2011-08-09 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第444号をお届けいたします。

◆今週のお気に入り◆(長野県諏訪市・踊場湿原にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §1.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img09051 "Under the spring glow." 『春の光の下で』 Img09188 "A sleepy rape blossoms." 『眠りそうなナノハナ』 Img09203 "Silhouette of larch trees." 『カラマツのシルエット』 Img09342 "Tao waves of the sea" 『海上の波濤』 Img09371 "Swinging buttercups." 『キンポウゲ揺れる』 Img09542 "Tea drops of hydrangea." 『アジサイの涙』 Img09572 "Mt.Unzenfugendake." 『雲仙普賢岳』 Img09820 "Encounter with ptarmigan." 『ライチョウとの出会い』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.ブログ人気ランキングに投票お願いします --------------------------------------------------------------------------  お陰様をもちまして、メールマガジンの時代から継続して配信させていただ いている自然風景写真館ブログも444号を迎えました。  これもご声援いただいている多くの方々の御陰と感謝しております。  これを機会に、より多くの方々にご覧になっていただけるようにと、 『ブログ人気ランキング』に応募させていただくことにしました。  投票方法はいたって簡単です。  ブログ(季節の便りのコーナー)の最後に下の様なボタンがありますので、 人気ブログランキングへ  これをクリックしていただくだけでOKです。  まだ応募したてですので、ランキングの下位、150位ほどにおりますが、 毎週一回、必ずクリックしていただければ、上位に来るのではないかと期待し ております。  どうかご協力お願いいたします。 -------------------------------------------------------------------------- ■1.鳥越章夫デジタルフォトスクール2011年8月の様子をお届けします --------------------------------------------------------------------------  きめ細やかで、的確なアドバイスにより、ご好評いただいている 「鳥越章夫のデジタルフォトスクール」。  こちらは8月2日に実施された『横浜校・デジカメ中級クラス』の様子 です。  今回のお話は「露出の完全マスター」です。 レンズの絞りの仕組みなどから解説をスタート。
( photo40 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  テーブルの上に色々な物を置いて、それを撮影してもらいます。
( photo42 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  正確な露出で撮影できたでしょうか。すぐその場でプロジェクタに映してチェッ クしてみます。話だけでは分かりづらい露出の話、その場で実践してみること によって理解が深まるのではないでしょうか。
( photo43 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  夕方からのミニ撮影会は、大桟橋から横浜みなとみらい21の夜景撮影にやっ てきました。
( photo44 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  普通の夜景を綺麗に撮るのはもちろんですが、ちょっと変わった写真にも挑 戦してみましょう。  甲板に埋められたLEDランプに向かって何をしているのでしょうか?
( photo46 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  奥の屋台バーにピントを合わせると、近くにあるLED電球は綺麗にぼけまし たね。
( photo47 : SONY α55 + AF50mmF1.4(D) )  こちらは、みなとみらいの夜景を普通に撮影してみました。
( photo49 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  これだけでも十分綺麗だと思いますが、ここでちょっと一工夫。 レンズの前に「茶こし網」をかぶせてみました。
( photo48 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  すると、不思議なことに「クロスフィルター」のかわりになるのです。 画面の中の強い光源の周りに、ほんのりとした控えめなクロスがかかりました。
( photo50 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  ちなみに、こちらは本物の「クロスフィルター」を使って見ました。
( photo51 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR ) 光源が強すぎると、クロスが強くかかりすぎるのが気になるのです。 そのような方は、「網」や「ガーゼ」「ストッキング」などを試してみると面 白いでしょう。  屋台バーのグラスにピントを合わせて、観覧車をぼかしてみました。
( photo52 : SONY α55 + AF50mmF1.4(D) )  甲板の上のランプにピントを合わせて前後をぼかしてみます。 F1.4の明るいレンズならではの写真が撮れます。
( photo53 : SONY α55 + AF50mmF1.4(D) )  こちらは甲板の後方から、みなとみらいの夜景を撮影しています。 そこに女性が通りかかったところをパチリ、撮らせてもらいました。
( photo54 : SONY α55 + AFソフト100mmF2.8 )  いわゆる構図を計算しての「待ち撮り」というテクニックです。 この状態で、カップルなどがやってきたところをシルエットにして撮影してし まおうというわけです。  本日の夜景撮影も色々楽しめました。  次回教室での講評会が楽しみです。  フォトスクールは途中応募もしております。 ★↓詳しくは下の「写真教室」のページをご覧下さい↓ http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2011/2011-08-09.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2011/08-09/2011-08-09.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  高山植物のストックを増やそうと、久しぶりに長野県は霧ヶ峰にある八島ヶ 原湿原へと取材に出かけました。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E138.9.46N36.7.2&ZM=5
 霧ヶ峰にある八島ヶ原湿原(やしまがはらしつげん)や踊場湿原(おどりば しつげん)は、標高約1600mの高さにあり、年間の平均気温は5.8℃で 北海道と同じくらいの気温です。  そのため、夏の7、8月は数多くの花が一斉に咲き、色とりどりの花を見る ことができます。  フィルムカメラ時代に訪れて依頼、デジカメを使うようになってからは、夏 は久しぶりの訪問です。  東富士五湖道路を過ぎる頃は、雨模様の天気でした。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  途中、山梨県の双葉サービスエリアに立ち寄ると、収穫を迎えた真っ赤な桃 が出迎えてくれました。
( photo02 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  一箱買って行きたいところですが、おみやげを買うにはまだ早すぎます。 ぐっとこらえて先を急ぎましょう。
( photo03 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  諏訪湖サービスエリアにて昼食。空はまだ雨模様のようです。
( photo04 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  しかし落胆することはありません。雨の方が花に水滴が付いてみずみずしく、 光のコントラストが柔らかくなり、草花撮影には好適なのです。  さて、岡谷インターを降りて、佐久市に向かう新しいバイパスを利用しましょ う。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  その途中から、細いながらも一気に八島ヶ原湿原に登って行くルートがある のです。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  細い道を抜けると突然、八島ヶ原湿原の駐車場に飛び出します。観光バスが 行き交う立派な駐車場でした。
( photo08 : FUJIFILM FinePix-F550EXR ) 遊歩道のトンネルを通って湿原へ向かいましょう。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さすが八島ヶ原湿原はメジャーなところです。観光バスが乗り付け、多くの 団体客が訪れます。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo12 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  天候は霧雨です。湿原は晴れたり曇ったり、しかし花の撮影にはむしろこの ほうが良いですね。
( photo13 : Nikon D5100 + SIGMA18-50mmF2.8EXDC MACRO )  これだけおおぜいの人がいると三脚を立てるのも一苦労ですが、撮影を開始 しましょう。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  こちらは「ヨツバヒヨドリ」の花です。繁殖力が強いらしく、湿原のあちこ ちでみかけます。 (※実際の湿原に入ることはできないので、湿原の周囲にある土手の花を撮っ ています)
( photo15 : Nikon D5100 + PC-MicroNikkor85mmF2.8D )  ノハナショウブが咲いていました。さっそくカメラを向けて見ましょう。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  二人の菖蒲が咲いているところを多重露光でソフトに撮影させてもらいまし た。
( photo17 : Nikon D5100 + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  黄色が鮮やかなキンバイソウです。
( photo18 : Nikon D5100 + SIGMA18-50mmF2.8EXDC MACRO )  こちらは白くてぽわぽわしたカラマツソウです。
( photo19 : Nikon D5100 + SIGMA18-50mmF2.8EXDC MACRO )  可愛らしいピンク色の花が風に揺れています。背景の緑がとても綺麗です。
( photo20 : Nikon D5100 + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  夏の野山ではアザミの姿を必ずみかけます。
( photo21 : Nikon D5100 + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  このハルジオンは本来湿原に咲く植物ではないはずなので、きっとハイカー の靴に種がくっついて、ここまで運ばれてきたのでしょうね。
( photo22 : Nikon D5100 + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  シモツケソウです。濃いピンク色をした可愛らしい花です。
( photo23 : Nikon D5100 + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  八島ヶ原湿原は一周すると2時間かかるのですが、撮影をしながらだともっ とかかってしまいます。  入口付近の木道探索のみで今回は終了しましたが、数多くの高山植物を見る ことができました。  今回の取材で気になっていたのは、八島ヶ原湿原から車で20分ほど移動し、 少し諏訪側に下ったところにある「踊場湿原」です。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  花の数がそれほど多くないためか、八島ヶ原湿原に比べると、全く訪れる人 がいません。
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  しかしそれだけに、静かにゆっくりと花の撮影を楽しむことができます。 少ないとはいえ、花はちらほらと、しかし確実に咲いているからです。 八島ヶ原湿原より標高が100mほど低いので、また違った花が咲いています。  こちらの花はニッコウキスゲに似ているようですが、色が少し淡いようです。
( photo26 : Nikon D5100 + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  もうトンボが湿原を飛び始めていました。
( photo27 : Nikon D5100 + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  花を終わらせた後に、赤い小さな可愛らしい実が実っていました。
( photo28 : Nikon D5100 + PC-MicroNikkor85mmF2.8D )  野菊を見ると、もう湿原には秋の気配が感じられます。
( photo29 : Nikon D5100 + PC-MicroNikkor85mmF2.8D )  こちらの湿原の方が八島ヶ原湿原よりも昆虫が多くいるように感じました。 虫も喧噪を避けるのでしょうか。
( photo30 : Nikon D5100 + PC-MicroNikkor85mmF2.8D )  ナデシコの花です。サッカー「なでしこジャパン」の活躍ですっかり有名に なりましたね。(笑)
( photo31 : Nikon D5100 + PC-MicroNikkor85mmF2.8D )  こちらはコウリンカの花です。「紅輪花」という漢字表記の方が綺麗に感じ ますね。
( photo32 : Nikon D5100 + PC-MicroNikkor85mmF2.8D )  アザミの花にバッタの赤ちゃんがとまっていました。
( photo33 : Nikon D5100 + PC-MicroNikkor85mmF2.8D )  静かな踊場湿原で花の撮影を楽しんだ後、ビーナスラインを通って宿がある 蓼科高原を目指します。
( photo34 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  途中、車山高原に立ち寄りましたが、ニッコウキスゲの花はピークを過ぎた 様です。
( photo35 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  それに最近は鹿の食害や、人間の被害(?)を防ぐために、このような電気 柵が設けられてしまいました。これではなかなか撮影がおぼつかないですね。
( photo36 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  伸びやかな風景が広がる霧ヶ峰。その名の通り、夏の日中は霧が多いのです。
( photo37 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  本日の宿に到着しました。 相模原市の所有する「たてしな自然の村」にあるキャビンをレンタルしたので す。
( photo38 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  綺麗な畳の部屋があります。これで今夜は熟睡できそうです。
( photo39 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  さて、次回は蓼科高原で思いがけず見られた素晴らしい夕日の写真を紹介し ましょう。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-F550EXR → http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/f/finepix_f550exr/
SONY CyberShot DSC-TX5 → http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-TX5/
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
SONY α55 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A55VL/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2011-08-09 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.