2011-07-19 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第441号をお届けいたします。

◆今週のお気に入り◆(神奈川県立相模原公園のアジサイ)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §1.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img09049 "The shadow in spring day." 『春の日の影』 Img09063 "Snow drifting in snow land." 『雪国の地吹雪』 Img09073 "Shibateranthis pinnatifida blooming." 『セツブンソウ咲く』 Img09170 "A spring day dream." 『春眠』 Img09277 "The giant in southern land." 『南国の巨人』 Img09362 "Blue sky and green leaves." 『青空と新緑と』 Img09484 "The rock in silence." 『沈黙の岩』 Img09630 "The flowers raft." 『花いかだ』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.撮影会(白馬、尾瀬)参加者の作品をご覧ください。 --------------------------------------------------------------------------  クラブ・フォトバード撮影会の様子は時折このブログでご紹介していますが、 主に鳥越が撮影された写真で構成されていました。  このたび、5月と6月の撮影会に参加された皆さんから、作品とご感想が寄 せられましたので、その様子をご覧ください。 ------------------------------------------------------------------- ◆ 5月『長野県北部新緑撮影会』参加者作品のスライドショー ------------------------------------------------------------------- http://tory.com/j/club/slideshow/2011/2011-05-24_members/
--------------------------------------------------------- ■参加者のご感想 ■ 1-S.Y.さん 01-SY 北信州撮影会では、本当に有難う御座いました。 現在、在籍中の「新所沢フォトクラブ」6月例会似て青鬼集落早朝撮影の、 「北アルプス里山」と題した作品が金賞を取りました。 ■ 2-T.O.さん 02-TO  タイトル芽吹きに付いての解説です、ぶなの木は譲り葉のために新しい芽が 吹くまで古い葉で新芽を保護しています(イヌぶなは先に葉が落ちてしまいま す) 新芽が吹き始めると古い葉と芽を保護している殻がすべて落ちます。  霊松寺での室内が見れなかったことと自分ではメィーン撮影地だった鎌池で は残雪のため半周しか回る事が出来ず至上に残念でした。 又来年新緑に挑戦いたします。 ■ 3-Y.N.さん 03-YN 撮影会では、お世話になりました。天気にも恵まれ、早朝の 撮影、夕方の撮影が、出来とても良かったです。 また機会がありましたら、よろしくお願いします。 ■ 4-F.K.さん 04-FK 宿泊の撮影会に参加したのは今回が初めて。朝の日の出の撮影、夕食後の撮影 と、初体験の事ばかり、ついて行くのが楽しく、ハイテーションの3日間でし た。以前白馬は、夏と秋、2回行きましが、八方池や、栂池と、観光地・・・ 今回、撮影会に参加して、違った白馬を発見しました。青鬼集落も好きですが、 ゲレンデから見た、日の出、(朝もやの山々と、水の入った田んぼに朝日が映 り、・・)うまく写せませんでしたが感激しました。これも、撮影スッポット に下見に行っていただいたからでしょう。有難うございます。思うような写真 は撮れませんでしたが、秋の鎌池が又見てみたいです。 ■ 5-Y.N.さん 05-YN 宿泊撮影会にはじめて参加しました。 早朝の景色は幻想的で、写真は早起きすることが基本だと実感しました。(笑われそ う・・・) 連日カメラを持ち歩く事も初体験でしたので、不安ながらの参加でしたが、あっとい う間の3日間でした。 新緑と残雪、山景色と水田風景は自然風景写真に最高のロケーションですね。 すべてそろった時期の日程で、天気にも恵まれ、写真を撮る楽しみが膨らんだような 気がします。 又の機会を楽しみにしています。よろしくお願いいたします。 ■ 6-E.K.さん 06-EK 2泊3日と言う初めての体験、不安と期待がよぎる中 先ずは怪我に注意と自分に言い聞かせ、同行致しました。 3日間スケジュール満載!朝日、夕日、展望台、と盛り沢山、 行く先々眼を見張るような光景、普段日常ではとても撮影 出来ない場所へ連れて行って頂き、最初の不安は何処へやら 来て良かったと思うと共に私にとっては大満足の写真を撮る事ができました。 3日間有難う御座いました。 ■ 7-J.O.さん 07-JO  朝夕の撮影ができる宿泊の撮影会は いつも楽しみにしています 今回もどんな景色に出会えるか 期待に胸をふくらませ参加しました 出発の時は 雨でどうなるか心配でしたが  長野滞在中は お天気にも恵まれ 感動的な景色との出会いの連続でした 水を張った水田への映りこみは この時期にしか撮れない被写体ですが 晴天のおかげで 白馬や北アルプスがきれいに映った写真が撮れました その他 朝もやに包まれた白馬の町 朝夕の青鬼の棚田 青空にはえる白馬岳 etc あっという間の3日間でした   これも鳥越先生の下見を含めた入念な準備と 現場での時間帯や天気に合わせた 撮影ポイントの選択のおかげだととても感謝しています  aまた おひとりでの車の運転も大変お疲れだったと思います 改めて御礼を 申し上げます ------------------------------------------------------------------- ◆ 6月『尾瀬ヶ原の新緑とミズバショウ撮影会』参加者作品のスライドショー ------------------------------------------------------------------- ◆2011年6月・尾瀬ヶ原撮影会・参加者作品 http://tory.com/j/club/slideshow/2011/2011-06-05_members/
--------------------------------------------------------- ■参加者のご感想 ■ 1-H.O.さん 01-HO  現地でカメラのモニターでまずまずと思っても、PCの大きな画像では感動し た気持ちが捉えらていなくて、がっかりでした。 でも早朝、真っ暗な木道は案内無しには行かれません。  苦手な早起きにもめげずに参加して、日の出や朝もやを見られた体験だけで も良かったと思っています。 ■ 2-K.N.さん 02-KN  数十年ぶりに尾瀬ヶ原を訪ねましたが、当時と余り変わっていない雄大は自 然と対峙でき、とても嬉しく思いました。  夜明け前にヘッドライトを点け撮影スポットまで濡れた木道を歩きましたが、 誰もいない尾瀬ヶ原は我々を粛々と迎えてくれました。  夜明けと共に景色が浮かび、燧ヶ岳が赤らみ、池塘付近には霧が流れ、静け さのなか、シャッター音だけが木霊のように耳に残りました。 感動の一時で した。  帰路は満開のミズバショウを撮りながら山荘に戻りました。 何時ものように先生から判りやすいワンポイントレッスンをいただき、とて も参考になり満足でした。 ■ 3-N.U.さん 03-NU 山歩きとしての尾瀬は何度も経験がありますが 一箇所に留まり、夜明けからの撮影は初めてでしたので とても楽しみにしていました。けれど デジタルカメラの 使い方も未熟で思うようにいかず焦りました。 夕景、夜明けの撮影の場合の露出やISOの設定では 先生から適切な指導を頂きいい勉強になりました。 とにかく今年はデジタルカメラを知ることからやらないと だめですね。  それと広角レンズの必要性も。 来年は リベンジを。 ■ 4-H.O.さん 04-HO  私にとって尾瀬ヶ原を訪れるのは初めてしたが、梅雨空であったものの、期 待を裏切ることなく、 霧や小雨の中で幻想的な風景に接し、夢中でシャッターを切っていました。  日曜日に入山したのも功を奏し、尾瀬ヶ原は貸し切り状態。水芭蕉が満開の 中、ゆっくりと撮影を楽しむことが出来ました。  3時半起きの早朝の撮影では、真っ暗闇の中を歩き、池塘が広がる湿原を前 に、燧ヶ岳が正面に見える絶好のポイントに到着。  曇り空ではあったものの、ほどなく空が茜色に染まり、燧ヶ岳とともに水面 に映り込み、何とも言えない景色の中での撮影を堪能。  目を転じると池塘の向こうには白樺林が広がり、立ち込める霧とともに、幻 想的な景色がありました。  今回、先生の綿密な計画と適切なアドバイスを頂き、大変満足な撮影旅行を させていただき、心よりお礼申し上げます。ぜひ、別の季節にまた尾瀬撮影会 を開催していただくことを期待しております。ありがとうございました。 ■ 5-K.A.さん 05-KA  早々の梅雨入りの尾瀬ヶ原は、雨、雷鳴、梅雨曇り、時々の晴れ間に聞こえ る郭公の声、  暗い雲海、白樺の木々に纏いつく灰色の霧、刻々と変わりゆく夕焼けと朝焼 け、時折の雨に、いきいきと咲く花々など、雨季でなければ見られない尾瀬の 風景が広がっていました。  その風景を地表に写し出すいくつもの池塘。  しかし、その感動を写真に表現するには、まだまだ不勉強の私でした。  これからもよろしくお願いします。 ■ 6-T.I.さん 06-TI  尾瀬への旅は何年ぶりであったろうか。そして何回目の尾瀬であったろうか。 この企画をだいぶ以前より楽しみにしていた。  今回の尾瀬の印象は、水芭蕉の花の最盛期にあったことである。純白の綺麗 な水芭蕉を心ゆくまで撮影することができた。  今回の撮影行で技術的に収穫だったのが、早朝の風景撮影に、ホワイトバラ ンスをオートから太陽光モードに切り替えて使うこと。  この方法でとらえた池塘(ちとう、尾瀬にある池)に映えるシラカンバ林の ブルーの世界に撮影者はこぞってその美しさにため息を漏らすほどであった。  もう一つは移動中に三脚を、日本刀を腰に差すようにザックのひもに差して 持ち歩くこと。これは手が解放されて山歩きにはとても良さそうだった。  尾瀬は、どこを撮っても写真になる風景ばかりと思っていたが、今回はまた、 一段と素敵な写真が撮れたように感じた。 ■ 7-S.I.さん 07-SI  憧れの尾瀬1泊撮影会だったので、楽しみに していた夕焼け、日の出、が撮れなかったのは 残念でしたが、早朝の写真や水芭蕉が撮れて楽しい 撮影会でした。 ご指導ありがとうございました。 -------------------------------------------------------------------  ご協力いただいた方々に感謝申し上げます。  また次回の撮影会でも傑作が生まれることを期待しております。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2011/2011-07-19.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2011/07-19/2011-07-19.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  鳥越が主宰する写真クラブ『クラブ・フォトバード』は、長野北部や尾瀬ヶ 原などへも遠征の撮影会もしますが、近隣の身近な撮影地にもでかけます。  今回は鳥越の現在の居住地、神奈川県相模原市にある花の名所を訪れました。  クレマチスやアジサイで有名な『相模原・麻溝公園』麻溝公園です。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.23.43N35.31.20&ZM=5


( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  2010年、神奈川県北部、相模湖や丹沢山地の市区町村を合併する形で人 口が100万人を越えたため、政令指定都市になった相模原市は、人口が増え つつあり、公園では家族連れの姿を多く見かけます。
( photo03 : Nikon D5100 + AiAF-Nikkor85mmF1.8D )  6月下旬、アジサイのピークは過ぎましたが、しかし種類が豊富なので、開 期の遅い花はまだ十分に撮影対象になります。さっそくマクロレンズを向けて 見ましょう。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ぽっちゃりとした八重の花びらが可愛らしいですね。
( photo05 : Nikon D5100 + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  よくよく花を見つめていると、カマキリの赤ちゃんを見かけました。
( photo06 : Nikon D5100 + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  ゆっくりと花の上を移動しながら歩いています。脅かさないように、そっと 近づいて撮らせてもらいました。
( photo07 : Nikon D5100 + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  ひとくちにアジサイの花と言っても色々な形の花があります。
( photo08 : Nikon D5100 + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  こうして近づいて左右対称のシンメトリ構図で撮影すると、なんだか人の顔 の形をしているように見えますね。
( photo09 : Nikon D5100 + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  こちらの庭にはラベンダーが咲いていました。「ハーブの女王」と呼ばれる 気品ある紫色の花が素敵です。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  蜜を求めて、盛んに蜂さんが花の間を飛んでいました。
( photo11 : Nikon D5100 + AiAF-Nikkor85mmF1.8D )  木陰に咲いていたガクアジサイがまだ元気な様子だったので、近づいて撮ら せてもらいました。
( photo12 : Nikon D5100 + SIGMA24mmF2.8EXDG )  さて、午前中アジサイの撮影を楽しんだ後は、すぐ近くにある相模原公園に 移動します。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  梅雨時だというのに、それにしても良い天気に恵まれました。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  しかし暑くなりすぎて、日中は34℃ちかくまで上がる猛暑日となってしま いました。  これはたまらんとばかり、誘蛾灯に引き寄せられる虫のごとく、ソフトクリー ムの立て看板に引き寄せられてしまいます。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  公園の茶屋に入り、昼食には冷やしラーメンをいただき、、
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  まだちょっと早いかなと思いつつ、ソフトクリームを注文して舌鼓を打った のでした。
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  炎天下にもかかわらず、蓮の鉢植えには水がたたえられていました。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  蓮の葉の上の水滴は面白いようにコロコロころがります。その水玉も、この 炎天下ではどんどんと蒸発しているようでした。
( photo19 : Nikon D5100 + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  午後は涼しさを求めて森の木陰で撮影です。
( photo20 : Nikon D5100 + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  ホウノキがありました。葉っぱの形に特徴があるので、すぐ分かります。
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  暑い日ですが、相模原市民の皆さんは公園に涼みにやってきて、めいめいに 休日を楽しんでいるようでした。
( photo22 : Nikon D5100 + AiAF-Nikkor85mmF1.8D )  森の奥に、少しだけですが、ユリの花が咲いていました。 逆光線で狙ってみましょう。
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  逆光線のおかげで、透明感のある美しいユリの花を撮影することができまし た。
( photo24 : Nikon D5100 + AiAF-Nikkor85mmF1.8D )  午後の撮影会は猛暑の中での撮影でした。最後は、あずきかき氷で締めくく りです。
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さて、翌日、また同じ公園でアジサイの撮影会です。 今度は異なるメンバーが参加されました。
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  鳥越はもう2度目になるので、新鮮味は無いのですが、しかしどんな時でも、 色々なレンズを使って、撮影の工夫に余念がありません。こちらは明るい単焦 点レンズを使って、ボケを生かした表現をしてみました。
( photo27 : Nikon D5100 + AiAF-Nikkor85mmF1.8D )  こちらは広角レンズを使って、アジサイと森をいっしょに写して、アジサイ の咲いている環境を表現してみます。
( photo28 : Nikon D5100 + SIGMA24mmF2.8EXDG )  そしてマクロレンズを使ってアジサイのクローズアップ写真も忘れません。
( photo29 : Nikon D5100 + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  こちらは花を正面から狙って、人の顔のように写すやり方です。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  簡単そうに見えて、葉と花の両方にしっかりピントを合わせるのは案外難し いのですよ。
( photo31 : Nikon D5100 + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  こちらはアジサイの花を下から見上げるように撮影する方法です。
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  背後の木々の木漏れ日がバックに入ってキラキラしています。美しいですね。
( photo33 : Nikon D5100 + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  さて、今回もまた猛暑の中、相模原公園の茶屋に移動して昼食です。
( photo34 : Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  前日は冷やしラーメンでしたが、同じメニューを頼むのも芸がないので、今 回はオーソドックスに暖かいラーメンを注文しました。
( photo35 : Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  暑い日に暑がりながら暑いラーメンを食べる。これが通というものでしょう。  さて、少しでも涼しくなるようにと、午後は森の中で撮影です。
( photo36 : Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  ホウノキを見上げて、かなり明るめの露出で撮影しています。いわゆる「ハ イキー調の写真」ですね。
( photo37 : Nikon D5100 + SIGMA24mmF2.8EXDG )  新型の Nikon D5100 はダイナミックレンジがかなり広がったらしく、ハイ ライトの微妙な階調がよく残るようになりました。 ハイキー写真が好きな鳥越にとってはとても助かります。  参加者の皆さんには、森の中では梢の先を良く見つめるようにアドバイスし ました。
( photo38 : Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  このように、背後の木漏れ日をキラキラぼけにして入れることができるから です。
( photo39 : Nikon D5100 + AiAF-Nikkor85mmF1.8D )  これは花を落としたエゴノキの実ですね。  ぼかしの効かした写真が撮れるようになると、身近なちょっとした何でもな い物体が被写体になってしまいます。
( photo40 : Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  庭園の階段の手すりをクローズアップ撮影して見ました。レンズが明るいの で背景がよくボケます。
( photo41 : Nikon D5100 + AiAF-Nikkor85mmF1.8D )
( photo42 : Nikon D5100 + AiAF-Nikkor85mmF1.8D )  こちらの木陰にもラベンダーが咲いていました。キラキラぼけを入れるチャ ンスです。
( photo43 : Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  ちょっと見上げるアングルにして、背後の森の木漏れ日をキラキラぼけにす ることに成功しました。
( photo44 : Nikon D5100 + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  相模原市は自然の宝庫、森の木々では昆虫たちが遊んでいますよ。
( photo45 : Nikon D5100 + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  花壇の脇でふと見かけた緑の葉っぱ。午後の光を背景にして美しく光ってい ます。
( photo46 : Nikon D5100 + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  こうした何でもないものに美しさを感じて、カメラとレンズを向ける。 これが自然写真の醍醐味なのではないでしょうか。
( photo47 : Nikon D5100 + SIGMAマクロ50mmF2.8EXDG )  猛暑の中での撮影が続きました。 最後はやっぱり冷たいもので締めくくりましょう。 「ブルーハワイ」のかき氷で。
( photo48 : Panasonic LUMIX DMC-LX2 )  これから暑い夏がやってきますが、そのような中でも木陰に咲く草花などは 魅力的な被写体です。  暑さに負けず、頑張って参りましょう。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Panasonic LUMIX DMC-LX2 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-LX2
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
COOLPIX S640 → http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/style/s640/
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2011-07-19 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.