2011-04-19 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第428号をお届けいたします。

◆今週のお気に入り◆(神奈川県真鶴町・荒井城址公園にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §1.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img08061 "Exhilarating Wisteria." 『爽快なる藤の花』 Img08226 "non-title." 『動き出した山々』 Img08277 "The blooming sunset cosmos." 『キバナコスモスの咲く季節』 Img08285 "Shadow of path." 『小道の影』 Img08300 "Profile of a guardian deity of children." 『横顔のお地蔵様』 Img08342 "Fall season goes beyond." 『過ぎゆく秋の季節』 Img08389 "non-title." 『---』 Img08627 "non-title." 『---』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.『クラブ・フォトバード写真展2011〜横浜〜』終了しました --------------------------------------------------------------------------
 鳥のように自由に各地を巡って写真を撮る。 そんな仲間たちが集まる「クラブ・フォトバード」 その会員たちによるグループ展が、神奈川県・横浜市の 「かながわ労働プラザ・ギャラリー」にて開催されました。
( photo51 : Canon EOS-Kiss-Digital-N + SIGMA18-125mmF3.8-5.6DC/OS/HSM )  3月開催予定でしたが、間際で発生した震災の影響により、4月への延期と なってしまいましたが、会員諸氏の奮闘により無事に開催することができまし た。
( photo52 : FUJIFILM FinePix-F31fd )  サイズは半切ノートリ、会員から53点、講師から3点の合計53点の作品 が壁面にずらりと並んだ様子は圧巻です。
( photo53 : SONY CyberShot DSC-TX5 )
( photo57 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  震災の影響で入場者数は昨年より若干減ってしまったようですが、それでも ピーク時には一日100人前後の方々にご来場いただき、お陰様で盛況いただ きました。
( photo54 : FUJIFILM FinePix-F31fd )
( photo55 : FUJIFILM FinePix-F31fd )
( photo56 : FUJIFILM FinePix-F31fd )  搬出の直前には、恒例となった鳥越による「作品講評会」を行いました。
( photo58 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  講師がレタッチ&プリントを担当した作品については「レタッチ前とレタッ チ後の比較」を行いました。レタッチをすることにより、作品がますます引き 立つことの良い実例だと思います。
( photo59 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  会場内には50名ちかくの会員さんが一堂に会したため、熱気に包まれて、 汗ばむくらいで、皆さん熱心に聞き入っていました。
( photo60 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  講師の鳥越は、これからも会員の方々が安心してデジタルフォトを楽しめる ように努力して参ります。  ご来場いただいた多くの方々にはこの場を借りて感謝申し上げます。  どうもありがとうございました。 ★↓詳しくは下の「写真展情報」のページをご覧下さい↓ http://tory.com/j/exhibition/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2011/2011-04-19.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2011/04-19/2011-04-19.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  4月上旬の吉日、鳥越が主宰するクラブ・フォトバードのメンバーは、本日 はどこへ向かうのでしょうか。
( photo01 : PENTAX Optio-A30 )  首都高速道路横浜線を走り抜け。
( photo02 : PENTAX Optio-A30 )  高速道路、小田原厚木道路を走って、富士山の見える小田原市までやってき ました。
( photo03 : PENTAX Optio-A30 )  小田原の名物のひとつといえば「みかん」です。
( photo04 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  さっそくご当地ソフトの「みかんソフト」をいただきました。
( photo05 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  いつもは一日の締めにソフトをいただくのですが、もういきなり最初からソ フトクリームを食べてパワー全開です。(笑)  箱根に近い小田原市の山奥にやってきました。
( photo06 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  最初の目的地は「長興山の枝垂れ桜」です。
( photo07 : SONY CyberShot DSC-TX5 )
( photo08 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  山奥に突如として現れる樹齢数百年を数える枝垂れ桜の迫力に圧倒されます。
( photo09 : SONY α55 + SIGMA17-70mmF2.8-4.5DC )  アングルを変えながら色々撮ってみましょう。植え込みごしに撮影してそれ を少し前ボケに入れることで奥行き感を出してみます。
( photo10 : SONY α55 + AFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  広角レンズで下から仰ぎ見るようにして枝振りの見事な広がりを表現してみ ましょう。
( photo11 : SONY α55 + SIGMA17-70mmF2.8-4.5DC )  空の青さと淡いピンク色の花びらの透明感を表現するために、露出を慎重に 決定しましょう。そしてRAW現像の時に両者のバランスを取りながらレタッ チして仕上げています。  順光で撮影すると、清涼感があり、、
( photo12 : SONY α55 + SIGMA17-70mmF2.8-4.5DC )  逆光で撮影すると透明感があります。
( photo13 : SONY α55 + SIGMA17-70mmF2.8-4.5DC )  まるで枝垂れ桜のシャワーの中にいるようです。  枝垂れ桜は全体を撮影するのもいいですが、枝先に咲く花のひとつひとつが 繊細でそれを撮影するのも楽しみです。
( photo14 : SONY CyberShot DSC-TX5 )
( photo15 : SONY α55 + AFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  桜の木の本体だけでなく、「枝垂れ桜が咲いている環境」にも眼を向けて見 ましょう。  石段や手前に咲くラッパスイセンなど。それらを一緒に撮影して暖かい春の 日を表現してみてください。
( photo16 : SONY α55 + SIGMA17-70mmF2.8-4.5DC )  農道を少し上ると、その枝垂れ桜を見下ろすことができます。
( photo17 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  こうして遠くから見ると、桜の大きさに比べて人間がとてもちっぽけに見え ますね。人間よりも遙かに長い年月を生きる枝垂れ桜に畏敬の念が湧いてきま す。
( photo18 : SONY α55 + SIGMA17-70mmF2.8-4.5DC )
( photo19 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  2時間ほど、たっぷりと撮影を楽しんだら、茶屋で一服いれましょう。
( photo20 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  「さくらまんじゅう」「よもぎだんご」「さくら茶」の3点セットで桜の風 味を満喫します。
( photo21 : SONY CyberShot DSC-TX5 ) 花も団子もどちらもいただきたいという欲張りなセットです。(笑)  さて、長興山を離れて、海沿いのバイパスを走り抜けます。
( photo22 : PENTAX Optio-A30 )  そろそろお昼時ですね。
( photo23 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  眺めの良い食事処でお腹を満たしましょう。
( photo24 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  思わず、好物のそばに手を出しそうになりましたが。。 真鶴まで来たのですから、やはり海の幸をいただかなければ、と思い踏みとど まりました。(笑)
( photo25 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  さて、再び海岸道路を走り抜け。
( photo26 : PENTAX Optio-A30 )  真鶴の町を見下ろす高台の上に。
( photo27 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  次の撮影地、「荒井城址公園」があります。
( photo28 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  小高い丘の上に、森に囲まれた小さな桃源郷がありました。
( photo29 : SONY α55 + SIGMA17-70mmF2.8-4.5DC )  「シモクレン」(紫木蓮)が綺麗に咲いています。
( photo30 : SONY α55 + SIGMA17-70mmF2.8-4.5DC )  順光でばかり撮影していては面白くありません。やはりここは太陽を見上げ るようにして逆光で撮影してみましょう。
( photo31 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  逆光でそのまま撮ってしまっては暗く写ってしまいます。 そこでカメラが示す値よりも、かなり明るめに写してハイキー調のイメージで 撮影してみましょう。
( photo32 : SONY α55 + AFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  ボタニカルアート風の淡いイメージの写真が撮れます。  ちょうど春休みで子供さんたちが遊んでいました。シモクレンを前ボケに活 用して画面に立体感を持たせてみます。
( photo33 : SONY α55 + AFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  ここ荒井城址公園はシダレザクラの名所でもあります。 ソメイヨシノがまだどこも咲いていないので、この場所を選定しました。
( photo34 : SONY α55 + AFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  暖かい春の日を、絵画を描いて過ごす。そんな穏やかな平和な日々がいつま でも続いて欲しいと願うのです。
( photo35 : SONY α55 + AFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  公園の奥にある竹林にやってきました。ここでどんな作品が撮れるかチャレ ンジしてみましょう。
( photo36 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  広角レンズを竹の根元にセットして、見上げるように撮影してみました。 太陽の光がほんの少しだけ竹の幹の脇から見えるように、アングルを微妙に調 整するのがポイントです。
( photo37 : SONY α55 + SIGMA17-70mmF2.8-4.5DC )  背面液晶がマルチアングルに稼働してライブビューの操作性がアップした α55だからこそ可能な芸当です。  広角で撮影したら今度は望遠レンズの出番です。林立する竹林の奥を狙って みましょう。
( photo38 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  一つの岳にピントを合わせて後はボカす。大口径望遠ズームレンズならでは 美しい描写です。
( photo39 : SONY α55 + AFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  再び、シダレザクラの一枝を狙ってみましょう。
( photo40 : Nikon D90 + AF-S DX VR-ZoomNikkorED18-200mmF3.5-5.6G )  先端にある可愛らしいピンク色のつぼみが印象的です。
( photo42 : SONY α55 + AFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  日陰になっている花を狙って柔らかく描写してみましょう。 標準の露出で撮影すると暗い印象になるので、露出を多めにとって明るく描写 するのがコツです。  最後にやってきたのは小田原市の「早川観音」+「真福寺」です。
( photo43 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  ここにも見事なシダレザクラがありました。ソメイヨシノが咲いていないも のですから、今日は本当に枝垂れづくしですね。(笑)
( photo44 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  黄色い花は「ヒュウガミズキ」です。
( photo45 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  それを前ボケに使って、奥の桜にピントを合わせて撮影してみました。
( photo46 : SONY α55 + AFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  サザンカの花が咲いています。その奥には可愛らしいお地蔵様がいます。
( photo47 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  サザンカの花と葉を前ボケに使って、お地蔵様を撮影してみました。 平板な写真にならないように、被写体だけでなく、前と背景にも気を配ってみ ましょう。
( photo48 : SONY α55 + AFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  一日たっぷりと撮影を楽しんだ一行は、再び小田原厚木道路を帰って行きま す。
( photo49 : PENTAX Optio-A30 )  こうして無事に横浜駅に戻って解散しました。 充実した一日でした。
( photo50 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  当初、4月に入ってもソメイヨシノがどこも咲いておらず、開催が危ぶまれ ましたが、花の咲く時期の早い他の桜の品種に注目して、撮影地を選定したと ころ、事なきを得ました。  いや、むしろソメイヨシノの時期になると観光客が押し寄せて、ゆっくり撮 影を楽しめなかったかも知れません。  臨機応変な対応が功を奏したともいえるでしょう。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回の速報写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-F31fd → http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixf31fd/
Canon EOS-Kiss-Digital-N → http://cweb.canon.jp/e-support/qa/1055/app/servlet/qadoc?qa=042810
SONY CyberShot DSC-TX5 → http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-TX5/
Nikon D90 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d90/
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/compact/optio-a30/
SONY α55 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A55VL/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2011-04-19 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.