2010-08-24 Back to HomePage
 

こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第395号をお届けいたします。






=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img08193 "A habitat of mushrooms." 『キノコのすみか』 Img08219 "Beyond the current cloud." 『流雲の果てに』 Img08240 "Whisper of bristle grass." 『エノコログサのささやき』 Img08291 "The guards in the dark night." 『闇夜の衛兵たち』 Img08334 "As nishiki painting." 『錦絵のように』 Img08361 "Colors of spring breeze." 『春風の色彩』 Img08402 "Waterfalls after thousand years." 『千年の流れ』 Img08410 "Snowmountains under dawn." 『黎明の雪山たち』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■2.雑誌『フォトコン』掲載情報 --------------------------------------------------------------------------
 雑誌「フォトコン」は全国の写真愛好家に向けて情報を発信する写真総合誌で す。  2008年に「日本フォトコンテスト」を改名し、 「フォトコン」として生まれ変わりました。  2009年1月号より、トリコシが記事の執筆を担当させていただいています。  2010年9月号の掲載情報は下の通りです。 ◆「新製品インプレッション」(194ページ〜)  今月号ではトキナーから発売されたフルサイズ対応の超広角ズームレンズをレ ポートしました。 Tokina AT-X 16-28mm F2.8 PRO FX  昔からトキナーのレンズは堅牢で堅実な作りでプロからハイアマチュアの人に かけて人気がありました。  私もニコンのボディを使ってはいましたがトキナーのレンズ AT-X 28-80mmF2.8 AF-PRO AT-X 80-200mmF2.8 AF-PRO などのレンズにはずいぶんお世話になったものです。  シグマのような矢継ぎ早に製品を発表する華やかさはありませんが、じっくり 作り込んだ玄人好みのレンズを発表するメーカーです。  今回のテストしたレンズはフルサイズのデジタル対応レンズということで 設計が一から見直された非常に画質の高いレンズに仕上がっています。  「無理をしてまでスペックを拡大しない」というトキナーのポリシーは今でも 健在のようで、16-35mmが一般的な超広角ズームレンズの焦点域ですが、このレ ンズは16-28mmという控えめなズーム倍率に抑えられています。  ちょっと物足りない気もしますが、それだけに収差などは抑えらえていてシャー プでコントラストの高い画質を実現しています。  いくつか残念なことがあるのですが。 (1)前玉が大きくフィルターが使えないこと (2)逆光の時に大きなゴーストイメージが発生すること  などです。  風景写真でPLフィルターを使う人は多いでしょうし、また、立体感のある描 写を求めて逆光や半逆光で撮影することが多いので、これらの欠点は致命的です。  これらはぜひ時期モデルで改善を期待したいところです。  余談ですが編集部に提出した作例写真は2枚あるのですが、採用されたのは下 記の御射鹿池の写真。
( Nikon D700 + Tokina AT-X 16-28mmF2.8 PRO/FX )  鳥越の個人的な好みとしては下のトンボの写真のほうが気に入っているのです が、どうやら画面上部(雲の右隣)にかすかにゴーストイメージが映り込んでい るのが不採用の原因だったようです。
( Nikon D700 + Tokina AT-X 16-28mmF2.8 PRO/FX )  何もかも総合的にレベルアップをするのは難しいのかも知れませんが。 ぜひコーティングの改良を期待します。  ご興味ありますかたはぜひ書店でお求めください。 ★↓下記のページからは、お得な年間購読のお申し込みが簡単にできます。★ http://tory.com/j/others/photocon-request/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ 今回の取材、GPSログの取得に失敗したため  残念ながら地図ページの掲載はありません。  どうかご容赦ください。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  日本列島は相変わらず猛暑に見舞われていますが皆さん体調など崩されてはい ないでしょうか。  しかしこれも全て私たち人間たちの産業活動の結果として起こっていることな ので致し方のないことかも知れません。自分たちのしていることが自分たちに還っ てきているだけなのです。  口はばったいことを言うようですが、まだまだ人間の科学は未完成なものなの でしょう。科学や人々の意識がもっと進歩して、本当に私たちの生活を豊かに住 みやすくしてくれるよう期待するとともに、私たちも不平を言わずに日々を頑張 ることとしましょう。  さて、このブログでは時間を少し遡って、7月初旬に東北地方北部を取材した ときの様子をお届けしたいと思います。  デジタルカメラでの撮影は撮影して終わるのではなく、その後の画像調整(チュー ニング作業)も大切です。撮影枚数がかさむとその後の処理も大変です(苦笑)。 それが遅れてしまったためお届けするのが遅くなりました。  では、これから何回かに渡って東北北部取材の様子をお届けいたしましょう。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さて、出発の日は6月30日。まだ日本列島は梅雨のまっただ中でありました。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  首都高速湾岸線に入り、横浜ベイブリッジを通過します。晴れていれば青空に 羽ばたく白き翼のような雄姿を見せるベイブリッジの橋脚も、どんよりとした梅 雨空の鉛色の空の下ではくすんで見えます。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )
( photo03 : PENTAX Optio-A30 )  それでも鳥越は涼しい顔です。晴れて良し降って良し。晴れなら晴れの、雨な ら雨の風景が撮れるでしょうから。東北でどんな風景に出逢えるのか心の中はワ クワクしているのですから。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  サンドイッチやフルーツゼリー、眠気覚まし用のポテコなどを傍らに置き、そ して旅のお供で欠かせないのは「道路地図」。パソコン地図やインターネット地 図も使ってはいますが、ざっと全体を見渡せる紙の道路地図はやはり取材のプラ ンニングには欠かせません。
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  東京湾トンネルを通って首都高速道路を北に向けてひた走ります。
( photo05 : PENTAX Optio-A30 )  東北道の入口までやってきました。空は相変わらず鉛色のままですが、本日の 行程は青森県までの移動だけですから、まあ気にしないことにしましょう。
( photo07 : PENTAX Optio-A30 )  東北道にさしかかって関東北部を通過する頃にはご覧のように大粒の雨が降っ てきました。しかし車の中は快適そのもの鼻歌気分です。
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  途中のサービスエリアで休憩を取りながら進みましょう。先は長いのです。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  白川のインターを通過しました。白川の関所は昔から関東と陸奥(みちのく) を隔てる要衝でした。ここを通過するといよいよ東北か、という気分が高まりま す。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  無事東北入りしたところで、途中のサービスエリアで昼食のランチプレートを いただきます。体力が勝負の世界、たくさん食べて頑張りましょう。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  東北の中心地、仙台を通り過ぎて岩手県に入りました。雨は相変わらず降り続 いています。
( photo12 : PENTAX Optio-A30 )  岩手山サービスエリアまでやってきました。そろそろずいぶん遠くまでやって きたなあという感慨がこみ上げてきます。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  東北道と八戸道の分岐を通り過ぎ、青森方面を目指します。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  それまでなだらかな地形が続いていましたが、青森県の高速道路は一気に山が ちになってきます。すぐ近くには白神山地があります。手つかずの自然がそこか しこに残っている様子が高速道路を走っていても伝わってきます。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  神奈川を出発して11時間も走り続けたでしょうか、とうとう最初の目的地の 十和田インターに到着しました。行程は約700km(!)。それにしてもよく 走ったものです。
( photo17 : PENTAX Optio-A30 )  インターを降りてさっそく十和田湖方面を目指しましょう。雨は相変わらず降っ たり止んだりを繰り返しています。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  最初の目的地、十和田湖にある発荷峠展望台に到着しました。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  条件が良ければ夕日をと考えていましたが、しかしご覧のように湖は厚い雲に 覆われています。
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  それでも大切なのは次の撮影チャンスの時のために情報を収集すること。十和 田湖の周囲にはあちこち展望台があります。それらを偵察しながら行くことにし ましょう。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  舗装された道ばかり走っていては面白くありません。道の脇にこんな看板を見 つけました。
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  林道のような道ですが、何か惹かれるものがあります。突入してみましょう。
( photo24 : PENTAX Optio-A30 )  すると予感どおり、深く大きな森の中に巨木を見つけました。
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  晴れている時よりも、霧けむる中にそびえ立つ巨木の姿の方が風格があります。 やはり天候に関係なく、美しい自然に出会うことはできるのです。
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  また別の展望台にやってきました。こちらの眺めはどうでしょうか。
( photo27 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  やはり見通しは悪いようです。しかし次回ここへやってきた時のために情報収 集をしておきましょう。日の出の方角はどうでしょうか。コンパスを片手にチェッ クしてみます。
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、夕暮れが近くなってきました。もうそろそろ本日の取材もタイムリミッ トでしょうか。宿へと向かいましょう。
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  本日の宿は「カントリー・ロード」という湖畔のペンションです。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  料金は朝食つきでシングル4500円、ツインで8000円。近辺の宿よりちょっ と高めなのは十和田湖という観光名所だからでしょうか。
( photo31 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  残念ながら宿では夕食が出ないため、チェックインを済ませたところで近辺へ 食事に出かけましょう。  しかし取材に時間を取られて気がついたら周囲は真っ暗になってしまっていま した。主立った湖畔の食堂はもう閉店しています。  やむなく、居酒屋へ立ち寄ることにしました。暖簾や障子などの店構えにみち のくの旅情を感じます。もちろん車なのでアルコールは御法度ですが(笑)。
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  思えば神奈川から1日でここまでやってきたのです、自分への労をねぎらうた めにビールで一杯!とやりたいところですが、そこはぐっとこらえて(笑) 地鶏をたっぷり使った親子丼を食べて胃袋を満たします。
( photo33 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  明日からは十和田を起点にして東北北部の取材が始まります。 晴れて良し降って良し。どんな風景に出逢えるのでしょうか。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/compact/optio-a30/
Panasonic LUMIX DMC-FX40 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FX40
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@mail.tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@mail.tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2010-08-24 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.