2010-07-13 Back to HomePage
 

こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第389号をお届けいたします。











=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img07568 "The Gorge of Kanshichi swamp." 『勘七の沢のゴルジュ』 Img07619 "The track on snowfield." 『雪原の軌跡』 Img07633 "South Yatsugatake Mountains in the evening." 『夕照の南八ヶ岳連峰』 Img07682 "The white bleeding heart." 『シロバナケマンソウ』 Img07694 "The evening on Miyazawa lake." 『宮沢湖の夕暮れ』 Img07699 "The trees of beech." 『ブナの木々たち』 Img07701 "Whisper of deutzia." 『ウツギのささやき』 Img07720 "The light of dwarf fountain grass." 『チカラシバの光』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.鳥越章夫・デジタルフォトスクールの様子をお届けします。 --------------------------------------------------------------------------  鳥越のデジタルフォトスクール松田校デジカメ初級クラスが7月9日に松田町 民文化センターにて実施されました。  今回のテーマは「露出の仕組み」です。 露出とは簡単に言えば写真の明るさのことですが、それをカメラがどのような仕 組みで決定しているのか、何もかもオート化された現代のカメラでは、その仕組 みをユーザーが知ることは難しくなっています。  そこでこの講習ではカメラとレンズを取り外して中身を覗きながら、シャッター の動作を確認したり、レンズの絞りの動きを確認してご覧に入れています。
 そして絞り値やシャッター速度を確認しながらのテスト撮影をしてもらいます。 カメラのビデオ出力をパソコンにつなぎ、それを液晶プロジェクタで画面に大写 し。これで他の生徒さんもカメラの動きがよく分かるのではないでしょうか。

 科学が進歩して便利な世の中になったとは言え、結局のところ良い写真を取る ためには撮影者の感性が何より大切。  機械は感性までは読み取ってくれませんから「標準的な露出」にはなっても その人にとっての「ベストな露出」になることはありません。  だからこそ遠回りで大変なように思えても、露出の仕組みをしっかり知ること が大切なのではないでしょうか。 ---------------------------------------------------------------- ◆ 鳥越章夫・デジタルフォトスクールの詳細はこちらをご覧下さい ◆ ---------------------------------------------------------------- http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2010/2010-07-13.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2010/07-13/2010-07-13.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  鳥越が主宰する写真クラブ、クラブ・フォトバードの撮影会が6月28日(月) に行われました。  ちなみにフォト・バードとは「鳥のように自由に各地を巡って写真を撮る」と いう鳥越の願いを込めて、そう名付けました。  時々「野鳥の写真クラブですか?」と尋ねられるのですが、残念ながらそうで はありません。(笑)  さて、東海道線沿線で参加者をピックアップした後、実験的に無料になった湘 南バイパスを使って神奈川県西部の足柄の里(あしがらのさと)を目指します。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  まず訪れたのは小田原市にある辻村植物園です。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  最近ちょっと手入れがされていないようですが、ここには立派な竹林がありま す。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  このところ蒸し暑い日々が続きますが、竹林の涼しげな様子を見ていると心な しか涼しく感じられるようです。
( photo04 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSPAF90mmF2.8マクロ )  さて、次に訪れたのは南足柄市にある「藤和グリーンヒル」です。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) いわゆるアジサイの名所ではないのですが、色々と下調べを行ったところ、 大雄山や開成町などのアジサイ名所は今年はあまり花の状態が良くなく、 普通の住宅地であるこの場所のアジサイが一番綺麗だったからです。  群生している様子も見事ですが、こうしてマクロレンズを使って花の一輪をク ローズアップすると、本当に夢の中にいるような写真が撮れて、嬉しくなります。
( photo06 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  どんなにベテランになっても、写真を撮っていてときめく、また撮られた写真 を見てときめく心を失わないようにすることが大切なのではないでしょうか。  さて、昼食時には南足柄市大雄山の近くにある温泉施設「おんり〜ゆ〜」にやっ てきました。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ここのレストランは温泉に入らなくても利用できるので嬉しいのです。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  昼食は和風ランチバイキング。できたばかりということもあり、施設はとても 綺麗です。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  麦とろごはんがとてもおいしく、何杯もおかわりしてしまいました。(笑)
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  デザートにはこれまた涼しげな杏仁豆腐です。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  杏仁豆腐と一杯のコーヒー。これで心は満たされて幸せな気持ちになれるので す。(笑)
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、昼食後で眠くなりますが(笑)、頑張って午後の撮影も楽しみましょう。  次に訪れたのは長泉寺。  南足柄市と言えば大雄山最乗寺が有名処ですが、しかし今年はお目当てのアジ サイがあまり良くないということもあり、すぐ近くのこちらのお寺にやってきま した。
( photo14 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  有名処ではありませんが、緑がとても多く、静かなたたずまいの素敵なお寺で す。人が少なくて撮影に集中できるのもいいですね。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo17 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSPAF90mmF2.8マクロ )  たくさんの羅漢様が並んでいるので被写体には事欠きません。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  色々な表情の羅漢様。動かない石仏ではありますが、不思議に人間と同じで個 性が見え隠れしています。
( photo19 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )
( photo20 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  美しい緑の竹林は見ているだけで気持ちが爽やかになってきます。一時間の撮 影時間では物足りなく、去りがたいようにいつまでもカメラを向けている人もい ました。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、最後に訪れたのは、南足柄市・地蔵堂の近くにある「夕日の滝」です。 今日の撮影会も盛りだくさんの内容ですね。
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  足柄山といえば「金太郎」のふるさとで有名です。そしてこの夕日の滝は金太 郎が産湯がわりにつかったという伝説が残されています。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  その入口、いつの間にか水汲み場ができていました。新しい様子を見るとつい 最近できたばかりのようです。
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  自然が豊かな足柄の里。美味しいわき水が出ています。蒸し暑い日が続きます。 この日も日中はそこそこ晴れたので、汗がたくさん出ました。そこで巡り合わせ たこの冷たい自然の水はなによりの御馳走です。
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、滝への遊歩道を歩いて行きましょう。緑の森の中、梅雨の中休みで顔を 出した太陽の光がまぶしく降り注ぎます。
( photo27 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  駐車場から5分ほど歩いて滝壺までやってきました。やはり滝は梅雨の今の時 期が水量が増えていて迫力があります。
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  絹の流れのような水の流れ、シャッター速度をあれこれ変えながらその表現の 違いを見比べるのも滝撮影の楽しみの一つですね!
( photo30 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  滝からの帰り際、道端にタチアオイの花がたくさん咲いていました。 車から降りてカメラとレンズを向けて見ます。
( photo31 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSPAF90mmF2.8マクロ )  白やピンク、紅色の花、蒸し暑い季節に鮮やかな彩りを見せて私たちの眼を 楽しませてくれます。
( photo32 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSPAF90mmF2.8マクロ )  夕暮れ近くになり太陽は再び厚い雲の中に隠れました、しかしそのおかげで茶 畑に注ぐ光は柔らかく、落ち着いた緑の色を見せてくれます。
( photo33 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  素朴な風景が今なお多く残る、足柄の里。 参加者の方々もその味わいを存分に楽しんでいただけたようで、ご案内した私も 満足しました。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
※ 速報用写真は AdobeCameraRaw6.1にて RAW現像されています。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4. トリコシのテクニカル・ノート =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  雑誌原稿執筆、写真教室、撮影会準備、スケジュール過密のため、恐れ入りま すが今週のテクニカル・ノートはお休みとさせてください。  どうかご理解ご了承お願いいたします。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §5.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@mail.tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@mail.tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2010-07-13 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.