2011-09-20 Back to HomePage
 

こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第450号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆(岐阜県海津市・松山諏訪神社の大クスノキ)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.鳥越章夫デジタルフォトスクール2011年9月の様子をお届けします --------------------------------------------------------------------------  きめ細やかで、的確なアドバイスにより、ご好評いただいている 「鳥越章夫のデジタルフォトスクール」。  こちらは9月13日に実施された『横浜校デジカメ初級』の様子です。
( photo33 : PENTAX Optio-A30 )  今回のテーマは『構図とアングル』です。 昔から写真の大切な要素として「露出」「ピント」「構図」の3つがあると言 われますが、一番大切なのは「構図」です。 なぜでしょうか? 今の時代、「露出」と「ピント」はカメラがオートで合わせてくれますが、 「構図」だけはコンピューターが決めてくれないからです。
( photo34 : PENTAX Optio-A30 )  ペットボトルなど身近な題材を使って構図の撮り方などを解説します。 ライブビューが可能になったおかげで、それをプロジェクタに投影することで、 構図、ピントの合わせ方などをリアルに解説することが可能になりました。
( photo35 : PENTAX Optio-A30 )  さて、午後のミニ撮影会は横浜市金沢区にある「称名寺」にやってきました。 構図のお勉強ということで、さっそく広角レンズによるローアングル撮影です。 (笑)
( photo36 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor10-24mmF3.5-4.5G )  9月はヒガンバナが咲く名所なのですが、猛暑の影響か開花が遅れているよ うです。  しかし落胆することはありません。構図とアングルを自在にあやつることに よって、被写体はたくさんあるのですから。
( photo37 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  植え込みの葉っぱをクローズアップして、背後にある桜の木の木漏れ日を光 ボケにして配置してみました。
( photo38 : Nikon D5100 + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  地面に落ちていた松の実です。こんなものでも被写体になるのですね。
( photo39 : Nikon D5100 + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  コツは上から見下ろさないことです。このようになるべく低い位置から撮影 することによって、背後の森を緑の後ボケに配置することができるとういわけ です。
( photo40 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  池のほとりに生えている桜の木の一枝にピントを合わせてみました。敢えて 右側に配置することで、左側のボケた空間を生かしています。
( photo41 : Nikon D5100 + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  望遠レンズでフレーミングするのも楽しいです。広角レンズで撮影するのも 楽しいものです。強烈なパースペクティブ(遠近感)が魅力です。
( photo42 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor10-24mmF3.5-4.5G )  こんな撮り方も試してみました。広角レンズを使ってもボカすことができる のですね。
( photo43 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor10-24mmF3.5-4.5G )  お目当てのヒガンバナはかくれんぼでしたが、楽しく撮影できた午後でした。 ★あなたも参加して、一緒に夢のある写真を撮りませんか? フォトスクールは途中入校も受け付けております。 ↓詳しくは下の「写真教室」のページをご覧下さい↓ http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2011/2011-09-20.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2011/09-20/2011-09-20.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  鳥越は9月4日から6日までの3日間ほど、名古屋を中心とする中京エリア に取材にでかけました。  本日はどんな風景に出逢えるのでしょうか?  愛知県新城市にて一夜を明かしましたが、以前として台風12号の影響によ る大雨は続いています。
( photo01 : PENTAX Optio-A30 )  本当なら日本の滝100選にもなっている「阿寺の滝」を撮影する予定でし たが、雨雲レーダーを見ると三河地方は依然として大雨の中にあるようです。  そこで天候回復の早い名古屋西部方面を移動することにしました。
( photo02 : PENTAX Optio-A30 )  慌てても仕方ありません。サービスエリアでゆったりと朝食をとることにし ましょう。
( photo03 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  上郷サービスエリアのモーニングセットは600円で、ごはん、お茶コーヒー のおかわり自由、とても満足の内容でした。
( photo04 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  再出発したものの、空は依然として真っ黒な雲に覆われています。
( photo05 : PENTAX Optio-A30 )  濃尾平野を西に横切って、関ヶ原の手前までやってきました。 ようやく青空が見え始めました。
( photo06 : PENTAX Optio-A30 )  濃尾平野の西にそびえ立つ「養老山地」に向かいます。
( photo07 : PENTAX Optio-A30 )  このふもとに、日本の滝100選でもある『養老の滝』があるというのです。 なんだか飲み屋の名前みたいですが。(笑)
( photo08 : PENTAX Optio-A30 )  駐車場に到着しました。ここから遊歩道を歩いて5分ほどです。
( photo09 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  立派な滝は日本各地に星の数ほどあると思いますが、100選になるために は、アクセスの容易さも基準になるようです。
( photo10 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )
( photo11 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  ごうごうと轟音を立てながら流れ落ちる立派な滝がありました。
( photo12 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  滝壺まで接近して迫力のある構図で撮影したかったのですが、台風の大雨の 影響で水量が多すぎて立入禁止になってしまっているようです。
( photo13 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  近づけないのは残念ですが、しかし水量が多いため、遠くからでも迫力のあ る滝を撮影することができました。
( photo14 : Nikon D700 + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  さて、滝の撮影を済ませた後は、養老山地の東のふもとを南に向かって進み ます。
( photo15 : PENTAX Optio-A30 )  途中、濃尾平野の展望の良い所はないかと探していたら、美濃松山というと ころで、高台に広がる集落を発見しました。
( photo16 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  まったく偶然ですが、なにげなく見かけた「天然記念物の大クスノキ」の看 板がとても気になったのです。
( photo17 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  神社まで、行ってみると社の背後にそびえたつ大きな楠(クスノキ)を発見 しました。
( photo18 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  裏手に回ってみると、まるでこちらを見下ろすような巨大さで枝葉を広げる 立派なクスノキがそびえていました。
( photo19 : Nikon D700 + SIGMA20-40mmF2.8EXDG )  根回りは10m以上あるかも知れません。  しかし全体像が入らないので、ついつい広角レンズで撮影してしまいますが、 それではかえってこの大木の強大さが伝わらないかも知れません。  そのため木に近づいて見上げるように撮ってみました。全体は入りませんが、 しかしこの方がこの木の巨大さが伝わるように思います。
( photo20 : Nikon D700 + SIGMA20-40mmF2.8EXDG )  素晴らしい貫禄の大樹に偶然にも出逢えて感激しましたが、しかし 「巨大なものを巨大なように写真で伝えるのは思いのほか難しいのだな」と 改めて思い知らされました。  それにしても不思議です。取材をしていて時々こういうことがあります。 このクスノキの場所を最初から知っていたわけではないのです。 それなのに、ただ何となく「こちらの方に行ってみたい」と思ったら、この大 クスノキがあったのです。まるで大クスノキに引き寄せられたように。 「そんなこと偶然だよ」と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが。 私はこの偶然の出会いがとても嬉しかったのです。 そしてその「嬉しい気持ち」こそが、一番大切なのです。  さて、養老山地の南端までやってきました。この付近は、丁度、岐阜県と三 重県の県境になっており、三重県の桑名市に入っています。
( photo21 : PENTAX Optio-A30 )  この取材をする以前から養老山地のことは気になっていたのです。なにしろ 濃尾平野の西に屏風のように急激にそびえ立つ山地です。その山上から平野を 見下ろせたら、さぞかし素晴らしい展望が得られるだろうと。  前日のネット調査の結果、この養老山地の南端にある「多度山」というとこ ろが好適だろうということが分かりました。  自動車1台がやっと通れるようなくねくね道路を走って山頂を目指します。
( photo22 : PENTAX Optio-A30 )  山上公園まであと500mのところまでやってきました。
( photo23 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  まだ山頂ではありませんが、途中の展望もなかなかのものです。 これはパラグライダーの発着場ですね。安全のため発着台の周囲が刈り払われ ていて展望が良いので、こういうスポットは写真撮影にも好適です。
( photo24 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  多度山の山頂に到着しました。「山上公園」のあっけらかんとしたアーチが、 その下にある質素な作りの鳥居とミスマッチで、ちょっとユーモラスな雰囲気 があります。
( photo25 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  さあ、山上の展望台に登ってみましょう。
( photo26 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  思いのほか、立派に整備された展望台がそこにはありました。
( photo27 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )
( photo28 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  濃尾平野を蛇行しながらゆったりと流れる「木曽三川」(木曽川、揖斐川、長良川) の様子を一望の下に見下ろすことができます。
( photo29 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  こちらは北方の岐阜方面を見ています。広大な平野を流れる河川の様子がと にかく美しい。風景が広くのびのびとしていて、見る者の心まで清々しくして くれるようです。
( photo30 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  パノラマ画像も作って見ました。
( photo31 : Microsoft-ICEにてパノラマ化 )  展望台の正面には、木曽三川を渡る大橋があり、その姿が印象的です。
( photo32 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  手前から順番に、揖斐川(いびがわ)、長良川(ながらがわ)、木曽川(き そがわ)で、橋の名前は、油島大橋、長良川大橋、立田大橋です。  そしてその向こうには名古屋の市街地が広がっているのが見えます。  とにかく素晴らしい展望の山です。 こんなに素晴らしい展望台に出逢えたのは何年ぶりでしょうか。  そして東に向かって開けています。  これは朝焼けと夜景を同時に撮影するのに好適です。  今は台風の影響で天気が優れませんが、明日の早朝、再び訪れて見ることに しましょう。どれだけ素晴らしい風景が待っているのでしょうか。今から楽し みです。  今日の撮影は、そのための偵察に過ぎないのですから。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-F550EXR → http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/f/finepix_f550exr/
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
FUJIFILM FinePix-S3Pro → http://www.fujifilm.co.jp/news_r/nrj1242.html
Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/products/digital/optio-a30/feature.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ■ギャラリーに追加された新作リスト Img09392 "A ptarmigan wearing winter clothing." 『冬衣のライチョウ』 Img09426 "Sudden encounter." 『突然の出会い』 Img09438 "A sweet flag in castle town." 『城下町の菖蒲』 Img09507 "The night of yokohama port." 『横浜開港の夜』 Img09684 "The gentle lavenders." 『優しきラベンダーたち』 Img09702 "Alstroemeria in north land." 『北国のアルストロメリア』 Img09805 "Like an Ark." 『箱船のように』 Img09900 "Bygone summer days." 『過ぎし夏の日』 ■ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= §4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2011-09-20 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.