2010-03-23 Back to HomePage
 

こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第373号をお届けいたします。











=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img07462 "Sea of foxtails." 『キンエノコロの海(ネコジャラシ)』 Img07464 "Formation of Buddhas." 『石仏様の隊列』 Img07465 "Ravine in Sagamiko." 『相模湖の渓谷』 Img07483 "White snowfield." 『白き雪原』 Img07565 "A gracefulness pond." 『典雅なる池』 Img07581 "Whisper of dayflower." 『ツユクサのささやき』 Img07627 "Village of Plum trees." 『梅林の里』 Img07641 "Toward a white top." 『白き頂きを目指して』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.『自然風景写真館ブログ』を『自然風景写真館ブログ』に変名します --------------------------------------------------------------------------  長い間ご愛読いただいた『自然風景写真館ブログ』もお陰様で No.373号を数えるまでになりました。  これも応援してくださる皆さんのおかげと感謝しております。  このブログがスタートした時には「ブログ」というインターネット 上のサービスが流行していて、かの「小泉首相」もブログを発行して話 題になっていました。  しかし時代の流れに伴ってブログという言葉はあまり使われなくなり、 画像と文章を合わせて活動の様子を紹介するサービスは「ブログ」と称されるこ とが一般的になりました。  このブログをご覧になっている方からも「先生のブログは面白いです ね」という言葉も聞かれるようになりました。  長年発行したマガジンの名称を変更することは抵抗もあるのですが、世間一般 の感覚に合わせて、このマガジンも「ブログ」から「ブログ」へと 名前を変更することにいたしました。  名称が変わっても、お届けする内容は全く変わりません。 今までと同じようにご覧になることができます。  文章はこのメールに記載されておりますが、画像と合わせてご覧になるには やはり一枚ページでご覧になるのが便利です。  下のアドレスをクリックしてページを開き、ご覧下さい。 http://tory.com/j/others/mm_backnumber/2010-03-23.html
 そう、確かにこの形式はブログではなく、ブログですね。(笑) -------------------------------------------------------------------------- ■2.「個展情報」の過去作品のスライドショーを掲載しました --------------------------------------------------------------------------  鳥越の個展情報のページ、2007〜2009年にかけての個展掲載作品をス ライドショーにして掲載しました。  Adobe Photoshop Lightroom を使って作成したクールなスライドショーです。  個展作品は全ての写真が掲載されているけれども冗長に感じるカタログページ とは違い、数は少ないですが鳥越作品のエッセンスがぎゅっと詰まっています。 http://tory.com/j/exhibition/index.html
 上のページを開き、左のバーのメニューから過去の個展のページを開いてくだ さい。 (新スライドショーを設置したのは、2007年より上の個展情報です)  その中に「スライドショーを掲載しました」といったリンクや画像があるはず ですので、それをクリックすると別画面でスライドショーページが開きます。  マウスを一枚目の画像にかざすと「→」のようなボタンが画面下側に表示され ますので、それをクリックすると自動でページが切り替わるスライドショーが始 まります。  お楽しみいただけたら幸いです。 -------------------------------------------------------------------------- ■3.足柄上病院の展示写真が更新されました --------------------------------------------------------------------------  鳥越の地元・松田町にある神奈川県立足柄上病院には、鳥越の作品が季節代わ りで展示されています。  このたび、それらの写真が春の展示に掛け変わりましたのでお知らせいたしま す。  お近くにお寄りの際にぜひご覧になってみてください。 ◆ 神奈川県立・足柄上病院 ◆ http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/byouin/asigarakami/
〒258-0003 神奈川県足柄上郡松田町松田惣領866-1 TEL 0465-83-0351(代表) ◆展示場所詳細
◆ 新館3号館・正面玄関前・展示作品 ◆
・A1インクジェットプリント2点 (出力場所:小田原市・フジカラーMJC) (出力機器:EPSON PX-7500-顔料インク8色) (出力用紙:PX/MC写真用紙ロール<厚手微光沢>) ・A2インクジェットプリント2点 (出力場所:トリコシ写真事務所) (出力機器:EPSON PX-5800-顔料インク8色) (出力用紙:EPSON 写真用紙絹目調)
− 桜の天井画 − Fresco of cherry blossoms. 長野県・伊那市高遠にて ( SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )
− おとぎの国 − Wonderland. 茨城県・ひたち海浜公園にて ( FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA24-70mmF2.8EXDG )
− 早春の鉄道 − Railway early spring. 千葉県市原市・小湊鐵道にて ( FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S VR ZoomNikkorED70-200mmF2.8G )
− 春爛漫の丘 − Spring hill in full bloom. 松田町・西平畑公園にて ( KONICA MINOLTA αSweetDigital + AFDT18-70mmF3.5-5.6(D) ) ◆ 1号館〜2号館3F渡り廊下・展示作品 ◆
・半切ノートリ(A3相当)、インクジェットプリント11点 (出力場所:トリコシ写真事務所) (出力機器:EPSON PX-5800 - 顔料インク8色) (出力用紙:FUJIFILM 画彩Hi絹目調)
− 春のローカル線 − Local line in spring. 千葉県市原市・小湊鐵道にて ( SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )
− 夢の丘 − Hill of Dreams 茨城県・ひたち海浜公園にて ( FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSPAF17-35mmF2.8-4DiLD )
− 語らい − Talking. 横須賀市・ソレイユの丘にて ( SONY α300 + AFマクロ50mmF2.8(D) )
− 満開の丘 − Hill in full bloom. 秦野市・金井場配水場にて ( Nikon F6 + AiAF-Nikkor50mmF1.8D )
− ピンク色のタンポポ − Pink dandelions. 小田原市・曽我にて ( SONY α100 + AFマクロ50mmF2.8(D) )
− つくしの赤ちゃん − Baby horsetail. 大井町・相互台にて ( SONY α100 + AFマクロ100mmF2.8(D) )
− 春の小川 − A spring stream. 山北町・尺里川にて ( Panasonic LUMIX DMC-LX2 )
− 休日の桜並木 − Cherry trees in a holiday. 小田原市・桑原にて ( PENTAX K100D + SIGMA18-125mmF3.8-5.6DC )
− 梅林のおじゃま猫 − Troublesome cat in plum trees. 曽我梅林にて ( Canon EOS-Kiss-Digital-N + SIGMA17-70mmF2.8-4.5DC/HSM )
− 春の水辺 − Spring waterside. 千葉県・袖ヶ浦公園にて ( FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX VR-ZoomNikkorED18-200mmF3.5-5.6G )
− 春のめざめ − In the Wake of Spring. 南足柄市・狩川にて ( Nikon F6 + TamronSP90mmF2.8マクロ ) =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2010/2010-03-23.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2010/03-23/2010-03-23.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さあ、漁港の獲れたてのお魚でお腹を満たした一行は次はどこへ向かうのでしょ うか。今週は早春の房総撮影会、後半の様子をお届け致しましょう。  次に一行が訪れたのは佐久間ダムです。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  佐久間ダム(佐久間湖)というと静岡県と愛知県にまたがる人造湖が有名です が、ここ千葉の房総に小さいながらも同名の湖があります。  たとえ小さい湖だとしても、こうして水の写り込む様子は心を和ませてくれま す。
( photo02 : Nikon D700 + TamronAF28-300mmF3.5-6.3XR Di/VC/LD )  せちがらい現代社会、こうして水のある風景をたびたび訪れるのは心身の健康 に良いのではないでしょうか。  スイセンのピークが過ぎてしまっているという情報を得たので、スイセンの里 から移動してこの湖畔に来ました。ここでは梅の花が咲いているからです。
( photo03 : Nikon D700 + TamronSP90mmF2.8マクロ )  まだつぼみも多いのですが、しかし若々しい元気の良い様子が画面から伝わっ てきます。  今年のスイセンは早くピークが終わってしまったのですが、しかし群生の中か らまだ元気の良いものを選んで、クローズアップして撮影してみましょう。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  こういう場所では望遠ズームレンズがあると重宝します。ほんとに一部だけ咲 き残っていたのですが、こうして見ると「スイセンは今が盛り」のように見えま すね。(笑)
( photo05 : Nikon D700 + TamronAF28-300mmF3.5-6.3XR Di/VC/LD )  梅の花に何を求めてやってくるのでしょうか。メジロが小枝の先に止まって盛 んにさえずっていました。
( photo06 : Nikon D700 + TamronAF28-300mmF3.5-6.3XR Di/VC/LD )  さて、次に一行が訪れたのは「チースの里」です。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ちなみに「チーズの里」ではありません。「ズ」ではなく「ス」なのです。 良く看板を見て下さいね。(笑)  漁港のあるところに猫あり。温暖な気候のせいもあるのか、房総半島も猫ちゃ んがたくさんいました。  どこからともなくやってきた猫ちゃんがハウスに入ろうとする私たちの間に割 り込むようにしてちょこちょこ歩いてゆきます。
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  おめあてはハウスのそばでまったり過ごしているおばあちゃんのようです。 見るからに優しそうなおばあちゃんですね。おひざにすりすりすると撫でてもら えるのを知っているのでしょう。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、チースとは温室で栽培される紫色の花の品種名です。ここなら雨でも撮 影ができるだろうということで撮影地にピックアップしてみました。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  花の蜜を求めてか、蝶々がやってきていました。マクロレンズの最短撮影距離 いっぱいまで近づいて撮影してみます。
( photo11 : Nikon D700 + TamronSP90mmF2.8マクロ )  肉眼とはまた違った映像が見られて新鮮で、これがマクロレンズの魅力でもあ ります。  こちらは早咲きの桜「河津桜」でしょうか。ピンク色の花びらがなんとも可愛 らしく。ナノハナがほころんでいたので、それを背景にボカしてあしらってみま した。
( photo12 : Nikon D700 + TamronSP90mmF2.8マクロ )  このチースの里の温室のそばに菜の花畑が広がっています。お目当てのナノハ ナにようやく出逢えましたね。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  春色一杯のナノハナに埋まるようにして撮影を楽しむ一行です。撮影は楽しい のですが、撮った後、カメラをのぞき込むようにしているのはデジカメ時代のカ メラマンの特徴ですね。(笑)
( Canon EOS 40D + EF100mmF2.8マクロ )  さあ、ナノハナの撮影を存分に楽しんだら、アクアラインを通って帰路につき ましょう。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  しかしこのまま神奈川に戻ってしまってはもったいない、天候は良く、西には 傾きかけた太陽が今まさに東京湾に沈もうとしています。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  アクアライン・海ほたるパーキングエリアに到着しました。しかし休憩ではあ りません。もちろん、夕日を撮影するために立ち寄りました。
( photo17 : PENTAX Optio-A30 )  デッキに登ってみれば、ジャストタイミング。素晴らしい夕日が西の海上に浮 かんでいました。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  早くしないと日が沈んでしまいます。急いで機材をセッティングしましょう。  慌ただしい時間帯、このような時は高倍率ズームは大変重宝します。自分の望 む構図と画角に素早くセットすることができるのですから。
( photo19 : Nikon D700 + TamronAF28-300mmF3.5-6.3XR Di/VC/LD )  美しいオレンジ色の太陽は自然風景撮影の醍醐味です。  水平線の彼方に実に奇妙な水平の筋状の雲が現れました。何かの自然現象でしょ うか。とても神秘的です。
( photo20 : Nikon D700 + TamronAF28-300mmF3.5-6.3XR Di/VC/LD )  太陽からの嬉しいご褒美をもらったような気持ちになりました。 満足した一行は海ほたるのレストランでお茶をいただき、東京湾トンネルを通っ て帰路につきます。
( photo22 : PENTAX Optio-A30 )  こうして横浜の大都会で解散となりました。 みなさんお疲れ様でした!
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  東京湾アクアラインのおかげで千葉は大変身近になりました。 年間を通していつ行っても花に恵まれている千葉県房総半島。 参加された皆さんもご満足いただけたのではないでしょうか。 また折をみて訪れて見たいと思っています。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/compact/optio-a30/
※ 速報用写真は AdobeCameraRaw5.6にて RAW現像されています。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4. トリコシのテクニカル・ノート =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  雑誌原稿執筆、写真教室、撮影会準備、スケジュール過密のため、恐れ入りま すが今週のテクニカル・ノートはお休みとさせてください。  どうかご理解ご了承お願いいたします。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §5.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@mail.tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@mail.tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2010-03-23 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.