2010-10-12 Back to HomePage
 

こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第402号をお届けいたします。






=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img08018 "Tender green of Yadoriki village." 『寄(やどりき)の新緑』 Img08024 "Somehow fluttering cherry flowers." 『そこはかとなく舞い散るサクラ』 Img08032 "The torii and Mt.Fuji." 『鳥居と富士』 Img08035 "The five-storied pagoda and Mt.Fuji." 『五重塔と富士』 Img08051 "The double flowering cherry in Mt.Shotosan." 『生藤山の八重桜』 Img08088 "Sunest on Bridge-Jogashima." 『城ヶ島大橋からの夕日』 Img08154 "Torrent in Ogawa valley." 『激流の小川谷』 Img08164 "Verdure of larch forest." 『カラマツ林の新緑』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.自然風景写真館ブログ400号突破記念・プレゼント結果発表 --------------------------------------------------------------------------
 先々週のブログでポストカード3点セットのプレゼントをお知らせしましたが、 その結果発表をいたします。  下記の3名の方が当選いたしました! ● 400号記念プレゼント・当選者一覧 ● 埼玉県 Y.S.様 神奈川県 K.H.様 長野県 S.H.様 (※)プライバシー保護のためお名前はイニシャルに変えさせていただきました  今ごろ当選者には商品が届けられていることと思います。  多くの方のご応募ありがとうございました。(^^ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ 今回の取材、GPSログの取得に失敗したため  残念ながら地図ページの掲載はありません。  どうかご容赦ください。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さて、遠野ふるさと村を出発した後は遠野盆地内の偵察です。 新たな発見が楽しみです。
( photo01 : PENTAX Optio-A30 )  道端で見かける祠のような小さな建物はバスの停留所かご老人のお休み処でしょ うか。ともあれこのような素朴な建物を見かけると心が安らぎます。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ふるさと村で色々と周辺の資料を入手したのですが、高清水展望台というとこ ろから遠野盆地を一望できるそうです。入口を探すのに苦労しましたが、どうや らここのようですね、向かってみましょう
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  細い林道をどんどんと登って行くと・・・
( photo04 : PENTAX Optio-A30 )  草原に樹木が点在する牧場風の場所に出ました。夜は星が綺麗そうなところで す。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  この林道の途中に展望台はありました。
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ご覧のように立派な展望台です。おかげで樹木などの障害物は皆無。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  見事な展望です。梅雨時のため湿度が多く、すっきりとは見えませんが、しか しこの開放感は見事。
( photo08 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA ) ( ※ Microsoft Image Composite Editor でパノラマ化 )  それまで走っていた田園地帯を一望の下に見下ろすことができます。 良い場所を見つけることができました。
( photo09 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  展望台から再び盆地へと降りて行きましょう。その途中にも多くの素朴な風景 があります。
( photo10 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  そういえば本日は日曜日。子供が自転車に乗って畦道を駆け抜けてゆきます。 ただそれだけのことで微笑ましくなります。
( photo11 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  そうして水田地帯を徘徊しているうちに、見つけました。小さな祠のような社 (やしろ)を。  それは旺盛な夏雲の下でひっそりとたたずんでいました。
( photo12 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA ) ( ※ Photomatix Pro にて HDR合成 )  遠野には様々な「遺産」がありますが、その中の一つ「荒神神社」(あらがみ じんじゃ)だそうです。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  こんな小さな祠のような建物が神社とはピンときませんが。しかしいかにも民 俗的な香りを感じさせてくれます。  遠野盆地だけでも1週間はいたいくらいですが、しかし次の撮影地に向かいま しょう。
( photo14 : PENTAX Optio-A30 )  その道すがらにも、気になる風景が多くあります。民家の庭先に見事な菖蒲の 園を見かけました。
( photo15 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  車から飛び降りて、ついカメラを向けたくなってしまいます。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )
( photo17 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  こちらにも小さいながらも綺麗な菖蒲園がありました。 これでは目的地にいっこうに到着できませんね。(笑)
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  みちのくの中央部をゆったりと流れる河川では、釣り師がのんびりと釣りを楽 しんでいました。
( photo19 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  さて、次に目指す場所は宮澤賢治ゆかりの地のひとつ「種山ヶ原」です。
( photo20 : PENTAX Optio-A30 )  ご覧のようにみちのく山地の中央に広がる高原です。
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  お洒落な看板も見かけました。いかにも星が綺麗そうなところです。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  芝生の丘にバンガローが立っています。山奥なのかと思ったら、ずいぶんとリ ゾート化されているようです。子供達の夏休みの星座観察にはぴったりですね。
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  種山ヶ原では広すぎて良い撮影ポイントを見つけることができませんでした。 それこそ夜まで待って星を見られたら良かったのですが。  さて、西に向かって北上市方面を目指します。
( photo25 : PENTAX Optio-A30 )  その途中、またしても水田の中にたたずむ一本の樹木の姿に惹かれてしまいま した。  その頭上に雲間から太陽の光が降り注いでいる様子がとても印象的でした。 印象派の画家たちならこの風景をどう描くのでしょうか。
( photo26 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA ) ( ※ PhotoshopCS5 にてグラデーションマスク+レイヤー合成 )  夕方の目的地は「松島」。東北道に乗って一気に南下します。
( photo27 : PENTAX Optio-A30 )  本日は日曜日なり。ということで高速道路はどこまで行っても1000円。 自分のような人間にはとてもありがたいですね。(笑)
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  東北道から三陸道に乗り換えて松島近くのインターで下車します。
( photo29 : PENTAX Optio-A30 )  こうして松島の海岸に到着しました。芭蕉が感嘆したという風景はどこに見ら れるでしょうか。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) ( ※ Microsoft Image Composite Editor でパノラマ化 )  付近を散策すれば、芭蕉が徘徊したであろう風景がそこかしこに見られます。 ポリカーボネイトのボートを木の小舟に置き換えれば、今でも江戸時代にタイム スリップできそうです。
( photo31 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、夕暮れの時間が迫ってきました。時間がありません。目星を付けていた 撮影地に急行です。
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  目指していたのは「大高森の展望台」です。ここから松島湾を見下ろすことが できるというのです。  しかしここには車道はありません。標高差100mほどの小山を徒歩で登らな ければならないです。  焦っているのと息が切れているので画像もブレていますね。
( photo33 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ダッシュ10分ほどで展望台に到着しました。
( photo34 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  展望台からの眺めはご覧の通り。噂に違わぬ眺望です!
( photo35 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )
( photo36 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  今回は夕日は見られませんでしたが次回訪れる時のために方角をチェックして おきましょう。どうやら夕日が湾の奥に沈むのが見られるのは6月頃のようです ね。
( photo39 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  夕暮れの松島の風景を堪能しました。  さて、本日の宿泊場所は松島のリゾートホテル。 最終日くらいは立派なところに泊まりたいですものね。
( photo40 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  1日働いた後のビールの味は最高です!
( photo41 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  そして新鮮なお魚を使った料理に舌鼓を打ちます。
( photo42 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  リゾートホテルで鋭気を養いましょう。明日の天気は良いようです。 松島の朝はいかがなものでしょう。とても楽しみです。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ SONY α300 → http://www.sony.jp/dslr/products/DSLR-A300/
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
Panasonic LUMIX DMC-FX40 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FX40
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/compact/optio-a30/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@mail.tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@mail.tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2010-10-12 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.