2011-08-30 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第447号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆(神奈川県中井町・蓮池の里)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.鳥越章夫デジタルフォトスクール2011年8月の様子をお届けします --------------------------------------------------------------------------  きめ細やかで、的確なアドバイス。楽しく学びながら、有益な情報が得られ ると、ご好評いただいています。  月に9コースほど実施されているのですが、そこからピックアップして その様子をお送りしましょう。  こちらは8月11日に「かながわ労働プラザ」で実施された 『横浜校・作品講評会クラス』と『レタッチ実践クラス』の様子です。  午前中は『作品講評会クラス』です。  ホワイトボードに、プリントでお持ちいただいた作品を貼って、それについ て講評を行うのはもちろんですが、鳥越の教室では、カラーマネージメントさ れたモニタを持ち込んで、プリントの元になったデータ画像を表示させて、レ タッチの観点からも講評をします。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  デジタルカメラの時代になって、本当に綺麗なデジタル作品を作るためには、 後で行うレタッチ作業も踏まえて撮影するようになります。  このあたりの感覚は、昔、ネガフィルムで作品作りを楽しんでいた時代に似 ていますね。  ネガフィルムは後のプリント作業も想定して、トータルで作品作りを楽しん でいたのですから。  午後は『レタッチ実践クラス』です。  いつもは生徒さんが持ち寄った画像に対して講師がレタッチのデモンストレー ションを行うのですが、今回は、講師からあらかじめ渡された「課題画像」を 生徒さん自身にレタッチしてもらいました。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-FX40 )  課題作品は3つほどあったのですが、最も難しかったのは、「森と空を同時 に写して、どちらも自然に見えるようにレタッチする」課題だったようです。  普通に撮影すると、空を適正露出にすると森が暗くなり、森を適正露出にす ると空が明るすぎて白飛びしてしまうからです。  それを、露出の異なる2枚の写真として撮影しておき、後にフォトショップ の「レイヤーマスク」というテクニックを使って一枚の画像に仕上げるのです。  難しそうですか?  いやいや、やってみるととても楽しいですよ。  次年度はフォトショップのレイヤーの使いこなしを中心にした 『レタッチ上級クラス』の実施が予定されています。  どうぞお楽しみに。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  こちらは8月12日に「開成町カルチャーセンターYOUYOU」で実施された 『松田校・レタッチ中級クラス』の様子です。
( photo25 : Nikon D5100 )  今回のテーマは『シャープ処理』と『ノイズ処理』、色々な作例画像に対し て、シャープ処理をかけてみます。
( photo26 : Nikon D5100 )  画像を分析して、実際にシャープがかかる場所とそうでない場所を比較して みましょう。  こうして例を見ながら具体的に学ぶことができるのが、レタッチ教室の良い 所ですね。
( photo27 : Nikon D5100 ) 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さて、こちらは8月17日に「かながわ県民センター」にて実施された 『横浜校・レタッチ初級/中級』クラスの様子です。
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) レタッチクラスももうすぐ半年の折り返し地点を迎えます。 暑い夏場ですが皆さん熱心にご参加いただきました。
( photo29 : Nikon D5100 ) 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さてさて、こちらは8月19日に、東京都・東村山市民センターで実施され た『所沢校』の様子です。(所沢市と東村山市はすぐとなりなのです)
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ミニ撮影会は豪雨のため残念ながら延期に。  これは室内のレタッチ講習の様子です。  今回のテーマは「プリンタのカラーマッチング」です。  デジカメもプリンタも性能は良くなりましたが、モニタの表示と色を合わせ るのは一苦労ですね。
( photo31 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  そんなアマチュアカメラマンの悩みにお応えいたします。 用意したカラーマネージメント・ツール「カラー・モンキー・フォト」をパソ コンにつなぎましょう。
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  プリンタから「無補正」で出力した「テストチャート」の色を計測します。
( photo33 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo34 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  一回目の計測結果を基にして2枚目のテストチャートが出力されます。
( photo35 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  それを再び計測して、作業は完了。プリンタの特性を記録した「カラー・プ ロファイル」がパソコンに保存されます。
( photo36 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  作成された「カラー・プロファイル」をフォトショップなどのソフトを使っ て、印刷時に指定することによって、正確にマネージメントされた状態でプリ ントアウトがされます。  その結果、既に調整済みのモニタであれば、カラーがほぼ一致するという わけです。
( photo37 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  これで悩み無く、レタッチ処理に専念できるというわけです!  ぜひこのテクニックは、カラーに悩める多くのフォトグラファーにマスター していただきたいですね!  フォトスクールは途中応募もしております。 ★↓詳しくは下の「写真教室」のページをご覧下さい↓ http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2011/2011-08-30.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2011/08-30/2011-08-30.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  夏の花と言えば蓮の花。  有名処といえば、横浜の三渓園や、埼玉県行田市の古代蓮の里などですが、 人が多くて撮影するのも一苦労です。  そんな中、今回はちょっと穴場の撮影地をご紹介しましょう。  まずは、神奈川県寒川町にある「後藤花園」です。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.24.8N35.21.53&ZM=5

( photo03 : FUJIFILM FinePix-F31fd )  ここはいわゆる公園ではなく、民間の農園の中に蓮池があるのです。
( photo05 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  まわりは水田地帯。その所々に蓮池があります。
( photo05 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  もうすぐ日の出の時間です、曇ってはいますが、太陽の方角をチェックして おきましょう。
( photo06 : FUJIFILM FinePix-F31fd )  太陽が出ました。けれどもあいにくの曇り空。輝かしい蓮の花の撮影をする にはちょっと不向きのようです。
( photo07 : SIGMA SD15 + SIGMA17-70mmF2.8-4.5DC )  今回は偵察にとどめておきましょう。  それでも、品の良い蓮の花を見つけたので、一枚ぱちり、撮らせてもらいま した。
( photo08 : SIGMA SD15 + SIGMA17-70mmF2.8-4.5DC )  ちなみに、公園の蓮池と違い、この農園の蓮は、お盆に合わせて花を刈り取 り、出荷しているそうです。  そのため、偵察に訪れた8月12日は、ちょうど花の少ない季節だそうで、 お盆を過ぎたら、また花が増えるそうです。  太陽がだいぶ昇ってきました。しかし残念ながら時間切れ。次の撮影地に向 かうこととしましょう。
( photo09 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA17-70mmF2.8-4.5DC )  次に訪れたのは、同じ神奈川県にある中井町の「中井蓮池の里」です。
( photo10 : FUJIFILM FinePix-F550EXR ) http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.12.53N35.19.48&ZM=5
 こちらはご覧のように自然豊かな山村の中にあります。
( photo11 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  整備された公園ではありませんが、ボランティアの方々がしつらえたお休み 処があります。
( photo12 : FUJIFILM FinePix-F31fd )  山村の中にある休耕田を利用した素朴な蓮池です。 手頃な広さなので、撮影がしやすいのです。
( photo13 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  立派な公園ではくとも、蓮の花の美しさは変わりません。 太陽も出てきました。さあ、撮影を開始しましょう。
( photo14 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA17-70mmF2.8-4.5DC )
( photo15 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF-Nikkor85mmF1.8D )  白い蓮の花も気品があって良いですね。太陽の光を受けて、もうだいぶ花が 開いてきました。
( photo16 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF-Nikkor85mmF1.8D )  花が落ちた後の「実」も存在感があります。
( photo17 : Nikon D5100 + Tamron SPAF90mmF/2.8 Di MACRO )  こちらを向いて、まるで何かを語りかけているようです。
( photo18 : Nikon D5100 + Tamron SPAF90mmF/2.8 Di MACRO )  ちょっとユーモラスでもあり、ちょっとグロテスクにも見えますが。
( photo19 : Nikon D5100 + Tamron SPAF90mmF/2.8 Di MACRO )  実を狙うか、花を狙うかは、人それぞれです。撮影を続けましょう。 朝は光線が低いので、逆光線で見ると、花や葉が透けて、とても綺麗ですね。
( photo20 : FUJIFILM FinePix-F31fd )  そして足下には、これも夏の花の定番、ツユクサがいます。
( photo21 : Nikon D5100 + Tamron SPAF90mmF/2.8 Di MACRO )  仲良さそうに並んでいる2輪の蓮の花に惹かれました。それ自身が発光する 「ぼんぼり」のように輝いています。
( photo22 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF DC-Nikkor135mmF2D )  花の美しさに惹かれたのか、それとも蜜に惹かれたのか、どちらか分かりま せんが、真紅の蓮の花の上を蜂が乱舞していました。
( photo23 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF DC-Nikkor135mmF2D )  望遠レンズでクローズアップするのも良いですが、表現がワンパターンにな りがちです。  そのような時は広角レンズで下から見上げるように撮ってみましょう。
( photo24 : Nikon D5100 + SIGMA17-70mmF2.8-4.5DC )  明るい空の様子と、逆光の花や葉の様子を両方再現するには、 撮影後のRAW現像が欠かせません。  JPEG画像だけでこのテイストを再現するのは難しいと思いますよ。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-F550EXR → http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/f/finepix_f550exr/
FUJIFILM FinePix-F31fd → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0047.html
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
SIGMA SD15 → http://www.sigma-photo.co.jp/camera/sd15/
Panasonic LUMIX DMC-FX40 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FX40
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img09045 "Japanese paper umbrella on the temple." 『唐傘とお堂』 Img09047 "Mt.Fuji behind the plum-grove park." 『梅林と富士』 Img09123 "A challenge to an ice wall." 『氷壁に挑む』 Img09166 "I'm still sleeping." 『まだ眠っているから』 Img09271 "The strength of Yayoi-cedar." 『弥生杉の力』 Img09341 "Towards the sea storm." 『嵐の海へ』 Img09472 "A weigela biside the pond." 『池の畔のウツギ』 Img09691 "The garden of reincarnation." 『再生の花園』 ■ギャラリーから削除された作品リスト img04850 "The brothers of icicle under the eaves." 『つららの兄弟』 img05271 "The quiet surface of the river." 『穏やかなる川面(かわも)』 img05560 "The leaves in the corner of the autumn." 『ひとすみの秋』 img06151 "The colors of brisk fall days." 『爽やかな秋の色』 img07212 "A silent grout." 『静かなる澱み』 img07239 "The birch tree in fog." 『霧中のダケカンバ』 img08016 "Tea plantation at Ohtera." 『大寺の茶畑』 img08018 "Tender green of Yadoriki village." 『寄(やどりき)の新緑』 img08509 "The plain late fall." 『晩秋の平原』 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2011-08-30 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.