2010-02-02 Back to HomePage
 

こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第366号をお届けいたします。



★☆★ このブログは下記のページにアクセスすると快適に覧になれます ★☆★






=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img07685 "The bush vetch on the hill." 『裏山のカラスノエンドウ』 Img07727 "Starry sky in the forest." 『森の中の星空』 Img07803 "A rest of rose." 『バラの休息』 Img07824 "Mt.Fuji and Kawadu cherry blossoms." 『河津桜と富士』 Img07870 "Let's take off." 『さあ飛び立とう』 Img07896 "Flower of Japanese cornel." 『サンシュユの花』 Img07918 "A waking horsetail." 『目覚めたツクシ』 Img07953 "Cherry blossoms in her dream." 『夢いっぱいの桜』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.『クラブ・フォトバード写真展2010』が始まります! --------------------------------------------------------------------------
 『クラブ・フォトバード』は鳥越が主宰する写真クラブです。 「鳥のように自由に各地の自然を巡って写真を撮る」 そのような想いを込めて「バード」と名付けました。 ちなみに「野鳥写真専門のクラブ」ではありませんので、どうぞご注意ください。 (よく間違えられるのです。(笑))  鳥越デジタルフォトスクールの受講生たちもこの写真クラブに所属しています。  このクラブ会員によるグループ展が2月3月、それぞれ神奈川県の小田原と横 浜にて開催されます。  それぞれの会場で約40点弱の作品が飾られます。 力作ぞろいですので、お近くの方はぜひお越しになって会員の傑作写真をご覧に なってください! ● クラブ・フォトバード写真展2010 ≪小田原会場≫ ● 2010年2月24日(水)〜3月1日(月) am10:00 - pm6:00 (※最終日pm5:00まで)(※入場無料※) ≪会場≫ ギャラリー新九郎 小田原市栄町2-13-3 伊勢治書店本店3F TEL:0465-21-3386
● クラブ・フォトバード写真展2010 ≪横浜会場≫ ● 2010年3月10日(水)〜3月15日(月) am10:00 - pm6:00 (※最終日pm5:00まで)(※入場無料※) ≪会場≫ かながわ労働プラザ・1Fギャラリー 横浜市中区寿町1-4 JR石川町駅徒歩3分 TEL:045-633-5413
---------------------------------------------------------------- ◆ クラブ・フォトバードの詳細はこちらをご覧下さい ◆ ---------------------------------------------------------------- http://tory.com/j/lecture/index_ClubPhotoBird.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2010/2010-02-02.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2010/02-02/2010-02-02.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  みなさんはこの冬をいかがお過ごしですか?  寒い冬は部屋に閉じこもりがちになりますが。しかしそんな時にこそ被写体を 求めて撮影にでかけましょう!  さて、今回の取材先は関東有数の観光地、埼玉県長瀞町(ながとろまち)にあ る宝登山(ほどさん)のロウバイ園を尋ねました。  その様子をお届け致しましょう。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.6.25N36.5.15&ZM=5
 早朝、まだ暗いうちから出発して首都高速道路を走ります。
( photo01 : PENTAX Optio-A30 )  だんだんと空が白んでくるころには車は関越道をひた走っていました。
( photo02 : PENTAX Optio-A30 )  埼玉県の花園I.C.で下車します。早朝出発のおかげで渋滞に巻き込まれず にすみました。夜明けはもうすぐです。
( photo03 : PENTAX Optio-A30 )  インターを降りたところで、ちょうど太陽の光が東から昇り始めました。さっ そく朝日の撮影ポイントを探して車を停めます。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  もっと形の良い木があれば良かったのですが。それでも超望遠レンズを使って 森の木々ごしに昇って行く朝日のエネルギーを写し止めることができました。
( photo05 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  武蔵野の畑に広がり行く朝の光。朝の風景はいつ見ても清々しいものです。
( photo06 : Nikon D700 + AiAF-Nikkor28-70mmF3.5-4.5D )  さらに撮影ポイントを探して車を移動させましょう。地図で分析すると荒川の 河川敷沿いのこの場所から、ちょうど東に向かって川が見渡せるようです。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  ちょうど逆光になって川面がシルエットになっています。そしてこれは予想し ていたわけではないのですが、白鳥の群れがたむろしていました!
( photo08 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  朝の光が川面に照りつけ、そしてその黄金の絨毯の上を優雅に滑るように白鳥 たちが泳いで行きます。眩しい光に目がくらみそうになりながらも白鳥たちの姿 を納めようとファインダーを覗いていました。
( photo09 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  荒川の河川敷もこのくらい上流になると岸辺の風景は素朴そのものです。冬に は雪が積もり、春には新緑の緑が芽生え、秋には紅葉に彩られることでしょう。
( photo10 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  大きな橋のたもとにある何気ない川岸の風景です。
( photo11 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  そのような中でも水の流れの一部をクローズアップすると、美しい風景を抽出 することができるのです。
( photo12 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  ちょっと道草を食ってしまいましたが、ロープウェイの待ち時間を調整するに は丁度良い時間でしょう。さて、そろそろ宝登山に向かいましょう。
( photo13 : PENTAX Optio-A30 )  駐車場に到着しました。装備をチェックしてさあ出発です。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  ちなみに宝登山は標高500mほど。歩いて登ることもできますが、今回は文 明の利器であるロープウェイを使って山頂まで一足飛びです。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  ロープウェイのゴンドラはロウバイにちなんでクリーム色に塗られた可愛らし い機体です。定員50名ということですがそんなに乗るのでしょうか?
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  ロウバイが見頃を迎えたという情報が伝わっているのでしょう。平日にもかか わらず車内はけっこうな混み具合でした。
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  山頂駅に到着です。遙か眼下に長瀞町の街並みが見えます。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  山頂からはご覧のように武蔵、多摩地方の山地が見事に見渡せます。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  さあ、ロウバイ園に向かいましょう。山頂駅からすぐそこに庭園が広がってい ます。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  歩き始めていきなり、山頂駅の脇の土手に「福寿草」(ふくじゅそう)の看板 がありました。
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  地面から顔を出し、開き始めたばかりの可愛らしい福寿草の姿です。
( photo22 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + PC-MicroNikkor85mmF2.8D )  こちらはロウバイかと思いきや、いやいや違います、マンサクの花です。
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  慣れないうちは間違える人が多いのですが、ロウバイの花が丸い形をしている のに対して、こちらは縮れた形をしている花です。
( photo24 : Nikon D700 + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  不思議な形をした花ですね。人間もそうですが、花の形は様々あって、どれも 個性的です。
( photo25 : Nikon D700 + AiAF-S NikkorED300mmF4D )  さて、ろうばい園にようやくやってきました。 時間がかかったのは駅から距離が離れているからではありません。途中の福寿草 やマンサクの撮影にひっかかって道草を食っていたからです。(笑)
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  青空が広がり、素晴らしい晴天に恵まれました。 さあ撮影開始です。
( photo27 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  ロウバイの黄色い花は青空をバックにするととてもよく映えます。
( photo31 : Nikon D700 + SIGMA20-40mmF2.8EXDG )
( photo29 : Nikon D700 + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  昼近くになって観光客も徐々に増えはじめました。秩父鉄道で宣伝をしている こともありますが、けっこうな人気です。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-LZ10 )  ちなみにロウバイの花は持ちがよいので、開花を始めたのは1月上旬だそうで すが、しかし25日のこのころになってもまだつぼみのものが多く6部咲きといっ たところでした。
( photo32 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D ) しかしまるまるしたつぼみがあったほうが初々しい感じや画面にリズム感をつけ られるので写真にするには好都合だと思います。  これだけたくさんのつぼみがあると、それぞれの小さなつぼみから「ねえねえ」 「そろそろ開こう」「開くよ」「開こうよ」という可愛らしい、かすかなささや き声が聞こえてくるようです。
( photo33 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AFDC-Nikkor105mmF2D )
( photo34 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AFDC-Nikkor105mmF2D )  寒い時期の1月にあって暖かいクリーム色の花が楽しめるロウバイ園。 いかがでしたでしょうか。 来月は宝登山の様子のつづきをお届けしたいと思います。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixs5pro/
Panasonic LUMIX DMC-LZ10 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-LZ10
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/compact/optio-a30/
※ 速報用写真は AdobeCameraRaw5.6にて RAW現像されています。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4. トリコシのテクニカル・ノート =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  雑誌原稿執筆、写真教室、撮影会準備、スケジュール過密のため、恐れ入りま すが今週のテクニカル・ノートはお休みとさせてください。  どうかご理解ご了承お願いいたします。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §5.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@mail.tory.com ) までお寄せください。 ※このブログは等倍フォントでご覧になることをお勧めします。 ※このブログは自然風景写真館 ( http://tory.com/
) から登録された方、  および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※ブログの購読停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 -------------------------------------- ★自然風景写真館ブログ購読解除ページ -------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@mail.tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2010-02-02 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.