2011-09-06 Back to HomePage
 

こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第448号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆(山梨県・北杜市・千ヶ滝)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.クラブ・フォトバード撮影会『熱海会場花火大会2011』 --------------------------------------------------------------------------  鳥越が主宰する写真クラブ『クラブ・フォトバード』の撮影会。 今回のテーマは夏の花火大会です。  しかし初心者はいきなり花火といっても、最初から上手に撮れるわけではあ りません。  そこでまずは机上レクチャーを行います。 神奈川県開成町の開成カルチャーセンターYOUYOU(悠々)にて。
( photo01 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  まずは花火の撮り方の基本的なレクチャーをします。
( photo02 : PENTAX Optio-A30 )  そして、花火のビデオファイルをプロジェクタに投影して、事前演習。 すなわち会場でシミュレーションをしておけば、本番で慌てることなく撮影に 臨めるというわけです。
( photo03 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  さあ、事前の準備は万端です。会場の熱海市に向けて出発しましょう。
( photo04 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  その前に、腹が減っては戦ができぬと、小田急線・新松田駅前の焼き肉屋さ ん『大松園』に立ち寄って腹ごしらえです。
( photo05 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  これでスタミナはバッチリですね!
( photo06 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  さて、新松田駅からは電車に乗って熱海まで移動します。
( photo07 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  無事にJR熱海駅に到着しました。
( photo08 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  タクシーに分乗して、撮影会場まで向かいます。
( photo09 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  熱海市には鳥越の知人のビルがあり、その屋上をお借りして、撮影に臨みま す。
( photo10 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  この場所なら他の観光客に気兼ねなく、ゆっくりと撮影に集中することがで きます。絶好のシチュエーションですね!
( photo11 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  さあ、いよいよ花火大会が始まりました。熱海海上花火大会は打ち上げ時間 は30分ほどなのですが、年間23回も開催されます。周囲は山に囲まれてい るので花火の音がこだまして見事な音響効果も楽しめますよ。
( photo12 : Nikon D700 + AiAF-Nikkor35-135mmF3.5-4.5 )  花火の撮影は広角レンズで広く撮り、望遠レンズで花火の爆発をクローズアッ プして楽しみます。望遠レンズで上手に撮れるととても迫力のある花火になり ますよ。
( photo13 : Nikon D700 + AiAF-Nikkor35-135mmF3.5-4.5 )  こちらの写真は「クロスフィルター」を使ってみました。 若干コントラストが弱まりますが、強い輝きがキラキラ光ってとても綺麗です。
( photo14 : Nikon D700 + AiAF-Nikkor35-135mmF3.5-4.5 )  漆黒の夜空を鮮やかに彩る花火は正に、日本の夏の風物詩ですね。
( photo15 : Nikon D700 + AiAF-Nikkor35-135mmF3.5-4.5 )  最後にたくさんの大玉の花火がいっせいに打ち上がってフィナーレを迎えま した。
( photo16 : Nikon D700 + AiAF-Nikkor35-135mmF3.5-4.5 )  大満足の撮影会でした。  毎年恒例の熱海花火大会撮影会はこうして無事に終了したのです。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2011/2011-09-06.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2011/09-06/2011-09-06.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  夏の被写体は色々ありますが。暑い時期に涼しさを求めて、クラブ・フォト バードの面々は、山梨県に滝の撮影会にでかけました。
( photo17 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )
( photo18 : PENTAX Optio-A30 )  2時間ほど走った行き先は八ヶ岳山麓にある山梨県北杜市です。
( photo19 : PENTAX Optio-A30 )  清々しく伸びやかな高原が広がる八ヶ岳山麓です。
( photo20 : PENTAX Optio-A30 )  まず最初の目的地は、清里の近くにある「吐龍の滝」(どりゅうのたき)で す。
( photo21 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  天気は上々。爽やかな森の中を10分ほど歩きます。
( photo22 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  川が出てきました。この上流に滝があるのでしょうか。
( photo23 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  やってきました吐龍の滝へ。八ヶ岳山麓に染みこんだ地下水が糸を引くよう にわき出している滝です。これは富士山麓にある「白糸の滝」と同じ仕組みで す。
( photo24 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  さあ、胸がわくわくしますね、撮影を開始しましょう。
( photo25 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  広角ズームで滝のすぐ下まで近づいて写してみました。遠近感が増して迫力 がありますね。
( photo26 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSPAF10-24mmF3.5-4.5DiII )  超広角レンズならではの構図。滝をローアングルで見上げるように撮影し、 画面上部に輝く夏の太陽を配置してみました。
( photo27 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSPAF10-24mmF3.5-4.5DiII )  滝の撮影ではシャッター速度の決定が重要ですね。 ちなみにこれらのたきはシャッター速度1/1000秒に固定して撮影してい ます。(※絞りはF8で固定、ISOはオートで撮影しています)  参加者の皆さん、滝を撮るのに夢中です。
( photo28 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )
( photo29 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  光が十分あったので、こちらはシャッター速度1/8000秒で撮影してい ます。
( photo30 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  滝の水が水玉のように写って面白いですよ。
( photo31 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  滝だけでなく、河原の水も写してみましょう。低い位置から撮影すると、ま るで水の中にいるようで、清涼感が見る人に伝わるのではないでしょうか。
( photo32 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  吐龍の滝でたっぷり一時間ほど撮影を楽しんだのちは、昼食にたちよりましょ う。
( photo33 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )
( photo34 : PENTAX Optio-A30 )  やってきたのは清里にあるそば処『忘れ路』です。
( photo35 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )
( photo36 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  そういえばもうすぐ新そばの季節ですね。とろろやきのこや山菜の天ぷらな どといっしょに美味しいそばをいただきました。
( photo37 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  さて、もう一箇所の滝を訪問しましょう。 清里のすぐ近くにある『千ヶ滝』ですが、さきほどの吐龍の滝と比べて、あま り知られていないマイナーな存在、穴場の滝です。
( photo38 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  遊歩道を2〜3分歩くだけで滝に降りて行くことができます。
( photo39 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  マイナーな存在とはいえ、豪快な水量を誇る素晴らしい迫力の滝ですよ。だ からこそ穴場と言えるのでしょう。
( photo40 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSPAF10-24mmF3.5-4.5DiII )  滝の脇にある、河原のちょっとした水の流れもクローズアップ撮影すると楽 しいものです。
( photo41 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  迫力のある滝のすぐ近くに近寄って撮影することもできます。 水しぶきがかかって清涼感満点です。 ただしレンズにかかる水しぶきにはご注意を。
( photo42 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSPAF10-24mmF3.5-4.5DiII )  その水しぶきのおかげで、天気の良い日には滝に虹がかかります。
( photo43 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  時間帯は午前中の方がおすすめです。
( photo44 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  こちらの写真は、水の流れをクローズアップして、現像時にホワイトバラン スを少しブルー方向にシフトさせて仕上げました。ちょっと神秘的な印象にな ります。
( photo45 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  2箇所の滝を巡ってたっぷりと撮影を楽しみました。あとは帰路につくだけ です。
( photo46 : PENTAX Optio-A30 )  その途中、双葉サービスエリアで休憩しましょう。
( photo47 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  ふと目に着いたのは「ソフトクリーム・ぶどう」の幟旗(のぼりばた)。
( photo48 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  暑い夏にはやっぱりソフトクリームが一番ですね。
( photo49 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  本日も充実した撮影会でした。 参加された皆さん、どうもお疲れ様でした!  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-F550EXR → http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/f/finepix_f550exr/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/products/digital/optio-a30/feature.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img09060 "Baptismal large flakes of snow." 『ぼたん雪の洗礼』 Img09093 "The sun pillar." 『光柱』 Img09157 "Abode of faint pink flower." 『薄桃色のすみか』 Img09294 "On the top of Yakushima island." 『屋久島の頂きで』 Img09385 "Mt.Goryudake under the sunset light." 『夕照の五竜岳』 Img09524 "Season of leaflet has come." 『若葉の季節』 Img09849 "Track of light in the night." 『宵闇の光跡』 Img09957 "The thought about daffodil." 『ラッパスイセン想い』 ■ギャラリーから削除された作品リスト img05303 "The light on the forest in Kumotoriyama." 『雲取山の森の光』 img05784 "The frozen blaze." 『凍てついた輝き』 img05887 "The seashore of the whitecaps." 『白波の海岸』 img05907 "The whispered colored leaves." 『ささやいた紅葉』 img06174 "Eyes of Mt.Ontakesan." 『御嶽山のまなざし』 img06749 "A summer landscape in Noto peninsula." 『能登の夏景色』 img06750 "The blinks on Nanao-bay." 『きらめきの七尾湾』 img07059 "Autumn trees in every color." 『色とりどりの木々たち』 img07111 "Zengorou fall." 『善五郎の滝』 img07628 "Remembrance of spring day." 『春の日の思い出』 img08000 "Looking for the blue sea." 『青い海を求めて』 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2011-09-06 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.