2011-09-27 Back to HomePage
 

こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第451号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆(三重県志摩市・登茂山展望台の夕日)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.鳥越章夫デジタルフォトスクール2011年9月の様子をお届けします --------------------------------------------------------------------------  きめ細やかで、的確なアドバイスにより、ご好評いただいている 「鳥越章夫のデジタルフォトスクール」。  こちらは9月16日に実施された『所沢校』の様子です。
( photo28 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  所沢市北野地区にあるコスモス畑にやってきました。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.25.26N35.47.33&ZM=8

( photo29 : SONY α55 + AF85mmF1.4G(D) )  ご覧のように色とりどりのコスモスが咲き乱れています。
( photo31 : SONY α55 + AF85mmF1.4G(D) )  天候は曇り気味でしたが、だからといってがっかりすることはありません。 露出を空ではなく花びらに合わせれば、花の色は鮮やかになり、空は真っ白に なります。白飛びしていますが、それはそれでかまいません。かえってボタニ カル・アート風の写真が撮れるからです。
( photo30 : SONY α55 + AF85mmF1.4G(D) )  美しいコスモスに誘われて、あちこちから人が集まってきますね。
( photo32 : SONY α55 + AF85mmF1.4G(D) )
( photo33 : SONY α55 + AF85mmF1.4G(D) )  コスモスの撮影が済んだら、ヒガンバナの撮影に向かいましょう。 このような素朴な風景があちこちに残っているのが所沢市の良い所です。
( photo34 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  白旗塚と呼ばれる小山の森に、ひっそりとヒガンバナが咲いていました。
( photo35 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  有名な日高市巾着田に比べると寂しい数です。 しかしたとえ一輪でも、花の美しさに変わりはありません。 単焦点レンズを使ってローアングルから狙ってみましょう。
( photo36 : SONY α55 + AF50mmF1.4(D) )  ご覧のように森の木漏れ日が美しい丸ボケを作ってくれました。  短い時間でしたが、秋の花、コスモスとヒガンバナの撮影を楽しめて満足で した。
( photo37 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  さて、お昼ご飯の時間も楽しみです。訪れたのは所沢では有名なうどん屋さ んである「まるいうどん」本店です。
( photo38 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  素朴なたたずまいに心が温まります。
( photo39 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  滑らかでコシのある美味しいうどんが山盛りになって出てきました。
( photo40 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  なんと大盛りは無料のサービス。 しかし普通盛りでこれなのですから、大盛りになったらどうなってしまうので しょうか?  さて、午後は所沢市民文化センター『ミューズ』の会議室に移動してレクチャー に入りましょう。
( photo41 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  午後はレタッチ教室です。
( photo42 : FUJIFILM FinePix-F550EXR ) パソコンの操作を覚えるのは一苦労ですが、皆さん 明るさ調整や彩度の調整などに熱心に取り組んでいました。 ★あなたも参加して、一緒に夢のある写真を撮りませんか? フォトスクールは途中入校も受け付けております。 ↓詳しくは下の「写真教室」のページをご覧下さい↓ http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  鳥越は9月4日から6日までの3日間ほど、名古屋を中心とする中京エリア に取材にでかけました。  本日はどんな風景に出逢えるのでしょうか?  三重県、多度山上公園の偵察を済ませた鳥越は、東名阪道から伊勢道を通っ て志摩半島を目指します。
( photo01 : PENTAX Optio-A30 )  台風12号は日本海に抜けましたが、まだその影響が残っています。 しかし予報では南西の方角から天候は徐々に回復してきて、愛知県よりも三重 県では夕方、晴れのマークが出ていたためです。
( photo02 : PENTAX Optio-A30 )  高速道路である伊勢道を降りた後は一般道を行きます。志摩半島を縦断する 「パールロード」は曲がりくねった道で運転には気を使います。
( photo03 : PENTAX Optio-A30 )  途中の展望台では太平洋の見事な眺めが得られました。
( photo04 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  台風の影響が無ければ、もっと青く美しい海が望めたことでしょう。
( photo05 : Microsoft-ICEでパノラマ化 )  目指すは志摩半島の英虞湾(あごわん)です。どうやら予報通り、南西に向 かうほど天候が良くなってきたようです。天は吾に見方せり。
( photo06 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  多度山から3時間ほども走ったでしょうか。ようやく目的地の登茂山展望台 (ともやまてんぼうだい)まで到着しました。
( photo07 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  遊歩道を歩いて200mほどでしょうか、英虞湾を眼下に見下ろす丘の上に 立つことができます。
( photo08 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )
( photo09 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  折しも、黒雲の切れ間から、太陽が顔を見せ始めました。
( photo10 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  その光が英虞湾に降り注ぎ、海は黄金色に染まり始めました。 これ以上ない絶好のコンディションです。さっそく撮影を開始しましょう。
( photo27 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  望遠ズームレンズを使って、折り重なる伊勢志摩の山々、そして黄金色に輝 く海原を切り取ってゆきます。
( photo11 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  海上には漁船が浮かび、単調な海原に良いアクセントとなってくれます。 それらをバランスよくフレーミングするのが良い構図を作るコツです。
( photo12 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  遊覧船が海上を横切って行きます。そのチャンスを逃すことなく、フレーミ ングを慎重に決めて、シャッターを連射します。
( photo13 : Nikon D700 + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM ) 広く撮ったり狭く撮ったり、そして横位置と縦位置を切り替えたり。 そのたびごとにレンズの画角を微妙に調整しなければなりません。
( photo14 : Nikon D700 + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM ) 遊覧船はかなりのスピードで湾を横切って行きます。素早い画角変化が要求さ れるこんな時は、高倍率のズームレンズは大変重宝します。  いよいよ太陽が地平線近くまで落ち込み、空の雲が色づき始めました。 鳶色(とびいろ)の雲はまるで乱舞する竜か鳳凰のようです。
( photo15 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + TamronSPAF10-24mmF3.5-4.5DiII )  普通に撮っても十分ドラマチックですが、ここでひとつフィルターを使って 隠し味をつけてみましょう。
( photo16 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  雲の動きが流れるようになり、スピード感のあるダイナミックな夕日風景に なりました。
( photo17 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  これはどのようなフィルターを使ったのでしょうか? タネを明かせば「ND400」という減光フィルターを使ったのです。
( photo18 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  NDとは「Neutral Density」の略語で、色彩に影響を与えずに、光量のみを 減らす働きのあるフィルターです。  ND2が露出1段、ND4は2段、ND8は3段の減光効果があります。  ND400は「露出9段分」の減光効果があるのです。  さて、ちょっとした計算をしてみましょう。「photo15」は 「ISO100,F8,1/500秒」という露出で撮影されました。 これに ND400 + PLフィルター をかけてみます。 PLフィルターはおおよそ「露出2段分」の減光効果があります。 となると、シャッター速度は、1/500→(1)1/250→(2)1/125→(3)1/60→ (4)1/30→(5)1/15→(6)1/8→(7)1/4→(8)1/2→(9)1秒→(10)2秒→(11)4秒 となります。そしてさらに絞りを F8 から F22 にすると、3段分の減光効果 がありますから、 (12)8秒→(13)15秒→(14)30秒 という計算になります。 つまり、「photo17」は「ISO100,F22,30秒」という露出で撮影されたのです。 30秒の長時間露光のため、風で流れる雲が絹のようにたなびいた、とういわ けです。  PLフィルターやNDフィルターは建前としては色彩に影響を与えないことになっ ていますが、しかし厳密には色彩に多少の影響があります。そのため、作例で はマンゼタっぽい色調になっています。  ちなみに太陽の光が放射状になっているのは、レンズの絞り値をF22まで絞っ たため、「光の回折現象」が発生しているためです。 詳しい解説をしていると長くなってしまうのですが、絞りを小さくすると、そ こから光が漏れ出て「あふれる」ような現象が起きるのです。 イメージ的には映像全体のシャープネスが低下して好ましくないことと言われ ていますが、夜景や太陽のような強い光源の周囲に光の放射が発生するので、 それがイメージを力強く印象深いものにするというメリットもあるのです。  長々と解説におつきあいくださり、ありがとうございました。  さて太陽が沈んだ後もドラマは終わりません。空の雲はますますあかね色に 染まって行きます。
( photo19 : Nikon D5100 + TamronSPAF10-24mmF3.5-4.5DiII )
( photo21 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSPAF10-24mmF3.5-4.5DiII )  台風一過がもたらした美しい光と色彩のドラマはこうして幕を閉じたのでし た。
( photo22 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TamronSPAF10-24mmF3.5-4.5DiII )
( photo23 : Nikon D700 + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  さて、撮影に集中していたらすっかり暗くなってしまいました。 近くにあるリゾート施設に向かいます。
( photo24 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  リゾート施設にある日帰り温泉で汗を流すことにしましょう。
( photo25 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  立派なホテルに併設されている温泉施設。1000円と、ちょっとお高めで すが、ゆったりとくつろぐことができました。
( photo26 : FUJIFILM FinePix-F550EXR ) 美しい夕日は私の魂に火を付けてくれました。 台風も去って、これからがいよいよ取材の本番です。 ようやくエンジンがかかってきました。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-F550EXR → http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/f/finepix_f550exr/
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
FUJIFILM FinePix-S3Pro → http://www.fujifilm.co.jp/news_r/nrj1242.html
Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/products/digital/optio-a30/feature.html
SONY α55 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A55VL/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2011/2011-09-27.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2011/09-27/2011-09-27.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img09088 "Mt.Kaikomagatake with morning glow." 『暁の甲斐駒ヶ岳』 Img09106 "Mt.Kashimayarigatake with fine weather." 『晴朗なる鹿島槍ヶ岳』 Img09144 "Whisper of double-flowered narcissus." 『八重スイセンのささやき』 Img09226 "The cat lie in wait." 『虎視眈々』 Img09303 "From inside the forest." 『森の体内から』 Img09384 "A solitary dancer." 『孤高の踊り』 Img09592 "Tunnel for the future." 『未来への隧道』 Img09643 "A quiet sunset." 『静かなる日没』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家・鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2011-09-27 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.