2010-08-03 Back to HomePage
 

こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第392号をお届けいたします。











=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img07636 "Attack for peak of Mt.Gongendake." 『権現岳への登攀』 Img07680 "Whisper of bleeding hearts." 『ケマンソウのささやき』 Img07731 "Leaves of mountain ash." 『ナナカマドの葉』 Img07739 "Dance of river." 『川面のダンス』 Img07770 "Small jizo statues." 『小さなお地蔵様』 Img07836 "Sprouts to endure winter." 『冬を耐える萌芽』 Img07844 "Mt.Shiragamon under the morning light." 『白毛門に注ぐ朝日』 Img07865 "A flying seagulls." 『カモメ飛翔』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.『自然風景写真館』(tory.com)サーバー移転作業のお知らせ --------------------------------------------------------------------------  先週お知らせしました『自然風景写真館』のサーバー移転作業ですが、スケジュー ルの都合上、日程を若干遅らせることになりました。 ★ 鳥越章夫の『自然風景写真館』サーバー移転作業期間 ★ 08/04(水)〜08/06(金)  この前後、サイトにつながりづらくなったり、サービスに支障が出る可能性が あるのであらかじめお知らせいたします。  トラブルなきように引越できるよう慎重に作業を進めますが、 もし何か問題がありましたときはお詫び申し上げます。  どうかご理解ご協力お願いいたします。 -------------------------------------------------------------------------- ■2.鳥越章夫・デジタルフォトスクールの様子をお届けします。 --------------------------------------------------------------------------  鳥越のデジタルフォトスクール横浜校デジカメ初級クラスが7月20日に 横浜市石川町のかながわ労働プラザにて実施されました。
 今回のテーマは「露出」。露出とは平たく言えば写真の明るさのことです。 最近のカメラは何でもオートで決めてくれますが、例えば窓際に置いたペットボ トルなど、これを写そうとすると暗くなってしまいます。この理由はいかに?
 まずはカメラが露出を決める仕組みから易しく解説します。 やはり理屈がわからないとその後の応用が効きませんから。
 図などを多く使って、なるべくビジュアルに分かりやすく解説することに努め ています。
 さて、ペットボトルなど身近な題材を使ってテスト撮影してみましょう。
 デジカメをパソコンに直結すれば、その場ですぐに結果が見られるので理解が 深まりますね。
 さて、退屈な机上講習(笑)が済んだら、楽しみなミニ撮影会です。 今回は前々回お知らせしたデジカメ上級クラスと同じく、横浜港の大桟橋にやっ てきました。
 前回と同じく、空には見事な夕焼け雲が現れました。これは願ってもないチャ ンスです。
 夕焼け空は時間とともにどんどんその色合いを変えてゆきます。絶好のシャッ ターチャンスを逃すまいと皆さん真剣に撮り続けています。
 空の色が海にも映りこんで素晴らしい夕景になりました。 オレンジ色の朝焼けや夕焼けを見るとそれだけで満たされた気持ちになります。
( photo04 : Nikon D700 + TamronSPAF28-75mmF2.8DiLD )  こうして今日も充実した1日が終わりを告げたのです。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・  7月26日には、横浜校レタッチ上級クラスが横浜駅近くにある 「神奈川県民センター」にて実施されました。
 午前中、中級クラスのテーマは「デジタル画像の管理方法」で、午後の上級ク ラスのテーマは「フォトショップ・ライトルームの使いこなし」でした。 それにも増して楽しみなのは「レタッチ講習会」です。
 カラーマネージメントされたモニタを見ながら生徒の皆さんから寄せられた画 像をレタッチしてその場でプリントアウトします。
 生徒さん自身がプリントアウトされた結果と見比べてみてレタッチの参考にし てもらいます。
 最近はデジタルカメラのメディアカードを写真屋さんに持ち込むと、それなり に綺麗にプリントしてくれますが、しかしそれではフィルムカメラを使っていた ときと根本的なことに違いはありません。  やはり自分でレタッチをしてイメージ通りにプリントアウトできるようになっ てこそ、真にデジタルカメラを使いこなしてると言えると思います。  覚えることはたくさんありますが、それだけにやりがいがあることと思います。  皆さん頑張りましょう! ---------------------------------------------------------------- ◆ 鳥越章夫・デジタルフォトスクールの詳細はこちらをご覧下さい ◆ ---------------------------------------------------------------- http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2010/2010-08-03.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2010/08-03/2010-08-03.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  今年は冷夏だった昨年とは打って変わって、ほぼ暦通りに梅雨が明けて猛暑が やってきました。皆さんはこの夏をどのようにお過ごしでしょうか。  鳥越の主宰する写真クラブ『クラブ・フォトバード』では、涼を求めて、長野 県と山梨県にまたがる八ヶ岳高原へと撮影会に出かけて参りました。  ブログ読者の皆さんにも一幅の涼をお届けしたく、その様子を掲載しました。 どうぞ今週もお楽しみください。  さて、一行を乗せたハイエース・フォトバード号は東富士五湖道路を抜けて山 梨県を目指します。若干の残雪をまとった富士山が正面にそびえ立っていました。
( photo09 : PENTAX Optio-A30 )  中央道をひた走り、昼前には八ヶ岳の西部、蓼科高原に到着です。湧き上がる 入道雲と広域農道を走るトラクターの姿がなんとものどかでした。
( photo10 : PENTAX Optio-A30 )  さあ、一番目の撮影地「御射鹿池」(みしゃかいけ)に到着です。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  深い緑色が印象的な静かなため池です。
( photo12 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  ロングの風景もいいのですが、水面に垂れ下がったシラカバの葉がとても印象 的でした。池の静けさが伝わるでしょうか。
( photo13 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  著名な画家・東山魁夷画伯がこの池をモチーフにして名画を描かれたことで有 名になりました。対岸の森が水面へ映り込む様子が素敵です。
( photo14 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  時間帯によっては水面が鏡のようになって完全なシンメトリの写真になること でしょう。時間や季節を変えて何度か訪れて見たい場所です。  お昼ごはんは一本丘を隔てた国道にある「柊」(ひいらぎ)というお蕎麦やさ んです。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  お蕎麦だけでなく、おうどんもあります。暑い夏にはやっぱりさっぱりしたも のが一番ですね。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、国道299号線を東に走り、麦草峠を越えて八千穂高原(やちほこうげ ん)に入りました。2番目の撮影地は「駒出池」(こまでいけ)です。
( photo17 : Canon EOS Kiss X2 )  広角レンズで撮っていますが、かなり小さな池です。しかし池が小さいからこ そあまり波が立たずに対岸の森が綺麗に映り込むのです。 (大きな池だと日中、風で波が立ってしまうのです)
( photo18 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSPAF10-24mmF3.5-4.5DiII )  池の脇の草むらにはトンボが大量発生していました。その様子が可愛らしくて 皆さんカメラを向けて見ます。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  トンボの羽根が逆光でキラキラと輝いてとても綺麗でした。光に向かってカメ ラを向けるのが美しい写真を撮る基本です。
( photo20 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA24-70mmF2.8EXDG )  このように対岸の森の映り込みを狙うのもいいですが、それは先ほどの御射鹿 池で十分に満喫しました。
( photo23 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  そこでここでは少し違った狙い方をアドバイスしてみます。木陰にひっそりと 咲いている「セリの花」を狙ってみるのです。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  目立つ花ではありませんが、水辺にひっそりと咲く様子がとても可憐です。望 遠レンズを使って画角を狭くし、背後にある水面の光の陰影のパターンを背景に あしらってみました。
( photo21 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  自分が少しずつ移動しアングルを微妙に変えることによって背後の映り込みの パターンが変化します。そこへ主役であるセリの花を丁寧に配置してあげるのが 雰囲気よく写すポイントでしょう。  大量発生していたトンボは私たちの存在など、どこ吹く風とばかりに飛び回っ ています。まったく人間を怖がらず、逆に良い休み場ですとばかりにカメラや三 脚に止まってしまう始末。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  夢中になって撮ってる参加者の帽子の上で飄々と休んでいるトンボの姿が印象 的でした。
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さあ、日が傾き始めました。夕景撮影の前に宿にチェックインを済ませること にしましょう。
( photo26 : PENTAX Optio-A30 )  と、思いきや、少し道草を食って、鳥越がオススメする高原地帯の風景を紹介 することにしました。
( photo27 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  川上村にある野辺山高原の高原野菜の栽培風景です。
( photo28 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  「プチ美瑛」とも言うべき開放感のある風景が広がっています。夏の今の時期 は沸き立つ入道雲が良いアクセントになりますね。
( photo29 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  さて、宿に到着しました。お洒落なペンション「カーリー・ビレッジ」です。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo31 : Canon EOS Kiss X2 )  素敵な洋風のペンションです。お値段はシングル8000円、ツイン7000 円とリーズナブル。
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、チェックインを済ませて安心してから夕食前にもうひとがんばりです。 鳥越が用意しておいた夕日のポイントは雲がかかっていたので、もうひとっ走り して先ほどの高原地帯に戻ってきました。
( photo33 : Canon EOS Kiss X2 )  丘の上にあるほったて小屋が印象的だったので、それをワンポイントにして侘 び寂びの雰囲気を撮ってみます。
( photo34 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  輝かしい夕日こそ見られなかったものの、夕日に染まる入道雲の姿がとても印 象的でした。
( photo35 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  日没後はペンションに入って豪勢な食事をいただき、乾杯です。
( photo37 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  こうして一日目の撮影は楽しく終わり、床についたのでした。
( photo36 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・  さて、天気予報は悪くなかったのですが、2日目の朝、蓋を開けてみれば雨模 様の天気です。  朝日の撮影は残念ながら見送り、その代わり天候が悪くても絵になる滝の撮影 にやってきました。山梨県北杜市清里にある「吐龍の滝」(とりゅうのたき)で す。
( photo38 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  八ヶ岳山麓に降った雨が地下にしみこみ、それが岩盤の割れ目から噴き出す白 糸のような流れが印象的な優雅な滝です。  雨模様にもかかわらず参加者たちの撮影意欲はとても旺盛で、熱心に質問をさ れていました。鳥越もアドバイスのしがいがあります。
( photo39 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  文字通り朝飯前で滝の撮影を楽しんだ後は、爽やかな朝食タイム。
( photo40 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ベーコンエッグの焼き具合も絶妙でコーヒーも美味しい。大変満足な朝を過ご すことができました。
( photo41 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、もう一つの滝をご紹介しましょう。吐龍の滝は有名ですが、こちらの滝 はちょっとマイナー。「千ヶ滝」という滝です。
( photo42 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  しかし大河ドラマ「風林火山」のロケにも使われた由緒ある滝なのです。 渓谷に突如として現れる幅広で水量豊富な迫力のある滝。 優美な吐龍の滝とは違って男性的な魅力を感じます。
( photo43 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  とても迫力のある滝なので、色々なアングルから狙ってみましょう。 雨で足場がとても滑りやすいのでケガだけはどうぞお気を付けて。
( photo44 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、移動中に雨も上がってきました。これも参加者の方々の日頃の行いの良 さのおかげでしょうか。  「雨でも絵になる被写体」ということで「巨木」を紹介しましょう。  山梨県北杜市須玉町にある「根古屋神社の大ケヤキ」です。 巨木は雨の日の方が幹が黒々と濡れて迫力が出るからです。
( photo45 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ここには神社を挟んで推定樹齢1000年に達するという大きなケヤキが立ち 並んでいます。  枯死を防ぐためにあちこちコンクリートで補修されているのが目につきますが、 しかしその巨木のたもとにたたずむだけで、歴史の重みを感じる迫力に圧倒され るはずです。
( photo46 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  補修された箇所がなるべく目立たないようなアングルを選んで下から見上げる ように撮影してみましょう。
( photo47 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )
( photo48 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  さて、最後の撮影地は「明野ひまわり畑」です。
( photo49 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  こちらは夏の撮影地として超有名なところ。畑ごとに開花時期をずらしてある ので、7月中旬から8月下旬ごろまで楽しめるそうで、撮影会としては最適な場 所ですね。
( photo50 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  オレンジ色をしたキバナコスモスの花がもう咲き始めていました。駒出池のト ンボもそうでしたが、高原にはもう秋の気配がどことなく感じられます。
( photo51 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  昼食場所をどこにしようかと思って、帰り際のサービスエリアで済まそうかと 思いましたら、参加者の中から「サービスエリアの食事はイマイチでは」という ご意見があったので、多少離れますが、鳥越オススメの洋食屋さんに立ち寄るこ とにしました。
( photo52 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  老夫婦で経営している小さいながらもアットホームな雰囲気のお店です。
( photo53 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  良い食材を使って手を抜くことなく丁寧に作ってあるので、とても美味しいの です。オススメは「梅しそトンカツ定食」。
( photo54 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  参加者の方々も「おいしいおいしい」と満足していただいたようです。  ほかにもまだまだご紹介したい撮影地がたくさんあるのですが、さすがに時間 切れ。今回も盛りだくさんの撮影会でしたね。参加された皆さん、どうもお疲れ 様でした!  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
SONY α300 → http://www.sony.jp/dslr/products/DSLR-A300/
Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/compact/optio-a30/
※ 速報用写真は AdobeCameraRaw6.1にて RAW現像されています。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@mail.tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@mail.tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2010-08-03 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.