2010-12-07 Back to HomePage
 

こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第410号をお届けいたします。






=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img08726 "Sunrise above Enoshima-Island." 『江ノ島と朝日』 Img08759 "Crimson foliage." 『真紅なる紅葉』 Img08807 "Whisper of cyclamen." 『シクラメンのささやき』 Img08890 "The golden morning on seashore." 『黄金の朝』 Img08908 "The shining lake." 『輝きの湖沼』 Img08921 "Wave pattern of the profound." 『幽玄の波模様』 Img08932 "Invitation to the white world." 『白き世界への誘い』 Img08982 "Messenger of dragon king palace." 『竜宮の使い』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.・川本製作所カレンダー2011年が届きました --------------------------------------------------------------------------  2009年から鳥越が写真を担当させていただいている川本製作所のカレンダー、 2011年版がつい先日届きました。
 ほぼA4サイズの卓上タイプのカレンダーです。
 ご覧のように背面の厚紙を折り返すとスタンドになる優れもの。

 中身は週替わりで52枚の写真(写真のサイズは2L版相当)がぎっしり詰まっ ています。
 ぜひ玄関に飾っていただきたい一品です。
(★)このカレンダーを一般の方もゲットできます(★)  このカレンダーは主にお世話になったクライアント様などへの御礼にお配りし ているものですが。  しかし一般の方もゲットする方法があります。  12月15日(水)から始まる鳥越の横浜個展にて、 ポストカードセット、および A4サイズカレンダー(※このカレンダーは川本製作所カレンダーとは別の物)、 を3つ以上お買い上げの方へプレゼント差し上げます。  非売品でもあり、なかなか手に入らない一品ですので。  ぜひ私の個展にいらしてゲットしてください。 -------------------------------------------------------------------------- ■2.鳥越の個展2010『光画風景U』(横浜会場)はじまります。 --------------------------------------------------------------------------
 さて、神奈川県の秦野市の会場でご好評いただいた鳥越の個展ですが、 会場を横浜市神奈川区の区民センター(かなっくホール)に移して 12月15日より開催予定です。  ニュース(1)でお知らせしました通り、A4カレンダー、もしくはポストカー ドセットを3点以上お買い上げの方に、川本製作所カレンダーを1部プレゼント 差し上げる特典もございます。  ぜひご家族ご友人お誘い合わせの上、お越し下さい。 会場や日程などの詳細は下記のページを開いてご覧下さい。 http://tory.com/j/exhibition/index.html
横浜会場でも多くの方のご来場をお待ちしております。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ 今週はGPSのログデータが不完全のため、画像の位置情報は未公開です。   どうかご容赦下さい。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  7週に渡ってお送りしてきた奄美大島シリーズも今回がいよいよ最終回です。 今週は一体どんな自然の姿に出逢えるのでしょうか。  民宿は海岸のすぐ近くにあります。夕日の撮影を終えた後、浜辺に出てみれば 街灯に照らされる砂浜の上に満天の星空が広がっていました。
( photo01 : Nikon D700 + AiAF-Nikkor28mmF1.4D )  満天の星を見ると心も満ち足りた気持ちになりますね。 満足して宿の部屋に戻ってみると、バックの中で何か動いているのでビックリし ました。 (まさか・・ハブ!!?)
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  しかしなんのことはない、民宿の猫ちゃんが、暖かさに誘われて入り込んでい たのです。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  それにしても私のバッグの中はそんなにホカホカしているのでしょうか?(笑)  この猫ちゃん。出発するときにはちゃんと玄関でお見送りしてくれました。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、本日は昼の時間のフライトで奄美を去ります。それまで午前中わずかな 時間ですが、限られた時間を有効に使って撮影を続けましょう。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  海岸道路の脇には草がぼうぼうと茂っています。邪魔にならないアングルで撮 影するために電柱によじ登っての撮影です(※良い子はマネをしないでください)
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  美しい青い海です。  島の人がおっしゃるには、これでも昔より汚れてしまったとのことですが、こ れからもますます美しくあって欲しいものです。
( photo07 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )
( photo08 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  奄美市名瀬地区を通過します。島を東西に往来するには、必ずここを通過しな ければなりません。なるほど、朝夕は大渋滞するわけです。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  この時、再び奄美地方には台風が接近しており、時折スコールのような強い雨 に見舞われました。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  本茶トンネルを抜けて、空港のある島の東部へと抜けます。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  フライトの時間が迫っています。しかし焦りは禁物、安全運転で行きましょう。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  島の東部に抜けると幸いに晴れ間が広がっていました。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  晴れ間は広がりつつも、しかし台風も接近しているということで風はとても強 い状態です。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ご覧のように西の方の海岸には盛んに高波が打ち寄せています。無事にフライ トできるか心配になってきました。
( photo16 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  しかし島の東部はご覧のように晴れ渡っていて海が綺麗です。 この土浜を最後の撮影のチャンスとしましょう。
( photo17 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  砂浜に降りてゆくとハマヒルガオの花が出迎えてくれました。
( photo18 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  青い海と空、白い雲、そして果てしなく広い美しい海岸です。
( photo19 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )
( photo20 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  遠浅の海なので、打ち寄せる波もおだやかで水が透き通って見えます。
( photo21 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSPAF10-24mmF3.5-4.5DiII )  砂浜から撮っているのももどかしくなりました。サンダル履きにジャージなの で多少濡れても大丈夫。海の中に入って行きましょう。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  南国の黒潮はとても暖かく、まるで貸し切りの温泉ランドにいるような気分で す。(笑)
( photo23 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSPAF10-24mmF3.5-4.5DiII )  今回持参した「防水デジカメ」。ようやく出番が巡ってきました。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  海面すれすれから、徐々に水没させて撮影して行きましょう。
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )
( photo26 : PENTAX Optio-W10 )
( photo27 : PENTAX Optio-W10 )  水中では波の力で小石がぐるぐる回っています。 白い小石のように見えるのはサンゴのかけらです。
( photo28 : PENTAX Optio-W10 )  いやー、本土の海では、なかなかここまで綺麗な水はないでしょう。 撮影しても濁ってばかりで絵にならない。(笑)
( photo29 : PENTAX Optio-W10 )  昔は一体どれだけ綺麗だったのでしょうか。タイムスリップして撮り比べてみ たい気分です。  撮っているうちに上空はどんどんと黒雲に覆われてしまいました。台風が接近 しているようです。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  わずかな時間でしたが、しかしラストチャンスを上手くものにできたようで、 気分は上々です。
( photo31 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  風が本格的に強くなってきました。フライト危うし。 このまま飛行機が飛ばなければ、島に閉じこめられてしまいます。
( photo33 : Nikon D700 + SIGMA12-24mmF4.5-5.6 EX/DG/HSM )  レンタカーを返して一安心。4日間、お疲れ様でした。
( photo34 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  空港にたどり着いたときには晴れたり雨が降ったりの不安定な天候です。
( photo35 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  往路は羽田からジャンボジェットによる直通便でしたが、復路は鹿児島経由の 便です。軽量なコミューター機なので、ちょっと風が心配です。
( photo36 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  しかしなんとか無事に飛行機は飛び立ちました。ハラハラドキドキ。 夕方のジャンボジェット直通便にしていたら、あるいは飛ばなかったかも知れま せん。ラッキーです。
( photo37 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さらば!奄美よ!  帰路の途中、吐か喇列島(とかられっとう)の上空を通過します。 (※ 列島名が常用漢字ではないので、表示されません)
( photo38 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  煙を吐いている活火山の島もたくさんあって、それを上空から眺めていると、 まるで「ひょっこりひょうたん島」のように見えて可愛らしいのです。  台風が心配されましたが、無事に桜島の見える鹿児島空港にやってきました。
( photo39 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo40 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  鹿児島空港からはジャンボジェットで一路羽田へ。 太平洋上空はもう台風の心配はなく、果てしない青空が広がっています。 下界は相変わらずの猛暑なのでしょうか。
( photo41 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  懐かしい富士山の姿が見えてきました。関東はもうすぐです。
( photo42 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  東京湾の重工業地帯が見えてきました。 旅の終わりはいつもちょっぴり切ない気分です。
( photo43 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  無事に羽田空港に到着しました。最近は滑走路も増えたようで、ますますの飛 行機銀座ですね。衝突、追突にはくれぐれもご注意下さい。
( photo44 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  賑やかなターミナルに踏み込むと、のんびりとしていた奄美の生活が懐かしく 思えます。
( photo45 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  駐車場に停めておいた、愛車ハイエースの元へと再び戻ってきました。
( photo46 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、まだ日が高いので、東京湾沿いの気になる撮影地を偵察してから帰るこ とにしましょう。
( photo47 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  前からチェックしておいた千葉県の「養老川臨海公園」へとやってきました。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E140.3.51N35.32.18&ZM=5

( photo48 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  東京湾に沈む美しい夕日が見られるスポットです。展望塔や大きな駐車場もあ るのでオススメです。
( photo49 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  海の上に釣り人用の桟橋が出ているのでその上を歩くと夕涼みにもなりますよ。  美しい夕日の上空を羽田に着陸する飛行機が飛び去って行きます。
( photo50 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD ) そのシルエットがとても美しく、奄美大島で見た数々の夕日のシーンを思い出し ました。  以前、屋久島へ取材に出たときから気になっていた鹿児島県の奄美大島。 今回、取材が実現できて本当に良かったです。  屋久島とは違う印象的なシーンが多々あり、特に青い海と夕日のオレンジ色は 鮮烈に記憶に残っています。  7回におよんだ奄美シリーズも終わり、次回からは新シリーズとして 「奈良〜熊野取材」の様子をお届けいたします。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
PENTAX Optio-W10 → http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/compact/optio-w10/
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
Panasonic LUMIX DMC-FX40 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FX40
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@mail.tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@mail.tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2010-12-07 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.