2010-12-28 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしですか?

自然風景写真館ブログの第413号をお届けいたします。






=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
§1.ギャラリー更新情報
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて
毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。
http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img08622 "Sparkle of the lake" 『湖畔の煌めき』 Img08656 "Twilight Shower" 『黄昏のシャワー』 Img08846 "The glow of powder snow." 『粉雪の輝き』 Img08888 "Dawn of the ocean." 『大海原の黎明』 Img08922 "The road of moonlight." 『月光の道』 Img08928 "Aspiring the white hill." 『白き丘を目指して』 Img08947 "At the coast of Okinawa." 『沖縄の海岸にて』 Img08964 "Pufferfish in south sea." 『南の海のフグ』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.鳥越章夫デジタルフォトスクール2011年度、説明会のご案内 --------------------------------------------------------------------------
 ご好評いただいた、鳥越のデジタルフォトスクール(写真教室)の2011年 度が4月から始まります。  それに先駆けて説明会のご案内があります。 ★☆★ ニュース!『所沢校』が新設されます ★☆★
 ご好評いただいた、神奈川県・松田校、および横浜校に引き続き、 2011年4月からは埼玉県・所沢方面にてスクールが開催されます。  そのためのオープンイベントとして、 『デジカメ無料講習会』が『所沢市民文化センター・ミューズ』 にて開催されます。  所沢近辺(主に西武線沿線)の方々はどうぞご期待下さい! ★☆★ 鳥越の写真教室に参加すると何が嬉しいのですか? ★☆★ ・カメラの基本操作から応用まで、初心者からベテランまで  その人のレベルに合わせて懇切丁寧に解説します。 ・最新のデジタルフォト、レタッチに関する正確な情報を入手できます。 ・プロジェクタやレタッチ専用パソコン&モニタなど、  最新機器を惜しみなく導入してビジュアルで分かりやすい講習内容です。 ・充実した中身の濃いテキストが毎回配布されます。 ・単に知識を身につけるだけでなく「美しい写真を撮るためのノウハウ」が  身につきます。 詳しくは「写真教室のページ」の「説明会」のご案内をご覧ください。 ★☆★ 鳥越章夫・写真教室のページ ★☆★ http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2010/2010-12-28.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2010/12-28/2010-12-28.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  ワールドワイドなインターネットの普及した現代にあってもなお、古代の香り をただよわせる、奈良県の「山辺の道」(やまのべのみち)。  漆黒の「山の辺うどん」でお腹を満たした鳥越の取材は午後に入りました。  山辺の道は、このように、ごく一般的な生活道路や山道の間をいったりきたり して続いています。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  その各所で、ご覧のような「古墳」など、古代の遺跡が散在しているのです。 古代ファンには、たまらない場所でしょう。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  アスファルトの道路では味気ないですが、このような山村の中を行く石畳の小 道は風情がありますね。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  小回りの効く軽車両のトリコシ号。長距離の移動は大変ですが、しかしこのよ うな細かい道を走り回るのはお手の物です。  取材の効率を考えて車で回っていますが、本来ならば徒歩でじっくり回ること をオススメします。  広い黄金色の水田に惹かれて車を止めてみました。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  このような素朴な風景を存分に楽しめるのが山辺の道の楽しみのひとつです。
( photo05 : Nikon D700 + Ai-Nikkor35mmF1.4S )  広い風景も良いですが、路傍に咲く草花の美しい姿にも心惹かれます。
( photo06 : PENTAX K200D + smc-PENTAX FAソフト85mmF2.8 )  何度か繰り返して述べていますが、雨の日だからこそ、草花の撮影は光が柔ら かく、また、水滴によってみずみずしさが増して、美しい写真が撮れるのです。
( photo07 : PENTAX K200D + smc-PENTAX FAソフト85mmF2.8 )  雨の日こそ積極的に撮影に出かけるようにしましょう。  せっかく山辺の道に来たのですから、「道」をイメージするような構図の写真 を撮ってみましょう。  なんでもない小道が、古代へとつながっているようなイメージを彷彿とさせて くれます。
( photo08 : PENTAX K200D + smc-PENTAX FAソフト85mmF2.8 )  山辺の道は、やがてこのような山道になってしまいました。 さすがのトリコシ号も、入れるのはここまでです。
( photo09 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  その山道は古墳の外周をぐるりと回る道だったのです。池のように見えるのは 古墳の「外堀」のようです。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  山辺の道は再び生活道路に戻ってきました。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  奈良盆地に戻って走っていると巨大な鳥居が目につきました。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さすが1500年の歴史を持つ古都・奈良盆地。神社仏閣が目白押しです。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  遠目からは分からなかったのですが、その鳥居の近くまで行ってみると、なん という巨大さでしょうか。観光バスがミニカーのように見えます。
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  「大神神社」という巨大で威厳あふれる石柱が出迎えてくれました。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  参道の入口にある鳥居も大変立派なものです。
( photo17 : Nikon D700 + SIGMA24-70mmF2.8EXDG ) このような建築物を撮影する時には、人物の姿も入れることを忘れないようにし ましょう。  それにより、比較するものができて、建造物の巨大さがますます引き立つこと でしょう。  参道は綺麗に掃き清められて、歩いているうちに私の心の中まで清められるよ うです。
( photo18 : Nikon D700 + SIGMA24-70mmF2.8EXDG )  そして建物はどれも年季を重ねて苔むしています。
( photo19 : Nikon D700 + PC-MicroNikkor85mmF2.8D ) このような湿度感のある風景は、いかにも日本らしい美を醸し出しています。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  一通り境内の撮影を終えて帰る途中、赤いパラソルを差して歩く女性の姿が目 に止まりました。
( photo21 : Nikon D700 + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  これはチャンスです!  赤いパラソルは鬱蒼とした風景の中にあって非常に良いアクセントになります。  後をつけて撮影させてもらいましょう。 (※)これは決してストーカー行為ではありませんので、ご了承ください。(笑)
( photo22 : Nikon D700 + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  1日だけの、ほんのわずかな期間ではありましたが、山辺の道の素朴な風景は とても印象的でした。  さて、日没までの残りの時間は飛鳥地方の偵察にあてましょう。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  こちらも山辺の道に負けじと美しい素朴な風景が広がっています。
( photo25 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  特に印象的だったのはご覧の「棚田」の風景。ちょうど稲穂が黄金色に染まっ ていて、畦道のヒガンバナが良いアクセントを添えてくれました。
( photo26 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  さあ、日没の時間が迫っています。次の撮影地をめざして山間部の道路を走り ましょう。
( photo27 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  太い国道を走れば目的地に早く着くことが出来ますが、それではトンネルばか りで面白くありません。  細い県道や脇道を通ることで、このような素朴な山水画のような風景に出会う ことが出来ます。
( photo28 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  たどりついた場所は「世尊寺」という素朴なたたずまいのお寺です。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  しかしここはご覧のように、ヒガンバナが咲き誇り、春はサクラが満開となる 素晴らしい穴場なのです。
( photo29 : Nikon D700 + SIGMA24-70mmF2.8EXDG )  境内の裏には「聖徳太子」御手植えと伝えられる壇上桜がたたずんでいます。
( photo31 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  このような重要な史跡が何気なく現れるところが、この地方の魅力ですね。  境内の脇にひっそりと立つ石墓も、これはきっと高貴な方のお墓に違いありま せん。
( photo32 : Nikon D700 + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  そんな古代へのロマンの残り香が各所に見られる、奈良、飛鳥地方の雨にけむ る素敵な1日でした。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ SONY α300 → http://www.sony.jp/dslr/products/DSLR-A300/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
PENTAX K200D → http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/slr/k200d/
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@mail.tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@mail.tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2010-12-28 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.