2010-07-06 Back to HomePage
 

こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第388号をお届けいたします。











=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img07363 "The view of lower bound from Mt.Tanigawadake." 『谷川岳より下界を望む』 Img07379 "Pattern of snowflakes in Mt.Zao." 『蔵王の雪模様』 Img07433 "Corner of port city." 『港町の一角』 Img07450 "Home of clear stream." 『清流のふるさと』 Img07504 "River flows into the ocean." 『大海に注ぐ川』 Img07524 "Heart of wine bottles." 『ワインボトルの気持ち』 Img07550 "Brother puppies." 『兄弟の子犬たち』 Img07583 "Rest of Parnara guttata." 『イチモンジセセリの一休み』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 今週のニュースはありません。 次週の情報にご期待ください。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2010/2010-07-06.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2010/07-06/2010-07-06.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  梅雨の時期は蒸し暑くてじめじめした陽気が続いて体調を崩しがちになります が、皆さんはお元気にお過ごしでしょうか。  梅雨は人間にとっては鬱陶しいものですが、しかし草花にとっては水分をしっ かり補給できる嬉しい季節なのではないでしょうか。  また、花の撮影は初心者のうちは晴れていると嬉しく感じるものですが、光線 が強くて花びらや葉の影が気になります。  ベテランになればなるほど、花の撮影は薄曇りや小雨の時が撮りやすいという のが分かってくるはずです。  というわけで鳥越が主宰する写真クラブ『クラブ・フォトバード』では、 梅雨のこの時期にも積極的に撮影会を企画して実施しました。  今週は神奈川県・三浦市にある「妙音寺」(みょうおんじ)の草花をご紹介し ましょう。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.38.36N35.10.19&ZM=5
 妙音寺は「東国花の寺100選」に選出されている古刹です。 私も今回の撮影会のためにネットでリサーチ(調査)をしていて偶然発見したの ですが、三浦半島の突端に位置していてアクセスはしづらいものの、花のとても 多い寺だということが分かりました。 「四季折々の 花に包まれる 仏の世界」  これは妙音寺の公式サイトに記されているキャッチコピーです。 ◆妙音寺・公式サイト → http://www.myoonji.com/
 6月下旬(例年25日前後)には裏山の斜面にたくさんのヤマユリが咲くとい う情報を得たため、撮影会の場所に選定したのです。  さて、当日は朝から雨が降りしきる梅雨らしい陽気でしたが、しかし参加者の 方々の日頃の行いが良いせいか、妙音寺に到着するころには雨は小やみになって いました。
( photo01 : Canon EOS Kiss X2 )  妙音寺は(失礼ながら)決して大きなお寺ではありませんが。しかし花の種類 がとても豊富なお寺です。まだ花が咲いてはいないのですが、入ってすぐ、たく さんの蓮の葉のお出迎えに圧倒されました。
( photo02 : Canon EOS Kiss X2 )  その蓮の葉の上には朝降った雨がたくさんの雫となり、緑の浮き船の上でころ ころと風に揺すられて転がっていました。
( photo03 : Nikon D700 + TamronSPAF90mmF2.8マクロ )  ヤマユリを求めてお堂の脇に周り、裏山に登って行きましょう。 しかしそこで今度はガクアジサイのお出迎えを受けました。 このように林の下に咲いている花はバックに木漏れ日を入れやすい被写体です。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ご覧のように見上げて撮ることで、背後にある林や植え込みの木漏れ日を光ボ ケとして取り入れることができるからです。
( photo05 : Nikon D700 + TamronSPAF90mmF2.8マクロ )  花の発見の仕方、狙い方の参考になるでしょうか。  さて、ヤマユリを求めてやってきたのですが、今年は例年よりも開花が遅れて いるようで、なかなか発見することができません。  しかしその代わり、いつもならもう終わっていると思われるアジサイの花が今 まさに満開の時を迎えていました。裏山の斜面を埋め尽くすように咲く様子が見 事です。
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  その斜面の林の中、鳥越がヤマユリの花を発見したようです。
( photo07 : Canon EOS Kiss X2 )  林の木陰にひっそりと自生のヤマユリが咲いていました。 木陰に咲く花は光量が少なくて撮るのが難しいのですが、しかし先ほど申し上げ たように木漏れ日をバックに入れて光ボケを作るチャンスでもあります。
( photo08 : Canon EOS Kiss X2 )  しかもお寺の敷地内では三脚の使用禁止です。ここでは一脚を地面につけない ようにベルトに挟んでカメラを安定させて撮ってみました。
( photo09 : Canon EOS Kiss X2 )  ご覧のように、木陰のために柔らかい光が花全体を包んでくれました。 そして背後には桜の木の木漏れ日が入り、綺麗な光ボケとなってヤマユリの花を 輝かしく演出してくれます。
( photo10 : Nikon D700 + AiAF DC-Nikkor135mmF2D )  今度は同じアングルから背後に咲いているヤマユリにピントを合わせて、手前 のヤマユリを前ボケに使って見ました。
( photo11 : Nikon D700 + AiAF DC-Nikkor135mmF2D )  メインとなる花の前と後ろにボケ像が入ることにより写真に立体感が生まれま す。  それにしてもこれだけ見事なアジサイが観られるお寺もそう無いのではないで しょうか。「あじさい寺」として有名な鎌倉の明月院は観光客でごったがけして 写真どころではないのですが、この妙音寺は知る人ぞ知る名刹。おかげでゆっく りと花の撮影に集中することができます。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  赤や青色のアジサイはもちろん、白やピンクのアジサイも目につきます。 しかし鳥越が一番気に入ったのはご覧の「紅色のアジサイ」です。
( photo13 : Nikon D700 + TamronSPAF90mmF2.8マクロ )  この紅の色合いは緑の葉とちょうど良いコントラストを成していて、最も印象 的に私の眼にとまりました。  蓮の葉にたまった雨水は折から拭き始めた風に揺すられて、そしてとあるタイ ミングで水をこぼします。そのタイミングを見計らって高速シャッターで水の動 きを写し止めてみました。
( photo14 : Nikon D700 + TamronSPAF90mmF2.8マクロ )  このような写真が撮れるようになるととても楽しくなります。 シャッター速度を上手にコントロールしてチャレンジしてみましょう。  思いがけない花たくさんのお寺を知ることができて、参加者の方々もご満足い ただけたようです。  さて、そろそろお昼ごはんの時間帯です。 三浦半島の名物と言えば何と言っても「マグロ」でしょう。 というわけで三浦市・城ヶ島にある食堂にやってきました。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  まぐろのづけ丼が800円でとてもリーズナブル。おいしそうでしょう?
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、午後からは横須賀市・衣笠にある横須賀しょうぶ園を訪れる予定でした が、しかし食事中から降り始めた豪雨はいっこうに止む気配がありません。
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  そのため撮影地を急遽変更し「京急油壺マリンパーク(あぶらつぼマリンパーク)」 で撮影をすることにしました。この中なら雨でも大丈夫です。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  それにしてもすごい豪雨です。多少の雨でもそのほうがショウブの風情が出る と考えていましたが、この豪雨では撮影どころではありません。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  外は隣の話声も聞こえないほどの豪雨ですが、建物の中は快適そのもの。安心 してお魚さんの撮影を楽しむこととしましょう。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo21 : Canon EOS-Kiss-Digital-N + SIGMA17-50mmF2.8EXDC/OS/HSM )  水族館ではガラス越しに撮影することになるので、そのとき困るのがガラス面 に反対側の壁やライトが映りこむことです。そのためレンズのフードを外して、 なるべくガラス面ぎりぎりに近づいて写すようにしています。
( photo22 : Canon EOS Kiss X2 )  小さなお魚さんがふわふわと泳いでいる様子はまるで竜宮城に迷い込んだよう です。
( photo23 : Canon EOS-Kiss-Digital-N + SIGMA17-50mmF2.8EXDC/OS/HSM )  さて、棟を変えて、今度はイルカとオットセイのショーを見に行きましょう。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  オットセイはとても賢くて、ピアノを弾いたり、サッカーボールのリフティン グなどを披露してくれます。
( photo25 : Canon EOS-Kiss-Digital-N + SIGMA17-50mmF2.8EXDC/OS/HSM )  3匹のイルカさんが跳んだり跳ねたり、見事にシンクロナイズドされた演技を 披露してくれました。
( photo26 : Canon EOS-Kiss-Digital-N + SIGMA17-50mmF2.8EXDC/OS/HSM )
( photo27 : Canon EOS-Kiss-Digital-N + SIGMA17-50mmF2.8EXDC/OS/HSM )  30分ほどのショーが終わり、建物の外に出てみれば、いつの間にか雨は止ん でいました。
( photo28 : Canon EOS-Kiss-Digital-N + SIGMA17-50mmF2.8EXDC/OS/HSM )  雨に降られはしましたが、午前中は花のお寺、午後はお魚たちの撮影を楽しむ ことができました。  いつどんな時でも被写体を探して発見する感性を磨き、撮影を楽しむ。  カメラを手にする人にとってはこれが何より大切なのではいでしょうか。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ Canon EOS-Kiss-Digital-N → http://cweb.canon.jp/e-support/qa/1055/app/servlet/qadoc?qa=042810
Canon EOS Kiss X2 → http://cweb.canon.jp/e-support/qa/1055/app/servlet/qadoc?qa=053758
Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
※ 速報用写真は AdobeCameraRaw6.1にて RAW現像されています。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4. トリコシのテクニカル・ノート =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  雑誌原稿執筆、写真教室、撮影会準備、スケジュール過密のため、恐れ入りま すが今週のテクニカル・ノートはお休みとさせてください。  どうかご理解ご了承お願いいたします。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §5.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@mail.tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@mail.tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2010-07-06 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.