2010-12-14 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第411号をお届けいたします。






=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 ギャラリーの情報は『フォトギャラリー』のページをご覧下さい。





=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§2.今週のニュース
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=



--------------------------------------------------------------------------
■1.鳥越の個展2010『光画風景U』(横浜会場)はじまります。
--------------------------------------------------------------------------


 さて、神奈川県の秦野市の会場でご好評いただいた鳥越の個展ですが、 会場を横浜市神奈川区の区民センター(かなっくホール)に移して 明日、12月15日より開催予定です。  A4カレンダー、もしくはポストカードセットを3点以上お買い上げの方に、 川本製作所カレンダーを1部プレゼント差し上げる特典もございます。  ぜひご家族ご友人お誘い合わせの上、お越し下さい。 会場や日程などの詳細は下記のページを開いてご覧下さい。 http://tory.com/j/exhibition/index.html
横浜会場でも多くの方のご来場をお待ちしております。 -------------------------------------------------------------------------- ■2.クラブ・フォトバード撮影会『八ヶ岳・星空&紅葉』参加者の作品と感想文 --------------------------------------------------------------------------  ブログ406号で、クラブ・フォトバード撮影会『八ヶ岳・星空&紅葉』の様子を お届けしましたが、その参加者の方々のベストショット作品とご感想が届きまし た。(※ 個人名はイニシャルに変更してあります) ★☆★ 参加者の方の作品スライドショー ★☆★ http://tory.com/j/club/slideshow/2010/2010-11-04_bestshot/
 今一度、前回と前々回のブログを見直しながら参加者の方々の作品をご覧にな るのも面白いのではないでしょうか。 ◆参考:自然風景写真館ブログの第406号 http://tory.com/j/others/mm_backnumber/2010-11-09.html
--------------------------------------------------------- ■参加者のご感想 ■3.H.O.さん なかなか撮影会にも参加できない私でしたが、星空撮影は最高の体験でした。 2日間を通して、先生の綿密な計画で無駄の無い時間使いに感謝しています。 藤城清治の影絵のような写真になった「山梨の木」撮影場所の大切さも勉強しました。 撮影経験が少なく、自分がどのような写真を撮りたいのか、好きなのかが分かりません。 沢山の撮影体験をし、良い写真を沢山見て出来てくるのかと思っています。 ■2.A.Y.さん  夜空とは、宝石にも代えがたい、素晴らしい自然、大切に後世に残して行きた いと、脳裡に刻みました ■3.J.O.さん 先生の写真ツアーは 毎回 季節に合わせて 素晴らしい場所に連れて行っていただけるので とても楽しみにしています 今回は 星空の撮影がメインでしたが 雲ひとつない快晴のお天気で最高の条件でした 事前に先生のレクチャーを受け 現場では 先生の丁寧なアドバイスで 満天の星空の写真が撮れました  星空の写真は 季節 時間 場所 お天気 そして カメラの正しい設定とすべてが 揃わないと撮れないと思うのですが 初めての撮影でうまく撮れたのは  用意周到な先生のお陰だととても感謝しています 星空の写真は 家族にもとても評判が良く 「上手になったね」と 言われました 種を明かせば 先生が全部やってくださって撮れたようなものですが ほめられるとうれしいです  また 宿泊ツァーならではの朝夕の素晴らしい景色や わずかな時間にしかみれない朝露 そして 見事に色づいた紅葉と  たくさんのシーンを写真に撮る事ができ 今回も 大満足のツアーとなりました 先生は往復の運転と撮影指導でお疲れになった事と思います ほんとうにありがとうございました  ■4.Y.M.さん  まだ体験したことのない星の撮影だったので、とても楽しみにしていました。 15分露光の星の軌跡は2枚。残念なことに2枚とも光が入ってしまい、心残りな 作品になってしまいましたが、15秒撮影で満天の冬空の星たちを撮る事ができま した。  鳥越先生に手取り足取り教えていただき、お蔭様で心に残る初めての作品にな りました。  時間との闘いで、あっという間の一時間で、延長までしていただきました。 本当にありがとうございました。 ■5.M.T.さん ==「八ヶ岳山麓・星空撮影会」に参加して==   “ピンボケ”1枚に“流れ星”2つ  秋を迎えた八ヶ岳山麓での「星空撮影会」は、標高1400mの高地だけに、下界 とは違って身の凍える寒さだったが、その分冷気は何処までも澄み渡り、限り無 く墨一色の世界に、お目当ての星座はキラキラ瞬いていた。  ISO感度は200、絞りはF8等と教えられたが、初心者の自分に高機能過ぎるカメ ラは、ましてや暗闇の中の手探り状態での操作はもどかしい。  それでもどうにかセットアップし、ひたすら露出を掛け続けるが、冷気の中で の15分間は辛抱を要する。  その場で足踏みをしながら寒さに耐え、レンズと同じ方向を一心に見上げ続け ていたその時、一筋の光が音も無くスーッと線を引いて消えた。  一瞬の出来事だったが、それは数十年振りに見る“流れ星”だった。  父子で映画を見、家路を急ぐ夜道で良く見掛けた、あの頃以来の実に懐かしい “流れ星”だった。  「星空」を仰ぎながら、暫し子供の時代に思いを馳せていると、またしても頭 上にスーッと星が流れ、今度はさっきよりも幾分長く線を引いて静かに消えた。  不思議な事に、それから後は幾ら瞳を凝らしていても、瞬く星は数限りなく有 るが、流れる星は一つも無かった。  15分後、待望の「星空」はどうにか撮れてはいたが、それは期待に反して“ピ ンボケ”だった。  だが、父子して見たあの頃の懐かしい“流れ星”を、自分の瞳に鮮やかなまで に焼き付けられた事、それは何にも代え難い大きな収穫として、形は違っても大 満足した「撮影会」になった。 ■6.H.O.さん  『11月初旬の、クラブ・フォトバード撮影会『星空&紅葉 in 八ヶ岳』させ ていただきましたが、2日間とも好天に恵まれ、先生の事前調査と精力的なご努 力により、ものすごく充実した撮影会でした。  中央道をひた走り、清里から八ヶ岳山麓に入り、ドライブインで昼食。その後、 周辺で遠くに富士山を望み、反対側には八ヶ岳連峰を見ながらの撮影。国道に下 りながら、途中で紅葉の綺麗なところで撮影。  野辺山に向かう途中では、偶然にも鹿4頭が悠然と道を横切るのに遭遇、シャッ ターチャンス。  宿に入る前に八ヶ岳を望んだ夕景と、貯水池に映る対岸の落葉松の林を真っ暗 になるまで撮影。  夕食の後、テキストとプロジェクターを使った、丁寧な星空の撮影テクニック のレクチャーがあり、いざ現場へ。  満天の星に感動。初めての星空の撮影なので、さっきのレクチャーの内容を思 い出しながら、山梨の木を入れて撮影開始。星にピントを合わせるのに一苦労。 外気温零度の寒さを忘れ、時間をたつのを忘れ夢中で撮影したのでした。  翌日は4時半からもう一度、夜明けの星空と、明けなんとするコバルトブルー の素晴らしい景色を撮影後、八ヶ岳山麓の高台に移動。日が昇り始めた空に、遠 く浮かぶ富士山と南アルプス連峰の何とも言えないグラデーションに感動しなが ら夢中で撮っていました。  宿の朝食に帰る前には、途中の畑で朝露のついた草花を這いつくばってマクロ で撮影。宿のオーナーの心のこもった朝食を後に、松原湖へ出発。  松原湖畔を散策しながら、周囲の紅葉を。波があって湖水に映える紅葉が撮れ なかったのが残念。  その後、蓼科の御射鹿池に。前から一度来てみたいところでありました。ここ では、青空に浮かぶ雲と、湖に映る対岸の落葉松林を夢中で何枚も撮影。十分満 喫したところで記念撮影をし、帰途につきました。  この二日間、先生には要所で的確なアドバイスをいただき、また数々の素晴ら しい撮影場所にご案内いただき、思い出に残る素晴らしい充実した撮影旅行でし た。  本当にありがとうございました。 感謝申し上げます。』 ■7.S.M.さん  昨年の夏に『八ヶ岳山麓の撮影会』に参加させて頂き素晴らしい環境に満足し ましたので今回晩秋の『八ヶ岳山麓の撮影会』にも是非参加したく、笛吹市に住 む館田さんをお誘いして参加のお願いを致しました。  なにしろ私は高齢なので皆様について行けるか心配が有りましたが、同行の皆 様にとても優しくして頂き  本当に楽しく撮影をする事ができました。誠に有難うございました。  日没のシルエット、夜の星空、早朝の日の出、等、今まで経験した事がない色 々と撮影方法をご指導いただき とても密度の濃い撮影を行う事が出来ました。  こんなに密度の濃い撮影スポットを案内して頂くために、先生は前もって2日 間にわたって撮影スポットの現地調査を行ったことを後で伺いました。  素晴らしい天候に恵まれた撮影会が出来たのは、参加した皆様の平素の行いが 如何に良ったこと、更に老体の私が  終始皆様に同行出来た喜びに感謝しております。本当に有難うございました ■8.M.Y.さん (※ 感想文はなし、写真のみ) ■9.K.A.さん  夜空の、星の流れ、点としての表現も、お陰様で上手に撮れていました。  夜空の美しさ、早朝から明けてゆく風景の美しさ、壮大な自然に畏怖する気持 ちを、改めて思い起されました。ありがとうございます。 ■10. E.I.さん 「星空&紅葉・八ヶ岳撮影会に参加して」  胸ときめいて待ちに待った晴天の八ヶ岳撮影会。 皆さん、良き写真を撮ろうと張り切っていました。  紅葉は散り落ちた葉もあり、綺麗に紅葉している葉を見つけては気に入ったも のを写して廻り何枚か写しました。  一番のイベント、星。寒空の真っ黒な大地に向かい、夜空の星を見つめて一心 に写す事だけ考えてカメラに向かいました。  露光中に車のヘッドライトの光。残念ですが「やまなしの木」は赤い木に写っ てしまって、、  良い方に考えれば、ライトアップされた様にも見えていいかなと思いました。  凛とした霜畑の中出の撮影も我を忘れて寒さも忘れ寝そべっての撮影。時間の 経つのも忘れ没頭している光景が浮かびます。  今回の撮影会に参加して感じたこと。 少々移動が多すぎた様に思いました。 あれもこれもとチャンスを考えて下さった先生の気持ちも分かりますが、 いくつか場所を絞って撮りたいと思いました。  また星の撮影、月光の撮影に挑戦できたらと思いました。  ご指導ありがとうございます。また、お疲れ様でした。 ---------------------------------------------------------------- ◆ クラブ・フォトバードの詳細はこちらをご覧下さい ◆ ---------------------------------------------------------------- http://tory.com/j/lecture/index_ClubPhotoBird.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2010/2010-12-14.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2010/12-14/2010-12-14.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さて、奄美大島シリーズが終わり、鳥越の新たな旅が始まります。  今回の取材エリアは、平城遷都1300年を迎えて盛り上がっている奈良県、 そして和歌山、三重県付近の南紀地方です。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E135.54.38N34.6.15&ZM=2
 特に紀伊半島はとても面積が広くて、なかなか訪れる機会が無かったため、と ても楽しみにしていました。  取材期間は2010年9月29日から10月2日までの4日間。  どんな風景に出逢えるのでしょうか。  さあ!読者の皆さんも一緒に旅立ちましょう! 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  夜間ETC割引を効かせるために、夕方出発、夜間の移動です。
( photo01 : PENTAX Optio-A30 )  東名高速道路を快調に飛ばしていましたトリコシ号ですが、しかし走行中に 「ブチン!バラバラバラバラ」という異音が発生しました。  「何だろう?」と思いつつも、 しばらく何事も無く走行していましたが、しかしそのうちに「充電不足」を示 すランプが点灯してしまいました。  サービスエリアで念のため点検をしたところ。バッテリーへの充電を行うため の「タイミングベルト」が切れて無くなっていたのです。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  走行できないわけではありませんが、バッテリーの残量が0になればストップ してしまいます。やむを得ず、JAFに救援を要請。  しかし時間は深夜にさしかかっており、修理工場は明日にならなければ開きま せん。とりあえず高速を出て、最寄りのビジネスホテルを検索しましょう。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  JAFのトラックが到着しました。スタンドの人などにも手伝ってもらってト ラックへ積み込みます。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  JAFのトラックに乗せてもらい、しばらく高速を走ります。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  もはや万策尽きた感がありますが、ともあれビジネスホテルに入って休息をと りましょう。
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ビジネスホテルで近くの修理工場を検索しましょう。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  翌朝、再びJAFのトラックを呼んで、修理工場まで引っ張ってもらいます。 (15km以内なら、何回呼んでもOKだそうです)
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ハードな取材が続くトリコシ号。JAFには年に一回くらいは必ずお世話になっ ています。年会費の元はしっかり取っていますね。(笑)  なんとか無事に、愛知県みよし市にあるミツビシの修理工場まで到着しました。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  修理は午後4時くらいまでかかるそうです。取材日程が一日短縮されてしまい ますが、やむおえません。  このまま時間をつぶしているのも芸がありません。代車を貸してもらえたので、 それで近隣の撮影をしましょう。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  その前に、腹が減っては戦ができません。修理工場の隣にあった回転寿司に滑 り込みです。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  最近の回転寿司は新規の商品開発に熱心ですね。「焼きなす」や「梅しそゆば」 など、ユニークなネタがたくさんあって楽しめました。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  あらかじめリサーチしておいた気になるポイントを回ってみましょう。
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  「逢妻女川」という、ちょっと意味ありげな名前の川のほとりにヒガンバナの 群生地があるそうです。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  なるほど、これが満開になったら素晴らしい。しかし今年はご存じのように猛 暑の影響で花の開花時期がかなり遅れ、まだ満開にはほど遠い状態でした。
( photo19 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  しかし既に咲いている花をクローズアップするとそれなりに絵になります。 シロバナヒガンバナが時折見られたので、それを狙いを合わせて撮影してみまし た。
( photo20 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSP180mmF2.5LD )  この群生地は愛知県豊田市・宮口上自治区の方々が平成8年から川の両岸にヒ ガンバナを植えたのが始まりだそうです。  現在60万本が咲いているそうですが、将来は300万本を目指しているそう です。  またその頃に訪れて見たいものですね。  さて、夕方になってトリコシ号は無事に復活しました。頼もしい雄姿です。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  再起動したマシンは快調そのもの、ベルトの交換だけでなく、ひととおりオー バーホールしてくれたようで、滑らかにエンジンが回転している感じです。
( photo23 : PENTAX Optio-A30 )  伊勢湾岸道を走り三重県へ。
( photo24 : PENTAX Optio-A30 )  そして夜に入り名阪国道を西に向かって奈良県を目指します。
( photo25 : PENTAX Optio-A30 )  そしてはるか眼下に奈良盆地の夜景を望むころ、時刻は夜の20時を回ってい ました。
( photo26 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  今日の宿泊先は奈良県天理市にある「奈良健康ランド」です。
( photo27 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  パチンコ業で儲かった社長が建てたというだけあって、豪奢な雰囲気がただよっ ています。
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  仮眠所しかありませんが、しかし温泉は広々。一晩過ごしたときの料金は30 00円ほどで、まずまずリーズナブルです。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ともあれ温泉に入った後は、レストランで一日の疲れを癒すことにしましょう。 よく冷えた地酒に舌鼓をうちます。
( photo31 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  腹が減っては戦ができぬ、という金科玉条に従って、明日に備えてエネルギー を蓄えることにしましょう。
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  思いがけない車両トラブルで取材の日程が一日短縮してしまいましたが、とも あれ無事に奈良に入ることができました。  次回からは奈良・山辺の道(やまのべのみち)を中心に、素朴な風景をお届け しましょう。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ SONY α300 → http://www.sony.jp/dslr/products/DSLR-A300/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/compact/optio-a30/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@mail.tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@mail.tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2010-12-14 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.