2010-11-23 Back to HomePage
 

こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第408号をお届けいたします。






=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img08027 "Cherry tree watching the village." 『里を守る桜』 Img08103 "Sleepy kitten." 『おねむの子猫ちゃん』 Img08202 "Shiraito fall in Mt.Shichimenzan." 『七面山の白糸の滝』 Img08363 "The shining cherry blossoms." 『輝きの桜』 Img08415 "Mt.Kashimayarigatake with silver." 『白銀の鹿島槍ヶ岳』 Img08421 "The eternal sunrise." 『悠久の夜明け』 Img08496 "The illuminations of Kanmon Strait." 『関門海峡の輝き』 Img08512 "The hill autumn wind blowing." 『秋風の吹く丘』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.鳥越の個展2010『光画風景U』(秦野会場)始まりました --------------------------------------------------------------------------
鳥越の個展。秦野会場は一昨日の日曜日に始まりました。 会場の「ぎゃらりー・ぜん」は秦野市郊外のベッドタウンの近くにある閑静な場 所にあります。 初めて会場に来られる方のために簡単にご案内をしましょう。 ギャラリーはご覧のように大きな病院のそばにある薬局のビルの2Fにあります。

 そのため最初は場所が分かりづらいかも知れません。
 ビルの裏手の扉から2Fにあがるとギャラリーがあります。

 今回は40点の作品を展示させていただきました。
 今回は「イーゼル」を導入。そのためA1サイズの大きな額も楽に展示するこ とができます。
 会場の全景はご覧の通りです。パノラマ機能のあるコンパクトデジカメは重宝 します。
( SONY DSC-TX5 スイングパノラマ使用 ) 多くの方のご来場をお待ちしています。 会場や日程などの詳細は下記のページを開いてご覧下さい。 http://tory.com/j/exhibition/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2010/2010-11-23.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2010/11-23/2010-11-23.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さて、奄美の離島、加計呂麻島で迎えた朝は実に爽やかでした。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  朝日の撮影もしてみたいところですが、昨夜遅くまで星空を撮影していたこと もあり、また、この島は奄美本当の西側に位置しているので、良い朝日は見られ ないだろうと判断して、ゆっくりの時間に起床しました。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  加計呂麻島一周もしてみたいところですが、カーブの多い道路では車とはいえ 一周するだけでも半日はかかってしまうことでしょう。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  というわけで、朝一番のフェリーに再び乗って、早めに奄美本島に戻り、本島 の取材を続けることにしました。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  まだ低い朝の光が海上に光の帯を作り出しています。
( photo07 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  海面の波の動きが気になったのでカメラを向けてみましょう。
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  ISOを100にセット、絞りを最大のF22まで絞るとシャッター速度は1 /10秒ほどになります。  タムロンレンズの強力な手ブレ補正機能のおかげで船の欄干はピタリと止まり、 そして海面は船の移動するスピードで適度なブレがあり、動感が表現できました。
( photo09 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  さて、15分ほどで再び奄美本島に戻ってきました。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  古仁屋港を出発です。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  本島に戻り、まず最初に訪れたのは「高知山展望台」です。 車道から5分ほど歩く必要があるそうです。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  奄美大島の遊歩道はどこへ行っても、このような鬱蒼とした雰囲気ですね。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  その鬱蒼とした遊歩道を数分ほど歩くと、立派な展望台が見えてきます。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  展望台のお陰で樹木などに遮られることもなく、大島海峡の島や海を見事に見 渡すことができます。
( photo17 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  眼下に見えるのは先ほどフェリーで着いた「古仁屋港」ですね。
( photo18 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  ご覧のように、青い海の中、大小の島々が点在しています。
( photo19 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD ) ( ※ Microsoft-ICE によりパノラマ化 )  この場所は夕日の名所でもあるようです。 ご覧のように西に向かって開けているので、夕日の時間帯は太陽の光が海面に注 ぎ、島々の姿がシルエットとなって素晴らしい光景が見られることでしょう。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、青い空と白い雲の下、県道を走って再び名瀬方面へと戻ってゆきましょ う。
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  途中、マングローブ原生林のところまでやって来ました。
( photo22 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  その原生林の中を住用川が流れてゆきます。そのゆったりとした流れはカヌー 遊びをするのに最適なのでしょう。
( photo23 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  さて、奄美が誇る、日本で2番目に広いといわれるマングローブ原生林にやっ てきました。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ご覧のようにマングローブは海水が穏やかに浸る土地に生育する植物です。
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  道路脇からマングローブ原生林の一部に入って行くことができます。 ちょっとドキドキしますね。さあ、行きましょう。
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  ご覧のように地面は干潟状になっていてヌタヌタしています。場所によっては ズブズブと沈んで足が抜けなくなってしまうので注意しましょう。
( photo27 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  潮の干満によってマングローブ原生林の干潟は、海水が徐々に寄せたり引いた りしています。
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  面白いのは干潟が非常に広くて遠浅なため、その干満の様子が眼で見て分かる のです。つまり、波の様子をじっと見ていると、一分間に2〜30cmほどのス ピードで、じわじわと潮が寄せたり引いたりしているのが見えるというわけです。 (この様子は動画でないと分かりづらいかも知れませんね)  この場所もやがて海水に浸かってしまうでしょう。さあ、満潮にならないうち に撮影を済ませてしまいましょう。
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  低い位置から見上げるようにしてマングローブの森を撮影してみました。 太陽の光がよく入る明るい森なので、その様子が伝わるように明るめに撮影して います。
( photo30 : Nikon D700 + SIGMA20-40mmF2.8EXDG )  超広角レンズを縦位置にして撮影し、干潟に投げかけられたマングローブ林の 影も画面に取り入れてみました。
( photo31 : Nikon D700 + SIGMA12-24mmF4.5-5.6 EX/DG/HSM )  マングローブの若芽です。とっても可愛らしい姿です。太陽に向かってすくす くと育って行く様子を、魚眼レンズを使って表現してみました。
( photo32 : Nikon D700 + SIGMA15mmF2.8EX DIAGONAL FISHEYE )  マングローブ林に入り込むと、三脚や足下が泥だらけになってしまうので、洗 浄用の真水を用意し、ペットボトルに入れておくと便利です。
( photo33 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、再び県道を走り、名瀬方面を目指します。
( photo34 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  名瀬を過ぎてやってたのは、先日夕日を撮影しに訪れた大浜海浜公園です。
( photo35 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  サーファーらしき若者が海を見つめています。おもわず「青春だなあ」とつぶ やきがでるような光景ですね。
( photo36 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  先日は夕日の時間に訪れましたが、今回は日中に訪れました。砂浜の美しさが 際だちます。
( photo37 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  海面には太陽の光が反射して、まるで満天の星のごとく、きらきらと煌めいて います。
( photo38 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  肉眼で見たそのキラキラ感は写真ではなかなか写し止められません。 そのため「スノー・クロスフィルター」を使ってキラキラが写るように工夫をし てみました。
( photo39 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  さて、案外知られていませんが、この大浜海岸の奥には別の海岸があるのです。
( photo40 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  それがこの「小浜海岸」です。
( photo41 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  5分ほどちょっと歩いて足を伸ばせば来られる秘密のビーチ。南国の隠れ家的 な雰囲気がただよっています。
( photo42 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  打ち寄せる波が美しく、人もそれほど来ないので、オススメの場所です。
( photo43 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  さて、夕日撮影の前に、本日泊まる民宿にやってきました。
( photo44 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo45 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  本当はブログの1週を取材の1日に割り当てたいのですが、とにかく素晴らし い風景が次々と現れるので、全てを盛り込んでいたらオーバーフローしてしまい ます。  そのため、今週はここまで。  この後の夕日の様子は、また来週のブログでご紹介しましょう。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
Panasonic LUMIX DMC-FX40 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FX40
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@mail.tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@mail.tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2010-11-23 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.