2011-10-11 Back to HomePage
 

こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。

毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第453号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆(神奈川県伊勢原市・洗水地区の稲穂)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.クラブ・フォトバード撮影会『伊勢原市・日向薬師のヒガンバナ』 --------------------------------------------------------------------------  鳥越が主宰する写真クラブ『クラブ・フォトバード』の撮影会。 今回のテーマは秋の風物詩『ヒガンバナ』です。  彼岸花の「彼岸」は仏教用語で、本来の意味は「煩悩を脱した悟りの境地」 のことを差すようですが、習慣的に「死後の世界」という意味合いが広まって いるようで、そのため「縁起が悪い花」と誤解されることが多いようです。  そのため曼珠沙華(まんじゅしゃげ)と別名で呼ばれることも多くあります。  元々は、飢饉になって農作物がとれなかった時に備えて、田んぼの畦に植え られたのが始まりだと聞いています。(球根が食べられるからだそうです)  由来を求めるときりがありません。そろそろ写真をご紹介しましょう。  まず今週は、神奈川県の彼岸花の名所として知られる、伊勢原市・日向薬師 (ひなたやくし)の彼岸花をご紹介しましょう。
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) ◆インターネット地図◆ http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.16.48N35.25.57&ZM=5
 台風15号の影響が心配されましたが、台風は北東へ過ぎ去り、台風一過の 晴天に恵まれました。
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  しかしながら、強風の影響で干された藁などが倒壊しています。彼岸花は大 丈夫だったのでしょうか?心配になってきました。
( photo27 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  倒されているものもありましたが、しかし元気に咲いているものもあります。 安心しました。さあ、さっそく撮影開始です。
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  花を綺麗に撮影するにはローアングルが基本になります。
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  このように低いアングルから撮影すると、花の背後にある「木漏れ日」を背 景に配置することができるからです。きらめく背景のボケ具合が素敵ですね。
( photo30 : SONY α55 + ミノルタAFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  メンバーのリュックのストラップにトンボが2匹とまっていました。 今年の夏も猛暑に苦しめられましたが、もうすっかり秋なのですね。
( photo31 : SONY α55 + ミノルタAFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  足下の小川に目を向ければ、スズメノテッポウ(?)など、イネ科の植物が 可愛らしく顔を出していました。背景できらめいているのは小川のせせらぎに 太陽の光が反射しているものがボケたものです。絞りの値はF4のように小さ くしてボケを大きく表現しましょう。
( photo32 : SONY α55 + ミノルタAFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  この付近の干し藁は倒壊を免れたようです。その手前に咲いているヒガンバ ナが良い味を出していますね。
( photo33 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  秋の空のすがすがしさを表現するため、縦位置にして空と雲を大きく画面に 取り入れてみましょう。  広角レンズで広く撮影して現場の環境や雰囲気を撮影した後は、望遠レンズ に切り替えてヒガンバナのクローズアップを楽しみましょう。
( photo34 : SONY α55 + ミノルタAFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  何度か繰り返しになりますが、ヒガンバナだけでなく、背景にも気を配るこ とが大切です。この場合は干し藁を適度にボカして配置してみました。  さて、日向薬師はお寺の名前ですが、その付近の集落はいくつもあります。 ここはまだあまり知られていない名所、洗水地区です。
( photo35 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) 「洗水」と書いて「あろうず」と読みます。ふりがなが無いととても読めない ですね!(笑)  ここは黄金色にそまった稲穂が印象的でした。 その切っ先に止まっているトンボをワンポイントにして、望遠レンズで切り取っ てみます。
( photo36 : SONY α55 + ミノルタAFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  やはり低い位置から撮影しましょう。そうすると前後のボケ味を生かすこと ができるからです。  開きかけのヒガンバナが目に止まりました。初々しい少女のバレリーナよう な印象です。  そして手前には別のヒガンバナを配置して「前ボケ」にしています。
( photo37 : SONY α55 + ミノルタAFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  望遠レンズと広角レンズを上手に切り替えて、メリハリのある写真を撮りま しょう。  青い空と白い雲とそして、稲穂を撮ることで秋の雰囲気を伝えることができ ます。
( photo38 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  お昼ごはんは近くにあるクアハウスでいただいた『大麦のうどん』です。 ふつうのうどんは小麦を使用しますが、大麦を使っているために、そばのよう な色合いをしています。歯ごたえがあって、おいしかったですよ。
( photo39 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  これは思い込みかも知れませんが、健康に良さそう!(笑)  午後は日向薬師の近くにある石雲寺を訪れました。
( photo40 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  折しも、通り雨があり、苔むした石像がますますしっとりとして見えました。
( photo41 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  参道の石段を登って行きます。『雨降山』とは、このちかくにある丹沢山地 の『大山』のことです。
( photo42 : SONY α55 + ミノルタAF85mmF1.4G(D) )  大山の別名は『阿夫利山』(あふりやま)ともいい、「あふり=あめふり」 から来ています。  昔から農耕民にとって「雨乞いの山」として信仰を集めました。  丹沢山地の東端にあるこの山を越えてきた湿った空気が上昇気流となり、雲 ができやすく、そのため雨がよく降ったのでしょう。  それがためでしょうか、本日もさっと強く激しい通り雨がありました。  撮影会は一時中断となりましたが、しかしすぐやんでくれたため再開し、 雨のために、苔は濡れてしっとりして、そしてヒガンバナには美しい雨粒が水 滴となって輝いていたのです。
( photo43 : SONY α55 + ミノルタAF85mmF1.4G(D) )
( photo44 : SONY α55 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  石雲寺は日向薬師ほど訪れる人はいませんが、雰囲気のある石像が多く見ら れました。ポートレイト風にそれらをスナップすると楽しいでしょう。
( photo45 : SONY α55 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )
( photo46 : SONY α55 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  この近辺は紅葉の名所としても知られています。 これらの楓の葉は秋はどのように色づくのでしょうか。 今から楽しみです。
( photo47 : SONY α55 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  こうして台風直後の撮影会は楽しく幕を閉じたのでした。
( photo48 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  鳥越は9月4日から6日までの3日間ほど、名古屋を中心とする中京エリア に取材にでかけました。  今週はその紹介レポートの第5弾です。  今回はどんな風景に出逢えるのでしょうか?  三重県桑名市にある多度山上公園で素晴らしい夜明けを迎えた鳥越は、寝不 足を解消するため、車中で1時間ほど仮眠を取りました。  目覚めて見れば、太陽はすっかり上空に昇り、木曽三川がまたいつものよう にゆったりと流れていました。
( photo01 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  この日は名古屋市にて川本製作所様と次年度カレンダーについての打合せが あります。多度山から40分ほどで名古屋市街に到着しました。
( photo03 : PENTAX Optio-A30 )  多度山から眺めていた街並みは光の中にあって、まるで未来の都市のように 見えましたが、それが今こうして現実に目の前にあるのかと思うと、ちょっと 不思議な気持ちです。
( photo04 : PENTAX Optio-A30 )  打合せの場所は、名古屋でも有名なうなぎのお店、『あつた蓬莱軒』です。
( photo05 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  有名なお店なので、開店前からすごい行列です。
( photo06 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  ここの名物は何と言っても『ひつまぶし丼』です。香ばしく焼き上げたうな ぎを細かく刻んで熱々のご飯の上に乗せてあります。
( photo07 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  『ひつまぶし丼の正しい食べ方』というのがあるのですが、それをこのブロ グで紹介していると時間が無くなってしまいますから(笑) ↓お店のウェブサイトをご覧になってください↓ http://www.houraiken.com/hitsumabusi.html
 さて、打合せなどしつつ、ひつまぶし丼でお腹を満たした鳥越は、再び取材 に出発します。
( photo08 : PENTAX Optio-A30 )  せっかく名古屋市街に来たのですから、『名古屋城』を撮影して行きましょ う。お城の写真はカレンダーにもよく採用されることですしね。
( photo09 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  台風一過の見事な秋空の下、名古屋城がそびえたっていました。
( photo10 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  桜の咲く時期にもぜひ来てみたいものです。
( photo11 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  さて、国道22号を北上し、今度は岐阜県にある岐阜城(旧:稲葉山城)、 別名『金華山』を目指します。
( photo12 : PENTAX Optio-A30 )  その途中、木曽川を渡る時に、立派なタワーが眼につきました。いったい何 のタワーでしょうか??
( photo13 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )
( photo14 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  それは愛知県一宮市、木曽三川公園のにある『ツインアーチ138』(13 8タワーパーク)でした。
( photo15 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  美しく立派なタワーです。雲一つ無い青空に白い塔が映えます。
( photo16 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  夕暮れまではまだ時間があるようですから、このタワーを偵察してゆきましょ う。
( photo17 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  エレベーターで地上138mの展望塔へ一気に登ります。
( photo18 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  ちなみに何故138mなのかというと『一宮市』の名前が「い=1」「み= 3」「や=8」だからだそうです。  濃尾平野をぐるりと360°見渡せる立派な展望台です。
( photo19 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  台風一過のため、空気がとても綺麗で素晴らしい展望が得られました。 こちらは名古屋、伊勢湾方面。
( photo20 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  こちらは大垣方面。取材の最初に立ち寄った『養老山脈』が良く見えます。 あの北端に『養老の滝』があり、真ん中付近に『松山諏訪神社の大クスノキ』 があり、南端に『多度山上公園』があるのです。
( photo21 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  つい先日のことなのですが、懐かしく思い出されます。  こちらは岐阜方面です。眼下に流れているのは『木曽川』です。
( photo22 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  岐阜市街を見下ろすようにそびえているのは金華山、そしてその頂上にある 『岐阜城』が見えます。
( photo23 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  岐阜城となる以前は『稲葉山城』と呼ばれていました。 尾張・濃尾平野から琵琶湖、北国、そして京へと抜ける交通の要衝となってい たこの地には、戦国時代には、斎藤道三や織田信長など、有力な戦国大名が あの城を拠点としていたのです。  まさに天然の要害であることがよく分かります。  次回はいよいよ中京取材の最終回。あの金華山に登ります。 ここは数年前から訪れて見たい場所でした。 一体どんな風景が見られるでしょうか。今から楽しみです。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-F550EXR → http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/f/finepix_f550exr/
FUJIFILM FinePix-S3Pro → http://www.fujifilm.co.jp/news_r/nrj1242.html
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/products/digital/optio-a30/feature.html
SONY α55 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A55VL/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2011/2011-10-11.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2011/10-11/2011-10-11.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img09052 "Waiting for spring." 『春を待ちわびて』 Img09058 "Full bloom of coming spring." 『新春の爛漫』 Img09160 "A chatting with cherry blossom." 『桜の花との語らい』 Img09224 "Please be close to me." 『寄り添っていて』 Img09280 "A tree as time advances." 『積み重ねた歳月』 Img09324 "A young fern." 『若きシダの葉』 Img09427 "Holiday in field of poppy." 『ポピーの畑の休日』 Img09448 "Kurobe-lake with Japan North Alps." 『黒部湖と北アルプス』 ●ギャラリーから削除された作品リスト img04310 "The grassland of refreshing green." 『爽緑の草原』 img05053 "Under the breeze." 『そよ風の下で』 img05107 "The devoted drops." 『捧げられた雫』 img05275 "Ootana waterfall like the river-god." 『水神のような大棚の滝』 img05279 "It flows like the blue dragon." 『蒼き竜の如く』 img05371 "It seems that it is a pear." 『洋梨のように』 img05495 "The light of the lakes and marshes." 『湖沼の光』 img05667 "The waterfall on the ravine" 『渓谷の滝』 img05724 "The autumn color scheme branch." 『秋彩の枝』 img05757 "The morning at the Kisarazu harbor." 『木更津港の朝』 img05778 "The blaze the day of the fog deposit." 『霧氷の日の輝き』 img05842 "The seashore of the wind." 『風の海岸』 img05856 "The shining sea and the fishing vessel." 『光る海と漁船』 img05875 "The distant view in Kawazu-town" 『河津町の遠望』 img05882 "Blue sea of the youth." 『青春の蒼い海』 img06128 "Color and Pattern of water surface." 『水面の色模様』 img06141 "Autumn valley under watery light." 『淡き秋の谷間』 img06231 "Rape blossoms at wayside." 『道ばたの菜の花』 img06363 "Fly high." 『どこまでも高く』 img06408 "The morning for birches." 『ダケカンバたちの朝』 img06472 "A fairyhood in autumn forest." 『秋のこびとたち』 img06483 "A carmine tree." 『真紅の大樹』 img06514 "The snowfield on the foot of Mt.Fuji." 『富士すそ野の雪原』 img06572 "The brother of leaflets." 『若葉の兄弟たち』 img06620 "Central Alps in the early spring." 『春先の中央アルプス』 img06746 "A dance in the summer night." 『夏の夜の乱舞』 img06942 "A beckoning from the forest." 『森からの手招き』 img06945 "A pulse and blink of big tree." 『光と鼓動の大樹』 img07058 "A brocade forest." 『錦の森』 img07105 "A dancing sunset clouds." 『踊る夕雲』 img07117 "A curtain of icicles." 『氷柱のカーテン』 img07125 "Mt.Norikuradake in white." 『白き乗鞍岳』 img07130 "A canvas of snow." 『雪面のキャンバス』 img07132 "Powder snow which falls in dancing." 『舞い落ちる粉雪』 img07200 "The full of sunflowers." 『いっぱいのひまわりたち』 img07208 "Valley which Dragon dwells." 『竜の棲む渓谷』 img07214 "The depth of mountain ash." 『ナナカマドの深み』 img07244 "The ballerina of the colored leaves." 『紅葉のバレリーナ』 img07254 "Glow of fog deposit." 『霧氷の輝き』 img07347 "Going in the valley stream." 『渓流の中を行く』 img07400 "A majesty of Hayatogawa Fall." 『早戸川大滝の威厳』 img07506 "Airborne imagery of Kowakidani in Hakone." 『空撮・小涌谷』 img07515 "An aerial photography of Tomei expway." 『空撮・東名高速道路』 img07619 "The track on snowfield." 『雪原の軌跡』 img07731 "Leaves of mountain ash." 『ナナカマドの葉』 img07763 "A breeze of winter." 『秋の微風』 img07775 "A leaf of the twins." 『双子の葉っぱ』 img07826 "" 『カンザクラとナノハナ』 img07992 "Mt.Ohyama and field mustards." 『ナノハナ畑と大山』 img08045 "Young leaves goes Awakening." 『目覚めゆく若葉』 img08047 "Awakening leaves." 『目覚めの葉』 img08188 "Gleam of Nanao bay." 『七尾湾の光』 img08224 "As to space flight." 『宇宙へと飛びたつように』 img08256 "Celosia argentea Venezuela." 『セロシア・ベネズエラ』 img08274 "On the leaf of Oriental paperbush." 『ミツマタの葉の上で』 img08334 "As nishiki painting." 『錦絵のように』 img08753 "A dusk approaches." 『夕暮れ迫りて』 img08921 "Wave pattern of the profound." 『幽玄の波模様』 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2011-10-11 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.