2010-06-08 Back to HomePage
 

こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第384号をお届けいたします。











=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img07278 "Dawn of eternity." 『永遠の夜明け』 Img07329 "Majesty of Mt.Okuhodakadake." 『奥穂高岳の威厳』 Img07336 "A silent voice of moon." 『静かなる月の声』 Img07340 "Mt.Akaishidake in mountain fog." 『霧湧く赤石岳』 Img07372 "Morning on Mt.Shiragamon." 『白毛門の夜明け』 Img07382 "Mt.Zao under the sunrise light." 『朝日の中の蔵王』 Img07400 "A majesty of Hayatogawa Fall." 『早戸川大滝の威厳』 Img07408 "The night view of Nagasaki city" 『長崎の夜景j』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.鳥越章夫・デジタルフォトスクール、再募集のお知らせ --------------------------------------------------------------------------  鳥越章夫のデジタルフォトスクール、お陰様でご好評をいただき、一部のコー スで満席となりました。  ところでいったん満席として締め切った一部のコースで、欠員が発生したため、 下記の2コースについて募集を再開いたします。 ・横浜校:コース1:デジカメ講座・初級 ・横浜校:コース2:デジカメ講座・上級  途中からの入校もOKですので、  もしご興味ありますかたは、下記のページをご覧になってお申し込み下さい。 ---------------------------------------------------------------- ◆ 鳥越章夫・デジタルフォトスクールの詳細はこちらをご覧下さい ◆ ---------------------------------------------------------------- http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2010/2010-06-08.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2010/06-08/2010-06-08.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  6月に入り、今年もまた夏の季節が訪れました。 「夏が来れば思い出す・・・♪」 という歌詞ですっかり有名になった尾瀬ヶ原。 標高1300mの尾瀬ヶ原は下界では夏でも、実は春の気候なのですが、しかし 気持ちの上では初夏という気分です。  今回は鳥越の主宰する写真クラブ「クラブ・フォトバード」の会員の方々とご 一緒に尾瀬ヶ原へ撮影会に出かけたのでその様子をご紹介しましょう。 http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP=E139.12.25N36.54.55&ZM=5
 尾瀬ヶ原と言えば風景写真のメッカとして有名です。 なぜそれほどまでに多くの写真家やカメラマンたちの心を惹きつけるのでしょう か。その理由はこれからブログで公開される写真が物語ってくれることでしょう。  どうぞ楽しみにご覧下さい。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  まずは早朝、横浜市港南区の上大岡駅にて集合して参加者の方々をピックアッ プします。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  横浜横須賀道路や保土ヶ谷バイパスを通って北を目指しましょう。素晴らしい 晴天に恵まれました。
( photo02 : PENTAX Optio-A30 )  東名高速道路を経由して環状八号線へ入ります。この間、どうしても一般道路 を走らなければなりません。相変わらずの混み具合です。 早く圏央道が全線開通してほしいのですが、何年先になることやら。
( photo03 : PENTAX Optio-A30 )  環状八号線も渋滞緩和のために一部がトンネルになっています。このトンネル がもっと伸びて東名高速道路〜中央道〜関越道と接続されれば理想的なのですが、 果たして私が生きている間にそれは実現するのでしょうか?(笑)
( photo04 : PENTAX Optio-A30 )  やっと関越道に入りました。いったんここに入れば沼田市はもう一時間半くら いで着いてしまいます。
( photo05 : PENTAX Optio-A30 )  沼田インターチェンジで下車します。青い空に綺麗な白い雲が出ていますね。 良い天気ではありますが油断は禁物です。天気が良ければ平野部の空気が暖めら れて山では上昇気流により雲が発生するのです。そのため下界の天候と山での天 候は違ってくるというわけです。
( photo06 : PENTAX Optio-A30 )  沼田市と日光を結ぶ国道を北東に向かって走ります。尾瀬までもう一息です。
( photo07 : PENTAX Optio-A30 )  途中、軽トラに積まれた兄弟のワンちゃんを見かけました。この軽トラ、けっ こう飛ばしていたのでワンちゃん怖がっていますね。シートベルトはないのでしょ うか?ちょっと可哀想な気がします。
( photo08 : PENTAX Optio-A30 )  腹がへっては・・・という諺に従って、尾瀬に入る前に鳥越おすすめのそば屋 さんで昼食をとることとしましょう。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さっぱりした味わいの手打ちのそば。今日は客の回転もよく、おかげでうちた てのそばが出てきたのでいつもよりさらに美味しくいただけました。 (客の回転が悪いと、取り置きのそばを使うので風味が落ちてしまうのです)
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  参加者の方々と事前ミーティング。地図ソフトを広げて尾瀬ヶ原の撮影ポイン トなどをチェックします。
( photo12 : Canon EOS Kiss X2 )  この「無もん」というお蕎麦屋さん。店の名前の意味は聞きそびれましたが、 アンティークなたたずまいが素敵なお店です。このコーナーの先頭で地図ソフト のページを表示できますので、もしご興味ありましたら訪れて見て下さい。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、おいしい蕎麦でお腹を満たして、再び尾瀬に向かって出発です。
( photo15 : PENTAX Optio-A30 )  尾瀬への登山基地のひとつ、戸倉の駐車場へと到着しました。今の時期はミズ バショウの見頃とあって、尾瀬のハイシーズン。マイカーでの入山は禁止されて います。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ここから先は乗り合いタクシーで尾瀬の玄関口、鳩待峠へと向かいます。
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  乗り合いタクシーの乗車券は片道900円です。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さあ、荷物をタクシーに載せて出発しましょう。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、インターチェンジを降りるときに見えた白い雲が気になっていましたが、 やはり午後の時間帯は山に近づくにつれて雨の確率が高まってきたようです。 ご覧のように強いにわか雨が降り始めました。
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  参加者の方々は心配されているようですが、しかしこれが天気の良いときの山 での気象サイクルなのです。  30分ほどで鳩待峠に到着しました。荷物を降ろしましょう。
( photo25 : Canon EOS Kiss X2 )  今年は雪が多かったと聞いています。ごらんのように駐車場の脇には除雪され た雪がまだ溶けずに山となって残っていました。
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  まだにわか雨が降り続いています。急ぐ旅ではないので、休憩所にて少し様子 を見ることとしましょう。
( photo27 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ご覧のように森の上では盛んに黒雲がうずまいています。時折とおくから雷の 音も聞こえています。
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  しかしそれでも所詮はにわか雨。至仏山の姿も見えるようになり、やがて小降  りとなってきました。
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  普通の撮影会と違って、1時間ほどのハイキングがあります。参加者の方々に 事前に入念なアドバイスを差し上げます。
( photo30 : Canon EOS Kiss X2 )  さあ、いよいよ峠を出発して尾瀬ヶ原に入って行きましょう。
( photo31 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo33 : Canon EOS Kiss X2 )  見上げると新緑のブナの葉が美しく。さっそくレンズを向けて見ました。
( photo36 : Canon EOS Kiss X2 )  まだ少しにわか雨がぱらつき、空はどんよりと曇っています。 こんな状況では写真など撮れないのでは、と参加者の方々は心配していますが、 しかし心配ご無用。露出を多めに取れば眼で見る以上に明るく写すことができる のがカメラの良いところです。
( photo34 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA24-70mmF2.8EXDG )  露出の決め方などワンポイントアドバイスを差し上げて、休憩がてら、さっそ く撮影を開始しましょう。
( photo35 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo37 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo38 : Canon EOS Kiss X2 )  デジタルカメラですから撮ってすぐその場で画像を確認できます。 思いがけない明るい新緑の葉の写真に皆さん驚かれた様子で、カメラのマジック を堪能していただけたようです。
( photo39 : Canon EOS Kiss X2 )  さあ、木道をゆっくりと歩いて尾瀬ヶ原目指して歩いて行きましょう。
( photo40 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  途中、木道の上から新緑の森ごしに至仏山を眺められる絶好のポイントにやっ  てきました。
( photo41 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA24-70mmF2.8EXDG )  メンバーの方はさっそくカメラを向けて盛んにシャッターを切っています。 狙いは谷を挟んで対岸にあるこんもりとした森でしょうか。
( photo42 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo43 : Nikon D700 + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  私もさっそく狙ってみましょう。木道と木道のあいだ、他のハイカーの邪魔に ならないように慎重に三脚を立てまして。。
( photo44 : Canon EOS Kiss X2 )  デジカメを多重露光のモードにセットします。多重露光によるソフト効果を与 えるには三脚でカメラのアングルをしっかり固定しなければなりません。面倒が らずに丁寧に操作することが大切です。  そうすると、下の様なハイキー調の絵画的な風景写真が撮れます。
( photo45 : Nikon D700 + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )
( photo46 : Nikon D700 + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  このテクニックを知りたくて私の写真教室に来られている方も多くいらっしゃ います。このノウハウは一朝一夕にとは行きませんが秘伝を隠すつもりはありま せん。私もぜひマスターして欲しいと願っています。  さて、再びにわか雨が強くなってきました。濡れた木道は滑りやすく、注意が 必要です。登りよりも下りの時の方が事故の確率が高いので、安心せずに少し気 を引き締めて歩いて行きましょう。
( photo47 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  しとしと雨は人間にとっては鬱陶しいものですが、しかし草花たちにとっては 天からの恵みなのではないでしょうか。路傍に咲いていた黄色いスミレもなんだ か嬉しそうです。
( photo48 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  本来、自分の取材であるなら三脚を立ててしっかり撮りたいところですが。参 加者の方々へのアドバイスもありますし、そうそう時間を取っていられません。 ISO感度を少し上げて手ブレしないシャッター速度を選択し、手持ちで慎重に 撮影します。
( photo49 : Canon EOS Kiss X2 )  マクロレンズを通して覗くとやはり花の表情が活き活きとしてきます。フィル ム時代に比べてデジカメはこうした薄暗い状況下でもISO感度を上げて対応で きるので本当に助かります。
( photo50 : Nikon D700 + TamronSPAF90mmF2.8マクロ )  それでもマクロ撮影(拡大撮影)では手ブレ幅も拡大されてしまいますから。 より慎重な撮影が必要です。感度を上げられるからといって安易な気持ちで雑に 撮ってしまうと拡大したときにブレが目立つことでしょう。
( photo51 : Nikon D700 + TamronSPAF90mmF2.8マクロ )  どんな状況でもそうですが、丁寧に気持ちをこめて撮影することが何より大切 です。  もうすぐ山小屋ということで、お目当てのミズバショウの群落が現れました!
( photo52 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo53 : Canon EOS Kiss X2 )  皆さん夢中になって撮影を始めています。今年は残雪が多いというので心配し ていましたが、今年もまた元気に咲いてくれました。
( photo54 : Nikon D700 + TamronSPAF90mmF2.8マクロ )  しばらくすると空の雲が切れて陽光が差してきました。にわか雨ももう終わり  のようです。
( photo55 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  差し込んだ暖かい光の下、メンバーの方々は撮影に熱中しています。
( photo56 : Canon EOS Kiss X2 )  植物保全の観点から木道を降りることはできないし、しかし木道の上では他の ハイカーの邪魔になって三脚を立てられないし、ということで条件は厳しいので すが、しかし頑張ってブレないように撮影しましょう。  三脚を使わずにブレないようにするにはなるべく体を固定するしかありません。 低い位置に咲く花を撮るにはカメラも低い位置にセットした方がベターです。そ うなるともう地面に這いつくばってしまった方が楽なのです。もっとも女性陣は そこまではしたない格好はできないようです。
( photo57 : Canon EOS Kiss X2 )  雪どけ水が大量の水流となって川にあふれ。尾瀬ヶ原めざして流れて行きます。 そう、ここまで来れば尾瀬ヶ原はもうすぐですね。
( photo58 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo59 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さあ、尾瀬が原の西の端にある「山ノ鼻」という場所に到着しました。ここに は数件の山小屋(山荘)が立ち並んでいる尾瀬散策の拠点です。
( photo60 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  そのうちの一つ「至仏山荘」にチェックインしました。
( photo61 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ここを拠点にして夕暮れ時、そして早朝の尾瀬ヶ原を撮影しに出かけます。  その様子は来週そして再来週のブログでご紹介しましょう。 今日まではその前哨戦。これからがいよいよ本番ですよ。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ Canon EOS Kiss X2 → http://cweb.canon.jp/e-support/qa/1055/app/servlet/qadoc?qa=053758
Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/compact/optio-a30/
※ 速報用写真は AdobeCameraRaw6.1にて RAW現像されています。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4. トリコシのテクニカル・ノート =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  雑誌原稿執筆、写真教室、撮影会準備、スケジュール過密のため、恐れ入りま すが今週のテクニカル・ノートはお休みとさせてください。  どうかご理解ご了承お願いいたします。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §5.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@mail.tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@mail.tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2010-06-08 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.