2011-02-08 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第419号をお届けいたします。

◆今週のお気に入り◆(東京都伊豆大島の椿)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §1.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img08423 "Mt.Jiigatake with dawn." 『暁の爺ヶ岳』 Img08492 "Kanmon-Bridge in the twilight." 『夕暮れの関門橋』 Img08562 "Field of sea under the sunset light." 『夕照の海原』 Img08587 "Premonition of fine autumn weather." 『秋晴れの予感』 Img08638 "Silent Moon." 『静かなる月』 Img08691 "Poetry of iron towers." 『鉄塔の詩』 Img08765 "Wish upon wooden clogs." 『下駄に願いを』 Img08903 "Flying in winter sky." 『冬空に飛んで』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.『鳥越章夫・写真教室グループ展2011 in 入間市』が開催されました --------------------------------------------------------------------------  2011年4月から開講予定の、鳥越章夫フォトスクール・所沢校の宣伝を 兼ねて、2011年2月5日〜7日の期間、埼玉県入間市にある 「まるひろデパート・1Fエントランスホール」にて 「鳥越章夫・写真教室グループ展2011」が開催されました。
( photo49 : SONY CyberShot DSC-TX5 )
( photo50 : SONY CyberShot DSC-TX5 )
( photo51 : SONY CyberShot DSC-TX5 )
( photo52 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  2010年末に行われた鳥越の横浜個展で展示されてご好評いただいた 「大判A1プリント」を4点、展示させていただきました。
( photo53 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  とりわけ、「清雲寺のしだれ桜」には、道ゆく人々が目を止めて見入ってい ただいたようです。  このエントランスホールは、まるひろデパート入間店が地元の方々の文化交 流のために無償で提供している施設です。  ご覧のようにスタンドとパネルを使ってホールに即席のギャラリーが設置さ れました。
( photo54 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  展示内容は、鳥越の個展より24点を、鳥越写真教室の受講生の作品から 18点をピックアップして展示させていただきました。
( photo55 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  ご覧のようにパソコン+モニタを持ち込んでスライドショーなども実施しま したが、なにぶん広いホールの中では24インチのモニタといえども、とても 小さく感じます。  もし壁が白かったら、液晶プロジェクターを使ってスライドショーを流すの が最も効果的なのだと思います。  エントランスホールは、ちょうど入口と食品売り場の通り道になっており、 道ゆく人々が美しい自然写真の数々に見入っていました。
( photo56 : SONY CyberShot DSC-TX5 )
( photo57 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  入間市には数多くの写真クラブがあり、年に10回ほど、このエントランス ホールで写真展が開催されるそうですが、ある方から 「今までのクラブ写真展で最も素晴らしかったです」 とお褒めの言葉をいただき、鳥越も誇らしく思いました。  出展していただいた受講生の方々には、改めて感謝申し上げます! ★出展作品のスライドショーをご用意しました。 マウスの左ボタンで下のリンクをクリックしてページを開きご覧ください。 (画面下の[→]ボタンを押すと自動的に画像が切り替わります) http://tory.com/j/club/slideshow/2011/2011-02-05/
(※)スライドショーがご覧になれない方は下記のページにアクセスして 「Flash Player」というプログラムをインストールしてください。 http://get.adobe.com/jp/flashplayer/
--------------------------------------------------------------  写真展で熱心に質問された方の中には 「フィルムカメラからデジカメに変えたのだけど、いまいち使いこなせない」。 「モニタとプリンタの色が一致しないので、いつも苦労している」  といった声が聞かれました。  鳥越のフォトスクールは、そのような悩みに確実にお答えいたします。  この写真展をご覧になって、所沢校に生徒さんが大勢いらしていただけると 嬉しいですね! -------------------------------------------------------------------------- ■2.『鳥越章夫デジタルフォトスクール・所沢校』説明会&無料講習会 --------------------------------------------------------------------------
 ご好評いただいた、鳥越のデジタルフォトスクール(写真教室)の2011年 度が4月から始まります。  このたび、高度経済成長期に都心部のベッドタウンとして成長して、人口 34万人を誇る『所沢市』にてスクールを開講する運びとなりました。  何事も、まずは『知っていただくこと』が肝要と考え、説明会を兼ねた 『デジカメ無料講習会』が開催されます。
◆日時:2011年2月25日(金) 10:00 〜 12:00 <室内講習&説明会> 13:00 〜 15:00 <ミニ撮影会> (雨天中止) ◆場所:所沢市民文化センター・ミューズ・会議室2 (西武新宿線・航空公園駅東口より徒歩10分)
 ニュース(1)で紹介した入間写真展でも、来場者の方々が早速興味を示 しておられました。  ご参加には事前の予約が必要です。  参加ご希望される方は(akio@tory.com)までご連絡をお願いいたします。  詳しくは下の『鳥越章夫フォトスクール』のページを開いてご確認くださ い。 ★☆★ 鳥越章夫フォトスクール(写真教室)のページ ★☆★ http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2011/2011-02-08.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2011/02-08/2011-02-08.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  2011年1月24日〜25日にかけて、1泊2日で 鳥越が主宰する写真クラブ『クラブ・フォトバード』の撮影会が行われました。  今回の訪問地は『伊豆大島』です。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.21.19N34.45.16&ZM=3
(※)伊豆大島の詳細については、2008年に行われた鳥越の取材の様子の ブログ(旧:ブログ)のページをご覧下さい。 ・伊豆大島取材の様子(自然風景写真館ブログ第313〜315号) http://tory.com/j/others/mm_backnumber/2009-01-27.html
http://tory.com/j/others/mm_backnumber/2009-02-03.html
↑このブログは参加者の方々へ事前にご紹介したのですが、 「こんなにスゴイところへ行くのですか?!」  と引かれてしまいました。  しかしご安心下さい。もちろん鳥越のペースで全ての撮影地を回ったら、 皆さん目が回ってしまいますから(笑)、  撮影会では参加者の体力レベルに合わせて撮影内容を設定しますから、どう かご安心下さい。  さて、それでは楽しい楽しい撮影会の様子をご紹介しましょう。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  まずは朝8:00、集合場所のJR二宮駅にて参加者をピックアップし、 西湘バイパスを使って海岸道路を西に走ります。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  小田原市を過ぎ、真鶴道路を走り抜けます。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  やってきたのは温泉場として有名な、静岡県・熱海市の熱海港です。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  まずは船のチケットの購入です。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  大島や神津島、伊豆諸島への玄関口の一つになっている熱海港。これから島 に渡ろうという人でごったがえしていました。
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  既にインターネットから乗船予約をしてあったので、予約番号を伝えてチケッ トを受け取るだけ、ラクチンでした。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  出航時間が近づいて、さあ、いよいよ乗船です。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  鳥越の取材の折には横浜港を出港して船の中で一夜を過ごす便を使ったので すが、しかし撮影会の参加者の方々にそれは酷というものです。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  船酔いの心配な方もおられます。 そのため今回は乗船時間が45分と最短で済む、熱海港からの「ジェット船」 を使ったのでした。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  運賃は片道4000円ほどと割高になりますが、しかしジェット船は船体が 海上に半分浮いてジェット水流の力で航行するので、揺れが少なく、快適なの です。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  雑魚寝の2等船室と違って、ジェット船の船内は、観光バスや飛行機と同じ ように、全て快適なシートとなっています。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  航行速度は時速72km。普通の船の倍のスピードで航行しています。 それでいて揺れは少ないのですから、快適そのもの。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  初島を脇目に見ながらジェット船は快調に航行して大島を目指します。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ちょっとうたた寝をしている間に、もう伊豆大島に到着してしまいました。
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  慌ただしく下船の準備です。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  久しぶりに伊豆大島の土を踏みしめることになりました。 伊豆諸島は「海釣り」のメッカ。釣り客の人も大勢下船します。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  鳥越が撮影会で使用する愛車は「ハイエース・ステーションワゴン」ですが、 今回、島の撮影に使用したのはレンタカーの「ハイエース・バン」です。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  まったく同型車ですが、バン(荷物車)だけあって、後部座席のシートの乗 り心地が悪いのが気になります。  その代わり、荷物はたっぷり積み込めるのですよ。
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さあ、伊豆大島の旅へ出発しましょう。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  と思いきや、まずはいきなりトイレ休憩に立ち止まりました。(笑)
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  しかしこの公衆トイレ、建物の上が展望台になっているようです。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  そこからは太平洋の青い海が見渡せます。なかなか気が利いていますね。
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  広い青い海を見ると、本当に心が晴れ晴れとしてきます。
( photo26 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  さて、伊豆大島の名物といえば、なんといっても「椿」(ツバキ)の花です。 第1の撮影地、「椿園」にやってきました。  すると、駐車場では「あんこ娘」が出迎えてくれました。
( photo27 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さっそく、あんこ姫は参加者のカメラの砲列に取り囲まれます。(笑)
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  しかしそこはさすが笑顔のプロ。どんな状況にあっても、伊豆大島の振興の ために笑顔を欠かさないのです。
( photo29 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + Tamron SPAF90mmF/2.8 Di MACRO )  さて、椿園に入りましょう。入園料が無料なのは嬉しいですね。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ちょっと時期が早かったのか、お目当ての椿はまだチラホラと咲き始めたば かりでした。
( photo33 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  しかし時折みかける椿の花をクローズアップして撮れば、美しい花の情緒を 写し止めることができます。
( photo31 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  木陰にひっそりと咲く様子が可愛らしい。  こちらは下向きに、こぼれ落ちそうに咲く、白い清楚な椿です。
( photo32 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  椿の花は綺麗な形を保ったまま「ポトリ」と地面に落ちます。しかし散って もなお美しく形をとどめておく姿が素晴らしいですね。
( photo34 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  これらの花の写真の背後にある「丸いキラキラぼけ」はどうやって作るので しょうか?  せっかくの撮影会ですから、鳥越がそのコツを伝授いたしましょう。
( photo35 : COOLPIX S640 )  まずは太陽に向かって逆光で花を撮影することです。
( photo37 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ピンクの椿の背後に、また別の椿の木があって、その葉っぱがキラキラと光っ ているのが見えるでしょうか?  望遠レンズで画角を狭くして、それを花の背後に来るようにはいちするので す。  すると、ほら、こんなに綺麗に丸ボケが写りますよ。
( photo36 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  キラキラぼけもいいですが、木陰にひっそりと、これから咲き始めようかと いう蕾(つぼみ)を見つけました。  その柔らかく、初々しい様子は、まるで赤子の頬を見ているようです。
( photo38 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + Tamron SPAF90mmF/2.8 Di MACRO )  伊豆大島のもう一つの名産品といえば、新鮮野菜の「明日葉(あしたば)」 です。  「明日葉のソフトクリーム」は無いものかと探していましたが、残念、 「明日葉のアイスクリーム」を発見するに止まりました。
( photo39 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さあ、午前中の撮影はここまで、そろそろお腹がすいてきました。
( photo40 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  再び港に戻り、近くの食堂に入ります。
( photo41 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  いただいたのは「サザエ丼」。しこしこしたサザエの身がたっぷりと入って いて、とても美味しくいただきました。
( photo42 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さあ、午後の撮影会のはじまりです。
( photo43 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  やってきたのは、以前は穴場だった「月の裏砂漠」です。 しかし最近ではすっかり有名になってしまったらしく、ご覧のように立派な看 板ができてしまっていました。
( photo44 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  その裏砂漠を目指してハイエースはひた走ります。
( photo45 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  駐車場にハイエースを停めて、あとは徒歩で出発です。
( photo46 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  いかがですか?この広漠とした様子。ラクダに乗ってはいないけれど、プチ 砂漠の雰囲気が楽しめます。
( photo47 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  伊豆大島、三原山の荒涼たる山麓を歩き、一行は一体どんな風景に巡り逢う のでしょうか?
( photo48 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  今週は残念ながらここまで。  この後の様子は来週のブログでお楽しみ下さい。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ SONY CyberShot DSC-TX5 → http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-TX5/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
FUJIFILM FinePix-S3Pro → http://www.fujifilm.co.jp/news_r/nrj1242.html
COOLPIX S640 → http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/style/s640/
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2011-02-08 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.