2011-02-22 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第421号をお届けいたします。

◆今週のお気に入り◆(東京都伊豆大島)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §1.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img08593 "Light from beyond the horizon." 『地平線の彼方から』 Img08600 "Spreading scale cloud" 『広がりゆく鱗雲』 Img08709 "Mt.Fuji and lonely cloud with sunset." 『夕富士とはぐれ雲』 Img08880 "Light and Cloud." 『光と雲』 Img08896 "The coast perfectly clear." 『澄み渡る海岸』 Img08933 "Limitless snow field." 『限りなき雪原』 Img08988 "The blue stage." 『青き舞台』 Img08996 "Underwater panorama" 『水中のパノラマ』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.『鳥越章夫デジタルフォトスクール・所沢校』説明会&無料講習会 --------------------------------------------------------------------------
 ご好評いただいた、鳥越のデジタルフォトスクール(写真教室)の2011年 度が4月から始まります。  このたび、高度経済成長期に都心部のベッドタウンとして成長して、人口 34万人を誇る『所沢市』にてスクールを開講する運びとなりました。  何事も、まずは『知っていただくこと』が肝要と考え、説明会を兼ねた 『デジカメ無料講習会』が開催されます。
◆日時:2011年2月25日(金) 10:00 〜 12:00 <室内講習&説明会> 13:00 〜 15:00 <ミニ撮影会> (雨天中止) ◆場所:所沢市民文化センター・ミューズ・会議室2 (西武新宿線・航空公園駅東口より徒歩10分)
 面白くてためになる鳥越のデジタルフォトスクール。  ぜひこの機会に、埼玉方面の方々にも体感していただきたいと思います。  ご参加には事前のご予約が必要です。  参加ご希望される方は(akio@tory.com)までご連絡をお願いいたします。  詳しくは下の『鳥越章夫フォトスクール』のページを開いてご確認くださ い。 ★☆★ 鳥越章夫フォトスクール(写真教室)のページ ★☆★ http://tory.com/j/lecture/index.html
-------------------------------------------------------------------------- ■2.『クラブ・フォトバード写真展2011 in 秦野市』が開催されます --------------------------------------------------------------------------
 鳥のように自由に各地を巡って写真を撮る。 そんな仲間たちが集まる「クラブ・フォトバード」 その会員たちによるグループ展が、神奈川県・秦野市にて開催されます。 ・半切ノートリ(A3相当サイズ)が37枚 ・講師よりA2サイズのプリントが3枚  合計40枚の作品を展示予定です。  特に、講師の作品は、レイヤー合成、HDRなど、 最新のデジタル処理を取り入れた作品を敢えて採用して展示する予定です。 この機会にぜひご覧下さい。 ●会場:秦野市民ギャラリー(宮永岳彦記念美術館に併設) (小田急小田原線・鶴巻温泉駅・徒歩2分) ●期間:2011年2月25日(金)〜3月2日(水)★休館日:2/28(月) 10:00〜18:00(※最終日17:00まで) (※入場無料 ※) ★↓詳しくは下の「写真展情報」のページをご覧下さい↓ http://tory.com/j/exhibition/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2011/2011-02-22.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2011/02-22/2011-02-22.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  2011年1月24日〜25日にかけて、伊豆大島にて、1泊2日で 鳥越が主宰する写真クラブ『クラブ・フォトバード』の撮影会が行われました。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.21.19N34.45.16&ZM=3
(※)伊豆大島の詳細については、2008年に行われた鳥越の取材の様子の ブログ(旧:ブログ)のページをご覧下さい。 ・伊豆大島取材の様子(自然風景写真館ブログ第313〜315号) http://tory.com/j/others/mm_backnumber/2009-01-27.html
http://tory.com/j/others/mm_backnumber/2009-02-03.html
 今回は最終回の第3弾をお届けいたします。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さて、三原山の山麓にやってきた一行は、本日どんな風景に出逢えるのでしょうか?
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  いつもは黒々とした溶岩大地に覆われている三原山ですが、夜のうちに通過した 寒気の影響で山麓には、うっすらと白い雪が積もっていました。
( photo10 : Microsoft-ICE にてパノラマ化 )  黒々とした風景も迫力がありますが、白い雪が降ったことにより、白と黒とのコ ントラスト(明暗差)がはっきりとして、より風景としての深みが増したと言える でしょう。  これは大変ラッキーなことです。
( photo11 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  以前に訪れた取材の時には2頭の馬を見かけましたが、今回は1頭のお馬さんの 姿を見かけました。
( photo12 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  動物はいつでも人気の被写体です、参加者の皆さん、いっせいにカメラをお馬さ んの方へ向けてシャッターを切り始めました。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  それに興味を示したのか、お馬さんは柵の方へと駆け寄ってきて盛んに顔を伸ば してきます。すっかり観光客なれしているようですね。(笑)
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  そのお馬さんを、カメラを地面すれすれに構えて、下から見上げるようにして撮っ てみました。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  このような時はピントのはっきりするコンパクトカメラの方が向いているでしょ うね。一眼デジカメだと逆にピントを外してボケてしまいやすいのです。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さあ、三原山の頂上へ向かってカメラ散歩に出かけましょう。ゆっくり写真を撮 りながら歩いて1時間ほどの道のりです。
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  山頂展望台まではご覧のように舗装された快適な遊歩道が続いています。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  その道すがら、皆さんさかんに止まってカメラを向けています。一体何があるの でしょうか?
( photo19 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  ご覧のように、道の脇のちょっとした草むらには、もう春の芽吹きが始まってい ました。
( photo20 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  空は良く晴れて、青い空に美しい白く輝く雲が沸き立っています。
( photo21 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  ご覧のように20年ほど前の大噴火の時に流れ出した溶岩が迫ってくる様子がよ く分かります。
( photo22 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  山頂への遊歩道はやがて急勾配にさしかかってきました。うっすらと積もった雪 が白いカーペットを敷いたようです。滑らないように、ゆっくり歩いて行きましょ う。
( photo23 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  写真を撮りながらゆっくり歩く私たちを、ハイカーの方達が颯爽と追い越して歩 いてゆきました。
( photo24 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  うっすらと積もった雪を踏みしめながら、やがて私たちは山頂展望台へと到着し ました。
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  展望台の階段を気をつけて登って行きましょう。
( photo27 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  展望台に登ると、なかなかの良い眺めです。
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ご覧のように三原山の火口の間近まで迫ってきました。
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  火口見物の遊歩道から二人の人影が迫ってきました。
( photo30 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  どうやら父と娘の親子連れのようです。休日を楽しんでいるようで微笑ましいで すね。
( photo31 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  しかし火口付近の岩塊をクローズアップしてみると、そこかしこで水蒸気が立ち 上っているのを目にすることが出来ます。
( photo32 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  折しも、九州の新燃岳では火山活動が活発な様子。 火山列島の日本では、今日もどこかで火山活動が起こっていますし、そしてこの三 原山も、あと何十年後に、また大噴火をしないとも限りません。  ここは地球の息吹を間近に感じることのできる場所なのです。  さて、山頂付近の原始風景を楽しんで一行は遊歩道を降り始めました。
( photo33 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  帰りは下りです。あっという間にレストハウスへと戻ってきました。
( photo34 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  参加者の皆さんにとっては、各地の名物をおみやげに買って帰るのも楽しみのひ とつです。
( photo35 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、しっかり歩いてお腹もすきましたね。 ネットで検索して評判が良さそうな「島ごはん」が食べられるお店へ向かいましょ う。
( photo36 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  「木里吉里」というこのお店、場所が分かりづらく、また道は軽自動車がやっと 通れるほどの狭さ。
( photo37 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  レンタカーのハイエースは車幅がそれほどでもないので、なんとか通れましたが、 鳥越の所有する新型ハイエースは車幅が広くなったので、それで来ていたら、通る ことさえ不可能だったでしょう。  なんとか無事にお店にたどり着きました。ログハウス風のお洒落な建物です。
( photo38 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo39 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  テラスからはご覧のように青い海を気持ちよく見渡すことができます。
( photo40 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ログハウス風の店内は、それほど広くないために完全予約制。 今回は9名の大所帯だったので、初日の予約ができず、2日目に入ることができま した。
( photo41 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  店主は陶芸などもなさっているようで、窓辺には可愛らしいオブジェが置かれて います。
( photo42 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  カレーとピザ食べ放題のコースは2500円と、ちょっと割高に感じますが、し かし食材にこだわったメニューは大変おいしく、内容はボリューム満点です。
( photo43 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  カレーは3種類ほど用意されて色々な味を楽しめますし。ライスもナンも両方い ただくことができます。
( photo44 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  仕上げはデザート、和風の方は「くず」、洋風をご希望の方にはチョコレートケー キが用意されています。
( photo45 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  得に「くず」は大変濃厚で、普通のくずは「ぷるぷる」していてスプーンで切る ことができるのですが。  ここのお店のくずは濃厚すぎて切ることができず、例えて言えば「マーガリンの 固まり」を削って食べるような濃密度でした。(笑)  さて、大満足のお店で、ゆったりとしたくつろぎのひとときを楽しんでいたので すが、気がついたらフェリー出航前20分になっていました。(笑)  慌てて港に向かいます。
( photo46 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  出港に乗り遅れたら一日待たないといけません。慌ただしく荷物を降ろします。
( photo47 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  そのような慌ただしいよそ者をよそ目に、島猫は悠然とひなたぼっこをしていま した。
( photo48 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さあ、たっぷり楽しんだ伊豆大島ともいよいよお別れの時間が迫ってきました。
( photo49 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  停泊しているジェット船に次々と乗り込みます。
( photo50 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  40分ほどの航行で、再び熱海港へと戻ってきました。
( photo51 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo52 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  再びハイエースへと乗り換え、解散場所のJR二宮駅へと向かいます。
( photo53 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo54 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  こうして無事に1泊の撮影旅行は終了しました。
( photo55 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  大変盛りだくさんだった1泊2日でしたが、参加者の皆さんはお疲れになったこ とでしょう。  ゆっくりお休みになってください。  そしてまた次の撮影旅行に出かけましょう!
( photo56 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ★☆★ 参加者のご感想文が届きました ★☆★  今回の伊豆大島撮影会に参加された方々の中から、写真と感想文が届きました それをご紹介したいと思います。 ■1-F.M.さん  初めての宿泊撮影会参加です。伊豆大島と言えば、“椿祭り”が有名。 どんな花に出会うか楽しみに行きましたが、今年は開花が遅れているのか時 期が早かったのか…。少々寂しい景色でした。 撮影場所は椿花ガーデン・波浮港見晴台・オタイネの碑・筆島海岸・裏砂 漠・三原山と馬牧場などの先生お勧めポイントへ案内して頂きました。 1日目は晴天に恵まれたものの強風との戦い。特に裏砂漠での強風の体験は 恐怖感がありました。 2日目は前夜の雨のせいで雲が取れず、待望の日の出が撮れなくて残念。 それに代わる波浮港の夜明けを撮影したり、その時々の判断で対応して下さ いました。 三原山に雪が積もり、踏みしめながら展望台まで歩いたのも印象深いもので した。 2日間の撮影枚数は多いのですが、作品となるものがあるかどうか、これか らゆっくり確認です。 講師と運転・TDの3役をこなして下さった先生に感謝いたします。お疲れさ までした。
( photo01 : Nikon D90 + AF-S DX VR-ZoomNikkorED18-200mmF3.5-5.6G )
( photo02 : Nikon D90 + AF-S DX VR-ZoomNikkorED18-200mmF3.5-5.6G ) ■2-S.K.さん  初めての撮影会参加で先生のアドバイスを受けながら 写真を撮る事が精一杯でした。 ホワイトバランス等 お教室では体験できない被写体を前にしての アドバイスは皆さんと 和やかな雰囲気のなかで勉強出来たと思います。 こだわりのカレー屋さんに接して 日頃を反省し少しでも技術がレベルアップし 写真の面白さを感じられればと思いました。
( photo03 : Nikon D80 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )
( photo04 : Nikon D80 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )
( photo05 : Nikon D80 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR ) ■3-M.I.さん  初めて1泊の撮影会に参加させていただきました。 不安もありましたが、同じ初級クラスの方ばかりで和気藹々と楽しい撮影会でした。 経験が浅いので、いままでマニュアル露出がいまひとつ苦手でしたが、 撮影場所ごとに先生が適正な露出を教えてくださり、少しずつなれることができまし た。 被写体の狙い方でも一言助言をいただけると、ぜんぜん違う景色が見えてきて、 とても勉強になりました。 離島ならではの青い海、思いがけず夜中に降った雪が積もった溶岩、いろいろな種類 の椿、 大島ならではのものにたくさん出会えてよい経験ができました。 ありがとうございました。
( photo06 : Canon EOS Kiss X3 + EF-S 55-200mm F4-5.6 IS )
( photo07 : Canon EOS Kiss X3 + EF-S 55-200mm F4-5.6 IS )
( photo08 : Canon EOS Kiss X3 + EF-S 18-55mm F4-5.6 IS )  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
FUJIFILM FinePix-S3Pro → http://www.fujifilm.co.jp/news_r/nrj1242.html
Nikon D90 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d90/
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2011-02-22 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.