro ) -------------------------------------------------------------------------- ■3.トリコシ・デジタルフォトスクール松田校・デジタル上級講座 --------------------------------------------------------------------------  トリコシが主宰する写真教室の松田校が 11月25日に神奈川県松田町の「松田町民文化センター」にて開催されました。  今回のテーマは「フィルムのデジタル化テクニック」です。  ご存じのようにここ数年でフィルムカメラからデジタルカメラへの転換が一気 に進み、かつてはたくさんの製品があったフィルムスキャナーも今では数えるほ どになってしまいました。
 今回の実習ではこのような時代だからこそ、フィルムの良い点を見直して、高 画質を保ったままデジタル化する方法を学びました。
 生徒さんに実際にフィルムスキャナーを操作してもらいます。
 フィルムスキャナーは大きく分けてフィルム専用スキャナとフラットベッド兼 用スキャナがありますが、それぞれスキャンしてスピードや画質を比較してみま す。
 やはりフィルム専用スキャナの方がスピードが圧倒的に早く、 専用スキャナが20秒程度で終了するのに対して、兼用スキャナは2〜3分ほど かかっていました。  画質も専用スキャナの方が一枚上手のようです。  読み込んだ後はレタッチ作業をして完了です。
 フィルムはデジタルカメラに比べて手間暇やランニングコストがかかりますが、 しかし露出さえ合わせれば最初から深みのある色乗りの良い美しい画像が仕上が ります。  それをじっくり時間をかけてスキャンしデジタル化するので、とても高画質な 画像が得られます。  仕上がった画像は約2000万画素で、これは現在では既にハイエンドのデジ カメに抜かれていますが、時間をかけてスキャンするので画質が柔らかく滑らか なのが特徴です。  そして階調数は16ビット(65536階調)を誇ります。 これは現在のデジカメのRAWファイルが12〜14ビットに止まっているのに 比べて明らかに優れています。  温故知新。 今回の講習では単にフィルムを過去の資産として活用するのではなく、より高画 質なデジタル画像を得るために積極的に利用してみようという視点で臨みました。  需要と供給の関係で、現在中古市場ではフィルムカメラが信じられないような 安値で手に入ります。  時々撮影するくらいならフィルムのランニングコストもそれほど気になりませ ん。  時にはフィルムカメラで撮影してみてその良さを見直すのも楽しいのではない でしょうか。 ●-------- トリコシアキオ・デジタルフォトスクールご案内ページ --------● http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ この取材の様子を地図ソフトでご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2009/2009-12-01.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2009/12-01/2009-12-01.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さて今週は京都北部取材の最終回です。  舞鶴のビジネスホテルにチェックインした後は、外は大雨になっていたのでや むなくすぐ隣にあった飲み屋で食事を済ませることにしました。  海が近いせいか新鮮な魚介類を使ったミニどんぶりが印象的でした。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  翌朝は朝5時に起きて暗いうちから出発です。
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  最初に訪れたのは西舞鶴と東舞鶴の丁度中間にそびえる「五老岳展望台」です。 ご覧のように山頂には立派な展望台が立っています。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  朝9時にならないと展望台には登れないのですが、しかし駐車場からでも周囲 の展望はバツグンです。舞鶴湾周辺のリアス式海岸の複雑な地形が風景写真の素 材としてはぴったりです。
( photo09 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSPAF17-35mmF2.8-4DiLD )  美しい日の出を期待していたのですが、しかしながらこの日は西高東低冬型の 気圧配置。太平洋側は晴天となるところですが日本海側のこの地方ではご覧のよ うにどんよりとした曇り空と大陸から吹き付ける強風にさらされていました。  強風の下での長時間露光。ご覧のようにカメラが風でゆさぶられて拡大すると ブレているのが分かります。
( photo08 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSPAF17-35mmF2.8-4DiLD )  カメラのおもりを吊したり、様々な工夫をしてブレを抑えることに苦心した朝 の撮影でした。  周囲が明るくなってから駐車場に戻ってみれば、ハイエースにはまだ昨日の紅 葉の名残が貼り付いていて微笑ましくなります。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  さていったんホテルに戻り朝食を済ませた後、再出発です。赤レンガ倉庫を横 目に見ながら国道をひた走ります。
( photo11 : PENTAX Optio-A30 )  舞鶴東港にかかる舞鶴クレインブリッジを通過します。 (「クレイン」とは英語で「鶴」のことです)
( photo12 : PENTAX Optio-A30 )  立派な橋だったので、いったん海岸まで降りて、その姿がよく見える場所まで 移動しました。言われてみるとまるで鶴が翼を広げたようなイメージが伝わって きます。設計者ももちろんそのことを意識していたのでしょう。
( photo13 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  今は曇り空で太陽は見えないですが、いつかまたこの地を訪れた時のために方 角をチェックします。日の出の時、ちょうどこの橋の向こうから太陽が昇り、こ の橋がシルエットとなって絵になる風景となることでしょう。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  さて、そのまま三浜峠に向かいます。半島の林道から眺めがよいとのことなの ですが、まずはいったん山中に入り、県道を進みます。このどんよりとした空は 冬季の日本海側の気候の特徴ですね。
( photo15 : PENTAX Optio-A30 )  林道三浜空山線というのがそれです。半島を縦断しており、若狭湾を見下ろす 絶好のビューポイントと聞いています。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  林道の途中からの眺望も素晴らしかったのですが、じっくり写真を撮るために 展望台までやってきました。
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  広く立派な駐車場があり、高い木もないので展望がバツグンです。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  ご覧のように若狭湾の海を眼下に望むことが出来ます。
( photo19 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  晴れていれば青い海が見られるところですが、この日は残念ながら曇り空の影 響で青い海は見られませんでした。  それでもこの高度感のある爽快な風景は最高です。
( photo20 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  空山での展望をチェックしたのちは再び舞鶴市内に戻り、京都へ向けて南下し ます。
( photo21 : PENTAX Optio-A30 )  このまま日本海側を小浜市に抜けて北陸道へと入っても良かったのです、 時間が許せばまた美山(みやま)の風景を見てみたかったのです。 数々のトンネルを抜けて京都縦断道を南下してゆきます。
( photo22 : PENTAX Optio-A30 )  そうして再び美山町へと戻ってきました。やはり草木に覆われた柔らかい風景 には心がなごみます。
( photo24 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  もう取材の時間はあまり残されていません、美山町から京都市北部へと抜ける 途中で紅葉の良いポイントを探して時々車を停めては周囲の紅葉をどんどんと写 し止めてゆきます。
( photo25 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )
( photo26 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  そのまま国道を走って京都北部へ抜けても良いのですが、そこは地形を見なが ら、気になったところはどんどんと脇道へと入って行きます。
( photo27 : PENTAX Optio-A30 )  そうして大きな道からはずれた細い道に良い風景は隠されているものです、深 く色づいた紅葉の谷に光が丁度差し込んで、丹波地方の見事な紅葉を写し取るこ とができました。
( photo28 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  一緒に同行した生徒さんたちも夢中になってシャッターを切っています。
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  長かった京都北部の取材もいよいよこれでおしまいです。再び京都縦断自動車 道に乗り、京都市内を目指します。
( photo31 : PENTAX Optio-A30 )  この自動車道を使えば京都市内までは一直線。あっという間に着いてしまいま す。
( photo32 : PENTAX Optio-A30 )  問題はこの自動車道が名神高速とつながっていない点。いったん京都市中の一 般道を走らないといけないので時間のロスになってしまいます。これはなんと改 善してほしいものです。
( photo33 : PENTAX Optio-A30 )  そして京都南インターから再び名神高速道路に乗りました。 これでもう安心。渋滞するような箇所はありません。
( photo34 : PENTAX Optio-A30 )  大津サービスエリアで琵琶湖の展望を楽しみながら遅めの昼食をとります。
( photo35 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )
( photo36 : Panasonic LUMIX DMC-FX35 )  この後は東名高速道路を順調に走って、夕方19頃には神奈川県へと戻ってき ました。  今回の京都北部取材は天候がいまひとつでしたが、美山町の素朴な風景を存分 に撮影することができました。  京都府は京都市中の印象が強いのですが、その北部、日本海へと連なる山林の 合間にある素朴な農村風景がとても素敵です。日本の原風景をそこに見ることが できるからです。  また季節を変えて訪れてみたい場所のひとつとなりました。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ Panasonic LUMIX DMC-FX35 → http://panasonic.jp/dc/fx35/
SONY α300 → http://www.sony.jp/products/Consumer/AMC/body/DSLR-A300/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixs5pro/
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/compact/optio-a30/
※ 速報用写真は AdobeCameraRaw5.5 にて RAW現像されています。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4. トリコシのテクニカル・ノート =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  雑誌原稿執筆、写真教室、撮影会準備、スケジュール過密のため、恐れ入りま すが今週のテクニカル・ノートはお休みとさせてください。  どうかご理解ご了承お願いいたします。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §5.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@mail.tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@mail.tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2009-12-01 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.