2011-08-02 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第443号をお届けいたします。

◆今週のお気に入り◆(埼玉県行田市・古代蓮の里にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §1.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img09059 "non-title." 『---』 Img09122 "non-title." 『---』 Img09132 "non-title." 『---』 Img09165 "non-title." 『---』 Img09191 "non-title." 『---』 Img09237 "non-title." 『---』 Img09293 "non-title." 『---』 Img09724 "non-title." 『---』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.鳥越章夫デジタルフォトスクール2011年7月の様子をお届けします --------------------------------------------------------------------------  きめ細やかで、的確なアドバイスにより、ご好評いただいている 「鳥越章夫のデジタルフォトスクール」。  こちらは7月13日に、実施された『湘南校』の様子です。
( photo48 : SONY α55 + SIGMA18-50mmF2.8EXDC MACRO ) 会場は茅ヶ崎駅前にある「春秋会館」です。 夏は暑いので、ミニ撮影会は外へは行かずに、室内で『静物写真』をテーマに 撮影することになりました。
( photo49 : SONY α55 + SIGMA18-50mmF2.8EXDC MACRO )  静物写真はじっくり取り組むと、とても奥が深くて楽しいのですよ。 100円ショップで購入したちょっとした小物でも、クローズアップしてボカ して撮ると、素敵に見えるものです。
( photo50 : SONY α55 + SIGMA18-50mmF2.8EXDC MACRO )  お昼休みの昼食は近くの定食屋に繰り出します。 ここで出された料理を綺麗に美味しそうに写せるか?
( photo51 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + LUMIX G 20mmF1.7 ) それも練習課題だったのですよ。(笑) 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  こちらは7月15日に、実施された『所沢校』の様子です。
( photo52 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  こちらも、夏は暑いので、ミニ撮影会は外へは行かずに、室内で『静物写真』 をテーマに撮影することになりました。  まずはキャンドルグラスをクローズアップ撮影です。  静物写真ではどんなレンズを使うか、その選択も重要です。  一般的なズームレンズよりも、単焦点レンズの方が口径が大きく明るく、絞 りを絞ればボカしが効かせられるので有効です。  こちらは一般的なズームレンズ。F値はF5.6までしか下げられません。
( photo53 : Nikon D5100 + AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR )  こちらは単焦点のレンズ。F値はF1.8まで下げられるので、ボケを大きくで きます。
( photo54 : Nikon D5100 + AiAF-Nikkor50mmF1.8D )  ちょっとした小物ですが、生徒さんは、じっくりと撮影に取り組んで、静物 写真の魅力を味わっていただけたようです。
( photo55 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  第2部はレタッチ教室。所沢校は基本的にはレタッチ初級のメニューなので すが、リクエストにより、中級クラスで取り上げた「カラーマネージメント・ モニタ編」の講習を行いました。
( photo56 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  デジタルフォトを扱い多くのカメラマンが、モニタとプリントアウトの結果 の不一致に悩まされています。
( photo57 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo58 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  今回の講習では、それを解決するための第一歩として「モニタのカラーマネー ジメント」を扱いました。
( photo59 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  特殊なツールを使ってモニタの明るさや色を計測することにより、プリント アウトの見え方と一致させようという試みです。
( photo60 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  「特殊なツール」といって尻込みする必要はありません。 昔は何十万円もした業務用ツールが、デジタルフォトの普及にともなって、出 荷数が増大したのでしょうか。需要と共有の経済理論により、近年は劇的に安 くなり、なんと4万円代で購入できるようになりました。
( photo61 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  これは多くのデジタルフォトグラファーにとって福音です。  手前味噌ですが、鳥越のデジタルフォトスクールでは、「カラーマネージメ ント」を本格的に学べる数少ないフォトスクールです。  所沢校では8月には「プリンタのカラーマネージメント」を扱います。  今月と8月の2つの講座をマスターすれば、デジタルフォトのカラー管理は 完璧です。  この機会を逃すことなく、しっかりマスターしましょう!  フォトスクールは途中入校も受け付けております。 ★↓詳しくは下の「写真教室」のページをご覧下さい↓ http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2011/2011-08-02.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2011/08-02/2011-08-02.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  今回は夏の花、蓮の撮影地として有名な、埼玉県行田市にある「古代蓮の里」 をご紹介しましょう。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.30.12N36.7.44&ZM=5
 蓮の花は早朝開き、日中になると閉じてしまいます。 そのため、早朝が勝負。4:30には現地に到着しました。  目印になる「古代蓮タワー」が水田地帯にそびえているのが見えます。
( photo01 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  やってきました『古代蓮の里』。周囲はまだほの暗い雰囲気です。
( photo02 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  さすがまだ5時前だけあって、観光客の人はほとんど見あたりません。
( photo04 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  日の出はこれから。そのためまだ蓮の花は硬いつぼみのままです。しかし染 まり始めた東の空の色が水面に映り込んで、まだ眠っているかのような蓮のつ ぼみを優しく包んでいるようでした。
( photo05 : Nikon D5100 + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  蓮の葉はとても大きくて存在感があります。
( photo06 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  その葉の先端には朝露が可愛らしく並んでいました。
( photo07 : Nikon D5100 + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  やがて東の空から太陽が昇り始めました。今日も猛暑になりそうな力強い太 陽です。
( photo08 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  日の出とともに開き始める蓮の花を狙って、観光客や写真愛好家の方々が集 まってきました。
( photo09 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  蓮の花は開いた後は花びらを散らしてその役目を終えます。散った花びらは ふわりと落ちましたが、しかし蓮の葉が、それを優しく受け止めていました。
( photo10 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )
( photo11 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  花はやはり逆光線で狙うと輝かしい雰囲気が出せるものです。 逆光線は適正な露出を決めるのが難しく、デジカメではハイライトの階調を再 現することが難しくなりますが、ぜひ挑戦してみましょう。
( photo12 : Nikon D5100 + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  蓮池の水面には微細な粒子が浮かび、それが太陽の光を反射してキラキラと 小さく光っています。その丸ボケを生かして多重露光で輝きと優しさを表現し てみました。
( photo13 : Nikon D5100 + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  睡蓮の葉の上で一夜を明かしたのでしょうか。小さなカエルさんたちが動か ない置物のように、葉の上で朝を迎えていました。
( photo14 : Nikon D5100 + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  蓮の花がようやく開き始めました。いつ見ても、透明感のある美しい花です。 まさに「浄土」を表す花として、仏教界ではよく描写される人気の花なのもう なずけます。
( photo15 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  仲良く並んで散歩を楽しむ夫婦が蓮池を眺めています。 ちょうど並んで咲く蓮の花と、まさに「好一対」ですね。
( photo16 : Nikon D5100 + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  その2つの蓮の花は微妙に距離がずれているので、ピント面が異なります。 その2枚を別々に撮影して多重露光で合成してみました。
( photo17 : Nikon D5100 + TamronSP180mmF2.5LD )  ピントが合っていないように見えるのですが(笑) この柔らかく透明感のある描写が私はとても好きです。  まだ夏の最中というのに、もうアキアカネトンボが姿を見せていました。 暑い夏を元気に飛び回るために、今は花の上でちょっと一休みといったところ でしょうか。
( photo18 : Nikon D5100 + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  朝7時ちかくになると、さすがに人も増えてきました。この場は退散するこ とにしましょう。
( photo19 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  別の小さな池では、黄色い蓮が開き始めていました。
( photo20 : Nikon D5100 + Tamron SPAF90mmF/2.8 Di MACRO )  こちらもやはり逆光で狙ってみます。睡蓮の葉の縁には盛り上がった水滴が あり、それに朝日が当たってキラキラと輝いています。  それを背後のボケにあしらって、さらに多重露光をかけてソフトな描写にし てみました。お気に入りの一枚です。
( photo21 : Nikon D5100 + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  それにしてもこの公園には多くの蓮池がありますね。
( photo22 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  一日いても飽きないくらいです。 もっとも、昼になれば花は閉じてしまうのですが。
( photo23 : Nikon D5100 + TamronSP180mmF2.5LD )  さて、蓮の花の撮影は8時には切り上げて、関東平野を別の撮影地に向かい ましょう。  関東平野の水田地帯を北北西方面に縦断し、群馬県を目指します。
( photo26 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  やってきたのは群馬県桐生市にある『ぐんま昆虫の森』です。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.15.10N36.25.52&ZM=5

( photo27 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  「雨でも楽しめる撮影地はどこか?」と探していたら、生徒さんにこの場所 を教えてもらったのです。そのための偵察に訪れました。
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  左手に見えるガラス張りの大きなドームの中は、雨でも大丈夫ということら しいです。  その前に、少し園内を散策してみましょう。
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  コナラなどの照葉樹林が植えられています。その幹の根元になにやらいるよ うです。近づいて見てみましょう。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  それは樹液の蜜を吸いにやってきたカブトムシだったのです。
( photo31 : SONY α55 + SIGMA18-50mmF2.8EXDC MACRO )  なるほど、さすがは昆虫の森だと感心しました。  園内には再現された古民家があります。こういうものも雨の時には面白い被 写体かも知れないですね。
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo33 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  さて、昆虫館に入ってみましょう。この日は週末だけあって、子ども達の姿 が眼につきますね。引率のお父さん、お疲れ様です。
( photo34 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  館内はとても綺麗で快適です。
( photo35 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) これはかなり税金が投入されていますね。(笑)
( photo36 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  温室に入ってみましょう。亜熱帯の植物が生えています。
( photo37 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  昨年の取材で訪れた奄美大島で見かけた「ヒカゲヘゴ」の姿も見かけて、懐 かしくなりました。
( photo38 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  この温室内には様々な種類の蝶が放し飼いにされているのです。
( photo39 : SONY α55 + SIGMA18-50mmF2.8EXDC MACRO )
( photo40 : SONY α55 + SIGMA18-50mmF2.8EXDC MACRO )  美しい蝶がたくさん舞っていて、それらを夢中になって撮っていると童心に 還り、時間の経つのも忘れてしまいそうです。
( photo41 : SONY α55 + SIGMA18-50mmF2.8EXDC MACRO )  そのほか、植物や花のクローズアップをしても楽しいですね。
( photo42 : SONY α55 + SIGMA18-50mmF2.8EXDC MACRO )
( photo43 : SONY α55 + SIGMA18-50mmF2.8EXDC MACRO )  アート風な建築構造をしており、これらの造形の妙を写真に収めても面白い と感じました。
( photo44 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo45 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  なるほど、これなら雨で撮影場所が限定される時でも十分楽しめそうだと思 いました。  手前味噌ですが、鳥越が企画する撮影会は楽しいですよ。 ブログ読者の方々も、よろしければご一緒しましょう。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-F550EXR → http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/f/finepix_f550exr/
SONY CyberShot DSC-TX5 → http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-TX5/
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
Panasonic LUMIX DMC-G2 → http://panasonic.jp/dc/g2/index.html
SONY α55 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A55VL/
★人気ブログランキングに応募中。  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2011-08-02 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.