2010-01-05 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第362号をお届けいたします。



★☆★ このブログは下記のページにアクセスすると快適に覧になれます ★☆★






=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img07695 "An azalea playing hide-and-seek." 『かくれんぼのツツジ』 Img07808 "Couple of close." 『仲良しの二人』 Img07845 "Aim at a Tenjin ridge." 『天神尾根を目指して』 Img07873 "The blue sky and flight." 『青空と飛翔』 Img07887 "Narcissus in Hatsushima island." 『初島のスイセン』 Img07910 "The clump in silence." 『静寂の木立』 Img07977 "Rape-blossom field in the hilltop." 『丘の上の菜の花畑』 Img07983 "The brother of shepherd's purse." 『ペンペン草の兄弟』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.2010年・明けましておめでとうございます --------------------------------------------------------------------------
 2010年の新年を皆さんどのように迎えられましたか。 あらためて、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 このブログもおかげさまで361号を迎えることができました。 これも読者の皆さんのご支援の賜です。 2009年の鳥越の活動は川本製作所カレンダーをはじめ 雑誌フォトコンでの記事執筆など、多くの方々と出会い、仕事の幅が広がった年 でもありました。  写真教室は2年目を迎えて、撮影会では北海道や屋久島など多くの魅力ある撮 影地を訪問し、自然風景の素晴らしさをファンの方々と共有することができまし た。  改めてクライアントの方々、ファンの皆様に御礼申し上げます。 2010年も引き続き、日本各地の魅力ある自然風景をより多くの方々にお届け できるよう精進して参ります。  どうか変わらぬご支援をお願いして新年のご挨拶とさせていただきます。  今年も自然風景写真館でお楽しみください。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2010/2010-01-05.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2010/01-05/2010-01-05.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さて、年が改まりましたが、2009年北海道撮影会のレポートは5週にまた がるため、まだまだ続きます。  引き続き盛りだくさんの撮影会レポートをお楽しみください。  撮影会4日目、それまで晴天に恵まれていましたが、とうとうこの日は朝から 雨模様の天候になってしまいました。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  しかし3日間、早朝から深夜までぶっ通しで撮影し続けていたのです。そろそ ろ鳥越にも参加者のみなさんにも疲労が溜まってくるころです。  これは神様が「休め」とおっしゃっているのだと判断し。久しぶりに朝寝坊を してゆったりした朝食の時間を持ちました。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  特に今日は小樽までの移動日でもあります。慌てることはありません。 まったり観光ムードで訪れたのは自然風景写真家の大家である前田真三先生の作 品が公開されている「拓真館」です。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  廃校になった小学校の跡地を借り受けて素敵なギャラリーを建てられたとのこ と。素敵な作品に出逢えるとあって私も参加者の方々も勉強になると、ウキウキ して訪問しました。
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  著作権の問題があって、館内の様子をご覧に入れられないのは大変残念なので すが(カメラを取り出すだけでもスタッフの人に怒られてしまうのです(笑))  やはりとても素晴らしい作品ばかりで。改めて前田先生の偉大さを再認識いた しました。  美瑛町を訪れましたらぜひ皆さんも訪問してみてください。  さて、拓真館で素晴らしい作品を拝見した後は、曇り空ではありますが、時間 の許す限り美瑛周辺の撮影を楽しみました。  丘の上に立つとんがり帽子の屋根が気になります。早速立ち寄って見ましょう。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  なだらかな丘の続く美瑛町では所々にこうした見晴し台があります。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  階段を使って塔の上に登るとご覧のように周囲の窓から美瑛の丘を見渡すこと ができます。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  天候があいにくなので色が出ませんが、美しいなだらかな丘を撮影することが できます。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  昨日訪れた「青い池」がとても人気だったので、小雨が降っているものの再び この場所を訪れて見ました。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  こうして前景を見渡すと、堰堤工事によって川がせき止められて森の一部に池 ができた様子がよく分かります。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  たとえ雨が降っていたとしてもあきらめることはありません。柔らかい光の下、 濡れた葉がつやつやと光って印象深い写真が撮れることでしょう。
( photo14 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AFDC-Nikkor105mmF2D )  降り続いていた雨が昼頃にやみました。するとまた以前の鏡のような水面が戻っ てきました。  晴れて良し、降って良しの美しい青い池の水の色でした。
( photo15 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AFDC-Nikkor105mmF2D )  さて、ラーメンで昼食を済ませた後、フォトバード号は道央道をひた走ります。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  札幌でジャンクションを経由して札樽道へ入り、小樽を目指します。
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  到着したのは小樽港に隣接した「ホテル・ソニア」。洋風の素敵なホテルです。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  素敵なホテルは内装も素敵で、シャンデリアやロビーの小物を撮影するだけで も楽しくなります。
( photo21 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )
( photo22 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )
( photo23 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  ホテルにチェックインして、一息ついたら、有名な小樽運河の撮影にでかけま しょう。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  運河の夜景が美しくなる時間帯はもう少し後のようです。その前に小樽には歴 史的な建造物が多いので、その撮影に立ち寄りましょう。
( photo25 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSPAF17-35mmF2.8-4DiLD )  街灯に浮かび上がる石造りの建築物はとても立体感があって迫力があります。 ISOを低感度に設定してしっかりとした三脚にカメラをセットして長時間露光で その質感を表現しましょう。
( photo26 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSPAF17-35mmF2.8-4DiLD )  そして小樽運河にやってきました。町の街灯が水面に反射してとても美しい。 はるばる北の国まで来た甲斐がありました。
( photo27 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA24-70mmF2.8EXDG )  夕食は西洋ホテルなのだから洋食なのかと思いきや、小樽名物のお寿司という 嬉しいサービス。
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  そういえば小樽のお寿司をいただくのは大学時代に自転車旅行をしたときの打 ち上げ以来です。久しぶりの新鮮なお寿司に舌鼓を打ちました。
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  移動日でありながら、小樽の夜景を撮影して楽しんだ後はホテルの一室に参加 者が集まってそれまで撮影した作品のスライドショーを行いました。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  普段教室で使用しているプロジェクターを持参したのが役に立ちました。 それにしても参加者みなさんの熱心さには感心いたします。 素晴らしい北海道でたくさんの傑作が生まれました。  撮影会は残すところあと一日。 明日はどのような風景に出逢えるのでしょうか。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixs5pro/
Panasonic LUMIX DMC-LZ10 → http://panasonic.jp/dc/lz10/
※ 速報用写真は AdobeCameraRaw5.5 にて RAW現像されています。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4. トリコシのテクニカル・ノート =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  雑誌原稿執筆、写真教室、撮影会準備、スケジュール過密のため、恐れ入りま すが今週のテクニカル・ノートはお休みとさせてください。  どうかご理解ご了承お願いいたします。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §5.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@mail.tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@mail.tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2010-01-05 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.