2011-07-05 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第439号をお届けいたします。

◆今週のお気に入り◆(群馬県・尾瀬ヶ原の夜明け)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §1.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img09008 "The ladies in Ryukyu Island." 『琉球の女』 Img09043 "A cat in plum-grove park." 『梅林のネコ』 Img09079 "Forest of Illusion." 『幻影の森』 Img09232 "Paradise of daffodil." 『ラッパスイセンの楽園』 Img09240 "Lovers start on a journey." 『旅立ちのふたり』 Img09412 "The world of mushrooms." 『キノコの世界』 Img09547 "Melody of water." 『水の調べ』 Img09660 "Sunset on the cape." 『岬の夕暮れ』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.鳥越の過去の個展作品のスライドショーをご覧になれます --------------------------------------------------------------------------  自然風景写真館のトップページに、鳥越の過去の個展作品のスライドショー へのクイックリンクを設置いたしました。  これまで別の部屋にあり、分かりづらかった個展情報を省いて、作品そのも のを即座に見られるように改良しました。  テーマに沿って、厳選したクオリティの高い作品群を一度にご覧になれます。 http://tory.com/
にアクセスして、ページの中程をご覧ください。 -------------------------------------------------------------------------- ■2.鳥越章夫デジタルフォトスクール2011年6月の様子をお届けします --------------------------------------------------------------------------  きめ細やかで、的確なアドバイスにより、ご好評いただいている 「鳥越章夫のデジタルフォトスクール」。  こちらは6月16日に実施された『松田校・デジカメ中級クラス』の午前中 ミニ撮影会の様子です。  会場は神奈川県二宮町にある「せせらぎ公園」です。
( photo39 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  6月中旬の時期は正に菖蒲が花盛りです。
( photo40 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  今回の講座のテーマは『ホワイトバランス』です。 ホワイトバランスを一言で言うと「デジカメのカラーバランスを整える」とい うことになり、これは素晴らしい機能なのですが、正しく理解して使いこなし ている方はそう多くはありません。  詳しくは講座の中でないと十分説明しきれないのですが、、 ブログではそのエッセンスをちょっとだけ紹介しましょう。  ご覧のように日本の印刷原稿の基準とされている5000K(ケルビン)の 色の偏りの無い、無彩色カードを被写体の前にかざします。
( photo41 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  曇りや雨の日には、晴れの日の光に比べてカラーバランスは青色に偏ってい ます。  撮影された画像をレタッチソフト(RAW現像ソフト)に読み込み 「ホワイトバランス・ツール」を呼び出します。
( photo42 : ※パソコン画面のコピーです )  撮影された画像の中の無彩色カードの部分をクリックすると、、、
( photo43 : ※パソコン画面のコピーです )  これだけの操作一発で、カラーバランスを整えることができるのです。
( photo44 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  先ほどの画像に比べて、青色の偏りが取れて、花の色に暖かみが増したこと がお分かりになるでしょうか?  実はこれ「晴天時に撮影した花の色」と同じになるのです。  他の生徒さんにも、このカードを撮影しておいてもらいました。
( photo45 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  「デジタルカメラの色がおかしい」というお悩みを持たれている方が多いよ うですが、ほとんどは、このホワイトバランスを整えることで解決できるので す。(最近のデジカメはだいぶカラーが整うようになってきたようですが)  そして、基準に合わせた後、ソフトのスライダーを動かすだけで、 カラーのイメージを自分の好みに合わせて微調整することができます  このような素晴らしい機能を発揮する「ホワイトバランス」なのですが、 残念ながら正しい理解と使いこなしの普及は遅れているようです。  鳥越のフォトスクールでは、このホワイトバランスのマスターにも力を入れ ています。  さて、難しい話しはさておいて、菖蒲はとても綺麗です。  PanasonicのミラーレスデジカメにPENTAXのソフトレンズを装着して、撮影 してみましょう。  光のにじみがとても綺麗です。
( photo46 : Panasonic G-2 + smc-PENTAX FAソフト85mmF2.8 )  今度はNikonマウントのタムロン製マクロレンズを装着してみます。 Panasnic G-2 のイメージセンサーはフルサイズの1/2の画角なので、拡大 率がさらに上がります。  これはハルシオンの小さな花ですが、こんなに大きく拡大できました。
( photo47 : Panasonic G-2 + Tamron SPAF90mmF/2.8 Di MACRO )  ちょっと遠くの菖蒲の花の上で、クモの赤ちゃんが遊んでいました。
( photo48 : Panasonic G-2 + Tamron SPAF90mmF/2.8 Di MACRO ) 90mmのレンズをフォーサーズのカメラに装着すると、フルサイズの焦点距 離180mm相当になるので、遠くの昆虫を狙うのに有利です。  こちらは木陰で一休みしているカトンボです。 バックにアジサイの花をあしらって、シルエットを強調しているのがポイント です。
( photo49 : Panasonic G-2 + Tamron SPAF90mmF/2.8 Di MACRO )  トノサマバッタの赤ちゃんもいました。
( photo50 : Panasonic G-2 + Tamron SPAF90mmF/2.8 Di MACRO )  このせせらぎ公園の菖蒲園は、前回ご紹介した「横須賀菖蒲園」に比べて、 あまり農薬を使っていないので、野趣な雰囲気はありますが、しかしこうして 虫たちが生き生きとしています。  葉っぱの上で、シジミチョウもこうして楽しそうに遊んでいました。
( photo51 : Panasonic G-2 + Tamron SPAF90mmF/2.8 Di MACRO )  フォトスクールは途中応募もしております。 ★↓詳しくは下の「写真教室」のページをご覧下さい↓ http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2011/2011-07-05.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2011/07-05/2011-07-05.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  鳥越が主宰する写真クラブ『クラブ・フォトバード』は、 群馬県北部にある「尾瀬ヶ原」の撮影会に来ております。  今回はその2日目の様子をご紹介しましょう。  鳩待峠を下って尾瀬ヶ原に入り、至仏山荘に1泊した一行は、翌朝3時半に 起床して、朝の撮影の身支度を調えます。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  この時期の日の出時刻は4時30分です。風景写真は早朝の時間帯が勝負。 眠い眼をこすって、まだ暗い木道を撮影ポイント目指して歩いてゆきます。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-TZ10 )  湿原の中、撮影ポイントに到着しました。各自、撮影の準備を整えます。
( photo03 : SANYO Xacti DMX-CA100 )  ここは湿原ごしに燧ヶ岳を望むポイントですが、反対側には至仏山を見るこ ともできます。
( photo04 : RICOH GX200 )  まだあたりは暗いですが、長時間露光を行えば風景は写るはずです。池塘の 向こうに立ち並ぶシラカバ林が絵になる場所です。望遠レンズで狙ってみましょ う。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  池塘には霧が立ちこめ、水面に映るシラカバの木々を幻想的に浮かび上がら せました。ミスティックブルーに染まる湿原と森が素敵です。
( photo06 : Nikon D700 + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  東の方向には燧ヶ岳(ひうちがたけ)の雄姿が見えます。 雲が多く、日の出は見られないかも知れないですが、朝焼け色に染まる瞬間を 期待して息を殺して待つことにしましょう。
( photo07 : SANYO Xacti DMX-CA100 )  やがて東の空があかね色に染まり始めました。チャンス到来です。 空の色が湿原の水面の映り込み、シンメトリーの構図を描き出します。
( photo08 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  朝焼けが染まっている雲の一部を望遠レンズでクローズアップしてみます。 ドラマチックな色合いです
( photo09 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  上空は雨雲に覆われていながら、東の空だけが奇跡的にぽっかりと晴れ間が 覗きました。半分あきらめていたのですが、やはり早起きは三文の得です。
( photo10 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  やがて一条の光が燧ヶ岳の裾野からあふれ出て、上空へと広がってゆきまし た。
( photo11 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  この後、東の空は再び雲に覆われ、夢のようなひとときはフィナーレを迎え たのです。  一行は再び山荘に向かって帰って行きました。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-TZ10 )  早朝撮影は帰りが何時になるか分からないので、おにぎりとお茶のお弁当に してもらったのですが、宿のご厚意で、暖かいお味噌汁のサービスがつきまし た。雨に濡れて冷えた体には何よりのごちそうですね。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  朝ご飯を食べ終えたら、雨が小やみになったところで、再び湿原に出てみま しょう。
( photo14 : SANYO Xacti DMX-CA100 )  今度のターゲットは「ミズバショウ」です。湿原の低い位置に咲くので、カ メラをセットするのに苦労します。  やはり手持ちではなく、しっかり三脚に固定して撮影したいものです。 Gitzoの GT2540EX(エクスプローラー)は超ローアングル撮影ができる ので重宝します。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  そして、Nikonの新型デジカメ D5100 は、D5100に比べて、マルチアングル 液晶が横開きになったので、三脚使用時にも邪魔にならなくなりました。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ライブビューを併用してピントチェックをすれば、従来のファインダーでは 考えられないくらいピントの精度がアップします。  これで「アングルファインダー」を持ち歩かなくても済むようになりました。  みずみずしいミズバショウはやはり絵になります。
( photo17 : Nikon D5100 + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  ご覧のように湿原はミズバショウであふれかえっています。けれども形の良 い花を咲くのはけっこう苦労しますね。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ちょっと奥に咲いている花を狙って、左右両脇にあるミズバショウの花を前 ボケにあしらって画面を作って見ました。
( photo19 : Nikon D5100 + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  雨上がりには草の先端に水滴が付いて、とても魅力的です。
( photo20 : Nikon D5100 + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  やはり雨の日にこそ撮影に出かけるべきでしょう。
( photo21 : Nikon D5100 + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  ミズバショウの撮影をたっぷり楽しんだら、山荘に戻って一休み。 疲れたときには甘い物が一番です。
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  というわけで、あまーい「花豆ソフト」に舌鼓を打ったのでした。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  山荘で休憩を終えた一行は、尾瀬ヶ原を後にして、鳩待峠を目指します。
( photo25 : RICOH GX200 )  途中、森の緑が可愛らしく芽吹き初めていました。
( photo26 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  尾瀬は近隣の学生たちが遠足に訪れるかっこうの場所です。 先生が山の名前を子ども達に教えているところでしょう。
( photo27 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  その指さす遙か先には、森の新緑が眩しいくらいに輝いていました。
( photo28 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  鳩待峠に着く頃、空を覆っていた雲は晴れ、太陽の光が森にそそぎ始めまし た。その途端に、周囲の木々の緑がいっそう輝きを増します。
( photo29 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  このブナの巨木は峠を往来する人々を何十年となく、見続けて来たのでしょ う。暑い日も寒い日も、変わることなく生き続ける姿がそこにはあります。
( photo30 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  写真を撮りながら、たっぷり2時間ほどかけて、鳩待峠に到着しました。
( photo31 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  鳩待峠からはチャーターしたマイクロバスで戸倉集落へ戻ります。
( photo33 : RICOH GX200 )  再びハイエース号へと戻ってきました。空はすっかり晴れ渡っていています。 この晴天が早朝訪れていればと思いますが、それは贅沢な相談でしょうね。
( photo34 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  20分ほど走って、日帰り温泉の「花咲の湯」へ。
( photo35 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo36 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  尾瀬でかいた汗を温泉で洗い流します。体中さっぱりして、生き返る瞬間で すね。
( photo37 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  最後は温泉のレストランで、お昼ごはん。 地元でとれた新鮮なアスパラガスをつかったペペロンチーノです。
( photo38 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  こうして尾瀬撮影会は無事に終了しました。  雨の多い二日間ではありましたが、しかしミズバショウは盛りであり、朝焼 けも見られて、充実した撮影ができたのではないでしょうか。  尾瀬の撮影会は参加者の方々には大変好評で。 また訪れて見たいと思います。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ SONY CyberShot DSC-TX5 → http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-TX5/
RICOH GX200 → http://www.ricoh.co.jp/dc/gx/gx200/
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
Panasonic LUMIX DMC-TZ10 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-TZ10
SANYO Xacti DMX-CA100 → http://jp.sanyo.com/xacti/products/lineup/dmx_ca100/
Panasonic LUMIX DMC-G2 → http://panasonic.jp/dc/g2/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2011-07-05 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.