2011-01-25 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第417号をお届けいたします。

◆今週のお気に入り◆(和歌山県串本町・橘杭岩)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §1.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img08167 "The shining bright tender green." 『鮮やかなる新緑』 Img08432 "The ridge to Mt.Kashimayarigatake." 『鹿島槍ヶ岳への稜線』 Img08495 "Kanmon-bridge of night." 『夜の関門海峡』 Img08511 "Pampas grass fluttering." 『ススキなびいて』 Img08560 "Going on treasure sea." 『黄金の海を行く』 Img08820 "At the corner of shrine." 『神社の片隅にて』 Img08931 "The world of white sun." 『白き太陽の世界』 Img08987 "A tiny monster." 『かわいいモンスター』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.鳥越章夫デジタルフォトスクール2011年度、説明会のご案内 --------------------------------------------------------------------------
 ご好評いただいた、鳥越のデジタルフォトスクール(写真教室)の2011年 度が4月から始まります。  楽しくてタメになる、デジカメの遊び方を学びましょう。 パソコンを使ってレタッチも自由自在になること間違いなし。  説明会が開催されますので、ご興味あります方は 「写真教室のページ」のご案内をご覧ください。 ★☆★ 鳥越章夫・写真教室のページ ★☆★ http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2011/2011-01-25.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2011/01-25/2011-01-25.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  熊野古道を南下し、紀伊半島の太平洋岸に達した鳥越は、しばしの休息の後、 翌朝未明、再び南下を開始しました。
( photo01 : PENTAX Optio-A30 )  取材最終日の早朝、目的地は紀伊半島の南端にある、串本町の潮岬(しおの みさき)です。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E135.45.45N33.26.38&ZM=2
 地形をご覧になってお分かりの通り、半島の南端に位置するこの地からは、 素晴らしい朝日や夕日が拝めると聞いています。  期待に胸高鳴らせて、夜の国道をひた走ります。
( photo02 : PENTAX Optio-A30 )  さあ、串本町にある朝日の名所、橋杭岩に到着しました。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  この海岸には波の浸食によって形作られた奇岩が林立しています。
( photo04 : Nikon D700 + SIGMA24-70mmF2.8EXDG )  まだ未明の暗い時間帯、光量が少ないため30秒以上の長時間露光となりま す。それがために空を流れる雲が筆で掃いたようにかすれて、上空の月の姿を 薄いベールで包みこみます。
( photo05 : Nikon D700 + SIGMA12-24mmF4.5-5.6 EX/DG/HSM )  物言わぬ岩の群れは、まるで怪物が居座っているかのような無言の迫力を与 えています。
( photo06 : Nikon D700 + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  その岩の向こうから、オレンジ色の太陽が昇り始めました。朝日の予感に胸 が高鳴ります。
( photo07 : SONY α300 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  超望遠500mmのミラーレンズに×2倍のテレコンを装着し、 1000mm相当のレンズとしました。 さらに、マウントアダプターを介してフォーサーズのデジタルカメラに装着し たために、焦点距離換算で2000mmという太陽の超望遠拡大撮影となりま した。
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-G1 + ケンコーミラーレンズ500mmF6.3DX + ×2倍テレコンバーター )  燃えるようなオレンジ色の太陽が、水平線にたなびく雲の間をぐんぐんと昇っ て行く様子をファインダー越しに間近に見ると、何度見ても、心が感動で満た されます。  取材の最終日、素晴らしい日の出を迎えることができました。 やはり早起きは三文の得と言えるでしょう。
( photo09 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )
( photo10 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  素晴らしい日の出の後、周囲は薄雲に覆われて、輝かしい太陽はどこかへと 去ってしまいました。  それでも残された時間、新たな撮影ポイントの開拓に費やしましょう。 海岸風景の景勝地である串本町の周囲を偵察して回ります。
( photo11 : PENTAX Optio-A30 )  串本大橋のたもとに、良さそうな展望台を見つけました。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  なるほど、今日は太陽が見えませんが、この場所で夕日を撮影すると、養殖 筏(いかだ)がシルエットとなって、良さそうです。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  方角もチェックしてみましょう。 ご覧のように、ほぼ西に面しています。今回の取材では時間がありませんが、 再度この地を訪れる時にはぜひこの場所で夕日を見てみたいものです。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さあ、さらに岬を回って取材を続けましょう。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  潮岬(しおのみさき)の先端に立派な展望台を見つけました。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  この展望タワーの上に登ると、太平洋を一望の下に見下ろすことができるで しょう。(ただしこの時は天候が悪いので、登らずに偵察のみで済ませました)
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  しかしこのような立派な展望台の弱点は「朝夕に閉まってしまう」というこ とです。  こんな立派な展望台なのに、なんてもったいないことをするのでしょうか。 維持管理が大変になるのは理解できますが、ぜひ朝日夕日の時間帯に開放して もらいたいものです。  展望タワーが無理そうなので、近くで朝日と夕日の撮影ポイントを探しましょ う。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  調査によると、どうやらこのポイントが良さそうです。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  「和歌山県・朝日夕日百選」の碑が立っています。 なるほど、太平洋に突きだしたこの岬、太陽が南に近づく秋冬は、朝日と夕日 が同時に見られるのでしょう。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  夕日の時には、おそらくあの灯台の向こうへと沈んでゆくことでしょう。 灯台がシルエットになると素晴らしいでしょうね。今からイメージがふくらみ ます。 (しかし灯台の脇にある野暮は電波塔はいただけませんね)
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さすが紀伊半島南端の町です。温暖な気候のおかげで、ハイビスカスの花が あちこちに咲いていました。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  串本町の偵察をおおむね終えて、再び那智勝浦町のホテルに戻りましょう。
( photo24 : PENTAX Optio-A30 )  素晴らしい朝でした。  これから朝ご飯ですが、しかし、もう一仕事を終えてきたという充実感に包 まれています。
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  このホテルにもお世話になりました。水辺に浮かぶように建つ由緒あるホテ ル。またこの地を訪れた時も私を暖かく出迎えてくれるでしょうか。
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  次回はいよいよ本シリーズの最終回です。  世界遺産、熊野古道南端にある、那智の滝をご紹介して締めくくりたいと思 います。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
SONY α300 → http://www.sony.jp/dslr/products/DSLR-A300/
Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
Panasonic LUMIX DMC-G1 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-G1
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/compact/optio-a30/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2011-01-25 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.