2011-08-16 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

お元気にお過ごしでしょうか。

自然風景写真館ブログの第445号をお届けいたします。

◆今週のお気に入り◆(長野県立科町・夢の平から望む夕日)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §1.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img09510 "Tokyo tower in the midnight." 『宵闇の東京タワー』 Img09550 "Whisper of hydrangea." 『アジサイのささやき』 Img09667 "So warm family." 『暖かな家族』 Img09717 "Hill of pasture." 『牧草の丘』 Img09878 "Mt.Tsurugidake is lion-like." 『獅子の如き剱岳』 Img09896 "The dance of fireworks." 『花火の舞』 Img09942 "The lone tree with sunset." 『夕日と木立』 Img09959 "Full cherry blossoms." 『さくら爛漫』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.クラブ・フォトバード撮影会『山梨県鳴沢村リリーパーク』ご報告 --------------------------------------------------------------------------  鳥越が主宰する写真クラブ『クラブ・フォトバード』は、鳥のように各地を 巡って写真を撮る。そのような願いを込めてそう名付けました。  今回の撮影会の場所に選んだのは、夏でも涼しい標高1300mの富士山麓 にある山梨県・鳴沢村『リリーパーク』のゆり園です。 ◆山梨県鳴沢村リリーパーク http://lily.fujiten.net/
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E138.41.31N35.26.25&ZM=5
 横浜駅などで集合し、ハイエースに荷物を積み込み、出発です。
( photo26 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  途中、渋滞に悩まされながらも、山梨県を目指します。
( photo27 : PENTAX Optio-A30 )  無事にリリーパークの駐車場に到着しました。
( photo28 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )
( photo29 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  天候は曇り空ですが。いわゆる「花ぐもり」で、花そのものを撮るには光が 柔らかくて好適です。
( photo30 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  時期は8月の上旬。たくさんのユリの花が咲いています。楽しみですね。
( photo31 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  このゆり園は、夏の間、スキー場の敷地を遊ばせておくのはもったいない、 ということで始まりました。  そのため、リフトを使って、山頂まで一気に駆け上ります。
( photo32 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  リフトの山頂駅からスロープを下りながら、ユリの花を観賞するわけです。 さっそく咲いていますね。さあ撮影開始です。
( photo33 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  色とりどりのユリの花が咲いています。光が柔らかくて素敵ですね。
( photo34 : SONY α55 + AF85mmF1.4G(D) )  小雨にしっとりと濡れて、かえって綺麗なくらいです。
( photo35 : SONY α55 + AF85mmF1.4G(D) )  途中の散歩道では森が霧に包まれて、とても良い雰囲気でした。
( photo36 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  明るい単焦点レンズを使って撮影すると、背景を大きくぼかせるので雰囲気 が出ますね。
( photo37 : SONY α55 + AF85mmF1.4G(D) )  途中、鳥越がところどころで撮り方のアドバイスなどをしています。
( photo38 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  森の中に咲いているヨツバヒヨドリの花です。背後にある木漏れ日の丸ボケ が大変美しいですね。
( photo39 : SONY α55 + AF85mmF1.4G(D) )  これはフルサイズ対応の大口径単焦点レンズをAPS-Cサイズのデジタルカメ ラで使っているため、周辺部の『口径食』が少ないからです。  しかもミノルタの単焦点レンズは、絞りを絞っても、絞り羽根の形状が角型 にならず、円形が保たれるので、ボケが美しいのです。  午前中の撮影を楽しんだ後は、レストランで昼食です。 「ユリ根のかきあげ丼」をいただきました。
( photo40 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  午後もひきつづきユリ園の撮影です。2階の食堂から眺めると、スキー場の スロープに色とりどりのユリが植えられているのがよくわかります。
( photo41 : Nikon D5100 + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  参加者は皆めいめいに花の撮影を楽しんでいるようです。 花の撮影はどうしてもローアングルが多くなりますね。
( photo42 : SONY α55 + AF85mmF1.4G(D) )  森の中にポツンと咲いていたユリが目に止まりました。草むらの中から、は にかんだように、ちょこんと顔を出していました。
( photo43 : SONY α55 + AF85mmF1.4G(D) )  たっぷり撮影を楽しんだ最後には、ソフトクリームで締めくくりましょう。 ゆりの香りのするソフトクリームだそうです。
( photo44 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  残念ながら写真では香りをお伝えすることはできませんが。
( photo45 : FUJIFILM FinePix-F550EXR ) =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2011/2011-08-16.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2011/08-16/2011-08-16.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  鳥越は取材で長野県の霧ヶ峰にやってきました。 蓼科高原の女神湖のほとりにある「たてしな自然の家」のロッジに宿泊。
( photo01 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  日の入りには時間がまだあるので、周辺の偵察に出かけました。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  この場所なら夕日が綺麗に望めそうです。もっとも本日は天候が悪いため、 夕日はあきらめていました。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo04 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  ところが、日没の時刻が近づくと、西の空の様相が一変しました。
( photo06 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  どんどんと空があかね色に染まってゆき、地平線の彼方の雲間から、太陽が 顔を覗かせたのです。
( photo07 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  あわてて車に戻り、望遠レンズを用意して、沈みゆく日輪を撮影しました。
( photo08 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  素晴らしい夕日が見られて満足でした。
( photo09 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  やがて太陽は西の彼方へと去ってゆきました。
( photo10 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  自然はいつでも思いがけないドラマを用意してくれるものです。それに出逢 えるかどうかは、やはり頻繁に撮影に出るしかないのでしょう。  夕日撮影の後は、たてしな自然の家に戻って夕食をいただきます。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  満足のゆく写真が撮れた後には食も進みますね。(笑)
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さて、翌朝は早朝3:30に出発です。
( photo13 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  再び八島ヶ原湿原にやってきました。残念ながら東の空には雲がたなびいて いて、朝日は望めそうもありません。
( photo14 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  しかし、徐々に明けてゆく湿原は幻想的なブルーの色合いに包まれていまし た。静寂の色彩です。
( photo15 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )
( photo16 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )
( photo17 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  湿原の脇に毅然として立つ一本の木が印象的です。この湿原に朝日が差し込 むと最高なのですが、しかし昨日の夕日のようにはいかないですね。
( photo18 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  しかしながら、少しずつ染まってゆく空の雲の色が、湿原の池塘に映り込ん でいました。
( photo19 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  その色合いが美しく、また池塘に映えている草のパターンが面白く、レンズ をズームさせて、その一部を切り取ってみました。
( photo20 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  こうして湿原の朝は、徐々に、静かに開けていったのです。
( photo21 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  ドラマチックな朝日を見ることはできませんでしたが、味わい深い静かな朝 でした。  朝食までにまだ時間があります。昨日訪れた「踊場湿原」に再びたちよって みましょう。すると遙か彼方に富士山の姿を見ることができました。
( photo22 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  広角から望遠まで徐々にクローズアップして、何枚か撮影して見ます。
( photo23 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  朝焼けや夕焼けの時間帯に訪れて見ても面白そうですね。
( photo24 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  再び「たてしな自然の家」に戻って朝食をいただきます。
( photo25 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  それにしても立派な宿ですね。 余談ですが、この自然の家は、町田市と相模原市が共同で管理している宿で、 両市民であれば、ログキャビン一棟7500円で泊まることが出来るのです。 5名まで泊まれるので、その場合は一人あたり1500円(※食事は別)とな ります。  安い!  次回は霧ヶ峰取材の最終回です。 どんな自然の姿に出逢えるか楽しみですね。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★人気ブログランキングに応募中!  お気に入りいただけたら下のボタンをクリックして下さい。 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-F550EXR → http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/f/finepix_f550exr/
SONY CyberShot DSC-TX5 → http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-TX5/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/products/digital/optio-a30/feature.html
SONY α55 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A55VL/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2011-08-16 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.